平成13年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



研究推進分野名 植物の環境応答機構とバイオテクノロジー
 
研究プロジェクト名 環境に対する植物の分化応答機構
 
(英文名) Organ Differentiation in Plants Responding to Environmental Stimuli
 
研究期間 平成9年度 〜 平成13年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 533,693千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
町田泰則 ・名古屋大学 ・大学院理学研究科 ・教授 内訳 平成  9年度109,978千円
平成 10年度86,890千円
平成 11年度91,364千円
平成 12年度117,647千円
平成 13年度127,814千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
鳥山 欽哉 東北大学・大学院農学研究科・助教授 トランスポゾンを利用した遺伝子破壊と組換えイネを用いた分化応答機構の解明
佐藤  忍 筑波大学・生物科学系・助教授 環境変動による分化誘導機構の解析
杉山 宗隆 東京大学・大学院理学系研究科・講師 植物ホルモンによる脱分化・器官再分化誘導の遺伝学的解析
田坂 昌生 奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科・教授 胚発生過程における組織・器官形成の分子機構の解析
田中 伸和 広島大学・遺伝子実験施設・助教授 病原微生物感染による根の分化機構の研究
森上  敦 中部大学・応用生物学部・助教授 糖による根の形態応答の解析
石黒 澄衛 京都大学・大学院理学研究科・助手 メリステムにおける細胞の分裂と分化を制御する遺伝子の解析

2.研究計画の概要

本年度は、全体としては、昨年度までの成果に立脚して「環境に対する植物の分化応答機構」の研究課題のまとめになるような計画を立てた。また、同時にこれまでの成果を、できるだけ論文として公表することをめざした。我々は、分化応答を誘導する「環境」としては病原微生物、植物ホルモン、光、ショ糖などを取り上げ、これらの環境刺激が、どのような分子的仕組みにより、植物個体の細胞に作用して、脱分化や再分化を誘導するかを解明してきた。
本年度は、町田と田中は、植物病原細菌の遺伝子がコードする腫瘍タンパク質の植物側の標的タンパク質を特定し、異常増殖や奇形化の分子機構のイメージづくりを計画した。杉山は、胚軸や根の培養系でのシュート 形成に関わっているSRD2 とRRD4 遺伝子を同定し、その性質を解明することを計画した。佐藤は、新しい時計遺伝子AtC401の花成に対する役割と、分子の特性を解析した。森上は、種々のアプローチにより、ショ糖による側根形成に関わる遺伝子の単離をめざした。田坂は、受精卵からの側根の形成に関わっているSLR 遺伝子の機能の作用点及び CUC1 と CUC2 の機能をシュートメリステム形成の観点から研究した。石黒は、胚発生過程での主根形成におけるHLR FTR遺伝子の機能を解明した。町田はさらに、相同組換えに基づく遺伝子破壊法の確立をめざし、候補を探索した。鳥山は、染色体上にトウモロコシのトランスポソンを持つ数十系統のイネを分離し、マップポジションを決定した。

3.研究目的
植物体の発生・分化の仕組みは、植物学における古くからの重要な研究対象であった。植物は、受精卵からの個体発生過程を通して形成されるだけでなく、環境条件に応答して体細胞からも新たな細胞増殖とメリステム形成が誘導され、植物体が発生・分化する。本研究の中心的な目的は、このような環境因子の作用による体細胞からの個体の再生機構を解明することである。このような過程には、オーキシンとサイトカイニンと言う 2 つの植物ホルモンが重要な役割を担っている。しかし、環境因子とこれらホルモンとの関連やホルモンの分子的な作用機作については、まだほとんど分かっていない。平成 13 年度の本研究の目的は、(1) ホルモン作用と同様な機能を持っていると推定される植物の腫瘍形成遺伝子の産物である 6b や rolB タンパク質と相互作用する植物因子の特性を明らかにすると同時に、相互作用因子をさらに探索すること、(2) オーキシンとサイトカイニンによる細胞の脱分化と器官再分化に関わっている遺伝子を単離し、その機能を解明すること、(3) 胚発生、側根形成やメリステムの維持に関わっていると推察される CUC1, SLR, FTR, HLR などの遺伝子がコードするタンパク質の機能を解明すること、(4) 生物時計に制御されている AtC401 遺伝子や糖による側根形成を担っている IBA1遺伝子の機能を解明すること、(5) 遺伝子タギング法と破壊法を開発し、成功例を示すことである。

