平成13年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



研究推進分野名 生体の計測と制御
 
研究プロジェクト名 生体応用に即したセンシングと情報処理技術の体系的研究開発
 
(英文名) Systemic Research and Development of New Techniques for Monitoring and Processing Information of the Living Body
 
研究期間 平成9年度 〜 平成13年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 581,342千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
満渕邦彦 ・東京大学 ・国際・産学共同研究センター ・教授 内訳 平成 9年度141,061千円
平成10年度131,731千円
平成11年度131,731千円
平成12年度131,731千円
平成13年度131,731千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
鎮西 恒雄 東京大学・先端科学技術研究センター・助教授 生体内微小循環観測プローブの開発 臓器の自律分散制御と統合制御の体系化
阿部 裕輔 東京大学・大学院医学系研究科・助教授 生体内微小循環観測プローブの開発 臓器の自律分散制御と統合制御の体系化
松浦 弘幸 政策研究大学院大学・助教授 臓器の自律分散制御と統合制御の体系化
石川 正俊 東京大学・大学院情報理工学系研究科・教授 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発
藤正 巌 政策研究大学院大学・教授 生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用
井街 宏 東京大学・大学院医学系研究科・教授 生体内微小循環観測プローブの開発 臓器の自律分散制御と統合制御の体系化
松本 博志 松本循環器クリニック・所長 生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用
柳田 康幸 ATR メディア情報科学研究所・客員研究員 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発
深津 晋 東京大学・大学院総合文化研究科・助教授 Research on research としての調査
柴田 政廣 東京大学・大学院医学系研究科・講師 生体内微小循環観測プローブの開発
鈴木 隆文 東京大学国際・産学共同研究センター・助手 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発 Research on research としての調査(平成10年4月1日から)
國本 雅也 国立国際医療センター・神経内科・医長 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発(平成10年4月1日から)
下条 誠 電気通信大学・電気通信学部・教授 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発(平成10年4月1日から)
渡邊 卓 杏林大学・医学部・教授 Research on research としての調査(平成10年4月1日から)
松田 甚一 長岡科学技術大学・工学部・教授 生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用(平成10年4月1日から)
栗本 育三郎 木更津工業高等専門学校・情報工学科・助教授 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発(平成11年4月1日から)
磯山 隆 東京大学・先端科学技術研究センター・助手 生体内微小循環観測プローブの開発 臓器の自律分散制御と統合制御の体系化(平成11年4月1日から)
角田 直人 日本学術振興会・リサーチアソシエイト 生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用(平成11年4月1日から)
並木 明夫 日本学術振興会・リサーチアソシエイト 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発(平成11年4月1日から平成12年3月31日まで)
成瀬 誠 日本学術振興会・リサーチアソシエイト
東京大学・大学院情報理工学系研究科・助手
生体における感覚計測・感覚制御技術の開発 (平成11年4月1日から平成12年8月15日まで) (平成12年8月16日から平成13年3月31日まで)
稲見 昌彦 日本学術振興会・リサーチアソシエイト
東京大学・大学院情報理工学系研究科・助手
生体における感覚計測・感覚制御技術の開発 (平成11年4月1日から平成13年8月30日まで) (平成13年9月1日から)
斎藤 敬 日本学術振興会・リサーチアソシエイト 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発 (平成11年5月1日から)
Alain Goulet 日本学術振興会・リサーチアソシエイト 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発(平成12年4月1日から平成13年3月31日まで)
中坊 嘉弘 日本学術振興会・リサーチアソシエイト 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発(平成12年4月1日から)
Alvaro Cassinelli 日本学術振興会・リサーチアソシエイト 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発(平成13年4月1日から)
稲葉 俊哉 広島大学・原爆放射能医学研究所・教授 Research on research としての調査(平成13年4月1日から)
大倉 典子 芝浦工業大学・工学部・教授 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発(平成13年4月1日から)
石垣 博行 姫路工業大学・工学部・教授 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発 生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用(平成13年4月1日から)
近藤 克哉 姫路工業大学・工学部・助手 生体における感覚計測・感覚制御技術の開発 生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用(平成13年4月1日から)

2.研究計画の概要

医用工学研究における根本的な出発点は「ニーズ」にあり、このニーズに立脚して、これに必要な新しいシーズを作り出す努力を行っていくことが望まれる。本研究は、センシング技術と情報処理技術を生体応用に即して体系的に研究する事にあるが、その方法として、既存の技術を安易に応用するのではなく、まず、生体計測・生体制御に関するセンシング技術・情報処理技術においてどのようなニーズがあるかを出発点として、そのニーズの達成のためにあらゆる技術的方向からの検討を行い、必要ならば、そのニーズの達成のためにはどのような技術的開発が必要かという、いわゆる Research on research 的な検討を加え、これらの技術を生体応用に即して体系化していく事により、未踏の生体計測技術・生体制御技術を確立する事を目的としている。具体的には、次項に挙げる、1)生体における感覚計測・感覚制御技術の開発、2)生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用、3)生体内微小循環プローブの開発、4)臓器の自律分散制御と統合制御の体系化、5)異種細胞の配列の制御、培養細胞からの臓器形成の試み(Research on research としての調査)、の5つの課題(ニーズ)に対して、上記の方針により、解析、計測・制御技術の確立、及び、システム開発の試みを行った。
このうち、項目1)については、a) バーチャルリアリティ技術の医療応用、特に遠隔手術システムへの応用、および、b) 高度なセンシング機能(例えば視覚など)を有する医療用ロボットシステムや環境支援ツールの開発、について、また、生体の神経系と外部機器の情報ラインを直接結合させるという試みとしては、c) 人工感覚生成技術の確立と感覚機能・運動機能を有する義肢システムの開発、並びに、d) 神経系情報に基づいた人工心臓の制御、という4つの細項目について研究を行い、また、項目2)については、分担者各個人の独創性も尊重・考慮して、a) 「冠動脈狭窄の無侵襲診断装置の開発」を体表の極微小振動の検出という手法により、 b) 生体の循環系や神経系機能、ストレスなどを解析を目的として、高速で無侵襲的に取り込んだ時系列の遠赤外線(温熱)画像のデータ処理などの手法により、また、c) 生体内における生化学物質(グルコースなど)濃度の無侵襲計測手法の開発については光熱変換分光法(PAS)という手法を用いて、それぞれ研究・開発を進めた。

3.研究目的
本研究では研究概要でも述べたように5つの課題に対して研究・開発を行ったが、これらの個々の課題に対して研究当初目指した目的は以下のとおりである。
(1) 生体における感覚計測、感覚制御技術の開発: a) 医療応用に即し生体系を凌ぐセンシング系と制御系を有するロボットハンドシステムの開発、b) マスター・スレーブ方式のバーチャルリアリティ手術システムなどにおける生体の感覚を計測・制御する技術の確立とシステム開発、c) 生体の神経系と外部機器の情報伝達系を直接結合し、生体が神経系を介して行っている感覚などの情報伝達機能や運動器・内臓器などの制御機能を、そのままそっくり人工の外部機器にも与える事を目標とした。最後の項目 c)については、具体的には、装着者の意思どおり動き、感覚機能も有する義肢の開発、および人工心臓の自律神経情報による制御システムの開発を目指した。
(2) 生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用: 生体内における血流動態の評価や神経活動、生体物質の分布などを無侵襲的に計測評価しうる新しい手法の開発を目的としており、具体的には、a)冠動脈狭窄の部位・重症度などを体外から無侵襲的に診断し得る手法の開発、b)自律神経機能や精神的ストレスなどの従来存在する検査法では評価が困難な生体機能、あるいは組織血流などを無侵襲的に評価しうる検査手法の開発、c)生体物質、例えばグルコースや乳酸などの体内(皮下でも可)における濃度を無侵襲的に計測し得る手法の開発、を目的とした。
(3) 生体内微小循環観測プローブの開発: 種々の循環状態における病態生理を解析するために、生体内臓器・組織における微小循環(血球の流れや物質の移動)を、覚醒状態かつ非拘束下に、長期・連続的に観察し得るプローブの開発を目的とした。
(4) 臓器の自律分散制御と統合制御の体系化: 生体内では、末梢で自律分散的に行われる制御と中枢で統合的に行われる制御がお互いにうまく補完しあい、臓器の機能をうまく変化させているが、この統合制御と自律分散制御をうまく統括・調整しているアルゴリズムの解析及び体系化を目的とした。
(5) Research on research としての調査.(異種細胞の配列の制御、培養細胞からの臓器形成の試み): 一種類あるいは多種類の培養細胞を用い、これらを任意に配列させて生体の組織や臓器を再構築する為にはどのような手法が可能かを調査・検討する事を目的とした。

4.研究成果の概要
4−1 研究計画、目的に対する成果
課題 1.生体における感覚計測、感覚制御技術の開発: a) サンプリングレート1msec という超高速の視覚情報フィードバックを可能とするビジョンチップを用い、この高速視覚情報を運動系にフィードバックをしてやる事によって例えば接触時の衝撃を制御したり、予期せぬぶれや動きをキャンセルする事が可能な医療環境支援ツールの開発や、インピーダンス制御などと組み合わせて高速で動く物体を最適な力で把持したりする事の可能な医用ロボットシステムの作成を行う事が出来た。b) 遠隔マスター・スレーブVR手術システムに関しては、視覚提示系としては、固定スクリーンを利用し、実写画像に対応、なおかつ人間の動きに対応して正確な3次元空間を提示しうるシステム,および、触覚提示デバイスに再帰性反射塗料を塗布する事によって光学的迷彩をほどこし、これに実環境の画像を投影する事により触覚提示デバイスを透明化した、視・触覚融合ディスプレイの開発を行なった。また、力覚提示系に関しては、スレーブ側の力覚を正確に術者に提示しうる力帰還利用インピーダンス制御型マスター・スレーブシステムの試作を行い、また、微細作業における対象物の機械インピーダンス計測システムの構築とこれを用いた仮想環境・微細実環境における機械インピーダンスの計測を行なった。現在、これらの各技術要素を統合したマスター・スレーブ手術システムの試作を検討中である。
  生体の神経系情報伝達システムと外部機器との直接結合の可能性の追求: a)ロボットハンドの手・指部に感圧ゴムを応用した圧分布戦さを取り付け、このロボットハンドで物体を把持した際に、その把持している圧を装着したセンサー(感圧ゴムセンサー)で検出し、これを電気刺激パルス列として生体の感覚神経線維に入力してやり、ロボットハンドが触れている部分に触れている感覚を生じさせるという感覚機能を持った義手システムを試作し、良好な結果を得た。また、b)実験動物(ヤギ)の自律神経(心臓枝)から計測した情報によって人工心臓の駆動条件を制御するシステムの開発を行い、機械的・精神的ストレスによって、人工心臓の駆動条件(拍動条件)が変化するシステムの構築を行う事が出来た。現在、長期の慢性埋め込み(制御)実験を目指している。

課題 2.生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用:冠動脈狭窄の診断装置については、動脈狭窄部で乱流により生じる体表の微小振動をレーザー変位計を用いて計測し、これを解析(時間周波数解析)する事によって、狭窄の有無・個数、場所、重症度などを無侵襲的に診断する装置の開発を行い、臨床の場において冠動脈狭窄患者に適用し feasibility について検討を行った結果、良好な結果を得ている。 また、末梢循環機能や自律神経機能、ストレス計測に関しては、高速で経時的に取り込んだ遠赤外線温熱画像の時系列データのサブトラクション処理や揺らぎのスペクトル解析を行い、温熱変化の主因である血流の変化や、更にその背後にある自律神経機能の変化やストレス負荷の有無などを診断する手法の確立を試みた。本法については、現在、健常人群と患者群のデータの比較検討を行い、診断手法としての妥当性の評価を行っているが、同時に、遠赤外線画像(温熱)画像よりも更に直接的に体表血流の情報が得られるレーザードップラーによる血流データについても、その2次元分布をある程度の速さで時系列的にサンプリングしうる装置の作成、および、得られたデータを同様に解析する試みを進めている所である。
体内の生体物質濃度の無侵襲計測に関しては、体表に光を照射した際に発生する音(振動)を検出してその周波数解析から物質の検出を行なういわゆる光熱変換分光法(PAS)の応用を試み、改良した回転楕円形生体用セルの使用などにより分解能を向上し、現在、ブタの皮膚の下にグリコヘモグロビン溶液を置いたファントムを用いた実験ではグリコヘモグロビン濃度の変化を約3%オーダで分別定量評価が可能という結果が得られ、本手法で生体内における化学物質濃度を無侵襲的に測定しうる可能性が示された。今後は、ディテクタにレーザードップラ変位計を用いるなどの改良により更なる検出能の改善を行い、臨床応用に必要な濃度分解能の達成を目指す予定である。

