平成13年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



研究推進分野名 高次脳機能
 
研究プロジェクト名 イメージングによる高次脳機能およびその病態の総合的研究
 
(英文名) Integrative Studies on Higher Brain Functions and their Pathophysiology Using Neuroimaging
 
研究期間 平成9年度 〜 平成13年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 615,011千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
柴崎 浩 ・京都大学 ・大学院医学研究科 ・教授 内訳 平成 9年度232,866千円
平成10年度111,484千円
平成11年度80,013千円
平成12年度85,000千円
平成13年度105,648千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
佐治 英郎 京都大学・大学院薬学研究科・教授 動物用PETによる基礎的研究、神経伝達物質トレーサーの開発
福山 秀直 京都大学・大学院医学研究科・教授 動物用PETによる基礎的研究、機能的, PETによる脳機能研究
長峯 隆 京都大学・大学院医学研究科・助教授 脳磁図、事象関連脳電位による脳機能解析
池田 昭夫 京都大学・大学院医学研究科・講師 脳磁図、事象関連脳電位による脳機能解析
美馬 達哉 京都大学・大学院医学研究科・助手 脳磁図、事象関連脳電位による脳機能解析
西沢 貞彦 京都大学・大学院医学研究科・助手 PETによる脳機能研究
間賀田 泰寛 京都大学・大学院医学研究科・助手 神経伝達物質トレーサーの開発

2.研究計画の概要

 本研究は、それぞれ異なった特徴を有する複数の非侵襲的研究手法を用いて、ヒトの高次脳機能およびその病態生理を総合的に解明しようとするものである。すなわち、時間分解能に優れた電気生理学的手法(脳電位、脳磁場、経頭蓋的磁気刺激法)、および空間解像度に優れた狭義の脳機能イメージング(PET, SPECT)を用いて、健常者の中枢運動調節機構、感覚受容・認知機構、感覚運動機能連関、前頭前野の機能局在、および日本語の脳内処理機構を明らかにする。さらに、中枢神経受容体に親和性をもつ化学物質を放射性同位元素で標識して、受容体を画像化する手法(化学的イメージング)を開発し、動物用PETでその安全性を確認した上で、健常者に適用し、アルツハイマー病やパーキンソン症候群などの変性性脳疾患の病態解明と補助診断に資する。

3.研究目的
 以下に掲げるような、ヒトの高次脳機能の調節機構およびその病態生理を非侵襲的に明らかにする。

1. 運動抑制機構と、その異常が関与するジストニーの病態生理を解明する。
2. 歩行の中枢制御機構、およびパーキンソン病の歩行異常の病態生理を解明する。
3. 一次および二次体性感覚野の機能的意義、特に痛覚受容・認知機構を解明する。
4. 聴覚受容・認知機構およびその選択的注意機構を明らかにする。
5. 感覚運動連関機構と、ジストニーにおけるその機能異常を明らかにする。
6. 前頭前野の機能局在を明らかにする。
7. 日本語の脳内処理機構を解明する。
8. 動物用 PET を用いてラット脳のグルコース代謝イメージング法を開発する。
9. 中枢神経受容体の標識物質を開発し、PETを用いたヒトへの応用を計る。

4.研究成果の概要
4−1 研究計画、目的に対する成果
1. ヒトの運動野に随意的筋弛緩(運動抑制)に関与する部位が存在すること、ジストニーではその機構に異常があることを初めて明らかにした。
2. ヒトの歩行ではSMAと運動前野外側部が重要な働きをすること、パーキンソン病ではSMAの活動が低下しており、視覚刺激によって運動前野外側部の活動が代償性に増強して歩行が改善することを初めて明らかにした。
3. ヒトの痛覚受容では二次体性感覚野だけでなく一次体性感覚野も関与すること、その情動性受容には頭頂葉弁蓋部と島皮質後部が関与することを初めて明らかにした。
4. 聴覚刺激の識別には、上側頭回、側頭葉内側および頭頂葉下部が関与すること、選択的注意の影響は上側頭回で現われることを明らかにした。
5. ヒトの感覚運動連関には頭頂葉前下部と運動前野外側部が重要な働きをなすことを明らかにした。そして、ジストニーでは感覚運動連関機構の動作特異的異常があることを証明した。
6. ウィスコンシンカード分類検査を用いて状況の認識・判断に関連する前頭前野の領域を明らかにした。
7. 漢字の書字と想起に左側頭葉後下部が重要なはたらきをなすことを証明した。
8. 動物用 PET によって、ラット脳のグルコース代謝イメージングを可能にした。
9. アセチルコリン・ニコチン性受容体の・・・・・サブタイプに親和性をもつ標識物質を開発し、動物用PETを用いてその特異性と安全性を確認して、ヒトへの応用を可能にした。また、ドーパミンD2受容体およびベンゾジアゼピン受容体についても、それぞれ標識物質を合成して、臨床応用を可能にした。

4−2 研究計画、目的外の成果
1. 難治性部分てんかん患者の術前検察の一部として皮質電位記録を行い、種々の機能につき上記非侵襲的研究成果を支持する知見を提供した。
a. サルの前補足運動野(pre-SMA)に相当する領域がヒトでも存在すること、およびそれと他の運動野との機能連関を初めて明らかにした。
b. ヒトの感覚運動連関における運動前野外側部の活動様式を明らかにした。
2. 本研究の一環として医用工学的共同研究を継続して、脳波の自動判読システムを実用化した。それに付随して、瞬目アーチファクトを自動的に除去するシステムを開発して、特許を取得した。
3. 中枢神経受容体の標識物質の開発の一環として、ドーパミンD4受容体の標識物質を初めて開発して、特許を取得した。

4−3 研究成果の展望
 随意運動の中枢制御、随意的運動抑制、歩行調節、感覚受容・認知機構の全ての面において、サルを初めとする動物実験で唱えられてきたことをヒトで初めて証明したり、あるいはヒトでなければ不可能は課題を用いて解明したいくつかの知見は、それ自体学術的なインパクトをもつものと考えられる。これまでは各課題に応じて最も有効と考えられる非侵襲的研究手法を用いて、機能局在を明らかにしてきたわけであるが、今後は各機能に特異的に関わる神経ネットワークを解明するため、複数の手法を組み合わせて研究する必要がある。たとえば、経頭蓋的磁気刺激法を用いて脳の局所機能を一過性に障害させ、同部位または関連した部位に及ぼす影響を他のイメージング手法(脳磁図、fMRI)で検索する方法が発展しつつあり、期待される。
 また一方では、種々の中枢神経受容体または神経終末における伝達物質の取り込みの画像化をさらに発展させるとともに、脳内に存在する内因性物質の画像化の開発が期待される。

4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
 技術面では全頭型脳磁図を用いた高次脳機能の研究方法を確立したこと、また事象関連fMRIの手法を確立して、その解析を単一試行でも可能にしたこと、そしてそれらの研究方法を駆使して、ヒトの感覚受容、運動制御、および感覚運動連関に関してその機構を明らかにしたことは、同方面における今後の研究に大きな貢献をなし、未来開拓につながるものである。また、中枢神経受容体の非侵襲的イメージングは健常者における脳機能の研究だけでなく、種々の脳疾患の病態解明においても先駆的な役割を果たし、今後益々発展するものと考えられる。さらに、この化学的イメージングは脳の内因性物質の画像化や、細胞内情報伝達に関する分子イメージングとして発展し、分子生物学との接点を形成するための礎となるものである。

5.キーワード

(1)高次脳機能、(2)ヒト、(3)ニューロイメージング
(4)運動制御、(5)感覚認知、(6)感覚運動連関
(7)言語、(8)動物用PET、(9)受容体イメージング

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
N Fujiwara, M Imai, T Nagamine, M Imai, T Mima, O T., K Takeshita, and H Shibasaki Second somatosensory area (SII) plays a significant role in selective somatosensory attention
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain Res Cogn Brain Res in press ??? ??? ???