4.研究成果の概要
4−1 研究計画、目的に対する成果
町田は、6b はNtSIP1 核タンパク質と結合し核へ移行し、さらに植物細胞の中でヒストンH3 と相互作用し、クロマチン・リモデリングに影響を与え、そのことが knoxホメオボックス遺伝子群の発現を誘導し、培養系でSAMを誘導するモデルを提唱した。田中は、すでに種々の 14-3-3 タンパク質がrolB と結合することを示してきたが、今回 14-3-3 ωII が実際の標的であることを示し、これがが毛状根形成に関わっている可能性を示した。杉山は、胚軸培養系でのSAM誘導に関わっているSRD2 遺伝子を単離し、snRNA の転写活性化因子 SNAPc の一つと類似いていること、胚軸脱分化過程ではSnRNA の蓄積量が増大することを示した。つまり、植物ホルモンによる脱分化過程には、SRD2 によるSnRNA の増大が関連していると推察した。佐藤は、新しい時計遺伝子AtC401 が花成誘導に対して促進的に働くことを示した。森上は、ショ糖による側根形成に関わる遺伝子としては、IBA1 だけであることを示唆した。田坂は、側根の誘導機構に関わっているSLR 遺伝子が IAA14 と同一であり、その作用点は細胞増殖のかなり初期反応であること、CUC1 がNAC ファミリーの遺伝子であること、不定芽形成に関わっていることを示した。石黒は、主根の伸長において HLR が静止中心の確立に必須であること、 FTR が細胞伸長に重要であることを示した。町田は、相同組換えに基づく遺伝子破壊シロイヌナズナ候補を5000株スクリーニングし、候補絞り込んだ。鳥山は、外来のトランスポソンを持つ数十系統のイネを分離し、13系統を染色体上にmapした。以上のように、テーマごとに進展の違いは見られるが、全体としては、研究は着実に前進し、多くの新たな知見が得られ、国際的にも評価の高い雑誌に論文を出版するところまで発展してきた。論文にまで至らなかったテーマでも新奇な遺伝子やタンパク質の同定に成功し、近い将来成果を発表できる目途がついた。遺伝子破壊法の研究に関して、時間がかかったのは、負の選択マーカー遺伝子の開発が遅れたためであり、現在も研究は続いており、今後の結果を見る必要がある。

4−2 研究計画、目的外の成果
6b タンパク質に Gal4 のような DNA 結合ドメインを連結した融合タンパク質を植物細胞へ導入すると、Gal4プロモータからの転写を誘導した。さらにこの系を用いて、酵母や動物細胞でも同様なテストをしたところ、これらの細胞でも、6b は転写を誘導した。これは予想外のことであったが、その後、6b がヒストン H3 と結合することが判明した。H3 が普遍的に存在することを考えれば、他種類の生物の細胞において 6b が転写活性作用を示すことは、妥当なことかもしれない。また、鳥山は、カルス培養を繰り返し、そこから植物体を再生させることにより、すべての細胞が欠失変異を持つような個体を容易に得ることができることを示した。これは予想外の成果であった。この手法は、染色体操作の種々の方法へ応用が可能であろう。
 さらに、町田グループでは、本プロジェクトの目的以外に植物の細胞質分裂の研究を行い、この反応に、プロテインキナーゼとキネシン様タンパク質の複合体が必須であることを発見し、専門誌 Cell に発表した(さらにこの成果は同誌の表紙写真として採用された)。植物の細胞質分裂は、内側から外側へ向かう「隔壁形成」反応であり、動物の細胞質分裂のような外側から内側へ向かう「くびれ」反応とは異なる植物固有の分子機構の存在が示唆されていた。今回の発見は、このような、分子機構の一端を解明したものと言える。