課題 3.生体内微小循環観測プローブの開発: 生体組織を直接CCD素子の上に置き、後方から弱い光を照射して組織中の血管像をCCD素子に投影するという原理を用いたプローブの開発を行った。試作したプローブに関しては、現時点では大きさは35 x 40 x 27 mm で、fiber optic plate, 非球面マイクロレンズを用いた焦点距離調節可能な拡大系を持ち、14 inch モニタ上で約165倍の倍率を得ている。ウサギ、ヤギの皮下に対する埋め込み実験で、血球等の観察が可能な事が実証されており、現在長期埋め込み実験を行うと共に、更なる小型化を図っている。

課題 4.臓器の自律分散制御と統合制御の体系化: まず、個別臓器灌流用の超小型の埋込型人工心臓(38mmφ, 厚さ33mm, 重量67.5g)の設計・開発を行なった。次いで、作成したこの超小型人工心臓を腎臓に接続し、自然心臓循環から切り離して、個別に腎臓の循環状態を変化させ、その際の腎機能及び体循環系の変化に関する検討を行った。ただ、この超小型人工心臓の開発に予定以上の時間を要したために、個々の臓器すべてをそれぞれの人工心臓で灌流させ、個々の末梢循環システムを統括・調整している制御系を体系化させる段階までは実験を進め得なかった。この問題については、これから検討を進めていく予定である。
課題 5.異種細胞の配列の制御、培養細胞からの臓器形成の試み: 現在、再生医学の主流となっている幹細胞などを用いた発生学的再生医学の研究方向に加えて、より工学的な手法により細胞の配列を制御したり、機能的に結合させる試みについて検討を行った。まず、組織原基からの正常感覚組織の発生過程を再現する試みを、次いでいわゆる幹細胞から正常感覚組織を誘導する試みを行った。これと同時に培養細胞を3次元的に再配列・微細加工するための micro-processing 技術として、可視光で硬化する光硬化性ゼラチンを用い、その中に培養細胞を封入してマイクロ光造形法に準じた方法で細胞の3次元マイクロパターンを作成する手法、あるいはこの光硬化性ゼラチンをレジストとしてパターンを作成する手法などを考案した。また、細胞内に特定の波長の光でアポトーシスを誘導させる系を組み込んで、配列された細胞の任意の部分を削る、光エッチングの手法についても設計を行った。これらについては、現在、実際に培養細胞を用いて手法の可否を検討中であり、有望な中間結果も得られている。

4−2 研究計画、目的外の成果
課題2:「生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用」における、体表極微小振動のレーザー変位計計測による動脈狭窄診断手法は、その振動の強度や位相の2次元分布をとる事により、生体以外の物体内部の構造の異常、例えばマイクロクラックなどの検出にも応用する事が可能で、この方向での検討も進めている。
課題3:「臓器の自律分散制御と統合制御の体系化」において、個々の臓器を灌流するために超小型の人工心臓の開発を行った(現時点では、38mmφ, 厚さ33mm, 重量67.5g)。超小型人工心臓の開発自体は主目的ではなかったが、結果としては、これは、埋込み可能で両心型にも用いうる超小型人工心臓として(性能面でも)世界でも最先端のものであり、小児・幼児に対する (埋込み型)人工心臓として臨床での応用が期待しうる。
課題5:「異種細胞の配列の制御、培養細胞からの臓器形成の試み」において、培養細胞のマイクロパターンを作成する手法として、(マイクロ光造形法に準じて)細胞を光重合性ゼラチン中に練りこみ、これにアルゴンレーザー光を照射し、重合・硬化させるという手法を開発したが、この光硬化性ゼラチンは、本研究の目的以外の用途として、この中に軟骨細胞などの培養細胞を入れ傷害により(軟骨組織が)欠損した部に充填して硬化させると、生体内で中に封入した細胞が増殖し、生体組織を再構築するという、組織補填(再生)のための担体(carrier) として非常に有望であるとのデータが出ており、この方向での研究も進めている。

4−3 研究成果の展望
課題 1.「生体における感覚計測、感覚制御技術の開発」: 1)超高速 (1 msec) の視覚フィードバックシステムは、医用ロボットの目として、その動作への応用のみならず、接触時の衝撃力を最適に調節してやったり術者の手の震えをキャンセルしてやるシステムなど、広範囲の応用が可能で、非常にインパクトが大きい。現在は、従来とは逆にマニピュレータの運動系のスピードの方がボトルネックとなっており、これが改善されれば、応用範囲は飛躍的に拡大するものと期待される。
2)バーチャルリアリティ遠隔手術システムは現在の最先端トピックであり、da Vinci システムの実用化以来、多くの研究施設が手を付け、競合が激しい分野であるが、感覚(視覚・力覚など)のフィードバック系については、視覚提示についてもせいぜい立体視表示までであり、力覚に関してはまだほとんどはフィードバック機能を持たぬものが普通である。本研究で開発した視覚提示系(固定スクリーン型テレイグジステンス視覚システム・再帰性反射材を用い頭部搭載型プロジェクタによる投影型テレイグジスタンス視覚システム)はいずれも他に類を見ない独創的なシステムで、力覚提示系も力帰還利用インピーダンス制御によりスレーブ側の力覚を正確に術者に提示する事が可能で、これからの遠隔手術システムに大きなインパクトを与え得るものと考える。
3)生体における最大の情報伝達系である神経系を介して、生体系と機械系を一体化しようという試みについては、最近急速に注目を浴びるようになってきた分野であるが、我々が今回の研究で試作した感覚機能を有する義手システムは、世界でも始めてのものであり、最先端に位置していると考える。また、自律神経情報による人工心臓の制御も世界ではじめての試みである。このように生体の神経系を介して外部機器との情報のやり取りや外部機器の動作の制御が可能になれば、そのインパクトは計り知れない。これからの人工臓器や人工感覚器・人工運動器などに飛躍的な進歩をもたらすものと思われる。
課題 2.「生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用」: 1)レーザー変位計を用いた体表の微小振動検出による冠動脈狭窄診断:本法は古典的な聴診・心音図の手法を極超高感度化したものであり、これまで観血的かつある程度の危険性を伴う冠動脈造影法でなければ得られなかった冠動脈狭窄に関する情報の多くをこの無侵襲的手法で診断する事が可能となり、その意味でインパクトは大きく、無侵襲診断法としての新しい分野を打ち立て得るものと考える。 2)高速時系列遠赤外画像による生体機能診断: これまで熱画像診断として用いられてきた(遠)赤外線画像診断法に動的変化の表示という新しい面も開いたが、一番のインパクトは、皮膚血流(皮膚温)の揺らぎを解析する事により、自律神経機能や精神的緊張状態など、他の手法では評価が困難な生理機能の無侵襲的な解析を行ないうる可能性を示した事にあると考える。 3)光熱変換分光法(PAS)による生体内化学物質濃度の検出:現在、(ほとんどの場合)採血という痛みを伴う観血的な手法に頼らざるを得ない生体内生化学物質濃度の測定を無侵襲的に測定し得る手法を開発する事は、臨床医学上の最大の問題の一つである。今回の結果は、本法がその可能性を持つ事を示しており、臨床医学上での意義・インパクトは非常に大きいと考える。
課題 3.「臓器の自律分散制御と統合制御の体系化」: この問題は、高血圧における病態生理の解明や治療法の確立などに絡んで、学術的にも大きな興味がもたれていたが、適切な研究手法がない事から、研究はほとんど進んでいなかった(特に循環系)。今回の研究における超小型の人工心臓の開発によって初めてこれが可能となり、その点でも本研究のインパクトは大きいが、この超小型の人工心臓自体、独創的かつ世界でも最先端のものであり、人工心臓の世界でも本研究の成果は基礎的研究・臨床の両面で新しい研究分野を開くものであり、その方面でのインパクトも大きい。
課題 4.「生体内微小循環観測プローブの開発」: これまでは、覚醒状態かつ非拘束下で生体内組織における微小循環を長期間連続的に観察し得る手法はみあたらないために、ショックや体外循環・人工心臓循環下などと言った異常循環下における病態生理を、末梢や臓器における微小循環、物質交換機能などの面からアプローチする事は不可能であったが、本研究で開発を行ったプローブは、上記のような種々の異常循環下における病態生理の解明と治療法の開発を図る上で、非常に有用なデバイスとなりうるものと考えられ、この面における学術的寄与・インパクトは非常に大きなものがあると考える。
課題 5.「異種細胞の配列の制御、培養細胞からの臓器形成の試み」: 再生医療は現在における大きなトピックの一つであり、biotechnology や genomics を応用した、いわゆる発生学的再生手法が多くの施設で研究されるようになっている。本研究では組織原基から正常組織を発生させる過程の再現・いわゆる幹細胞から正常組織を誘導する試みについても研究を行ったが、より工学的な手法、すなわち、マイクロ造形法やシリコンプロセスなどと同様に、(光硬化性高分子材料や光アポトーシスを応用して)細胞系を非常に微小な形態に成形したり、一度出来た細胞層の任意の部分をエッチングしたり、そこに又、特定の細胞をはめ込んだりするという、いわゆる細胞系におけるマイクロプロセッシング技術の実現の可能性について(特に光を応用した手法について)検討を行った。このような技法はまだ全く手が付けられていないに等しく、本研究はこの面において先鞭をつけた最先端のものといえるが、これらの手法は培養細胞を用いた形態形成以外にも非常に多くの領域での応用が可能であり、本研究成果の学術的発展性およびその応用領域は非常に大きなものがあると考えている。

4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
未来開拓研究推進事業の趣旨は、その名が示すとおり、優れた未来に繋がる研究を推進しようというものであり、この趣旨に鑑み、我々は、本プロジェクトでは、長期的な観点から、未来において,現時点の研究のボトルネックを突破しうるような手法の開発を目標とし、優先して研究を進めてきた(つもりである)。
このような視点から、未来の開拓につながるどのような成果が得られたのかについて以下に述べる。
課題 1.「感覚計測・感覚制御」: 1)超高速 (1 msec) の視覚フィードバックシステムをもつロボットの医用応用については、今回は、超高速視覚情報を(1 msecのレートで)運動系へフィードバックしてやる事により、接触時の衝撃を制御する医療行為支援ツールの開発や、高速で動く物体をロボットハンドで最適な力で把持したりするシステムの作成に応用したが、現在、ボトルネックになってしまっているロボットハンドなどの運動のスピードを改善してやる事ができれば、さらに広範囲の夢に近い応用が可能で、真に未来開拓的技術につながるものである。 2)バーチャルリアリティ遠隔手術システムについては、現在、最も遅れているのは力覚・触覚など、体性感覚系を初めとした感覚系のフィードバックシステムである(視覚系も十分とはいえない)。今回の研究では、個々の感覚のフィードバック技術の開発・改善に力を注いだが、今回開発した視覚提示系及び力覚提示系は、現在のシステムの遅れている部分を補うものであり、未来の遠隔手術システムに発展させる過程において大きな道を開くものと考えている。
3)生体における最大の情報伝達系である神経系を介して、生体系と機械系を一体化しようという試みについては、ロボットハンドに装着したセンサーからの情報を直接生体の感覚神経線維に入力し、ロボットハンドで触れた際の感覚を装着者が体性感覚として感じうると言うシステムを作成し、また、自律神経信号により、人工心臓の駆動条件(拍動条件)を合目的的に変化させる試みについても、良好な結果を得た。これらはまだ、プロトタイプであり、更に解決せねばならない問題点は多いが、近い将来において、神経系との結合によって、人工物作った手足や臓器が、本当の意味で生体と一体化しうる可能性を示したもので、未来への開拓を行いえたと考えている。
課題 2.「生体活動・生理機能の無侵襲計測とその応用」:  1)レーザー変位計を用いた体表の微小振動検出による冠動脈狭窄診断:現在、これまで数箇所のポイントで取っていたデータの観測点を2次元的にスキャンさせ、平面全体の振動の分布のイメージを提示するシステムを開発中である。我々の考えでは、本法は冠動脈狭窄に対する無侵襲的診断手法としては完成度が高いが、このシステムは生体のみならず、物体内部に生じたマイクロクラックや構造の不整などを検出する検査法にも応用可能で、新しい非破壊検査法の確立にも発展しうると考えている。 2)高速時系列遠赤外画像による生体機能診断:今回は遠赤外画像を用いて自律神経活動やストレスによる体表温度の揺らぎの変化を解析したが、現在、より直裁的に血流情報(自律神経活動により変化)を反映しているレーザードップラー表面血流測定装置(スキャナー)を用いた同様のシステムを構築中であり、これによって更に鋭敏に精神的ストレスや自律神経活動の変化を検出し得るシステムへ発展させうる可能性がある。 3)組織中の生化学物質濃度の無侵襲計測では、光熱変換分光法(PAS)に準じた手法で、二層生体モデルを用いた実験ではグリコヘモグロビンの濃度変化を3%オーダーで測定しうるまで感度が向上しており、臨床での使用に検出能・精度を上げ得る可能性が示されている。
課題 3.「生体内微小循環観測プローブの開発」では、覚醒状態かつ非拘束下で長期間微小循環を観察し得る埋込型プローブの開発を行ったが、このプローブ開発の成果は、そのニーズ(すなわち未来)である「種々の異常循環下における末梢微小循環状態や物質交換機能を明らかにし、病態生理の解明と治療法の開発を確立する事」へとつながるものと考えられる。
課題 4.「臓器の自律分散制御と統合制御の体系化」: まず、各臓器を個別に灌流するために超小型でかつ超高性能の人工心臓の開発を行ったが、これは人工心臓そのものとしても大きさ(小型)の面、また性能面でも世界最先端のものであり、将来的に小児用人工心臓などとして非常に大きな貢献をなすものと思われる。また、今回は個別の灌流を行った臓器は腎臓のみであり、今後、各臓器をこの超小型人工心臓で灌流させ、臓器の自律分散制御と統合制御の体系化に着いて検討を行っていく予定であるが、この結果はさらに、各臓器に対する血流のバランスの異常により生じる病態生理の解明とその治療法の創出に結びついていくものと考えられる。
課題 5.「異種細胞の配列の制御、培養細胞からの臓器形成の試み」では、可視光を照射すると重合硬化する光硬化性ゼラチンの中に培養細胞を封入し、レーザービームを走査・照射して、マイクロ光造形法と同様の方法により照射した部分を硬化させ、マイクロパターンを作成するという手法について検討を行ったが、この手法は前述の(培養細胞系の)マイクロパターニングのみならず、細胞を封入して組織の欠損部などにそのまま補填し、光を当てて硬化させ、中の培養細胞が増殖して最終的に組織を再生・修復させるという方法を用いると、培養細胞(特に軟骨細胞など)を用いた細胞移植の担体として非常に有望である事が実証されており、大きな発展性が見込まれる。 また、特定の波長の光を照射することによって細胞の形質(今回はアポトーシス)発現のスイッチングを行わせる光スイッチングについても、この手法は今回の研究以外にも広範囲の領域での応用が可能と思われ、将来的には非常に広い分野に対して発展をもたらす事が期待される。