全著者名 論文名
A Ikeda, S Miyamoto, J Yamamoto, T Satow, M Takayama, M Matsuhashi, N Mikuni, J Takahashi, JC Rothwell, N Hashimoto, and H Shibasaki Motor inhibition by human supplementary motor area proper
学術雑誌名 ページ 発行年
Clin Neurophysiol in press ??? ??? ???

全著者名 論文名
T Ino, Y Inoue, M kage, S Hirose, T Kimura, and H Fukuyama Anterior bank of the parieto-occipital sulcus is related to the mental navigation process in human
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurosci Lett in press ??? ??? ???

全著者名 論文名
T Oga, M Honda, K Toma, N Murase, T Okada, T Hanakawa, N Sawamoto, T Nagamine, J Konishi, H Fukuyama, R Kaji, and H Shibasaki Abnormal cortical mechanism of voluntary muscle relaxation in patients with writer's cramp: an fMRI study
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain in press ??? ??? ???

全著者名 論文名
T Satow, A Ikeda, J Yamamoto, M Takayama, M Matsuhashi, S Ohara, R Matsumoto, T Begum, H Fukuyama, N Hashimoto, and H Shibasaki Partial epilepsy manifesting atonic seizure: report of two cases
学術雑誌名 ページ 発行年
Epilepsia in press ??? ??? ???

全著者名 論文名
M Tanaka, H Fukuyama, H Yamauchi, M Narita, H Nabatame, M Yokode, N Fujimoto, T KIta, and M Murakami Regional cerebral blood flow abnormalities in patients with isolated memory impairment
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neuroimage in press ??? ??? ???

全著者名 論文名
J Yamamoto, A Ikeda, T Satow, K Takeshita, M Takayama, M Matsuhashi, R Matsumoto, S Ohara, N Mikuni, J Takahashi, S Miyamoto, W Taki, N Hashimoto, JC Rothwell, and H Shibasaki Low frequency electric cortical stimulation has an inhibitory effect on epileptic focus in mesial temporal lobe epilepsy
学術雑誌名 ページ 発行年
Epilepsia in press ??? ??? ???

全著者名 論文名
K Nakamura, M Honda, S Hirano, T Oga, N Sawamoto, T Hanakawa, H Inoue, J Ito, T Matsuda, H Fukuyama, and H Shibasaki Modulation of the visual word retrieval system in writing: a functional MRI study on the Japanese orthographies
学術雑誌名 ページ 発行年
J Cogn Neurosci 14 1 104-115 2002

全著者名 論文名
M Nakamura, T Sugi, A Ikeda, and H Shibasaki Automatic EEG interpretation adaptable to individual electroencephalographer using artificial neural network
学術雑誌名 ページ 発行年
Int J Adapt Control Signal Process 16 ??? 25-37 2002

全著者名 論文名
H Saji, M Ogawa, M Ueda, Y Iida, Y Magata, A Tominaga, H Kawashima, Y Kitamura, M Nakagawa, Y Kiyono, and T Mukai Evaluation of radioiodinated 5-iod-3-(2(S)-azetidinylmethoxy)pyridine as a ligand for SPECT investigations of brain nicotinic acethylcholine receptors
学術雑誌名 ページ 発行年
Ann Nucl Med ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
O Bai, M Nakamura, M Kanda, T Nagamine, and H Shibasaki Accurate identification of waveform of evoked potentials by component decomposition using discrete cosine transform modeling
学術雑誌名 ページ 発行年
Med Eng Phys 23 9 615-622 2001

全著者名 論文名
O Bai, M Nakamura, T Nagamine, A Ikeda, and H Shibasaki Blink artifact elimination in electroencephalographic records based on discrete cosine transform domain modeling
学術雑誌名 ページ 発行年
Frontiers Med Biol Engng 11 ??? 191-206 2001

全著者名 論文名
O Bai, M Nakamura, T Nagamine, and H Shibasaki Parametric modeling of somatosensory evoked potentials using discrete cosine transform
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans Biomed Eng 48 11 1347-1351 2001

全著者名 論文名
O Bai, M Nakamura, S Nishida, Ikeda, and H Shibasaki Markov process amplitude EEG model for spontaneous background activity
学術雑誌名 ページ 発行年
J Clin Neurophysiol 18 3 283-290 2001

全著者名 論文名
O Bai, M Nakamura, and H Shibasaki Compensation of hand movement for patients by assistant force: relationship between human hand movement and robot arm motion
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans Neural Syst Rehabil Eng 9 3 302-307 2001

全著者名 論文名
T Hanakawa, A Ikeda, N Sadato, T Okada, H Fukuyama, T Nagamine, M Honda, N Sawamoto, S Yazawa, T Kunieda, S Ohara, W Taki, N Hashimoto, Y Yonekura, J Konishi, and H Shibasaki Functional mapping of human medial frontal motor areas. The combined use of functional magnetic resonance imaging and cortical stimulation
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp Brain Res 138 4 403-409 2001

全著者名 論文名
A Ikeda, R Matsumoto, S Ohara, T Kunieda, Y Shirakashi, R Kaji, H Fukuyama, and H Shibasaki Asymmetric tonic seizures with bilateral parietal lesions resembling frontal lobe epilepsy
学術雑誌名 ページ 発行年
Epileptic Disord 3 1 17-22 2001

全著者名 論文名
A Ikeda, K Matsuoka, Y Nakaya, and H Shibasaki Hiccups start, seizures cease
学術雑誌名 ページ 発行年
Ann Neurol 50 1 128-129 2001

全著者名 論文名
H Kitano, Y Magata, A Tanaka, T Mukai, Y Kuge, K Nagatsu, J Konishi, and H Saji Performance assessment of O-18 water purifier
学術雑誌名 ページ 発行年
Ann Nucl Med 15 1 75-78 2001

全著者名 論文名
Y Kiyono, Y Iida, H Kawashima, N Tamaki, H Nishimura, and H Saji Regional alterations of myocardial norepinephrine transporter density in streptozotocin-induced diabetic rats: implications for heterogeneous cardiac accumulation of MIBG in diabetes
学術雑誌名 ページ 発行年
Eur J Nucl Med 28 7 894-899 2001

全著者名 論文名
Y Magata, T Mukai, A Tanaka, H Kitano, and H Saji Development of multi purpose synthetic system
学術雑誌名 ページ 発行年
J Labelled Compd Radiopharm 44 ??? 1047-1049 2001

全著者名 論文名
Y Nagahama, T Okada, Y Katsumi, T Hayashi, H Yamauchi, C Oyanagi, J Konishi, H Fukuyama, and H Shibasaki Dissociable Mechanisms of Attentional Control within the Human Prefrontal Cortex
学術雑誌名 ページ 発行年
Cereb Cortex 11 1 85-92 2001