4−3 研究成果の展望
本研究プロジェクトは、環境条件に応答して体細胞からも新たな細胞増殖とメリステム形成が誘導され、植物体が発生分化する仕組みを分子レベルから解明することを目的としてきた。現在の植物の発生分化の研究の主流は、シロイヌナズナやイネを中心とした受精卵からの個体の発生分化の研究である。しかし、植物の大きな特徴は、植物体の多くの細胞が、組織培養を行うことにより容易に脱分化し、最終的に一つの植物体に再分化するという、いわゆる分化全能性を保持していることである。本研究では、このような分化全能性の発現が、どのような植物遺伝子やタンパク質に担われているかということを問題にした。現時点で結論づけるのはまだ早過ぎるが、本研究では、このような因子の候補分子を手に入れることができたと言える。町田、田中、杉山が明らかにしたNtSIP1、ヒストン H3、14-3-3ωII、SRD2 (SnRNAの転写因子)などは、いずれも通常の胚からの発生研究では登場してきておらず、「環境応答」の研究でこそ得られた因子と言うことができる。したがって、これらは学術的にはきわめてユニークな成果と言える。さらに、町田の研究では、6b によりClass1 knox ホメオボックス遺伝子(胚発生におけるSAM形成と維持に必要と考えられている遺伝子)の発現が誘導されており、環境因子と胚発生過程におけるSAM 形成との間の接点が見え始めた。今後、さらにこのような接点がより明瞭になり、田坂のSLR、CUC1,2、石黒のHLR, FTR などとの関連が明らかにされれば、植物の成長と分化及び分化全能性の研究に大きなインパクトを与えると確信している。また、本プロジェクトは、植物個体の再生を問題にしており、植物バイオテクノロジーに直結した基礎研究である。本研究で明らかにされた、因子やシグナル伝達のネットワークは、効率的な植物再生や増殖方法の開発に貢献すると期待される。実際に、町田は knox 遺伝子を用いた効率的な形質転換個体作製法の開発に着手した。

4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
本事業は、人間生活の向上と新しい産業の基盤となるような研究を育成することを目的として行われた。我々のプロジェクトは、このような事業の中でも、特に「植物の環境に対する分化応答機構の研究」という課題のもとで、植物体に内在している分子的な仕組みを探るための基礎研究を進め、未来開拓にふさわしい先進的な成果(新奇遺伝子や分子機構)を明らかにすることを目指してきた。そして、上記したように、植物の脱分化・再生に関して、まだ世界でだれも見出していない遺伝子やタンパク質を同定し、それに基づいて新しいモデルを提唱するところまで理解を進めてきた。したがって、これらの研究成果は、知的財産としては大変貴重なものである。これらの成果は、すぐに生活の向上や新産業の基盤につながるものではないが、今後もこの研究を続けることにより、極めて独創的な研究に発展する可能性がある。その意味で、本プロジェクトは、未来に向けて独創的な研究の基盤を作り上げてきたと言うことができる。そして、このような研究こそが、文化国家としての未来を切り開く基礎になると確信している。一方、4-3 でも述べたが、このような基礎研究の中からでも、小さな応用として、効率のよい形質転換植物の作製法開発の可能性が生まれてきた。つまり、6b の研究で Class1 knox が発現していることがわかったことから、逆にknox を発現させれば、培養系における SAM 形成の効率を上昇させることができる可能性である。現在これを、安定した手法として使えるかどうか検討している。しかし、このようなことは、あくまでも小さな発展であり、独創的な基礎研究こそが、真に未来を切り開く知的財産を生み出すであろう。本研究課題は、そのような役割を果たしたと言える。

5.キーワード

(1)植物、(2)脱分化・再生、(3)環境応答
(4)アグロバクテリウム腫瘍遺伝子、(5)植物ホルモン、(6)光
(7)糖、(8)細胞増殖、(9)メリステム形成

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
Ryuuichi Nishihama, Takashi Soyano, Masoki Ishikawa, Satoshi Araki, Hirokazu Tanaka, Tetsuya Asada, Kennji Irie, Mayumi Ito, Mizuya Terada, Hiromi Banno, Yoshiko Yamazaki, and Yasunori Machida, Expansion of the Cell Plate in Plant Cytokinesis Requires a Kinesin-Like Protein/MAPKKK Complex.
学術雑誌名 ページ 発行年
Cell ??? ??? ??? 2002.