5.キーワード

(1)生体情報・生体制御、(2)人工現実感遠隔手術システム、(3)医用ロボット
(4)センサーヒュージョン、(5)臓器・組織再構築、(6)微小循環
(7)自律分散制御と統合制御、(8)無侵襲計測、(9)バイオニック医療

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida,Susumu Tachi Dynamic Effects of Inconsistent Field of View in HMD-based Telexistence Systems
学術雑誌名 ページ 発行年
Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 7 1 ??? in Press

全著者名 論文名
Ryoji Yano, Daisuke Okada, Chan Choo Yap, Kunihiko Mabuchi, Hitoshi Muguruma, Takashi K. Saito MALC, a novel microinjection method assisted with laser activated chromophore (bis-aminomethyl-oligothiophene), for loading of macromolecules and Ca2+ indicator dyes into cultured cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Nature Biotechnology ??? ??? ??? ???

全著者名 論文名
大倉典子, 生出高政, 満渕邦彦 遠隔手術システムにおける力覚フィードバック情報の最適聴覚呈示法の系統的な検討
学術雑誌名 ページ 発行年
日本VR学会誌 ??? ??? ??? ???

全著者名 論文名
M. Ohkura, T. Oizuru, K. Mabuchi Systematic Examination for Optimum Auditory Presentation of Force Feedbackn Information in Tele-Surgery System
学術雑誌名 ページ 発行年
Transactions of the Virtual Reality Society of Japan ??? ??? ??? ???

全著者名 論文名
Naoto Kakuta, Shintaro Yokoyama, Yo Mizuta, Kunihiko Mabuchi Simulations of airflow and substance concentration around a human body
学術雑誌名 ページ 発行年
Applied Ergonomics ??? ??? ??? ???

全著者名 論文名
N. Abe, T. Watanabe, Y. Izumisato, T. Masaki, T. Mori, M. Sugiyama, G. Chiapetta, A. Fusco, Y. Fujioka, Y. Atomi Diagnostic significance of high mobility group I(Y) protein expression in intraductal papillary mucinous tumors of the pancreas
学術雑誌名 ページ 発行年
Pancreas ??? ??? ??? in press

全著者名 論文名
M. Okazaki, K. Suzuki, N. Asano, K. Araki, N. Shukuya, T. Egami, Y. Higurashi, K. Morita, H. Uchimura, T. Watanabe Effectiveness of fosfomycin combined with other antimicrobial agents against multidrug-resistant pseudomonas aeruginosa isolates using the efficacy time index assay
学術雑誌名 ページ 発行年
J Infect. Chemother ??? ??? ??? in press

全著者名 論文名
N. Abe, T. Watanabe, H. Toda, H. Machida, K. Suzuki, T. Masaki, M. Sugiyama, Y. Atomi, Y. Nakaya Carcinoembryonic antigen levels in peritoneal washes: a potential prognostic marker for patients with colorectal cancer
学術雑誌名 ページ 発行年
Hepato-gastroenterol ??? ??? ??? in press

全著者名 論文名
N. Abe, T. Watanabe, K. Suzuki, H. Machida, H. Toda, Y. Nakaya, T. Masaki, T. Mori, M. Sugiyama, and Y. Atomi Risk factor predictive of lymph node metastasis in depressed early gastric cancer
学術雑誌名 ページ 発行年
Am. J Surg. ??? ??? ??? in press

全著者名 論文名
N. Abe, T. Watanabe, S. Ozawa, T. Masaki, T. Mori, M. Sugiyama, H. Ishida, S. Nagamatsu, Y. Atomi Pancreatic endocrine function and GLUT2 expression in rat acute pancreatitis
学術雑誌名 ページ 発行年
Pancreas ??? ??? ??? in press

全著者名 論文名
Takashi K. Saito, Hitoshi Muguruma, Kunihiko Mabuchi Photodynamic assistance increases the efficiency of the process of microinjection in animal cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Biotechnol. lett. 24 ??? 309-314 2002

全著者名 論文名
稲見昌彦、舘 ワ テレイグジスタンス
学術雑誌名 ページ 発行年
OPTRONICS 2 ??? 130-136 2002

全著者名 論文名
Masahiko Inami, Susumu Tachi Telexistence
学術雑誌名 ページ 発行年
OPTRONICS 2 ??? 130-136 2002

全著者名 論文名
Naoto Kakuta, Shintaro Yokoyama, Kunihiko Mabuchi Evaluation of infrared images by using a human thermal model - Normalization of body surface temperature to compare infrared images under various thermal environmental conditions
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Engineering in Medicine and Biology ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
K. Kondo, H. Sagara, K. Hirosawa, K. Kaga, S. Matsushima, K. Mabuchi, H. Uchimura, T. Watanabe Hair cell development in vivo and in vitro: analysis by using a monoclonal antibody specific to hair cells in the chick inner ear
学術雑誌名 ページ 発行年
J Comp. Neurol. 445 ??? 176-198 2002

全著者名 論文名
H. Fujioka, K. Mabuchi Deciphering thalamic signals in primary somatosensory cortex: Involvement of cortical reverberant excitation
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurocomputing ??? ??? ??? 2001

全著者名 論文名
Takashi K. Saito, Mareyuki Takahashi, Hitoshi Muguruma, Estuo Niki, Kunihiko Mabuchi Phototoxic process after rapid photosensitive membrane damage of 5,5"-bis(aminomethyl)-2,2':5',2"-terthiophene dihydrochloride
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of photochemistry and photobiology 61 ??? 114-121 2001

全著者名 論文名
Hitoshi Muguruma, Takashi K. Saito Photobiological Applications of Water-soluble Terthiophene
学術雑誌名 ページ 発行年
Research Developments in Photochemistry & Photobiology 5 ??? 141-153 2001

全著者名 論文名
柳田康幸、舘 ワ VRとロボティクス−アールキューブ構想−
学術雑誌名 ページ 発行年
バイオメカニズム学会誌 25 2 62-65 2001

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida, Susumu Tachi Virtual Reality and Robotics -R-Cubed Scheme-
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of the Society of Biomechanisms 25 2 62-65 2001

全著者名 論文名
Iwao Fujimasa, Hideo Nakazawa, Shiaki Kawada A new thermal coronary angiography system
学術雑誌名 ページ 発行年
Thermology international 11 1 25-28 2001

全著者名 論文名
Naoto Kakuta, Shintaro Yokoyama, Mitsuyoshi Nakamura, Kunihiko Mabuchi Estimation of radiative heat transfer using a geometric human model
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Transactions on Biomedical Engineering 48 3 324-331 2001

全著者名 論文名
M. Shibata, S. Ichioka, J. Ando, A. Kamiya, K. Imachi Effects of pulsatile perfusion on capillary flow in rabbit skeletal muscle
学術雑誌名 ページ 発行年
Microcirculation annual ??? ??? 105-106 2001

全著者名 論文名
M. Shibata, S. Ichioka, J. Ando, A. Kamiya Microvascular and interstitial pO2 measurements in rat skeletal muscle by phosphorescence quenching
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Physiol 91 ??? 321-327 2001

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, T. Isoyama, T. Ono, S. Mochizuki, I. Saito, K. Iwasaki, M. Ishimaru, A. Baba, A. Kouno, T. Karita, K. Baba, K. Imachi Progress in the development of the undulation pump total artificial heart
学術雑誌名 ページ 発行年
J. of Congestive Heart Failure and Circulatory Support 1 4 167-170 2001

全著者名 論文名
K. Imachi, T. Chinzei, Y. Abe, T. Isoyama, T. Ono, S. Mochizuki, I. Saito, M. Ishimaru, K. Iwasaki, A. Baba, T. Karita, T. Ozeki, A. Kouno Design of a trial cuff for the undulation pump total artificial heart
学術雑誌名 ページ 発行年
J of Congestive Heart Failure and Circulatory Support 1 4 195-200 2001

全著者名 論文名
I. Saito, Y. Abe, T. Chinzei, T. Ono, T. Isoyama, S. Mochizuki, K. Iwasaki, A. Baba, A. Kouno, T. Karita, M. Ishimaru, A. Baba, K. Imachi Miniature undulation pump for the study of renal circulation
学術雑誌名 ページ 発行年
J. of Congestive Heart Failure and Circulatory Support 1 4 321-325 2001

全著者名 論文名
K. Isoyama, T. Chinzei, Y. Abe, T. Ono, S. Mochizuki, I. Saito, M. Ishimaru, K. Iwasaki, A. Baba, T. Karita, T. Ozeki, A. Kouno, K. Imachi Flow-transformed pulsatile total artificial heart using axial flow blood pump
学術雑誌名 ページ 発行年
J. of Congestive Heart Failure and Circulatory Support 1 4 327-330 2001

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, T. Isoyama, T. Ono, S. Mochizuki, I. Saito, K. Iwasaki, M. Ishimaru, T. Karita, A. Kouno, K. Baba, K. Imachi One month survival with undulation pump total artificial heart in a goat
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 25 1 69-71 2001

全著者名 論文名
S. Nagamatsu, Y. Nakamichi, M. Ohara-Imaizumi, S. Ozawa, H. Katahira, T. Watanabe, H. Ishida Adenovirus-mediated preproinsulin gene transfer into adipose tissues ameliorates hyperglycemia in obese diabetic KKAy mice
学術雑誌名 ページ 発行年
FEBS Lett. 509 ??? 106-110 2001

全著者名 論文名
G. Chiappetta, G. Manfioletti, F. Pentimalli, N. Abe, M. Di Bonito, MT. Vento, A. Giuliano, M. Fedele, G. Viglietto, M. Santoro, T. Watanabe, V. Giancotti, A. Fusco High mobility group HMGI(Y) protein expression in human colorectal hyperplastic and neoplastic diseases
学術雑誌名 ページ 発行年
Int. J Cancer 91 ??? 147-151 2001