全著者名 論文名
A Obata, E Yoshimi, A Waki, JS Lewis, N Oyama, MJ Welch, H Saji, Y Yonekura, and Y Fujibayashi Retention mechanism of hypoxia selective nuclear imaging/radiotherapeutic agent cu-diacetyl-bis(N4-methylthiosemicarbazone) (Cu-ATSM) in tumor cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Ann Nucl Med 15 6 499-504 2001

全著者名 論文名
S Ohara, T Mima, K Baba, A Ikeda, T Kunieda, R Matsumoto, J Yamamoto, M Matsuhashi, T Nagamine, K Hirasawa, T Hori, T Mihara, N Hashimoto, S Salenius, and H Shibasaki Increased synchronization of cortical oscillatory activities between human supplementary motor and primary sensorimotor areas during voluntary movements
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurosci 21 23 9377-9386 2001

全著者名 論文名
Y Dong, H Fukuyama, M Honda, T Okada, T Hanakawa, K Nakamura, Y Nagahama, T Nagamine, J Konishi, and H Shibasaki Essential role of the right superior parietal cortex in Japanese kana mirror reading: An fMRI study
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 123 Pt 4 790-799 2000

全著者名 論文名
A Ikeda, T Kunieda, S Miyamoto, H Fukuyama, and H Shibasaki Autosomal dominant temporal lobe epilepsy in a Japanese family
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Sci 176 2 162-165 2000

全著者名 論文名
A Ikeda, S Ohara, R Matsumoto, T Kunieda, T Nagamine, S Miyamoto, N Kohara, W Taki, N Hashimoto, and H Shibasaki Role of primary sensorimotor cortices in generating inhibitory motor response in humans
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 123 Pt 8 1710-1721 2000

全著者名 論文名
R Kaji, H Bostock, N Kohara, N Murase, J Kimura, and H Shibasaki Activity-dependent conduction block in multifocal motor neuropathy
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 123 Pt 8 1602-1611 2000

全著者名 論文名
M Kanda, T Nagamine, A Ikeda, S Ohara, T Kunieda, N Fujiwara, S Yazawa, N Sawamoto, R Matsumoto, W Taki, and H Shibasaki Primary somatosensory cortex is actively involved in pain processing in human
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain Res 853 2 282-289 2000

全著者名 論文名
Y Katsumi, T Hayashi, C Oyanagi, Y Nagahama, H Yamauchi, S Ono, H Fukuyama, and H Shibasaki Glucose metabolism in the rat frontal cortex recovered without the recovery of choline acetyltransferase activity after lesioning of the nucleus basalis magnocellularis
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurosci Lett 280 1 9-12 2000

全著者名 論文名
M Kubota, Y Iida, Y Magata, Y Kitamura, H Kawashima, and H Saji Mechanisms of [2,3-butanedione bis(N4-dimethylthiosemicarbazone)]zinc (Zn-ATSM2)-induced protection of cultured hippocampal neurons against N-methyl-D-aspartate receptor-mediated glutamate cytotoxicity
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn J Pharmacol 84 3 334-338 2000

全著者名 論文名
Y Kubota, W Sato, T Murai, M Toichi, A Ikeda, and A Sengoku Emotional cognition without awareness after unilateral temporal lobectomy in humans
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurosci 20 19 RC97 2000

全著者名 論文名
T Kunieda, A Ikeda, N Mikuni, S Ohara, A Sadato, W Taki, N Hashimoto, and H Shibasaki Use of cavernous sinus EEG in the detection of seizure onset and spread in mesial temporal lobe epilepsy
学術雑誌名 ページ 発行年
Epilepsia 41 11 1411-1419 2000

全著者名 論文名
T Kunieda, A Ikeda, S Ohara, S Yazawa, T Nagamine, W Taki, N Hashimoto, and H Shibasaki Different activation of presupplementary motor area, supplementary motor area proper, and primary sensorimotor area, depending on the movement repetition rate in humans
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp Brain Res 135 2 163-172 2000

全著者名 論文名
Y Magata, H Kitano, T Shiozaki, Y Iida, S Nishizawa, H Saji, and J Konishi Effect of chronic (-)-nicotine treatment on rat cerebral benzodiazepine receptors
学術雑誌名 ページ 発行年
Nucl Med Biol 27 1 57-60 2000

全著者名 論文名
R Matsumoto, A Ikeda, S Ohara, T Kunieda, K Kimura, JB Takahashi, S Miyamoto, W Taki, N Hashimoto, and H Shibasaki Nonconvulsive focal inhibitory seizure: subdural recording from motor cortex
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurology 55 3 429-431 2000

全著者名 論文名
N Murase, R Kaji, T Sakamoto, H Shimazu, S Matumoto, N Kohar, H Shibasaki, and J Kimura Nicotine-sensitive writer's cramp
学術雑誌名 ページ 発行年
Mov Disord 15 6 1276-1279 2000

全著者名 論文名
N Murase, R Kaji, H Shimazu, M Katayama-Hirota, A Ikeda, N Kohara, J Kimura, H Shibasaki, and JC Rothwell Abnormal premovement gating of somatosensory input in writer's cramp
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 123 Pt 9 1813-1829 2000

全著者名 論文名
Y Naito, I Tateya, N Fujiki, S Hirano, K Ishizu, Y Nagahama, H Fukuyama, and H Kojima Increased cortical activation during hearing of speech in cochlear implant users
学術雑誌名 ページ 発行年
Hear Res 143 1-2 139-146 2000

全著者名 論文名
K Nakamura, M Honda, T Okada, T Hanakawa, K Toma, H Fukuyama, J Konishi, and H Shibasaki Participation of the left posterior inferior temporal cortex in writing and mental recall of kanji orthography: A functional MRI study
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 123 Pt 5 954-967 2000

全著者名 論文名
K Nakamura, M Honda, T Okada, T Hankawa, H Fukuyama, J Konishi, and H Shibasaki Attentional modulation of parieto-occipital cortical responses: implications for hemispatial neglect
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Sci 176 2 136-143 2000

全著者名 論文名
T Oga, A Ikeda, T Nagamine, E Sumi, R Matsumoto, I Akiguchi, J Kimura, and H Shibasaki Implication of sensorimotor integration in the generation of periodic dystonic myoclonus in subacute sclerosing panencephalitis (SSPE)
学術雑誌名 ページ 発行年
Mov Disord 15 6 1173-1183 2000

全著者名 論文名
S Ohara, A Ikeda, T Kunieda, S Yazawa, K Baba, T Nagamine, W Taki, N Hashimoto, T Mihara, and H Shibasaki Movement-related change of electrocorticographic activity in human supplementary motor area proper
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 123 Pt 6 1203-1215 2000

全著者名 論文名
S Ohara, T Nagamine, A Ikeda, T Kunieda, R Matsumoto, W Taki, N Hashimoto, K Baba, T Mihara, S Salenius, and H Shibasaki Electrocorticogram-electromyogram coherence during isometric contraction of hand muscle in human
学術雑誌名 ページ 発行年
Clin Neurophysiol 111 11 2014-2024 2000

全著者名 論文名
T Oohashi, E Nishina, M Honda, Y Yonekura, Y Fuwamoto, N Kawai, T Maekawa, S Nakamura, H Fukuyama, and H Shibasaki Inaudible high-frequency sounds affect brain activity: hypersonic effect
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurophysiol 83 6 3548-3558 2000