全著者名 論文名
Takashi Soyano, Masaki Ishikawa, Ryuuichi Nishihama, Satoshi Araki, Mayumi Ito, and Yasunori Machida, Control of plant cytokinesis by an NPK1-mediatedmitogen-activated protein (MAP) kinase cascade.
学術雑誌名 ページ 発行年
Philosophical Transactions ??? ???   2002

全著者名 論文名
Hirokazu Tanaka, Masaru Watanabe, Daisuke Watanabe, Toshihiro Tanaka, Chiyoko Machida and Yasunori Machida, ACR4, a putative receptor kinase gene of Arabidopsis thaliana that is expressed in the outer cell layers Of embryos and plants, is involved in proper embryogenesis.
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant & CellPhysiology 43 ??? ??? 2002

全著者名 論文名
Saeko Kitakura,, Tomomiti Fujita, Yosihisa Ueno, Sinji Terakura, Hiroetsu Wabiko, and Yasunori Machida The protein encoded by oncogene 6b fromAgrobacterium tumefaciens interacts with a nuclear protein of tobacco.
学術雑誌名 ページ 発行年
ThePlant Cell 14 ??? 451-463 2002

全著者名 論文名
Endang Semiarti, Yosihisa Ueno, Hirokazu Tsukaya, Hidekazu Iwakawa, Chiyoko Machida, and Yasunori Machida, The ASYMMETRIC LEAVES2 gene of Arabidopsis thaliana regulates formation of a symmetric lamina, establishment of venation and repression of meristem-related homeobox genes in leaves
学術雑誌名 ページ 発行年
Development 128 ??? 1771-1783 2001

全著者名 論文名
Hirokazu Tanaka, Hitoshi Onouchi, Maki Kondo, Ikuko Hara-Nishimura, Mikio Nishimura, Chiyoko Machida, and Yasunori Machida, A subtilisin-like serine protease is required for epidermal surface formation in Arabidopsis embryos and juvenile plants.
学術雑誌名 ページ 発行年
Development 128 ??? 4681-4689 2001

全著者名 論文名
Ryuuichi Nishihama, Masaki Ishikawa, Satoshi Araki, Takashi Soyano ,Tetsuhiro Asada and Yasunori Machida, The NPK1 mitogen-activated kinase kinase kinase is a regulator of cell-plate formation in plant cytokinesis.
学術雑誌名 ページ 発行年
Genes & Development 15 ??? 352-363 2001]

全著者名 論文名
Endang Semiarti, Hitoshi Onouchi, Satomi Torikai, Takaaki Ishikawa, Yasunori Machida, and Chiyoko Machida The transposition pattern of the Ac element in tobacco cultured cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
Genes & Genetic Systems 76 ??? 131-139 2001

全著者名 論文名
Masaki Ito, Satoshi Araki, Sachihiro Matsunaga, Itoh, T., Ryuuichi Nishihama, Yasunori Machida, John H.Doonan and Akira Watanabe G2/M-phase-specific transcription during the plant cell cycle is mediated by c-Myb-like transcription factors.
学術雑誌名 ページ 発行年
The Plant Cell 13 ??? 1891-1905 2001

全著者名 論文名
Yasushi Yoshioka, Syunnsuke Kurei, and Yasunori Machida, Identification of a monofunctional aspartate kinase gene of Arabidopsis thaliana with spatially and temporally regulated expression.
学術雑誌名 ページ 発行年
Genes & Genetic Systems 76 ??? 189-198 2001

全著者名 論文名
Yuko Nakagawa, Chiyoko Machida, Yasunori Machida, Kinya Toriyama A system to induce the deletion of genomic sequences using R/RS site-specific recombination and the Ac transposon in transgenic rice plants
学術雑誌名 ページ 発行年
Theor Appl Genet ??? 102 1136-1141 2001

全著者名 論文名
Yuko Nakagawa, Chiyoko Machida, Yasunori Machida, Kinya Toriyama Frequency and pattern of transposition of the maize transposable element Ds in transgenic rice plants
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Cell Physiol ??? 41 733-742 2000

全著者名 論文名
中川裕子・鳥山欽哉  Ac/Dsを用いたトランスポゾン・タギングと、イネにおける研究の現状と展望 
学術雑誌名 ページ 発行年
育種学研究  ??? 3 53-60 2001

全著者名 論文名
Hiroyasu Kitashiba, Rieko Ota, Kinya Toriyama Analyses of the genomic sequence and promoter activity of a gene for a protein similar to Tat binding protein isolated from Brassica rapa.
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Biotech 18 ??? 33-38 2001

全著者名 論文名
Takashi Okada, Kinya Toriyama Pollen vegetative cell-specific expression of Bra r 1: useful tool for observation of the vegetative nucleus and identification of transgenic pollen by nuclear-targeted GFP.
学術雑誌名 ページ 発行年
Sex Plant Reprod 13 ??? 301-307 2001