全著者名 論文名
N. Abe, T. Watanabe, H. Toda, H. Machida, K. Suzuki, T. Masaki, M. Sugiyama, Y. Atomi, Y. Nakaya Prognostic significance of carcinoembryonic antigen levels in peritoneal washes in patients with gastric cancer
学術雑誌名 ページ 発行年
Am. J Surg. 181 ??? 356-361 2001

全著者名 論文名
N. Hatano, M. Sugiyama, T. Watanabe, Y. Atomi Opsonin receptor expression on peritoneal exudative and circulatory neutrophils in murine acute pancreatitis
学術雑誌名 ページ 発行年
Pancreas 23 ??? 55-61 2001

全著者名 論文名
N. Abe, T. Watanabe, M. Nakashima, T. Masaki, T. Mor6i, M. Sugiyama, Y. Atomi Quantitative analysis of telomerase activity: a potential diagnostic tool for colorectal carcinoma
学術雑誌名 ページ 発行年
Hepato-Gastroenterol 48 ??? 692-695 2001

全著者名 論文名
T. Shinjyo, R. Kuribara, T. Inukai, H. Hosoi, T. Kinoshita, A. Miyajima, PJ. Houghton, AT. Look, K. Ozawa, T. Inaba Downregulation of Bim, a proapoptotic relative of Bcl-2, is a pivotal step in cytokine-initiated survival signaling in murine hematopoietic progenitors
学術雑誌名 ページ 発行年
Molecular & Cellular Biology 21 3 854-864 2001

全著者名 論文名
柳田康幸 テレイグジスタンスにおける視覚と運動感覚の整合性に関する研究
学術雑誌名 ページ 発行年
東京大学大学院工学系研究科学位論文 ??? ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida Study on the Consistency between Visual and Kinesthetic Sensations in Telexstence
学術雑誌名 ページ 発行年
Ph.D. Dissertation at School of Engineering, The University of Tokyo ??? ??? ??? 2000

全著者名 論文名
成瀬 誠, 石川 正俊 光インターコネクションを用いたシステムのための並列アルゴリズムの構築
学術雑誌名 ページ 発行年
情報処理学会論文誌 41 5 1509-1516 2000

全著者名 論文名
Makoto Naruse, Masatoshi Ishikawa Parallel Processing Algorithm Design for Optically Interconnected Systems
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. IPSJ 41 5 1509-1516 2000

全著者名 論文名
石井抱, 小室孝, 石川正俊 ディジタルビジョンチップのためのモーメント計算法
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報信学会論文誌D-II J83-D-II 8 1733-1740 2000

全著者名 論文名
Idaku Ishii, Takashi Komuro, Masatoshi Ishikawa Moment Calculation Method for Digital Vision Chip
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. IEICE J83-D-II 8 1733-1740 2000

全著者名 論文名
Akio Namiki, Yoshihiro Nakabo, Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa 1ms Sensory-Motor Fusion System
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Transactions On Mechatoronics 5 3 244-252 2000

全著者名 論文名
成瀬 誠, ニール マッカードル, 豊田 晴義, 小林 祐二, 川又 大典, 石川正俊 再構成可能光インターコネクションを用いた階層的並列処理システム
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 83-C 5 397-404 2000

全著者名 論文名
Makoto Naruse, Neil McArdle ,Haruyoshi Toyoda, Yuji Kobayashi, Daisuke Kawamata, Masatoshi Ishikawa A Hierarchical Parallel Processing System with Reconfigurable Optical Interconnections
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. IEICE J83-C 5 397-404 2000

全著者名 論文名
ケ 惟中、関口大陸、川上直樹、柳田康幸、奴久妻 章、舘 ワ RCML: アールキューブ操作言語の開発
学術雑誌名 ページ 発行年
日本バーチャルリアリティ学会論文誌 6 2 881-890 2000

全著者名 論文名
Wei-Chung Teng, Dairoku Sekiguchi, Naoki Kawakami, Yasuyuki Yanagida, Akira Nukuzuma, Susumu Tachi Development of R-cubed Manipulation Language
学術雑誌名 ページ 発行年
Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 6 2 881-890 2000

全著者名 論文名
Iwao Fujimasa, Tsuneo Chinzei, Itsuro Saito Converting far infrared image information to other physiological data
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Engineering in medicine and biolog4y 19 3 71-76 2000

全著者名 論文名
Matsuura H, Masahiro N Dynamics of Nanomachine and Stochastic Resonance
学術雑誌名 ページ 発行年
Information 3 2 203-230 2000

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, T. Isoyama, S. Mochizuki, I. Saito, T. Karita, T. Ono, A. Kouno, K. Baba, K. Imachi Analysis of hemodynamic response with 1/R control on biventricular bypass goat
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 24 4 312-315 2000

全著者名 論文名
S. Mochizuki, Y. Abe, T. Chinzei, T. Isoyama, T. Ono, I. Saito, P. Guba, T. Karita, Y. P. Sun, A. Kouno, T. Suzuki, K. Baba, K. Mabuchi, K. Imachi Results of animal experiments using an undulation pump total artificial heart: Analysis of 10 day and 19 day survival
学術雑誌名 ページ 発行年
ASAIO Journal 46 4 500-504 2000

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Ono, T. Isoyama, S. Mochizuki, K. Iwasaki, T. Chinzei, I. Saito, A. Kouno, K. Imachi Development of a miniature undulation pump for the distributed artificial heart
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 24 8 656-658 2000

全著者名 論文名
T. Isoyama, Y. Abe, T. Chinzei, S. Mochizuki, T. Karita, I. Saito, T. Ono, A. Kouno, K. Baba, K. Imachi Using one rotary blood pump to produce separate pulsatile circulation in the upper and lower halves of the body
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 24 8 680-682 2000

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, T. Isoyama, T. Ono, S. Mochizuki, I. Saito, K. Iwasaki, M. Ishimaru, A. Baba, A. Kouno, T. Ozeki, T. Tohyama, K. Baba, K. Imachi A step forward for the undulation pump total artificial heart
学術雑誌名 ページ 発行年
J of Artif. Organs 3 1 70-74 2000

全著者名 論文名
S. Ichioka, M. Minegishi, M. Iwasaka, M. Shibata, T. Nakatsuka, K. Harii, A. Kamiya, S. Ueno High-intensity static magnetic fields modulate skin microcirculation and temperature in vivo
学術雑誌名 ページ 発行年
Bioelectromagnetics 21 ??? 183-188 2000

全著者名 論文名
S. Nagamatsu, Y. Nakamichi, T. Watanabe, S. Matsushima, S. Yamaguchi, J. Ni, E. Itagaki, H. Ishida Localization of cellubrevin-related peptide, endobrevin, in the early endosome in pancreatic b cells and its physiological function in exo-endocytosis of secretory granules
学術雑誌名 ページ 発行年
J Cell Sci. 114 ??? 219-227 2000

全著者名 論文名
N. Abe, T. Watanabe, T. Masaki, T. Mori, M. Sugiyama, H. Uchimura, Y. Fujioka, G. Chiappetta, A. Fusco, Y. Atomi Pancreatic duct cell carcinomas express high levels of high mobility group I(Y) proteins
学術雑誌名 ページ 発行年
Cancer Res. 60 ??? 3117-3122 2000

全著者名 論文名
石井抱, 石川正俊 1msビジュアルフィードバックシステムのための高速対象追跡アルゴリズム
学術雑誌名 ページ 発行年
日本ロボット学会誌 17 2 195-201 1999

全著者名 論文名
Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa High Speed Target Tracking Algorithm for 1ms Visual Feedback System
学術雑誌名 ページ 発行年
J.RSJ 17 2 195-201 1999

全著者名 論文名
川上直樹, 稲見昌彦, 柳田康幸, 前田太郎, 舘 ワ オブジェクト指向型ディスプレイの研究
学術雑誌名 ページ 発行年
情報処理学会論文誌 40 6 2725-2733 1999

全著者名 論文名
Naoki Kawakami, Masahiko Inami, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi Study and Implementation of the Object Oriented Display
学術雑誌名 ページ 発行年
Information Processing Society of Japan Journal 40 6 2725-2733 1999

全著者名 論文名
稲見昌彦, 川上直樹, 柳田康幸, 前田太郎, 舘 ワ マクスウエル光学系による広視野立体ディスプレイ
学術雑誌名 ページ 発行年
日本バーチャルリアリティ学会論文誌 4 1 287-294 1999

全著者名 論文名
Masahiko Inami, Naoki Kawakami, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi A Stereoscopic Display with Large Field of View Using Maxwellian Optics
学術雑誌名 ページ 発行年
Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 4 1 287-294 1999

全著者名 論文名
國本雅也, 満渕邦彦, 鈴木隆文 バイオニック医療へのマイクロニューログラムの応用
学術雑誌名 ページ 発行年
BME 13 10 34-44 1999

全著者名 論文名
Masanari Kunimoto, Kunihiko Mabuchi, Takafumi Suzuki Application of microneurography for bionic medicine
学術雑誌名 ページ 発行年
BME 13 10 34-44 1999

全著者名 論文名
鈴木隆文, 國本雅也, 満渕邦彦 人工心臓の神経系情報による制御
学術雑誌名 ページ 発行年
BME 13 10 3-9 1999

全著者名 論文名
Takafumi Suzuki, Masanari Kunimoto, Kunihiko Mabuchi Control of artificial hearts using nervous information
学術雑誌名 ページ 発行年
BME 13 10 3-9 1999

全著者名 論文名
柳田康幸 ネットワークとVRのための基盤技術 -動作と行動を伝達する実時間通信へ向けて-
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会誌 102 971 45-47 1999

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida Platform for Networked Virtual Reality -Towards Real-time Motion-based Communication-
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of the Japan Society of Mechanical Engineers 102 971 45-47 1999

全著者名 論文名
柳田康幸, 前田太郎, 舘 ワ 固定スクリーン型視覚提示装置を用いたテレイグジスタンス視覚系の構築手法
学術雑誌名 ページ 発行年
日本バーチャルリアリティ学会論文誌 4 3 539-547 1999

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi Design of Fixed-screen-based Telexistence Visual System
学術雑誌名 ページ 発行年
Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 4 3 539-547 1999

全著者名 論文名
棚橋ひとみ, 渋谷惇夫, 下条誠 感圧導電性ゴムを用いた頭圧分布の計測法
学術雑誌名 ページ 発行年
日本繊維製品消費科学会 40 9 57-62 1999

全著者名 論文名
Hitomi Tanahashi, Atsuo Shibuya, Makoto Shimojo A Method of Measuring Head Pressure Distribution by Employing a Pressure-conductive Rubber Sensor
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn.Res.Assn.Text.End-Uses. 40 9 57-62 1999

全著者名 論文名
M. SHIMOJO, M. SHINOHARA, Y. FUKUI Human Shape Recognition Performance for 3D Tactile Display
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Transaction on Systems Man and Cybernetics, Part A 29 6 637-644 1999

全著者名 論文名
柳田康幸 アールキューブ
学術雑誌名 ページ 発行年
日本バーチャルリアリティ学会誌 4 1 64-67 1999

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida R-Cubed
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of the Virtual Reality Society of Japan 4 1 64-67 1999

全著者名 論文名
松本博志 冠動脈血流のダイナミックトポロジー
学術雑誌名 ページ 発行年
呼吸と循環 ??? ??? ??? 1999

全著者名 論文名
Hiroshi Matsumoto Hemodynamic topology of coronary artery
学術雑誌名 ページ 発行年
Respiration and circulation ??? ??? ??? 1999

全著者名 論文名
松本博志, 尾崎亘彦, 岸 卓人, 岩本健吾, 千葉 真, 満渕邦彦, 柳生邦良 無侵襲冠動脈狭窄診断装置の臨床評価
学術雑誌名 ページ 発行年
呼吸と循環 47 3 289−294 1999

全著者名 論文名
Hiroshi Matsumoto, Nobuhiko Ozaki, Takuto Kishi, Kengo Iwamoto, Makoto Chiba, Kunihiko Mabuchi, Kuniyoshi Yagyuu Clinical evaluation of a noninvasive diagnostic system for detection of coronary stenosis
学術雑誌名 ページ 発行年
Respiration and circulation 47 3 289−294 1999

全著者名 論文名
松田甚一 光熱変換分光法による生体情報計測
学術雑誌名 ページ 発行年
Biomedical Thermology 19 2 81-85 1999

全著者名 論文名
J. Matsuda A study of measuring physiological information of a human body by Photothermal Spectoscopy
学術雑誌名 ページ 発行年
Biomedical Thermology 19 2 81-85 1999