全著者名 論文名
H Saji PET and SPECT applications in medicine and pharmacology in Japan(Invited)
学術雑誌名 ページ 発行年
Ann Nucl Med Sci 13 ??? 225-232 2000

全著者名 論文名
N Sawamoto, M Honda, T Okada, T Hanakawa, M Kanda, H Fukuyama, J Konishi, and H Shibasaki Expectation of pain enhances responses to nonpainful somatosensory stimulation in the anterior cingulate cortex and parietal operculum/posterior insula: an event-related functional magnetic resonance imaging study
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurosci 20 19 7438-7445 2000

全著者名 論文名
H Shibasaki Electrophysiological studies of myoclonus
学術雑誌名 ページ 発行年
Muscle Nerve 23 3 321-335 2000

全著者名 論文名
H Shibasaki Central control of voluntary movement as studied by multidisciplinary noninvasive approaches
学術雑誌名 ページ 発行年
Image, Language, Brain (eds by Marantz A, Miyashita Y, O'Neil W) MIT Press Cambridge, Massachu 183-195 2000.

全著者名 論文名
H Shimazu, R Kaji, T Tsujimoto, N Kohara, A Ikeda, J Kimura, and H Shibasaki High-frequency SEP components generated in the somatosensory cortex of the monkey
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroreport 11 12 2821-2826 2000

全著者名 論文名
K Toma, T Nagamine, S Yazawa, K Terada, A Ikeda, M Honda, T Oga, and H Shibasaki Desynchronization and synchronization of central 20-Hz rhythms associated with voluntary muscle relaxation: a magnetoencephalographic study
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp Brain Res 134 4 417-425 2000

全著者名 論文名
Y Ueki, N Kohara, T Oga, H Fukuyama, I Akiguchi, J Kimura, and H Shibasaki Membranous lipodystrophy presenting with palilalia: a PET study of cerebral glucose metabolism
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Neurol Scand 102 1 60-64 2000

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Dong, H Nabatame, Y Nagahama, S Nishizawa, J Konishi, and H Shio Atrophy of the corpus callosum associated with a decrease in cortical benzodiazepine receptor in large cerebral arterial occlusive diseases
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Neurosurg Psychiatry 68 3 317-322 2000

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, Y Katsumi, T Hayashi, C Oyanagi, J Konishi, and H Shio Comparison of the pattern of atrophy of the corpus callosum in frontotemporal dementia, progressive supranuclear palsy, and Alzheimer's disease
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Neurosurg Psychiatry 69 5 623-629 2000

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, C Oyanagi, H Okazawa, M Ueno, J Konishi, and H Shio Long-term changes of hemodynamics and metabolism after carotid artery occlusion
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurology 54 11 2095-2102 2000

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, and H Shio Corpus callosum atrophy in patients with leukoaraiosis may indicate global cognitive impairment
学術雑誌名 ページ 発行年
Stroke 31 7 1515-1520 2000

全著者名 論文名
Q Yang, R Kaji, N Hirota, Y Kojima, T Takagi, N Kohara, J Kimura, H Shibasaki, and H Bostock Effect of maturation on nerve excitability in an experimental model of threshold electrotonus
学術雑誌名 ページ 発行年
Muscle Nerve 23 4 498-506 2000

全著者名 論文名
S Yazawa, A Ikeda, T Kunieda, S Ohara, T Mima, T Nagamine, W Taki, J Kimura, T Hori, and H Shibasaki Human presupplementary motor area is active before voluntary movement: subdural recording of Bereitschaftspotential from medial frontal cortex
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp Brain Res 131 2 165-177 2000

全著者名 論文名
K Yoshida, R Kaji, T Hamano, N Kohara, J Kimura, H Shibasaki, and T Iizuka Cortical potentials associated with voluntary mandibular movements
学術雑誌名 ページ 発行年
J Dent Res 79 7 1514-1518 2000

全著者名 論文名
H Fukuyama [SPM analysis on PET and SPECT data]
学術雑誌名 ページ 発行年
Rinsho Shinkeigaku 39 1 36-38 1999

全著者名 論文名
T Hamano, R Kaji, M Katayama, T Kubori, A Ikeda, H Shibasaki, and J Kimura Abnormal contingent negative variation in writer's cramp
学術雑誌名 ページ 発行年
Clin Neurophysiol 110 3 508-515 1999

全著者名 論文名
T Hanakawa, H Fukuyama, Y Katsumi, M Honda, and H Shibasaki Enhanced lateral premotor activity during paradoxical gait in Parkinson's disease
学術雑誌名 ページ 発行年
Ann Neurol 45 3 329-336 1999

全著者名 論文名
T Hanakawa, Y Katsumi, H Fukuyama, M Honda, T Hayashi, J Kimura, and H Shibasaki Mechanisms underlying gait disturbance in Parkinson's disease: a single photon emission computed tomography study
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 122 Pt 7 1271-1282 1999

全著者名 論文名
T Hashimoto, S Kashii, M Kikuchi, Y Honda, T Nagamine, and H Shibasaki Temporal profile of visual evoked responses to pattern-reversal stimulation analyzed with a whole-head magnetometer
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp Brain Res 125 3 375-382 1999

全著者名 論文名
T Hayashi, H Fukuyama, Y Katsumi, T Hanakawa, Y Nagahama, H Yamauchi, H Tsukada, and H Shibasaki Cerebral glucose metabolism in unilateral entorhinal cortex-lesioned rats: an animal PET study
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroreport 10 10 2113-2118 1999

全著者名 論文名
A Ikeda [Electrophysiological study of intractable epileptogenicity in human epilepsy: clinical usefulness of ictal DC shifts and cavernous sinus EEG]
学術雑誌名 ページ 発行年
Rinsho Shinkeigaku 39 1 78-80 1999

全著者名 論文名
A Ikeda, T Nagamine, T Kunieda, S Yazawa, S Ohara, W Taki, J Kimura, and H Shibasaki Clonic convulsion caused by epileptic discharges arising from the human supplementary motor area as studied by subdural recording
学術雑誌名 ページ 発行年
Epileptic Disord 1 1 21-26 1999

全著者名 論文名
A Ikeda, A Sengoku, N Aoyagi, Y Kubota, R Matsumoto, S Ohara, T Kunieda, K Kimura, J Takahashi, S Miyamoto, and H Shibasaki Seizure with prominent tonic initial signs followed by psychomotor features: a case report clinically manifesting an unusual ictal evolution
学術雑誌名 ページ 発行年
Epileptic Disord 1 2 127-133 1999

全著者名 論文名
A Ikeda, W Taki, T Kunieda, K Terada, N Mikuni, T Nagamine, S Yazawa, S Ohara, T Hori, R Kaji, J Kimura, and H Shibasaki Focal ictal direct current shifts in human epilepsy as studied by subdural and scalp recording
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 122 Pt 5 827-838 1999

全著者名 論文名
A Ikeda, S Yazawa, T Kunieda, S Ohara, K Terada, N Mikuni, T Nagamine, W Taki, J Kimura, and H Shibasaki Cognitive motor control in human pre-supplementary motor area studied by subdural recording of discrimination/selection-related potentials
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 122 Pt 5 915-931 1999