全著者名 論文名
Toshihiro Kobayashi, Katsumi Higashi and Hiroshi Kamada, 4-Hydroxybenzylalcohol accumulates in suspension-cell cultures and inhibits somatic embryogenesis in carrot,
学術雑誌名 ページ 発行年
Physiol. Plant. 112, ??? 280-284 2001

全著者名 論文名
Toshihiro Kobayashi, Katsumi Higashi and Hiroshi Kamada, Stimulatory and inhibitory conditioning factors that regulate cell proliferation and morphogenesis in plant cell cultures,
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Biotechnol., 18, ??? 93-99, 2001

全著者名 論文名
Sukmin Ko, Siripong Thitamadee, Heping Yang, Chang-Ho Eun, Kimiyo Sage-Ono,Katsumi Higashi, Sinobu Satoh and Hiroshi Kamada, Comparison and characterization of cis-regulatory regions in some embryo-specific and ABA-responsive carrot genes, DcECPs.,
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Biotechnol., 18, ??? 45-54, 2001

全著者名 論文名
Sukmin Ko, Chang Eun, Sinobu Satoh and Hiroshi Kamada, Analysis of cis-regulatory elements in carrot embryo-specific and ABA-responsive gene, DcECP31,
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Biotechnol., 18, ??? 55-60 , 2001

全著者名 論文名
Hajime Shiota and Hiroshi Kamada, Acquisition of desiccation tolerance by cultured carrot cells upon ectopic expression of C-ABI3, a carrot homolog of ABI3,
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Plant Physiol., 156, ??? 510-515, 2000

全著者名 論文名
Youichi Ohdaira, Koichi Kakegawa, Shin-ichi Amino, Munetaka Sugiyama, and Hiroo Fukuda Activity of cell-wall degradation associated with differentiation of isolated mesophyll cells of Zinnia elegans into tracheary elements
学術雑誌名 ページ 発行年
Planta ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
Kuninori Iwamoto, Hiroo Fukuda, and Munetaka Sugiyama Elimination of POR expression correlates with red leaf formation in Amaranthus tricolor
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant J. 27 4 275-284 2001

全著者名 論文名
Hiroyasu Motose, Munetaka Sugiyama, and Hiroo Fukuda Cell-cell interactions during vascular development
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Plant Res. 114 116 473-481 2001

全著者名 論文名
Hiroyasu Motose, Munetaka Sugiyama, and Hiroo Fukuda An arabinogalactanprotein(s) is a key component of a fraction that mediates local intercellular communication involved in tracheary element differentiation of zinnia mesophyll cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Cell Physiol. 42 2 129-137 2001

全著者名 論文名
Hiroyasu Motose, Hiroo Fukuda, and Munetaka Sugiyama Involvement of local intercellular communication in the differentiation of zinnia mesophyll cells into tracheary elements
学術雑誌名 ページ 発行年
Planta 213 1 121-131 2001

全著者名 論文名
Miyo Terao-Morita, Takehide Kato, Kiyoshi Nagafusa,Chieko Saito,Takashi Ueda, Akihiko Nakano and Masao Tasaka Involvement of the vacuole of the endodermis in the early process of shoot gravitropism in Arabidopsis,
学術雑誌名 ページ 発行年
The Plant Cell 14 ??? 47-56 2002

全著者名 論文名
Takehide Kato , Miyo Terao-Morita , Hidehiro Fukaki, Yoshiro Yamauchi.,Michiko Uehara, Mitsuru Niihama and Masao Tasaka SGR2, a phospholipase-like protein, and ZIG/SGR4, a SNARE, are involved in the shoot gravitropism on Arabidopsis,
学術雑誌名 ページ 発行年
The Plant Cell 14 ??? 33-46 2002

全著者名 論文名
Masao Tasaka, Takehide Kato & Hidehiro Fukaki Genetic regulation of gravitropism in higher plants
学術雑誌名 ページ 発行年
International Review of Cytology 206 ??? 135-154 2001

全著者名 論文名
Masao Tasaka From central-peripheral to adaxial-abaxial,
学術雑誌名 ページ 発行年
Trend in Plant Science 6 12 548-549 2001

全著者名 論文名
Sinobu Takada.,Ken-Ichiro Hibara ,Tetsuya Ishida and Masao Tasaka The CUP-SHAPED COTYLEDON1 gene of Arabidopsis regulates shoot apical meristem formation
学術雑誌名 ページ 発行年
Development ??? ??? ??? ???