全著者名 論文名
M. Shibata, S. Ichioka, A. Kamiya Dual-beam laser illuminator of fluorescence microscope for in vivo microcirculation studies
学術雑誌名 ページ 発行年
Med. Biol. Eng. Comput 37 ??? 424-427 1999

全著者名 論文名
M. Shibata, A. Kamiya In vivo measurement of microvascular and tissue PO2 in the rat skeletal muscle
学術雑誌名 ページ 発行年
Microcirculation annual ??? ??? 71-72 1999

全著者名 論文名
K. Imachi, T. Chinzei, Y. Abe, T. Isoyama, S. Mochizuki, I. Saito, T. Ono, T. Karita, H. Matsuura, A. Kouno, K. Mabuchi, I. Fujimasa, K. Atsumi Implantable total artificial heart - History and present status at the University of Tokyo
学術雑誌名 ページ 発行年
J. of Artificial Organs 2 1 13-23 1999

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, T. Isoyama, T. Ono, S. Mochizuki, I. Saito, P. Guba, T. Karita, Y. P. Sun, A. Kouno, T. Suzuki, K. Baba, K. Mabuchi, K. Imachi Present status of the total artificial heart at the University of Tokyo
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 23 3 221-228 1999

全著者名 論文名
三浦剛史、吉澤 誠、田中 明、阿部健一、山家智之、仁田新一、阿部裕輔、鎮西恒雄、井街 宏 定常流完全置換型人工心臓の末梢血管抵抗依存型適応制御
学術雑誌名 ページ 発行年
人工臓器 28 2 394-399 1999

全著者名 論文名
T. Miura, M. Yoshizawa, A. Tanaka, K. Abe, T. Yambe, S. Nitta, Y. Abe, T. Chinzei, K. Imachi An Adaptive Control System Dependent on Peripheral Vascular Resistance for a Continuous-flow Total Artificial Heart.
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 28 2 394-399 1999

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, T. Ono, S. Mochizuki, I. Saito, P. Guba, T. Karita, Y. P. Sun, A. Kouno, T. Isoyama, K. Baba, and K. Imachi Implantation of the undulation pump total artificial heart in the goat
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 23 10 932-938 1999

全著者名 論文名
N. Abe, T. Watanabe, M. Sugiyama, H. Uchimura, G. Chiappetta, A. Fusco, Y. Atomi Determination of high mobility group I(Y) expression level in colorectal neoplasias: a potential diagnostic marker
学術雑誌名 ページ 発行年
Cancer Res. 59 ??? 1169-1174 1999

全著者名 論文名
T. Watanabe, S. Nagamatsu, S. Matsushima, K. Kondo, H. Motobu, K. Hirosawa, K. Mabuchi, T. Kirino, H. Uchimura Developmental expression of GLUT2 in the rat retina
学術雑誌名 ページ 発行年
Cell Tissue Res. 298 ??? 217-223 1999

全著者名 論文名
S. Nagamatsu, Y. Nakamichi, C. Yamamura, S. Matsushima, T. Watanabe, S. Ozawa, H. Furukawa, H. Ishida Decreased expression of t-SNARE, syntaxin 1, and SNAP-25 in pancreatic b-cells is involved in impaired insulin secretion from diabetic GK rat islets
学術雑誌名 ページ 発行年
Diabetes 48 ??? 2367-2373 1999

全著者名 論文名
M. Okazaki, T. Watanabe, K. Morita, Y. Higurashi, K. Araki, N. Shukuya, S. Baba, N. Watanabe, T. Egami, N. Furuya, M. Kanamori, S. Shimazaki, H. Uchimura Molecular epidemiological investigation using a randomly amplified polymorphic DNA assay of Burkholderia cepacia isolates from nosocomical outbreaks
学術雑誌名 ページ 発行年
J Clin. Microbiol 37 ??? 3809-3814 1999

全著者名 論文名
T. Watanabe, S. Nagamatsu, S. Matsushima, T. Kirino, H. Uchimura Colocalization of GLUT3 and choline acetyltransferase immunoreactivity in the rat retina
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Biophys. Res. Commun. 256 ??? 505-511 1999

全著者名 論文名
K. Yan, A. Kudo, H. Hirano, T. Watanabe, T. Tasaka, S. Kataoka, N. Nakajima, Y. Nishibori, T. Shibata, T. Kohsaka, E. Higashihara, H. Tanaka, H. Watanabe, T. Nagasawa, S. Awa Subcellular localization of glucocorticoid receptor protein in the human kidney glomerulus
学術雑誌名 ページ 発行年
Kidney Int. 56 ??? 65-73 1999

全著者名 論文名
S. Nagamatsu, T. Watanabe, Y. Nakamichi, C. Yamamura, K. Tsuzuki, S. Matsushima a-Soluble n-ethylmaleimide-sensitive factor attachment protein is expressed in pancreatic b cells and functions in insulin but not g-aminobutyric acid secretion
学術雑誌名 ページ 発行年
J Biol. Chem. 274 ??? 8053-8060 1999

全著者名 論文名
Y. Sugawara, S. Fukatsu, K. Brunner, K. Eberl Field-enhanced Stokes shifts in tensilely strained carbon-based quantum wells
学術雑誌名 ページ 発行年
APPLIED PHYSICS LETTERS 74 24 1-3 1999

全著者名 論文名
M. SHIMOJO, M. SHINOHARA, Y. FUKUI Shape Identification Performance and Pin-Matrix Density in a Three Dimensional Tactile Display
学術雑誌名 ページ 発行年
Systems and Computers in Japan 29 2 1-8 1998

全著者名 論文名
石井抱, 石川正俊 高速ビジョンのための直線抽出法
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌D-II J81-D-II 8 1920-1926 1998

全著者名 論文名
Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa Line extraction method for high speed vision
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. IEICE J81-D-II 8 1920-1926 1998

全著者名 論文名
大倉典子, 柳田康幸, 前田太郎, 舘ワ 仮想環境における聴覚アレーの測定とその数学モデル
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 J81‐D‐U‐10 ??? 2438-2446 1998

全著者名 論文名
Michiko Ohkura, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi Measurement of Auditory Alley in Virtual Environment and Its Mathematical Model
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. IEICE J81-D-II-10 ??? 2438-2446 1998

全著者名 論文名
鈴木隆文, 満渕邦彦 マイクロ医療デバイスの現状
学術雑誌名 ページ 発行年
BME 12 4 30-35 1998

全著者名 論文名
Takafumi Suzuki, Kunihiko Mabuchi The status quo of micro medical devices
学術雑誌名 ページ 発行年
BME 12 4 30-35 1998

全著者名 論文名
Takashi Komuro, Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa General-purpose vision chip architecture for real-time machine vision
学術雑誌名 ページ 発行年
Advanced Robotics 12 6 619-628 1998

全著者名 論文名
蔡奕, 福井幸男, 山下樹里, 下条誠 広範囲操作力対応型力覚インターフェース:6DFMシステム
学術雑誌名 ページ 発行年
日本バーチャルリアリティー学会論文誌 3 3 65-74 1998

全著者名 論文名
Y. Cai, Y. Fukui, J. Yamashita, M. Shimojo A Wide-range Power Haptic Interface for Virtual Environment
学術雑誌名 ページ 発行年
Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 3 3 65-74 1998

全著者名 論文名
満渕 邦彦, 鈴木 隆文 人工臓器の液性系情報による制御のためのセンシングシステムの開発とその問題点
学術雑誌名 ページ 発行年
人工臓器 27 5 671-677 1998

全著者名 論文名
Kunihiko Mabuchi, Takafumi Suzuki Development and problems of sensing for the control of artificial organs using humoral factors
学術雑誌名 ページ 発行年
Japanese Journal of Artificial Organs 27 5 671-677 1998

全著者名 論文名
大脇崇史, 中坊嘉宏, 並木明夫, 石井抱, 石川正俊 視触覚モダリティ変換を用いたリアルタイム実環境仮想接触システム
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌D-II J81-D-II 5 918-924 1998

全著者名 論文名
Takashi Owaki, Yoshihiro Nakabo, Akio Namiki, Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa Realtime Virtual Touching System for Object in Real World Using Vision-Touch Modality Transform
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. IEICE J81-D-II 5 918-924 1998

全著者名 論文名
Iwao Fujimasa Pathophysiological expression and analysis of far infrared thermal images
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Engineering in medicine and biology 17 4 34-42 1998

全著者名 論文名
Kunihiko Mabuchi, Tsuneo Chinzei, Iwao Fujimasa, Shigehiko Haeno, Kiyoji Motomura, Yusuke Abe, Takumi Yonezawa Evaluating Asymmetrical Thermal Distributions through Image Processing
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Engineering in Medicine and Biology Magazine 17 4 47-55 1998

全著者名 論文名
S. Ichioka, M. Shibata, K. Kosaki, Y. Sato, K. Harii, A. Kamiya In vivo measurement of morphometric hemodynamic changes in the microcirculation during angiogenesis under chronic a1-adrenergic blocker treatment
学術雑誌名 ページ 発行年
Microvasc. Res. 55 ??? 165-174 1998

全著者名 論文名
S. Ichioka, M. Iwasaka, M. Shibata, K. Harii, A. Kamiya, S. Ueno Biological effects of magnetic fields on the microcirculatory blood flow in vivo
学術雑誌名 ページ 発行年
A preliminary report. Med. Biol. Eng. Comput. 36 ??? 91-95 1998

全著者名 論文名
Matsuura H, Nakano M Actin Myosin Systems Based on the Stochastic Resonance
学術雑誌名 ページ 発行年
Biomedical Soft computing and Human Science 4 1 23-31 1998

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, K. Mabuchi, T. Isoyama, K. Baba, H. Matsuura, A. Kouno, T. Ono, S. Mochizuki, Y. Sun, K. Imanishi, K. Atsumi, I. Fujimasa K. Imachi Over 500 days' survival of a goat with a total artificial heart with 1 / R control
学術雑誌名 ページ 発行年
In Heart Replacement-Artificial Heart 6(Editors: T. Akutsu, H. Koyanagi) Springer-Verlag Tokyo 34-38 1998

全著者名 論文名
T. Honda, M. Hashimoto, M. Watada, K. Imachi, D. Ebihara The design of a linear oscillatory actuator for an artificial heart
学術雑誌名 ページ 発行年
In Heart Replacement-Artificial Heart 6(Editors: T. Akutsu, H. Koyanagi) Springer-Verlag Tokyo 417-420 1998

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, K. Mabuchi, A. J. Snyder, T. Isoyama, K. Imanishi, T. Yonezawa, H. Matsuura, A. Kouno, T. Ono, K. Atsumi, I. Fujimasa, K. Imachi Physiological control of a total artificial heart-Conductance and arterial pressure based control
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Physiol. 84 3 868-876 1998

全著者名 論文名
K. Yan, K. Nakahara, S. Awa, Y. Nishi6bori, N. Nakajima, S. Kataoka, M. Maeda, T. Watanabe, S. Matsushima, N. Watanabe The increase of memory T cell subsets in children with idiopathic nephrotic syndrome
学術雑誌名 ページ 発行年
Nephron 79 ??? 274-278 1998

全著者名 論文名
H. Kojima, LV. Ileva, K. Abe, T. Yoshioka, and T. Watanabe Improved infrared DIC-video microscopy and its application to unstained living preparations
学術雑誌名 ページ 発行年
Bioimages 6 ??? 9-19 1998

全著者名 論文名
S. Fukatsu, Yukari Ishikawa, T. Saito, N. Shibata SiGe-based semiconductor-on-insulator substrate created by low-energy separation-by-implanted-oxygen
学術雑誌名 ページ 発行年
APPLIED PHYSICS LETTERS 72 26 3485-3487 1998

全著者名 論文名
下条誠, 篠原正美, 福井幸男 3次元触覚ディスプレイにおける提示ピン配置密度と形状判別特性
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌, D-II J80-D-II 5 1202-1208 1997

全著者名 論文名
Makoto Shimojo, Masami Shinohara, Yukio Fukui Shape recognition performance depending on pin-matrix density for 3D tactile display
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Transactions (Japanese edition) J80-D-II 5 1202-1208 1997

全著者名 論文名
Makoto Shimojo Mechanical Filtering Effect of Elastic Cover for Tactile Sensor
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Transactions on Robotics and Automation 13 1 128-132 1997

全著者名 論文名
大倉典子, 前田太郎, 舘ワ 聴覚ホロプタを説明する空間位置知覚モデル
学術雑誌名 ページ 発行年
計測自動制御学会論文集 34 10 1472-1477 1997