全著者名 論文名
M Kanda, K Shindo, X Xu, N Fujiwara, A Ikeda, T Nagamine, and H Shibasaki Cortical mechanisms underlying point localization of pain spot as studied by event-related potentials following CO2 laser stimulation in man
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp Brain Res 127 2 131-140 1999

全著者名 論文名
Y Katsumi, T Hanakawa, H Fukuyama, T Hayashi, Y Nagahama, H Yamauchi, Y Ouchi, H Tsukada, and H Shibasaki The effect of sequential lesioning in the basal forebrain on cerebral cortical glucose metabolism in rats. An animal positron emission tomography study
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain Res 837 1-2 75-82 1999

全著者名 論文名
K Kimura, N Tachibana, J Kimura, and H Shibasaki Sleep-disordered breathing at an early stage of amyotrophic lateral sclerosis [see comments]
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Sci 164 1 37-43 1999

全著者名 論文名
J Kitamura, H Shabasaki, A Terashi, and K Tashima Cortical potentials preceding voluntary finger movement in patients with focal cerebellar lesion
学術雑誌名 ページ 発行年
Clin Neurophysiol 110 1 126-132 1999

全著者名 論文名
T Mima, A Ikeda, S Yazawa, T Kunieda, T Nagamine, W Taki, and H Shibasaki Somesthetic function of supplementary motor area during voluntary movements
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroreport 10 9 1859-1862 1999

全著者名 論文名
T Mima, N Sadato, S Yazawa, T Hanakawa, H Fukuyama, Y Yonekura, and H Shibasaki Brain structures related to active and passive finger movements in man
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 122 Pt 10 1989-1997 1999

全著者名 論文名
T Mukai, Y Arano, K Nishida, H Sasaki, H Akizawa, K Ogawa, M Ono, H Saji, and J Nakamura Species difference in radioactivity elimination from liver parenchymal cells after injection of radiolabeled proteins
学術雑誌名 ページ 発行年
Nucl Med Biol 26 3 281-289 1999

全著者名 論文名
T Mukai, Y Arano, K Nishida, H Sasaki, H Saji, and J Nakamura In-vivo evaluation of indium-111-diethylenetriaminepentaacetic acid-labelling for determining the sites and rates of protein catabolism in mice
学術雑誌名 ページ 発行年
J Pharm Pharmacol 51 1 15-20 1999

全著者名 論文名
Y Nagahama, T Okada, Y Katsumi, T Hayashi, H Yamauchi, N Sawamoto, K Toma, K Nakamura, T Hanakawa, J Konishi, H Fukuyama, and H Shibasaki Transient neural activity in the medial superior frontal gyrus and precuneus time locked with attention shift between object features
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroimage 10 2 193-199 1999

全著者名 論文名
T Nagamine [Functional localization of the somatomotor area by magnetoencephalography]
学術雑誌名 ページ 発行年
Rinsho Shinkeigaku 39 1 42-43 1999

全著者名 論文名
N Nishitani, A Ikeda, T Nagamine, M Honda, N Mikuni, W Taki, J Kimura, and H Shibasaki The role of the hippocampus in auditory processing studied by event- related electric potentials and magnetic fields in epilepsy patients before and after temporal lobectomy
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 122 Pt 4 687-707 1999

全著者名 論文名
H Saji Targeted delivery of radiolabeled imaging and therapeutic agents: bifunctional radiopharmaceuticals
学術雑誌名 ページ 発行年
Crit Rev Ther Drug Carrier Syst 16 2 209-244 1999

全著者名 論文名
H Shibasaki Movement-related brain electrical activity
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol Suppl 50 ??? 53-58 1999

全著者名 論文名
H Shibasaki Cortical mechanisms underlying sensori-motor association and its disorders
学術雑誌名 ページ 発行年
Rinsho Shinkeigaku 39 1 101 1999

全著者名 論文名
H Shibasaki, and JC Rothwell EMG-EEG correlation. The International Federation of Clinical Neurophysiology
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol Suppl 52 ??? 269-274 1999

全著者名 論文名
H Shimazu, R Kaji, N Murase, N Kohara, A Ikeda, H Shibasaki, J Kimura, and JC Rothwell Pre-movement gating of short-latency somatosensory evoked potentials
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroreport 10 12 2457-2460 1999

全著者名 論文名
K Terada, A Ikeda, S Yazawa, T Nagamine, and H Shibasaki Movement-related cortical potentials associated with voluntary relaxation of foot muscles
学術雑誌名 ページ 発行年
Clin Neurophysiol 110 3 397-403 1999

全著者名 論文名
K Toma, M Honda, T Hanakawa, T Okada, H Fukuyama, A Ikeda, S Nishizawa, J Konishi, and H Shibasaki Activities of the primary and supplementary motor areas increase in preparation and execution of voluntary muscle relaxation: an event- related fMRI study
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurosci 19 9 3527-3534 1999

全著者名 論文名
N Yamamura, Y Magata, Y Arano, T Kawaguchi, K Ogawa, J Konishi, and H Saji Technetium-99m-labeled medium-chain fatty acid analogues metabolized by beta-oxidation: radiopharmaceutical for assessing liver function
学術雑誌名 ページ 発行年
Bioconjug Chem 10 3 489-495 1999

全著者名 論文名
N Yamamura, Y Magata, J Konishi, and H Saji Evaluation of radioiodinated medium chain fatty acids as new diagnostic agents for the determination of hepatic viability
学術雑誌名 ページ 発行年
Eur J Nucl Med 26 12 1597-1605 1999

全著者名 論文名
N Yamamura, Y Magata, F Yamashita, M Hashida, and H Saji Pharmacokinetic analysis of 123I-labeled medium chain fatty acid as a radiopharmaceutical for hepatic function based on beta-oxidation
学術雑誌名 ページ 発行年
Ann Nucl Med 13 4 235-239 1999

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, Y Katsumi, T Hayashi, H Okazawa, and Y Yonekura Selective cerebral hematocrit decrease in the centrum semiovale after carotid artery occlusion: a PET study
学術雑誌名 ページ 発行年
J Cereb Blood Flow Metab 19 1 109-114 1999

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, H Nabatame, and H Shio [Cerebral hemodynamics and risk for recurrent stroke in symptomatic internal carotid artery occlusion]
学術雑誌名 ページ 発行年
Rinsho Shinkeigaku 39 5 513-519 1999

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, S Nishizawa, and J Konishi Uncoupling of oxygen and glucose metabolism in persistent crossed cerebellar diaschisis
学術雑誌名 ページ 発行年
Stroke 30 7 1424-1428 1999

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, H Okazawa, and J Konishi A decrease in regional cerebral blood volume and hematocrit in crossed cerebellar diaschisis
学術雑誌名 ページ 発行年
Stroke 30 7 1429-1431 1999

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, T Shiozaki, S Nishizawa, J Konishi, H Shio, and J Kimura Brain arteriolosclerosis and hemodynamic disturbance may induce leukoaraiosis
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurology 53 8 1833-1838 1999

全著者名 論文名
S Yazawa, A Ikeda, R Kaji, K Terada, T Nagamine, K Toma, T Kubori, J Kimura, and H Shibasaki Abnormal cortical processing of voluntary muscle relaxation in patients with focal hand dystonia studied by movement-related potentials
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain 122 Pt 7 1357-1366 1999