全著者名 論文名
Kenji Suzuki, Nobukazu Tanaka, Hiroshi Kamada, and Ichiro Yamashita Mikimopine synthase (mis) gene on pRi1724
学術雑誌名 ページ 発行年
Gene 263 ??? 49-58 2001

全著者名 論文名
Kazuki Moriguchi, Yasunobu Maeda, Megumi Satou, Niken S. N. Hardayani, Miho Kataoka, Nobukazu Tanaka, Kazuo Yoshida The complete nucleotide sequence of a plant root-inducing (Ri) plasmid indicates its chimeric structure and evolutionary relationship between tumor-inducing (Ti) and symbiotic (Sym) plasmids in Rhizobiaceae
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of Molecular Biology 307 ??? 771-784 2001

全著者名 論文名
Nobukazu Tanaka, Yuki Fujikawa, Mohammed A. M. Aly, Hirofumi Saneoka, Khonosuke Fujita, and Ichiro Yamashita Plant Cell
学術雑誌名 ページ 発行年
Tiss. Org. Cult. 66 ??? 175-182 2001

全著者名 論文名
Kazuki Moriguchi, Yasunobu Maeda, Megumi Miho Kataoka, Satou, Nobukazu Tanaka, and Kazuo Yoshida Analysis of unique variable region of a plant inducing plasmid, pRi1724, by the construction of its physical map and library
学術雑誌名 ページ 発行年
DNA Res. 7 ??? 157-163 2000

全著者名 論文名
Hirofumi Nagatome, Takeo Yamamoto, Masahito Taya, and Nobukazu Tanaka Viability of plant hairy root is sustained without propagation in low sugar medium kept at ambient temperature
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Eng. J. 6 ??? 75-80 2000

全著者名 論文名
Kenichiro Maeo, Tutae Tomiya, Kouji Hayashi, Mikiko Akaike, Atsuhi Morikami, Sumie Ishiguro and Kenzo Nakamura Sugar-responsible elements in the promoter of a gene for beta-amylase of sweet potato
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Molecular Biology 46 5 627-637 2001

全著者名 論文名
Kenichiro Maeo, Shingo Hayashi, Hisae Kojima-Suzuki, Atsushi Morikami, and Kenzo Nakamura Role of conserved residues of the WRKY domain in the DNA-binding of tobacco WRKY family proteins
学術雑誌名 ページ 発行年
Biosci. Biotechnol. Biochem 65 11 2428-2436 2001

全著者名 論文名
Gary Schindelman, Atsushi Morikami, Jee Jung, Tobias Baskin, Nicholas Carpita, Paul Derbyshire, Maureen McCann and Philip Benfey Cobra encodes a putative GPI-anchored protein, which is polarly localized and necessary for oriented cell expansion in Arabidopsis,
学術雑誌名 ページ 発行年
Gene & Development 15 9 1115-1127 2001

全著者名 論文名
Kenichiro Maeo, Atsushi Morikami, Mamiko Soga, Shunsuke Imanishi and Kenzo Nakamura Expression patterns of two genes for the delta-subunit of mitochondrial F1 ATPsyntase from sweet potato in transgenic tobacco plants and cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Plat Cell Physiol. 40 8 866-873 1999

全著者名 論文名
Shunsuke Imanishi, Kyoko Kito-Nakamura, Ken Matsuoka, Atsushi Morikami, and Nakamura, K A major jasmonate-inducible pretein of sweet potato, Ipomelin, is an ABA-independent wound-inducible protein
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Cell Physiol. 38 6 643-652 1997

全著者名 論文名
Sumie Ishiguro, Yuhko Watanabe, Natsuko Ito, Hideo Nonaka, Norimasa Takeda, Tomoko Sakai, Hiroshi Kanaya and Kiyotaka Okada SHEPHERD is the Arabidopsis GRP94 responsible for the formation of functional CLAVATA proteins
学術雑誌名 ページ 発行年
EMBO J. 21 ??? 898-908 2002

全著者名 論文名
K. Matsui, D. Collings, and T. Asada Identification of a novel plant-specific kinesin-like protein that is highly expressed in interphase tobacco BY-2 cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Protoplasma 215 ??? 105-115 2001