全著者名 論文名
M. Ohkura, T. Maeda, S. Tachi Mathematical Model for Space Perception to Explain Auditory Horopter Curves
学術雑誌名 ページ 発行年
Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 34 10 1472-1477 1997

全著者名 論文名
H. Yokoi, Y. Fukui, J. Yamashita, M. Shimojo A Study on Force Feed-back Device Using 6 D.O.F. Cartesian Robot (Adaptive control method for human spatial movement)
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of Robotics and Mechatronics 9 1 1-8 1997

全著者名 論文名
横井浩史, 福井幸男, 山下樹里, 下条誠 6軸直交型ロボットを用いたフォースフィードバックデバイスに関する基礎研究
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集(C編) 63 605 204-210 1997

全著者名 論文名
Hiroshi Yokoi, Yukio Fukui, Juli Yamashita, Makoto Shimojo A Study on Force Feed-Back Device using 6 D.O.F Cartesian Robot
学術雑誌名 ページ 発行年
Transactions of The Japan Society of Mechanical Engineers C 63 605 204-210 1997

全著者名 論文名
Y. Fukui, M. Shimojo, J. Yamashita Recognition by Inconsistent Information from Visual and Haptics Interface
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of Robotics and Mechatronics 9 3 208-212 1997

全著者名 論文名
Kunihiko Mabuchi, Osamu Kanbara, Masanari Kunimoto, Takafumi Suzuki, Shigehiko Haeno, Hirokazu Genno Real-time feedback control of the environmental thermal conditions using skin sympathetic nervous signals
学術雑誌名 ページ 発行年
Biomedical THERMOLOGY 17 ??? 24-28 1997

全著者名 論文名
T. Takahashi, M. Shibata, A. Kamiya Mechanism of macromolecule concentration in collecting lymphatics in rat mesentery
学術雑誌名 ページ 発行年
Microvasc. Res. 54 ??? 193-205 1997

全著者名 論文名
N. Satake, M. Shibata, S. Shibata Endothelium- and cytochrome P-450-dependent relaxation induced by isoproterenol in rat aortic rings
学術雑誌名 ページ 発行年
Eur. J. Pharmacol 319 ??? 37-41 1997

全著者名 論文名
N. Satake, M. Shibata, S. Shibata The involvement of KCa, KATP and Kv channels in vasorelaxing responses to acetylcholine in rat aortic rings
学術雑誌名 ページ 発行年
Gen. Pharmacol 28 ??? 453-457 1997

全著者名 論文名
K. Imachi Implant science of artificial organs: Design for success
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 21 11 1211-1216 1997

全著者名 論文名
阿部裕輔、鎮西恒雄、磯山 隆、満渕邦彦、松浦弘幸、馬場一憲、河野明正、小野俊哉、望月修一、孫 艶茴、今西 薫、吉澤 誠、田中 明、内山賢一、藤正 巖、渥美和彦、井街 宏 完全人工心臓1 / R 制御による532日生存ヤギの長期血行動態と病態生理
学術雑誌名 ページ 発行年
人工臓器 26 1 21-26 1997

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, T. Isoyama, K. Mabuchi, H. Matsuura, K. Baba, A. Kouno, T. Ono, S. Mochizuki, Y.P. Sun, K. Imanishi, M. Yoshizawa, A. Tanaka, K. Uchiyama, I. Fujimasa, K. Atsumi, K. Imachi Long Term Hemodynamics and Pathophysiology in a Total Artificial Heart Goat Survived for 532 Days with 1 / R Control
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 26 1 21-26 1997

全著者名 論文名
阿部裕輔、鎮西恒雄、磯山 隆、小野俊哉、望月修一、斉藤逸郎、和久井秀樹、満渕邦彦、馬場一憲、松浦弘幸、河野明正、孫 艶茴、苅田達郎、藤正 巖、渥美和彦、井街 宏 波動型完全人工心臓ー左右独立モータ方式の開発と埋め込み実験ー
学術雑誌名 ページ 発行年
人工臓器 26 3 581-587 1997

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, T. Isoyama, T. Ono, S. Mochizuki, I. Saito, H. Wakui, K. Mabuchi, K. Baba, H. Matsuura, A. Kouno, Y.P. Sun, T. Karita, I. Fujimasa, K. Atsumi, K. Imachi Undulation Pump Total Artificial Hear-Development of Left-Right Independent Motor Type and Implantation-
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 26 3 581-587 1997

全著者名 論文名
Y. Abe, T. Chinzei, T. Isoyama, T. Ono, S. Mochizuki, K. Mabuchi, K. Baba, H. Matsuura, Y.P. Sun, A. Kouno, K. Atsumi, I. Fujimasa, K. Imachi Development of the undulation pump total artificial heart
学術雑誌名 ページ 発行年
Artificial Organs 21 7 665-669 1997

全著者名 論文名
S. Nagamatsu, H. Sawa, Y. Nakamichi, Y. Kondo, S. Matsushima, T. Watanabe Non-functional role of syntaxin 2 in insulin exocytosis by pancreatic b cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Cell Biochem. Funct 15 ??? 237-242 1997

全著者名 論文名
T. Watanabe, JT. Voyvodic, T. Chang-Ling, H. Sagara, K. Hirosawa, Y. Mio, S. Matsushima, H. Uchimura, K. Nakahara, MC. Raff Differentiation and morphogenesis in pellet cultures of developing rat retinal cells
学術雑誌名 ページ 発行年
J Comp. Neurol 377 ??? 341-350 1997

B.国際会議発表論文(International Conferences)
全著者名 論文名
T. Suzuki, M. Mitsui, T. Isoyama, I. Saito, A. Wagatsuma, M. Ohkura, T. Chinzei, K. Imachi, K. Mabuchi Analysis of chronically recorded autonomic nerve signals for the control of artificial heart systems
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
24th Annual International Conference of the IEEE EMBS Houston (USA) ??? ??? 2002

全著者名 論文名
M. Shimojo, R. Ikeda, A. Namiki, M. Ishikawa, T. Suzuki, K. Mabuchi Tactile Sensor using Pressure Conductive Rubber with Electrical-Wires Stitches Method
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
3rd European-Asian Congress on Mechatronics Besancon-France ??? CD-ROM 2001

全著者名 論文名
Takuya Nojima, Masahiko Inami, Ichiro Kawabuchi, Taro Maeda, Kunihiko Mabuchi, Susumu Tachi An Interface for Touching the Interface
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
ACM SIGGRAPH 2000 Conference Abstracts and Applications Los Angeles, U.S.A. ??? 125 2001

全著者名 論文名
Masatoshi Ishikawa, Takashi Komuro Digital Vision Chips and High-Speed Vision Systems (Invited)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
2001 Symposium on VLSI Circuits Kyoto Digest of Technical 1-4 2001

全著者名 論文名
Akio Namiki, Masatoshi Ishikawa Sensory-Motor Fusion Architecture Based on High-Speed Sensory Feedback and Its Application to Grasping and Manipulation
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 32nd International Symposium on Robotics Soul ??? ??? 2001

全著者名 論文名
T. Suzuki, M. Mitsui, F. Inagaki, M. Ohkura, T. Saito, N. Kakuta, T. Isoyama, I. Saito, T. Chinzei, K. Imachi, K. Mabuchi Control of artificial hearts using autonomic nervous signals
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
23rd Annual International Conference of the IEEE EMBS Istambul (TURKEY) ??? ??? 2001

全著者名 論文名
T. Hoshino, H. Ishigaki, Y. Konishi, K. Kondo, T. Suzuki, T. Saito, N. Kakuta, A. Wagatsuma, K. Mabuchi A Master-Slave Manipulation System with a Force-Feedback Function for Endscopic Surgery
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
23rd Annl. Intl. Conf. of the IEEE Engineering in Medicine and Biology (EMBC '01) Istanbul 877 1-4 2001

全著者名 論文名
Haruyoshi Toyoda, Naohisa Mukohzaka, Seiichiro Mizuno, Yoshihiro Nakabo, Masatoshi Ishikawa Column parallel vision system (CPV) for high-speed 2D-image analysis
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Optical Engineering for Sensing and Nanotechnology (ICOSN 2001) Yokohama SPIE Vol.4416 256-259 2001

全著者名 論文名
Takashi Komuro, Masatoshi Ishikawa 64 x 64 Pixels General Purpose Digital Vision Chip
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
11th IFIP International Conference on Very Large Scale Integration (VLSI-SOC'01) Montpellier Proceedings 327-332 2001

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida, Shintaro Saito, Seiichiro Yano, Taro Maeda, Susumu Tachi A Head-Tracked, Live-Video-Based Telexistence System Using a Fixed Screen
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the ICAT 2001 (The 11th International Conference on Artificial Reality and Telexistence) Tokyo, Japan ??? 42-47 2001

全著者名 論文名
Masahiko Inami, Naoki Kawakami, Dairoku Sekiguchi, Yoshitaka Zaitsu, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi Object-oriented display based talking head system
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
SPIE Stereoscopic Displays and Virtual Reality Systems VIII ??? 4297 455-464 2001

全著者名 論文名
M. Ohkura, T. Oizuru, K. Mabuchi Examination to Obtain the Optimum Auditory Presentation in Tele-surgery System
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
the 9th International Conference on Human-Computer Interaction New Orleans ??? 75-77 2001

全著者名 論文名
T.K. Saito, M. Takahashi, H. Muguruma, T. Suzuki, N. Kakuta, E. Niki, K. Mabuchi Rapid photosensitive cell membrane damage process of novel thiophene for microelectrode
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
23rd International Conference of the IEEE EMBS ??? ??? CD-ROM 2001

全著者名 論文名
K. Kondo, K. Mabuchi, T. Chinzei, Y. Nasu, N. Kakuta, T. Suzuki, T. Saito, H. Ishigaki Images of the Spectrum Analysis of the Changes in Skin Temperature and its Application for the Evaluation of Autonomic Nervous Function
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
European Journal of Thermology 11 2 81 2001

全著者名 論文名
K. Kondo, M. Iguchi, H. Ishigaki, Y. Konishi, K. Mabuchi Design of Complex-Valued CNN Filters for Medical Image Enhancement
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proc. Joint 9th IFSA World Congress and 20th NAFIPS International Conference 3 ??? 1642-1646 2001

全著者名 論文名
H. Matsumoto, K. Yagyuu, Y. Matsumoto, K. Yamashita, K. Mabuchi A new diagnostic technology for detection of coronary stenotic changes
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Advances in coronary artery disease, Proceedings of the 4th international congress on coronary disease Praha (Check rep.) ??? 381-386 2001

全著者名 論文名
K. Kondo, N. Kakuta, T. Chinzei, Y. Nasu, T. Suzuki, T. Saito, A. Wagatsuma, H. Ishigaki,K. Mabuchi Thermal Rhythmography - Topograms of the Spectral Analysis of Fluctuations in Skin Temperature
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proc. 23rd Annual International Conference on IEEE-EMBS ??? ??? 877.1-877.4(CD-ROM) 2001

全著者名 論文名
Naoto Kakuta, Shintaro Yokoyama, Takafumi Suzuki, Takashi Saito, Kunihiko Mabuchi Evaluation of infrared images by using a human thermal model
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
23rd Annual International Conference of the IEEE EMBS Istanbul ??? CD-ROM 2001

全著者名 論文名
Naoto Kakuta, Takafumi Suzuki, Takashi Saito, Haruyo Nishimura, Kunihiko Mabuchi Measurement of microscale bio-thermal responses by means of a micro-thermocouple probe
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
23rd Annual International Conference of the IEEE EMBS Istanbul ??? CD-ROM 2001

全著者名 論文名
M. Shibata, S. Ichioka, A. Kawarada, J. Ando, A. Kamiya Mechanism of intermittent capillary flow and its physiological role in oxygen transport in skeletalnmuscle
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
7th World Conference for Microcirculation Sydney ??? ??? 2001

全著者名 論文名
I. Saito, Y. Abe, K. Iwasaki, P. Dobsak, T. Chinzei, T. Ono, T. Isoyama, S. Kobayashi, S. Mochizuki, A. Kono, M. Ishimaru, A. Baba, T. Ozek, T. Tohyam, K. Watanabe, K. Imachi In vivo study of renal artificial heart
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Suppelemntum Cor Vasa(Abstracts of the IXth Czech National Congress of Cardiology) Bruno 95 73 2001

全著者名 論文名
Matsuura H, Nakano M Dynamics of Muscle, Ionic Channel Induced Thermal Noise and Stochastic Resonance
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
4th International Conference on Biological Physics Kyoto ??? 166 2001