全著者名 論文名
N Fujiki, Y Naito, T Nagamine, Y Shiomi, S Hirano, I Honjo, and H Shibasaki Influence of unilateral deafness on auditory evoked magnetic field
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroreport 9 14 3129-3133 1998

全著者名 論文名
N Fujiwara, T Nagamine, M Imai, T Tanaka, and H Shibasaki Role of the primary auditory cortex in auditory selective attention studied by whole-head neuromagnetometer
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain Res Cogn Brain Res 7 2 99-109 1998

全著者名 論文名
H Fukuyama, T Hayashi, Y Katsumi, H Tsukada, and H Shibasaki Issues in measuring glucose metabolism of rat brain using PET: the effect of harderian glands on the frontal lobe
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurosci Lett 255 2 99-102 1998

全著者名 論文名
C Gerloff, N Uenishi, T Nagamine, T Kunieda, M Hallett, and H Shibasaki Cortical activation during fast repetitive finger movements in humans: steady-state movement-related magnetic fields and their cortical generators
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 109 5 444-453 1998

全著者名 論文名
M Honda, G Barrett, N Yoshimura, N Sadato, Y Yonekura, and H Shibasaki Comparative study of event-related potentials and positron emission tomography activation during a paired-associate memory paradigm
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp Brain Res 119 1 103-115 1998

全著者名 論文名
A Ikeda, H Hattori, A Odani, J Kimura, and H Shibasaki Gynaecomastia in association with phenytoin and zonisamide in a patient having a CYP2C subfamily mutation [letter]
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Neurosurg Psychiatry 65 5 803-804 1998

全著者名 論文名
A Ikeda, T Nagamine, M Yarita, K Terada, J Kimura, and H Shibasaki Reappraisal of the effect of electrode property on recording slow potentials
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 107 1 59-63 1998

全著者名 論文名
K Kitajima, A Ikeda, K Terada, H Shibasaki, and J Kimura [A case of hypothalamic hamartoma manifesting gelastic seizure and multifocal independent seizure foci]
学術雑誌名 ページ 発行年
Rinsho Shinkeigaku 38 4 305-310 1998

全著者名 論文名
CS Lu, A Ikeda, K Terada, T Mima, T Nagamine, H Fukuyama, N Kohara, Y Kojima, Y Yonekura, RS Chen, CH Tsai, NS Chu, J Kimura, and H Shibasaki Electrophysiological studies of early stage corticobasal degeneration
学術雑誌名 ページ 発行年
Mov Disord 13 1 140-146 1998

全著者名 論文名
T Mima, T Nagamine, A Ikeda, S Yazawa, J Kimura, and H Shibasaki Pathogenesis of cortical myoclonus studied by magnetoencephalopathy
学術雑誌名 ページ 発行年
Ann Neurol 43 5 598-607 1998

全著者名 論文名
T Mima, T Nagamine, K Nakamura, and H Shibasaki Attention modulates both primary and second somatosensory cortical activities in humans: a magnetoencephalographic study
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurophysiol 80 4 2215-2221 1998

全著者名 論文名
T Mima, T Nagamine, N Nishitani, N Mikuni, A Ikeda, H Fukuyama, T Takigawa, J Kimura, and H Shibasaki Cortical myoclonus: sensorimotor hyperexcitability
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurology 50 4 933-942 1998

全著者名 論文名
T Murai, T Hanakawa, A Sengoku, T Ban, Y Yoneda, H Fujita, and N Fujita Temporal lobe epilepsy in a genius of natural history: MRI volumetric study of postmortem brain
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurology 50 5 1373-1376 1998

全著者名 論文名
Y Nagahama, N Sadato, H Yamauchi, Y Katsumi, T Hayashi, H Fukuyama, J Kimura, H Shibasaki, and Y Yonekura Neural activity during attention shifts between object features
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroreport 9 11 2633-2638 1998

全著者名 論文名
T Nagamine, J Makela, T Mima, N Mikuni, N Nishitani, T Satoh, A Ikeda, and H Shibasaki Serial processing of the somesthetic information revealed by different effects of stimulus rate on the somatosensory-evoked potentials and magnetic fields
学術雑誌名 ページ 発行年
Brain Res 791 1-2 200-208 1998

全著者名 論文名
N Nishitani, T Nagamine, N Fujiwara, S Yazawa, and H Shibasaki Cortical-hippocampal auditory processing identified by magnetoencephalography
学術雑誌名 ページ 発行年
J Cogn Neurosci 10 2 231-247 1998

全著者名 論文名
N Nishitani, T Nagamine, and H Shibasaki Modality-specific subregions in human inferior parietal lobule: a magnetoencephalographic study during cognitive tasks
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurosci Lett 252 2 79-82 1998

全著者名 論文名
H Nishiyama, JH Xue, T Sato, H Fukuyama, N Mizuno, T Houtani, T Sugimoto, and J Fujita Diurnal change of the cold-inducible RNA-binding protein (Cirp) expression in mouse brain
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem Biophys Res Commun 245 2 534-538 1998

全著者名 論文名
MR Nuwer, G Comi, R Emerson, A Fuglsang-Frederiksen, JM Guerit, H Hinrichs, A Ikeda, FJ Luccas, and P Rappelsburger IFCN standards for digital recording of clinical EEG. International Federation of Clinical Neurophysiology
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 106 3 259-261 1998

全著者名 論文名
M Ogawa, H Fukuyama, K Harada, and J Kimura Cerebral blood flow and metabolism in multiple system atrophy of the Shy-Drager syndrome type: a PET study
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Sci 158 2 173-179 1998

全著者名 論文名
K Shindo, A Ikeda, T Musha, K Terada, H Fukuyama, W Taki, J Kimura, and H Shibasaki Clinical usefulness of the dipole tracing method for localizing interictal spikes in partial epilepsy
学術雑誌名 ページ 発行年
Epilepsia 39 4 371-379 1998

全著者名 論文名
CA Tassinari, G Rubboli, and H Shibasaki Neurophysiology of positive and negative myoclonus [published erratum appears in Electroencephalogr Clin Neurophysiol 1999 Apr;110(4):785]
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 107 3 181-195 1998

全著者名 論文名
JH Xue, H Fukuyama, K Nonoguchi, Y Kaneko, T Kido, M Fukumoto, Y Fujibayashi, K Itoh, and J Fujita Induction of Apg-1, a member of the heat shock protein 110 family, following transient forebrain ischemia in the rat brain
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem Biophys Res Commun 247 3 796-801 1998

全著者名 論文名
N Yamamura, Y Magata, H Kitano, J Konishi, and H Saji Evaluation of [1-11C]octanoate as a new radiopharmaceutical for assessing liver function using positron emission tomography
学術雑誌名 ページ 発行年
Nucl Med Biol 25 5 467-472 1998

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, Y Katsumi, Y Dong, T Hayashi, J Konishi, and J Kimura Atrophy of the corpus callosum, cortical hypometabolism, and cognitive impairment in corticobasal degeneration
学術雑誌名 ページ 発行年
Arch Neurol 55 5 609-614 1998

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, Y Katsumi, and H Okazawa Cerebral hematocrit decreases with hemodynamic compromise in carotid artery occlusion: a PET study
学術雑誌名 ページ 発行年
Stroke 29 1 98-103 1998

全著者名 論文名
S Yazawa, A Ikeda, T Kunieda, T Mima, T Nagamine, S Ohara, K Terada, W Taki, J Kimura, and H Shibasaki Human supplementary motor area is active in preparation for both voluntary muscle relaxation and contraction: subdural recording of Bereitschaftspotential
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurosci Lett 244 3 145-148 1998