全著者名 論文名
Sumie Ishiguro, Akiko Kawai-Oda, Junichi Ueda, Ikuko Nishida and Kiyotaka Okada The DEFECTIVE IN ANTHER DEHISCENCE1 gene encodes a novel phospholipase A1 catalyzing the initial step of jasmonic acid biosynthesis, which synchronizes pollen maturation, anther dehiscence, and flower opening in Arabidopsis
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Cell 13 10 2191-2209 2001

全著者名 論文名
H. Urawa, M. Hidaka, Sumie Ishiguro, Kiyotaka Okada and T. Horiuchi Enhanced homologous recombination caused by the non-transcribed spacer of the rDNA in Arabidopsis
学術雑誌名 ページ 発行年
Mol. Genet. Genomics 266 ??? 546-555 2001

全著者名 論文名
Ryouichi Tanaka, Yoshihiro Koshino, Shinichiro Sawa, Sumie Ishiguro, Kiyotaka Okada and Ayumi Tanaka Overexpression of chlorophyllide a oxygenase (CAO) enlarges the antenna size of photosystem II in Arabidopsis thalian a
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant J. 26 4 365-373 2000

全著者名 論文名
K. Maeo, T. Tomiya, K. Hayashi, M. Akaike,A. Morikami, S. Ishiguro and K. Nakamura Sugar-responsible elements in the promoter of a gene for β-amylase of sweet potato
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Mol. Biol. 46 ??? 627-637. 2001

C.著書(Books)
全著者名 書名
Nobukazu Tanaka, Nobuyuki Uozumi, and Takeshi Kobayashi Biotechnology in Agriculture and Forestry Vol. 45. Transgenic Medicinal Plants (ed. By Y.P.S. Bajaj)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Springer-Verlag Berlin Heidelberg ISBN 3-540-65120-9 30-46 1999

全著者名 書名
Nobukazu Tanaka Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 45. Transgenic Medicinal Plants (ed. By Y.P.S. Bajaj)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Springer-Verlag BerlinHeidelberg ISBN 3-540-65120-9 355-365 1999

全著者名 書名
鳥山欽哉, 岡田崇、 花 性と生殖の分子生物学(日向康吉編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
学会出版センター 東京 ISBN4-7622-2966-0  153-165 2001

全著者名 書名
Kinya Toriyama, Makiko Tanabe, Hamid Rashid Biotechnology in Agriculture and Forestry. Vol 48 (Editor: Bajaj YPS)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Springer-Verlag Berlin,Heidelberg ISBN3-540-67132-3 352-358 2001

全著者名 書名
Shuji Yokoi, Kinya Toriyama, Transgenic rice (Oryza sativa). (Editor:Bajaj YPS) ( Biotechnology in Agriculture and Forestry. Vol.46.)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Springer-Verlag, Berlin Heidelberg ISBN3-540-51810-X 3-13 1999

全著者名 書名
Gary Scindelman, Atsushi Morikami, Philip Benfey, P Advance and perspectives on the function of plant roots ed. Hector Flores, Jonathan Lynch, David Eissenstat,
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
American Society of Plant Physiologists Maryland USA ISBN 0-943088-35-6 426-427 1997

全著者名 書名
森上敦 新版植物の形を決める分子機構 岡田清孝,町田泰則,松岡信編著
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
秀潤社、東京ISBN4-87962-213-3 94-102     1999

全著者名 書名
石黒澄衞, 酒井達也, 岡田清孝 モデル植物ラボマニュアル 分子遺伝学・分子生物学的実験法(岩渕雅樹, 岡田清孝, 島本 功 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
シュプリンガー・フェアラーク 東京 ??? 9-20 2000

全著者名 書名
太田真由美, 石黒澄衞, 岡田清孝 「シロイヌナズナのストックセンターとデータベース」ライフサイエンスのための系統保存とデータバンク(中辻憲夫 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
共立出版 ??? 57-62   2000

全著者名 書名
石黒澄衞, 清水健太郎 花 性と生殖の分子生物学(日向康吉ほか 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
学会出版センター ??? 111-124   2001

全著者名 書名
石黒澄衞 「シロイヌナズナにおける遺伝子のマッピング」細胞工学別冊・植物細胞工学シリーズ 15新版 モデル植物の実験プロトコール 遺伝学的手法からゲノム解析まで
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
秀潤社 ??? 69-76   2001


戻る