全著者名 論文名
Matsuura H, Nakano M Stochastic Dynamics of Muscle and Ionic Channel of Neuron, Japanese Society of Mathematical Biology
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
International Conference on Mathematical and Theoretical Biology USA JAMS Newsletter 35 50-51 2001

全著者名 論文名
T. Niki, M. Shimojo Simple Haptics Display and Object Data Design
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems Takamatsu ??? ??? 2000

全著者名 論文名
T. Niki, M. Shimojo A Development of Simple Haptics Display
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE Int. Conf. on Systems, Man, and Cybernetics Nashvill ??? 1001-1006 2000

全著者名 論文名
Masahiko Inami, Naoki Kawakami, Dairoku Sekiguchi, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi X'tal Head: Face-to-Face Communication by Robot
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conference Abstracts and Applications of SIGGRAPH 2000 New Orleans, U.S.A. ??? 99 2000

全著者名 論文名
T. Suzuki, M. Kunimoto, M. Shimojo, T. Saito, M. Ishikawa, K. Mabuchi Sensation evoked by simultaneous electrical stimulation of two single mechanoreceptor units
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
22nd Annual International Conference of the IEEE EMBS(Chicago2000) Chicago ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Makoto Naruse, Masatoshi Ishikawa A Parallel Confocal Laser Microscope System using Smart Pixel Arrays
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The International Symposium on Optical Science and Technology San Diego ??? ??? 2000

全著者名 論文名
A. Matsui, K. Mabuchi, T. Suzuki, A. Namiki, M. Ishikawa, H. Fujioka, H. Ishigaki Development of a remotely-operated master-slave manipulation system with a force-feedback function for use in endscopic surgery
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
22nd Annl. Intl. Conf. of the IEEE Engineering in Medicine and Biology (EMBS'00) Chicago CD-ROM ??? 2000

全著者名 論文名
T. Saito, M. Miyauchi, H. Muguruma, T. Suzuki, N. Kakuta, T. Watanabe, K. Hashimoto, K. Mabuchi Photocatalyst Coated Capillary Increases Efficiency of Membrane Penetration Process of Microinjection
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
World congress on medical physics and biomedical engineering, Chicago 2000 ??? TH-G205-04 ??? 2000

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi A Method of Constructing a Telexistence Visual System Using Fixed Screens
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of IEEE Virtual Reality 2000 New Brunswick, New J ??? 117-125 2000

全著者名 論文名
Hiromasa Oku, Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa Tracking a Protozoon Using High-Speed Visual Feedback
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
1st Annual Int. IEEE-EMBS Special Topic Conf. on Microtechnologies in Medicine & Biology Lyon, France ??? 156-159 2000

全著者名 論文名
Masahiko Inami, Naoki Kawakami, Dairoku Sekiguchi, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi Visuo-Haptic Display Using Head-Mounted Projector
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of IEEE Virtual Reality 2000 New Brunswick, New J ??? 233-240 2000

全著者名 論文名
A. Goulet, H. Thienpont, I. Veretennicoff, M. Ishikawa Board to board optical interconnects using large diameter graded index polymer optical fiber (GIPOF)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Optics in Computing 2000 Quebec City SPIE Vol. 4089 234-241 2000

全著者名 論文名
Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa A Line Extraction Algorithm for High Speed Vision
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Forth Asian Conference on Computer Vision Taipei Proc. 330-335 2000

全著者名 論文名
Kunihiko Mabuchi, Takafumi Suzuki, Takashi Saito, Naoto Kakuta, Atsuto Hoshikawa, Nobuyuki Nemoto, Haruyo Nishimura, Masanari Kunimoto Combined Evoked Sensation Due to the Simultaneous Electrical Stimulation of Two Single Mechanoreceptor Units
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IFESS 2000 Aalborg(Denmark) ??? 403-406 2000

全著者名 論文名
T. Suzuki, K. Mabuchi, M. Kunimoto, M. Shimojo, T. Saito, N. Kakuta, M. Ohkura, M. Ishikawa Relationship between intraneural electrical stimulation and evoked pressure sensation -Psychophysical quantification-
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
5th Annual Conference of the International Functional Electrical Stimulation Society Aarborg (Denmark) ??? 407-409 2000

全著者名 論文名
Idaku Ishii, Takashi Komuro, Masatoshi Ishikawa Method of Moment Calculation for a Digital Vision Chip System
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Int. Conf. on Computer Architecture for Machine Perception Padova proceedings 41-48 2000

全著者名 論文名
M. Naruse, H. Toyoda, Y. Kobayashi, D. Kawamata, N. McArdle, A. Goulet, M. Ishikawa A Multi-Layered Optically Interconnected Parallel Processing System: OCULAR-II
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Optics in Computing 2000 Quebec City SPIE Vol. 4089 440-448 2000

全著者名 論文名
Dairoku Sekiguchi, Wei-Chung Teng, Naoki Kawakami, Yasuyuki Yanagida, Susumu Tachi Development of R-Cubed Manipulation Language-The Design of RCML 2.0 System
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the ICAT 2000 (The 10th International Conference on Artificial Reality and Telexistence) Taipei, Taiwan ??? 44-51 2000

全著者名 論文名
Makoto Naruse, Masatoshi Ishikawa An Optimal Distribution of Interconnections and Computations for Optically Interconnected Parallel Processing Systems
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
2000 IEEE/LEOS Summer Topical Meetings Aventura ??? 47-48 2000

全著者名 論文名
Takashi Komuro, Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa, Atsushi Yoshida High Speed Target Tracking Vision Chip
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Int. Conf. on Computer Architecture for Machine Perception Padova proceedings 49-56 2000

全著者名 論文名
Yoshihiro Nakabo, Masatoshi Ishikawa, Haruyoshi Toyoda, Seiichiro Mizuno 1ms Column Parallel Vision System and Its Application of High Speed Target Tracking
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE Int. Conf. Robotics and Automation San Francisco Proceedings 650-655 2000

全著者名 論文名
D. Kawamata, M. Naruse, I. Ishii, M. Ishikawa Image Database Construction and Search Algorithm for Smart Pixel Optoelectronic systems
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
in Optics in Computing 2000 Editors: R. A. Lessa Proc. SPIE, 4089 797-805 2000

全著者名 論文名
H. Fujioka, K. Mabuchi Involvement of Columns in Somatosensory Cortex Reorganization: Implications in Neural Prosthetics
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of World congress on medical physics and biomedical engineering, Chicago 2000 Chicago(USA) ??? CD-ROM 2000

全著者名 論文名
K. Mabuchi, K. Kondo, N. Kakuta, A. Kouno, T. Yonezawa, H. Ishigaki Evaluation of Rapidly Changing Thermal Phenomena in the Living Body through Image-Processing of a High-Speed Far-Infrared Camera
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
European Journal of Thermology 10 3 141 2000

全著者名 論文名
K. Kondo, K. Mabuchi, N. Kakuta, A. Hoshikawa, A. Kouno, S. Haeno, H. Ishigaki Evaluation of Autonomic Nervous Function by Image-processing of High-speed Dynamic Far-infrared Thermal Images
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proc. 22nd Annual International Conference on IEEE-EMBS ??? ??? 4743.1-4743.4(CD-ROM 2000

全著者名 論文名
Naoto Kakuta, Shintaro Yokoyama, Tatsuaki Masaki, Michiyoshi Tao, Yasuhiro Hamada, Makoto Nakamura, Kiyoshi Ochifuji, Mitsuyoshi Nakamura Development of analysis modules and database for human-thermal environment system evaluation program
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
3rd International Conference on Cold Climate Heating, Ventilating and Air-Conditioning Sapporo ??? 625-632 2000

全著者名 論文名
Naoto Kakuta, Shintaro Yokoyama, Yo Mizuta, Takafumi Suzuki, Takashi Saito, Kunihiko Mabuchi A geometric human model for a human-environment system simulator
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering - Chicago 2000 Chicago ??? CD-ROM 2000

全著者名 論文名
M. Shibata, S. Ichioka, N. Ohura, J. Ando, A. Kamiya Microvascular PO2 measurements by phosphorescence quenching technique
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering Chicago ??? ??? 2000

全著者名 論文名
M. Shibata, A. Kawarada, S. Ichioka, J. Ando, A. Kamiya Arteriolar and interstitial PO2 measurements by photoquenching technique
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
21st European Conference on Microcirculation Stockholm ??? ??? 2000

全著者名 論文名
I. Saito, Y. Abe, T. Chinzei, T. Ono, T. Isoyama, S. Mochizuki, K. Iwasaki, A. Kono, M. Ishimaru, A. Baba, T. Ozeki, T. Toyama, S. Kobayashi, K. Imachi The miniature undulation pump for the renal artificila heart
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
2nd Japan-Australia Cardiovascular Bioengineering Symposium Sydney 3 3 2000

全著者名 論文名
I. Saito, Y. Abe, T. Chinzei, T. Ono, T. Isoyama, S. Mochizuki, K. Iwasaki, A. Kouno, T. Karita, M. Ishimaru, A. Baba, K. Imachi The miniature undulation pump for the study of renal circulation
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 7th International Symposium on Artificial Heart & Assist Devices Tokyo 32 32 2000

全著者名 論文名
I. Saito, Y. Abe, T. Chinzei, S. Mochizuki, T. Ono, T. Isoyama, K. Iwasaki, A. Kouno, M. Ishimaru, A. Baba, T. Ozeki, T. Toyama, S. Kobayashi, K. Imachi A study of the renal artificial heart
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The Internacional Journal of Artificial Organs(Abstracts of the XXVIIth ESAO Congress) Lausanne ??? 94 2000

全著者名 論文名
Matsuura H, Masahiro N, Liu LG A Sliding Model of Actin-Myosin System Based on Nyquist Theorm
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE-EMBS Asia-Pacific Conference on Biomedical Engineering ??? part 1/2(ISBN7-5062- 377-378 2000

全著者名 論文名
Wang A BQ, Matsuura H, Masahiro N, Liu LG A Dynamic Model for Muscle's Motion
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
proc. of IEEE-EMBS Asia-Pacific Conference on Biomedical Engineering ??? part 1/2 ISBN7-5062- 379-380 2000

全著者名 論文名
Matsuura H, Masahiro N Thermal Noise and Stochastic Dynamics of Nanosystem
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Statistical Physics ??? AIP Conference Proc. 557-559 2000

全著者名 論文名
S. SATO, S. SHIMIZU, M. SHIMOJO, K. SEKI Possibility of Tool Grip Shape Evaluation using Grasping Force Distribution Measurement System
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
HCI International'99 Munich ??? Vol.21A,pp.138-139 1999

全著者名 論文名
Akio Namiki, Yoshihiro Nakabo, Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa 1ms Grasping System Using Visual and Force Feedback
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE Int. Conf. Robotics and Automation Detroit Abstract and Referen 12 1999

全著者名 論文名
Masahiko. Inami, Naoki. Kawakami, Dairoku Sekiguchi, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Kunihiko Mabuchi, Susumu Tachi Head-Mounted Projector
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
ACM SIGGRAPH '99 Conference Abstracts and Applications ??? ??? 179 1999

全著者名 論文名
Masahiko Inami, Naoki Kawakami, Dairoku Sekiguchi, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi, Kunihiko Mabuchi Head-Mounted Projector for Projection of Virtual Environments on Ubiquitous Object-Oriented Retroreflecteve Screens in Real Environment
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conference Abstracts and Applications of SIGGRAPH '99 Los Angeles, U.S.A. ??? 245 1999

全著者名 論文名
Takafumi Suzuki, Kunihiko Mabuchi, Haruyo Nishimura, Takashi Saito, Naoto Kakuta, Masanari Kunimoto, Makoto Shimojo, Masatoshi Ishikawa The electrical control of pressure sensations: the relationship between stimulation signals and subjective intensities and areas
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The First Joint BMES/EMBS Conf. Atlanta Proc. 457 1999

全著者名 論文名
Naoki Kawakami, Masahiko Inami, Dairoku Sekiguchi, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi Object-Oriented Displays: A New Type of Display Systems -From Immersive Display to Object-Oriented Displays-
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE-SMC '99 ??? ??? 493 1999

全著者名 論文名
Kunihiko Mabuchi, Takafumi Suzuki, Masanari Kunimoto, Makoto Shimojo, Takashi Saito, and Masatoshi Ishikawa Relationship Between an Intraneural Electrical Stimulation Signal to a Slow Adaptive Mechanoreceptor Unit and the Evoked Artificial Pressure Sensation
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
XIIth World Congress of the Int. Soc. for Artificial Organs/XXXVIth Congress of the European Soc. for Artificial Organs London Artificial Organs, V 671 1999