全著者名 論文名
SR Choi, Y Magata, H Saji, K Tajima, H Kitano, J Konishi, and A Yokoyama Effect of ginseng pretreatment on cerebral glucose metabolism in ischaemic rats using animal positron emission tomography (PET) and [18-F]-FDG
学術雑誌名 ページ 発行年
Phytother Res 11 ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Y Dong, H Fukuyama, H Nabatame, H Yamauchi, H Shibasaki, and Y Yonekura Assessment of benzodiazepine receptors using iodine-123-labeled iomazenil single-photon emission computed tomography in patients with ischemic cerebrovascular disease. A comparison with PET study
学術雑誌名 ページ 発行年
Stroke 28 9 1776-1782 1997

全著者名 論文名
H Fukuyama, Y Ouchi, S Matsuzaki, Y Nagahama, H Yamauchi, M Ogawa, J Kimura, and H Shibasaki Brain functional activity during gait in normal subjects: a SPECT study
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurosci Lett 228 3 183-186 1997

全著者名 論文名
T Hamano, HO Luders, A Ikeda, TF Collura, YG Comair, and H Shibasaki The cortical generators of the contingent negative variation in humans: a study with subdural electrodes
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 104 3 257-268 1997

全著者名 論文名
S Hirano, H Kojima, Y Naito, I Honjo, Y Kamoto, H Okazawa, K Ishizu, Y Yonekura, Y Nagahama, H Fukuyama, and J Konishi Cortical processing mechanism for vocalization with auditory verbal feedback
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroreport 8 9-10 2379-2382 1997

全著者名 論文名
S Hirano, Y Naito, H Okazawa, H Kojima, I Honjo, K Ishizu, Y Yenokura, Y Nagahama, H Fukuyama, and J Konishi Cortical activation by monaural speech sound stimulation demonstrated by positron emission tomography
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp Brain Res 113 1 75-80 1997

全著者名 論文名
M Honda, T Nagamine, H Fukuyama, Y Yonekura, J Kimura, and H Shibasaki Movement-related cortical potentials and regional cerebral blood flow change in patients with stroke after motor recovery
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Sci 146 2 117-126 1997

全著者名 論文名
Y Iida, Y Kiyono, N Tamaki, Y Magata, J Konishi, A Yokoyama, and H Saji Deveolpment of norepinephrine transporter (NET) binding radiopharmaceutical for detecting myocardial disease: heterogeneity of NET distribution in myocardium of diabetic rats and evaluation of R-2-iodotomoxetine as a ligand for NET
学術雑誌名 ページ 発行年
J Label Compd Radiopharm 40 ??? 79-80 1997

全著者名 論文名
A Ikeda, and H Shibasaki [Epilepsy from the viewpoint of clinical neurophysiology]
学術雑誌名 ページ 発行年
No To Shinkei 49 5 409-418 1997

全著者名 論文名
A Ikeda, H Shibasaki, R Kaji, K Terada, T Nagamine, M Honda, and J Kimura Dissociation between contingent negative variation (CNV) and Bereitschaftspotential (BP) in patients with parkinsonism
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 102 2 142-151 1997

全著者名 論文名
A Ikeda, H Shibasaki, A Shiozaki, and J Kimura Alopecia with carbamazepine in two patients with focal seizures [letter]
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Neurosurg Psychiatry 63 4 549-550 1997

全著者名 論文名
A Ikeda, S Yazawa, T Kunieda, K Araki, T Aoki, H Hattori, W Taki, and H Shibasaki Scalp-recorded, ictal focal DC shift in a patient with tonic seizure
学術雑誌名 ページ 発行年
Epilepsia 38 12 1350-1354 1997

全著者名 論文名
K Kawai, H Kodama, Y Fujibayashi, A Kubodera, H Saji, and A Yokoyama Evaluation of 3-iodo-a-(difluoromethyl)tyrosine as an amino acid decarboxylase marker in the brain
学術雑誌名 ページ 発行年
J Label Compd Radiopharm ??? ??? 698-700 1997

全著者名 論文名
K Kimura, N Tachibana, T Aso, J Kimura, and H Shibasaki Subclinical REM sleep behavior disorder in a patient with corticobasal degeneration
学術雑誌名 ページ 発行年
Sleep 20 10 891-894 1997

全著者名 論文名
H Kojima, S Hirano, K Shoji, Y Naito, I Honjo, Y Kamoto, H Okazawa, K Ishizu, Y Yonekura, Y Nagahama, H Fukuyama, and J Konishi The role of the temporal coding system in the auditory cortex on speech recognition
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroreport 8 9-10 2395-2398 1997

全著者名 論文名
A Kuzuya, S Yazawa, A Ikeda, T Nagamine, T Kunieda, W Taki, J Kimura, and H Shibasaki [Use of jerk-locked back averaging for detecting the epileptiform discharge in a patient with supplementary motor seizure]
学術雑誌名 ページ 発行年
Rinsho Shinkeigaku 37 10 923-926 1997

全著者名 論文名
C Lai, A Ikeda, K Terada, T Nagamine, M Honda, X Xu, N Yoshimura, S Howng, G Barrett, and H Shibasaki Event-related potentials associated with judgment: comparison of S1- and S2-choice conditions in a contingent negative variation (CNV) paradigm
学術雑誌名 ページ 発行年
J Clin Neurophysiol 14 5 394-405 1997

全著者名 論文名
N Mikuni, A Ikeda, K Murao, K Terada, I Nakahara, W Taki, H Kikuchi, and H Shibasaki "Cavernous sinus EEG": a new method for the preoperative evaluation of temporal lobe epilepsy
学術雑誌名 ページ 発行年
Epilepsia 38 4 472-482 1997

全著者名 論文名
N Mikuni, A Ikeda, K Terada, W Taki, H Kikuchi, J Kimura, A Sengoku, and H Shibasaki Frontopolar ictal epileptiform discharges on scalp electroencephalogram in temporal lobe epilepsy
学術雑誌名 ページ 発行年
J Clin Neurophysiol 14 6 507-512 1997

全著者名 論文名
N Mikuni, T Nagamine, A Ikeda, K Terada, W Taki, J Kimura, H Kikuchi, and H Shibasaki Simultaneous recording of epileptiform discharges by MEG and subdural electrodes in temporal lobe epilepsy
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroimage 5 4 Pt 1 298-306 1997

全著者名 論文名
T Mima, A Ikeda, T Nagamine, S Yazawa, T Kunieda, N Mikuni, W Taki, J Kimura, and H Shibasaki Human second somatosensory area: subdural and magnetoencephalographic recording of somatosensory evoked responses
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Neurosurg Psychiatry 63 4 501-505 1997

全著者名 論文名
T Mima, A Ikeda, K Terada, S Yazawa, N Mikuni, T Kunieda, W Taki, J Kimura, and H Shibasaki Modality-specific organization for cutaneous and proprioceptive sense in human primary sensory cortex studied by chronic epicortical recording
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 104 2 103-107 1997

全著者名 論文名
T Mima, K Terada, A Ikeda, H Fukuyama, T Takigawa, J Kimura, and H Shibasaki Afferent mechanism of cortical myoclonus studied by proprioception- related SEPs
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 104 1 51-59 1997