全著者名 論文名
T. Suzuki, K. Mabuchi, M. Kunimoto, M. Shimojo, T. Saito, N. Kakuta, M. Ishikawa Incorporating a pressure-sensation function into an artificial arm system
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
International Society of Artificial Organs Edinburgh ??? 674 1999

全著者名 論文名
Takafumi Suzuki, Kunihiko Mabuchi, Masanari Kunimoto, Makoto Shimojo, Takashi Saito, Naoto Kakuta, Masatoshi Ishikawa Development of a system for experiencing tactile sensation from an artificial arm by electrically stimulating sensory nerve fiber
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
European Medical & Biological Engineering Conf. Vienna Proc. 776 1999

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida, Akitake Mitsuhashi, Taro Maeda, Susumu Tachi Implementation of Fixed-screen-based Telexistence Visual System
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the ICAT '99 (9th International Conference on Artificial Reality and Telexistence) Tokyo, Japan ??? 123-130 1999

全著者名 論文名
Masatoshi Ishikawa, Akio Namiki, Takashi Komuro, Idaku Ishii New Generation of Sensory Information Processing for Intelligent Systems - VLSI Vision Chip and Sensor Fusion System - (Plenary)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Fourth Int. Conf. Electronics Measurement, and Instruments (ICEMI'99) Harbin Proceedings 1-6 1999

全著者名 論文名
Masatoshi Ishikawa, Takashi Komuro, Akio Namiki, Idaku Ishii 1ms Sensory-Motor Fusion System (Invited)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Int. Symp. of Robotics Research Snowbird ??? 291-296 1999

全著者名 論文名
Akio Namiki, Yoshihiro Nakabo, Idaku Ishii, Masatoshi Ishikawa High Speed Grasping Using Visual and Force Feedback
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation Detroit Proceedings 3195-3200 1999

全著者名 論文名
Michiko Ohkura, Yasuyuki Yanagida, Taro Maeda, Susumu Tachi Measurement of Auditory Alley in Virtual Environment and Its Mathematical Model
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of 1999 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics 2 ??? 436-441 1999

全著者名 論文名
Masatoshi Ishikawa, Akio Namiki, Takashi Komuro, Idaku Ishii 1ms Sensory-Motor Fusion System with Hierarchical Parallel Processing Architecture (Invited)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The Second International Conference on Information Fusion Sunnyvale Proceedings 640-647 1999

全著者名 論文名
Wei-Chung Teng, Dairoku Sekiguchi, Akira Nukuzuma, Naoki Kawakami, Yasuyuki Yanagida, Susumu Tachi Development of R-Cubed Manipulation Language -Implementation and Evaluation to a RCML System-
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the ICAT '99 (9th International Conference on Artificial Reality and Telexistence) Tokyo, Japan ??? 79-83 1999

全著者名 論文名
Kunihiko Mabuchi, Takafumi Suzuki, Masanari Kunimoto, Makoto Shimojo, Naoto Kakuta, Takashi Saito, Haruyo Nishimura, Masatoshi Ishikawa A system of Interpreting Somatic Sensations for Use with Artificial hands and Limbs
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
21st International Conference of the IEEE EMBS Atlanta(USA) ??? CD-ROM 1999

全著者名 論文名
K. Kondo, H. Ishigaki, Y. Konishi, K. Mabuchi Blood Flow Imaging Algorithm for Infrared Thermographic Systems
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proc. IEEE International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS) 2 ??? 1119 1999

全著者名 論文名
H. Matsumoto, K. Yagyuu, K. Mabuchi, Y. Matsumoto, A new technology for coronary artery disease
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Annual Meeting of American Heart Association Atlanta (USA) Circulation (Suppl.) ??? 1999

全著者名 論文名
Naoto Kakuta, Shintaro Yokoyama, Kunihiko Mabuchi Development of a human thermal model and its applications for thermographic diagnosis
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
21st International Conference of the IEEE EMBS Atlanta ??? CD-ROM 1999

全著者名 論文名
M. Shibata, A. Kamiya Microvascular and interstitial PO2 measurements in the skeletal muscle with phosphorescence quenching technique
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
21st International conference of EMBS Atlanta ??? ??? 1999

全著者名 論文名
M. Shibata, A. Kamiya Microscopic measurements of microvascular and tissue pO2 in rat cremaster muscle with phosphorescence quenching technique
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
1st European Medical & Biological Engineering Conference Vienna Med. Biol. Eng. Comp 592-593 1999

全著者名 論文名
M. Shibata, A. Kamiya A Phosphorescence Measurement of Microvascular and Tissue pO2 in the Skeletal Muscle
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
11th Nordic-Baltic Conference on Biomedical Engineering Tallinn Estonia Med. Biol. Eng. Comp 91-92 1999

全著者名 論文名
Y. Cai, J. Yamashita, Y. Fukui, M. Shimojo Haptics Interface for Virtual Environment: 6DFM System
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE Int. Workshop on Robot and Human Communication Takamatsu ??? 605-612 1998

全著者名 論文名
Naoki Kawakami, Masahiko Inami, Yasuyuki Yanagida, Susumu Tachi Object-Oriented Displays
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conference Abstracts and Applications of SIGGRAPH '98 Orlando, Florida, U. ??? 112 1998

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida, Masahiko Inami, Susumu Tachi Improvement of Temporal Quality of HMD for Rotational Motion
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the 7th IEEE International Workshop on Robot and Human Communication (RO-MAN '98) Takamatsu, Japan ??? 121-126 1998

全著者名 論文名
Wei-Chung Teng, Akira Nukuzuma, Naoki Kawakami, Yasuyuki Yanagida, Susumu Tachi Development of R-Cubed Manipulation Language -The Specification of RCML and RCTP-
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the ICAT '98 (8th International Conference on Artificial Reality and Tele-Existence) Tokyo, Japan ??? 156-162 1998

全著者名 論文名
Masatoshi Ishikawa 1ms VLSI Vision Chip System and Its Application(Plenary)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Int. Conf. on Automatic Face and Gesture Recognition Nara, Japan ??? 214-219 1998

全著者名 論文名
Yoshihiro Nakabo, Masatoshi Ishikawa Visual Impedance Using 1ms Visual Feedback System
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE Int. Conf. Robotics and Automation Leuven, Belgium ??? 2333-2338 1998

全著者名 論文名
M. Shibata, A. Kamiya A phosphorescence measurement of tissue oxygen distribution in the rat cremaster muscle
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
20th European Conference on Microcirculation Paris Proc. Eur. Microcirc 177-182 1998

全著者名 論文名
K. SEKI, S. SATO, S. SHIMIZU, M. SHIMOJO, A. TAKAHASHI Improvement of Hand-Grasp Measurement System
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
HCI International'97 San Francisco 21B 459-462 1997

全著者名 論文名
S. SHIMIZU, M. SHIMOJO, S. SATO, K. SEKI, A. TAKAHASHI, Y. INUKAI, M. YOSHIOKA Differences of force distribution patterns on grip types in human grasping motions
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
HCI International'97 San Francisco 21A 425-428 1997

全著者名 論文名
S. SHIMIZU, M. SHIMOJO, S. SATO, K. SEKI, A. TAKAHASHI, Y. INUKAI, M. YOSHIOKA The Relationship between force distribution patterns and grip types in human grasping motions
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
8th International Conference on Advanced Robotics Monterey ??? 299-304 1997

全著者名 論文名
Y. Fukui, J. Yamashita, M. Shimojo Perceptual Performances of Force Rendering Method
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
IEEE Int. Conf. on Systems, Man, and Cybernetics Orlando ??? 1401-1405 1997

全著者名 論文名
Kunihiko Mabuchi, Osamu Kanbara, Masanari Kunimoto, Takafumi Suzuki, Takashi Isoyama , Shigehiko Haeno, Hirokazu Genno Attempt to Control an Artificial Heart System Using Sympathetic Nervous Signals
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 20th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society Hong Kong(China) ??? 458-461 1997

全著者名 論文名
T. Suzuki, T. Maeda, T. Chinzei, K. Mabuchi, I. Fujimasa, S. Tachi Development of a regeneration microelectrode for the control of artificial organs and prosthetic devices
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
ISAO97 Providence (USA) ??? 573 1997

全著者名 論文名
T. Suzuki, T. Maeda, T. Chinzei, K. Mabuchi, K. Imachi, S. Tachi Flexible Microelectrode for Interfacing Regenerating Peripheral Nerves
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
19th Annual International Conference of the IEEE EMBS Chicago ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Yasuyuki Yanagida, Naoki Kawakami, Susumu Tachi Development of R-Cube Manipulation Language-Accessing Real Worlds Over the Network
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the ICAT '97 (7th International Conference on Artificial Reality and Tele-Existence) Tokyo, Japan ??? 159-164 1997

全著者名 論文名
Masahiko Inami, Naoki Kawakami, Taro Maeda, Yasuyuki Yanagida, Susumu Tachi A Stereoscopic Display with Large Field of View Using Maxwellian Optics
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the ICAT '97 (7th International Conference on Artificial Reality and Tele-Existence) Tokyo, Japan ??? 71-76 1997

全著者名 論文名
Kunihiko Mabuchi, Tsuneo Chinzei, Iwao Fujimasa, Sigehiko Haeno, Yusuke Abe, Takumi Yonezawa An Image-processing Program for the Evaluation of Asymmetric Thermal Distributions
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 19th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society Chicago(USA) ??? CD-ROM 1997

C.著書(Books)
全著者名 書名
Masatoshi Ishikawa CMOS Digital Vision Chip Using General Purpose Processing Elements and Its Applications, Smart Imaging Systems (Editor: Bahram Javidi)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
SPIE PRESS Bellingham, Washingt 0819437352 91-109 2001

全著者名 書名
井街 宏 移植と人工臓器 (浅野茂隆、小澤和恵、藤正 巖 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
岩波書店 東京 4-00-010924-3 111-132 2001

全著者名 書名
K. Imachi Transplantations and Artificial organs (Editors: S. Asano, K. Ozawa, and I. Fujimasa)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Iwanami Shoten Tokyo 400010924-3 111-132 2001

全著者名 書名
Masatoshi Ishikawa, Takashi Komuro, Akio Namiki, Idaku Ishii 1ms Sensory-Motor Fusion System, Robotics Research (Editors: J.M.Hollerbach and D.E.Koditschek)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Springer London 1852332921 359-364 2000

全著者名 書名
井街 宏 医用生体工学 (神谷 瞭、井街 宏、上野照剛 共著)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
培風館 東京 4563035491 153-208 2000

全著者名 書名
K. Imachi Biomedical Engineering (Editors: A. Kamiya, K. Imachi, and S. Ueno)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Baifukan Tokyo 4563035491 153-208 2000

全著者名 書名
井街 宏 バイオミメティックスハンドブック (長田義仁編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
エヌ・ティー・エス 東京 4900830615 528-533 2000

全著者名 書名
K. Imachi Handbook of Bio-mimetics (Editor: Y. Nagata)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
N.T.S. Tokyo 4900830615 528-533 2000

全著者名 書名
満渕邦彦 「サーモグラフィ」 医用放射線科学講座12 医用工学(岡部哲夫・春名正光 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医歯薬出版株式会社 東京 4263205324 182-192 1998

全著者名 書名
Kunihiko Mabuchi Thermography, Lecture series book Medical radiology No.12 Medical Engineering (Editors: T. Okabe, M. Haruna)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Ishiyaku Publishers, Inc. Tokyo 4263205324 182-192 1998

全著者名 書名
井街 宏 バイオマテリアルと生体 (佐藤温重、石川達也、桜井靖久、中村晃忠編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
中山書店 東京 4521012019 219-229 1998

全著者名 書名
K. Imachi Biocompatibility of biomaterials (Editors: A. Sato, T. Ishikawa, Y. Sakurai, and A. Nakamura)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Nakayama Shoten Tokyo 4521012019 219-229 1998

全著者名 書名
Kunihiko Mabuchi Pathological Sutdy of a Goat that Survived for 532 days with a Total Artificial Heart using the 1/R Control Method. In: Heart Replacement-Artificial Heart 6 (Editors: T. Akutsu and H. Koyanagi)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Springer-Verlag ??? ??? 313-317 1998

全著者名 書名
井街 宏 21世紀への人工臓器 (岡田昌義、安田慶秀編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
先端医療技術研究所 東京 4925089021 54-62 1998

全著者名 書名
K. Imachi Artificial organs toward the 21st century (Editors: M. Okada and K. Yasuda)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Research Center for Advanced Medical Technology Tokyo 4925089021 54-62 1998


戻る