全著者名 論文名
Y Nagahama, H Fukuyama, N Turjanski, A Kennedy, H Yamauchi, Y Ouchi, J Kimura, DJ Brooks, and H Shibasaki Cerebral glucose metabolism in corticobasal degeneration: comparison with progressive supranuclear palsy and normal controls
学術雑誌名 ページ 発行年
Mov Disord 12 5 691-696 1997

全著者名 論文名
Y Nagahama, H Fukuyama, H Yamauchi, Y Katsumi, Y Magata, H Shibasaki, and J Kimura Age-related changes in cerebral blood flow activation during a Card Sorting Test
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp Brain Res 114 3 571-577 1997

全著者名 論文名
S Nishida, M Nakamura, S Suwazono, M Honda, and H Shibasaki Estimate of physiological variability of peak latency in single sweep P300
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 104 5 431-436 1997

全著者名 論文名
H Saji, T Kinoshita, M Kubota, K Kaneda, A Akaike, M Kikuchi, S Kashii, Y Honda, Y Iida, Y Magata, and A Yokoyama Brain permeable zinc complex with neuroprotective action
学術雑誌名 ページ 発行年
s.t.p. Pharma. Sci 7 ??? 92-97 1997

全著者名 論文名
H Saji, A Watanabe, Y Magata, Y Ohmomo, Y Kiyono, Y Yamada, Y Iida, Y Yonekura, J Konishi, and A Yokoyama Synthesis and characterization of radioiodinated (S)-5-iodonicotine: a new ligand for potential imaging of brain nicotinic cholinergic receptors by single photon emission computed tomography
学術雑誌名 ページ 発行年
Chem Pharm Bull (Tokyo) 45 2 284-290 1997

全著者名 論文名
Y Shiomi, T Nagamine, N Fujiki, S Hirano, Y Naito, H Shibasaki, and I Honjo Tinnitus remission by lidocaine demonstrated by auditory-evoked magnetoencephalogram. A preliminary report
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Otolaryngol 117 1 31-34 1997

全著者名 論文名
N Tachibana, K Kimura, K Kitajima, A Shinde, J Kimura, and H Shibasaki REM sleep motor dysfunction in multiple system atrophy: with special emphasis on sleep talk as its early clinical manifestation
学術雑誌名 ページ 発行年
J Neurol Neurosurg Psychiatry 63 5 678-681 1997

全著者名 論文名
F Tanaka, Y Yonekura, A Ikeda, K Terada, N Mikuni, S Nishizawa, K Ishizu, H Okazawa, N Hattori, H Shibasaki, J Konishi, and Y Onishi Presurgical identification of epileptic foci with iodine-123 iomazenil SPET: comparison with brain perfusion SPET and FDG PET
学術雑誌名 ページ 発行年
Eur J Nucl Med 24 1 27-34 1997

全著者名 論文名
K Terada, A Ikeda, T Mima, M Kimura, Y Nagahama, Y Kamioka, I Murone, J Kimura, and H Shibasaki Familial cortical myoclonic tremor as a unique form of cortical reflex myoclonus
学術雑誌名 ページ 発行年
Mov Disord 12 3 370-377 1997

全著者名 論文名
X Xu, H Fukuyama, S Yazawa, T Mima, T Hanakawa, Y Magata, M Kanda, N Fujiwara, K Shindo, T Nagamine, and H Shibasaki Functional localization of pain perception in the human brain studied by PET
学術雑誌名 ページ 発行年
Neuroreport 8 2 555-559 1997

全著者名 論文名
H Yamauchi, H Fukuyama, Y Nagahama, Y Katsumi, Y Dong, J Konishi, and J Kimura Atrophy of the corpus callosum, cognitive impairment, and cortical hypometabolism in progressive supranuclear palsy
学術雑誌名 ページ 発行年
Ann Neurol 41 5 606-614 1997

全著者名 論文名
S Yazawa, A Ikeda, K Terada, T Mima, N Mikuni, T Kunieda, W Taki, J Kimura, and H Shibasaki Subdural recording of Bereitschaftspotential is useful for functional mapping of the epileptogenic motor area: a case report
学術雑誌名 ページ 発行年
Epilepsia 38 2 245-248 1997

全著者名 論文名
S Yazawa, H Shibasaki, A Ikeda, K Terada, T Nagamine, and M Honda Cortical mechanism underlying externally cued gait initiation studied by contingent negative variation
学術雑誌名 ページ 発行年
Electroencephalogr Clin Neurophysiol 105 5 390-399 1997

B.国際会議発表論文(International Conferences)
全著者名 論文名
H Shibasaki H Functional neuroimaging of the human brain.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Contemporary Neuropsychiatry (eds by Miyoshi K, Shapiro CM, Gaviria M, Morita Y) Springer Tokyo 69-72 2001.

全著者名 論文名
H.Saji PET and SPECT applications in medicine and pharmacology (Invited)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Ann Nucl Med Sci Japan 13 225-232 2000

全著者名 論文名
H Saji Targeted delivery of radiolabeled imaging and therapeutic agents: bifunctional radiopharmaceuticals.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Crit Rev Ther Drug Carrier Syst ??? 16 209-244 1999

全著者名 論文名
H Shibasaki Movement-related brain electric activity. In Clinical Neurophysiology: From Receptors to Perception, EEG Suppl 50 (eds by Comi G, Luecking CH, Kimura J, Rossini PM)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Elsevier Amsterdam 53-58 pp 53-58 1999

全著者名 論文名
CA Tassinari, G Rubboli, H Shibasaki H Neurophysiology of positive and negative myoclonus
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Electroenceph Clin Neurophysiol ??? 107 181-195 1998

C.著書(Books)
全著者名 書名
??? Inter-areal Coupling of Human Brain Function (International Congress Series, 1226 Proceedings of the International Symposium on Inter-areal Functional Coupling, Kyoto, Japan 16-17 December 2000), eds by Shibasaki H, Fukuyama H, Nagamine T and Mima T
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Elsevier Amsterdam ??? 1-165 2002

全著者名 書名
H Shibasaki, JC Rothwell EMG-EEG correlation. In Recommendations for the Practice of Clinical Neurophysiology: Guidelines of the IFCN, 2nd ed (eds by Deuschl G, Eisen A)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Elsevier Amsterdam ??? 269-274 1999

全著者名 書名
H Shibasaki Myoclonus and Startle Syndromes. In Parkinson's Disease and Movement Disorders, 3rd ed (eds by Jankovic J, Tolosa E)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Williams & Wilkins Baltimore ??? 453-466 1998

全著者名 書名
柳澤信夫、柴崎浩 神経生理を学ぶ人のために。第2版
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医学書院 東京 ??? 1-369 1997

全著者名 書名
Nobuo Yanagisawa, Hiroshi Shibasaki For those who study neurophysiology (2nd Ed)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Igaku Shoin Tokyo ??? 1-369 1997

D.特許等取得状況
特許等名称 発明者名
脳波測定装置 中村政俊、柴崎 浩
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
京都大学長 発明 特願平10−139849 平成10年5月21日 平成13年2月23日

特許等名称 発明者名
ドパミンD4受容体に結合する放射性ヨウ素標識診断剤 佐治英郎、飯田靖彦
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
京都大学長 発明 特願平10−304162 平成10年10月26日 平成12年3月10日


戻る