平成13年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



研究推進分野名 生命情報
 
研究プロジェクト名 システム生命を有する知的システムの構築
 
(英文名) Construction of Intelligent System Possessing System Life
 
研究期間 平成9年度 〜 平成13年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 421,309千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
吉田和夫 ・慶應義塾大学 ・理工学部 ・教授 内訳 平成 9年度115,730千円
平成10年度115,230千円
平成11年度109,649千円
平成12年度42,000千円
平成13年度38,700千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
谷下一夫 慶應義塾大学・理工学部・教授 自然システムの生命現象の解明
大野義夫 慶應義塾大学・理工学部・教授 表現機構の研究・開発
谷 順二 東北大学・流体科学研究所・教授 新しい受容機構と動作機構の研究・開発

2.研究計画の概要

 本プロジェクトは,システム生命情報を中心とする、受容機構、動作機構、情報処理機構、表現機構のシームレスな融合体のシステム化技術を目指し,知的システムの設計法と具体的な構築を行う。そこで以下のような4つの具体的な研究を行い,最終的にはこれらを融合して本研究の目的を達成する。
・システム生命コンセプトの構築と表現機構を有する知的制御システムの創造に関する研究
 本研究は,システム生命を有する知的システム構築の方法論の確立を行い,具体的な応用例を通して新しい知的制御システムを提示する。特に,想定しない環境においてもシステム生命情報を参照することによって自律的な適応、修復などの戦略を立てることができる全く新しい知的制御システムの開発を行う。
・3次元空間のリアルタイム認識と流動状況の制御がスマートスキンの構築に関する研究
 本研究は,生命システムの情報処理方式を応用して,音響情報から3次元空間状況を認識するシステムの開発と,圧力や流速から流動状況を再構成し適応できる人工物システムの構築を行う。
・細胞組織のバイオメカニクスとリモデリングのシステム生命工学得的応用に関する研究
 細胞や組織は周囲の物理的刺激によって適応し,機能や形態が変化することが次第に解って来た。そのような性質を利用することによって,あらたな生命システムを再構築するが可能であり,システム生命工学的応用に関する可能性を開拓する。
・システム情報の表現手法に関する研究
 本研究は,どのシステム情報をどのような媒体を通して人間に提示したらよいか,また,その提示をリアルタイムで行えるようにするためのアルゴリズムの確立を行う。すなわち,新しいシステム生命化技術に不可欠なヒューマンメディア技術、情報表現技術などの要素技術の開発を行う。

3.研究目的
   21世紀の科学技術では人工物と自然物を切り離して展開することはできず,人工的なシステムと自然的なシステムの相互インタラクションを考慮し,これらの共生を目指した総合的な科学技術の確立が重要である。したがって,自然界に生きるシステムと共有する原理に立つ新しい人工物の「システム生命」という概念が必要であり,その概念に基づいたプロダクトイノベーション技術の確立が必要である。システム生命をもつシステムは,システム生命情報を中心とする,受容機構、動作機構、情報処理機構、表現機構のシームレスな融合体として定義され,真に新たなシステム生命の概念とシステム生命を有するシステムの創造を本研究の目的とする。
 本研究は,システム生命を有する知的システムの構築に関する以下の項目の探求を目的とした。
・ システムステム生命の概念の構築を行うと共に,創発的な知的システムの開発を行う。
・ 自然システムの空間認識の非線形情報処理を参考にして新しい人工的な受容システムの構築を行う。
・ 流体の中のシステムが環境の情報を感知して流体との接触面を変形させすスマートスキンの開発を通して新しい動作機構の構築を行う。
・ 情報の認識,表現の方法論を考察し,新しい表現機構の開発を行う。
・ 生体の物理的適応,化学的適応,リモデリングなどの機能を解明して,人工組織,人工臓器などのバイオケミカルマシンの開発を行う。

4.研究成果の概要
4−1 研究計画、目的に対する成果
 システム生命の概念の構築と具体的な知的システムの構築に関しては,システム生命の概念の必要性を明らかにすると共に,様々な知的ロボットや知能機械を製作した。特に,従来の技術では対応できなかった,想定しない故障に対しても有効な耐故障性を有する知的システムの構築に成功し,新しい知的制御技術を確立した。また,コンピュータゲームを行うロボット,スキーロボット,サッカーロボットなど独創的な知的ロボットを開発し,その知的制御の有効性を実証した。
 次に,音響情報から3次元の空間認識を行うシステムの開発に成功した。従来超音波を用いて2次元空間認識は可能であったが,3次元空間認識は初めてである。また,この技術は応用範囲も広く,全く新しいセンサシステムとして注目されている。さらに,流速と圧力の検出を通して流動場の流れそのものを制御する全く新しいスマートスキンの有効性と実現性を実証し,システム生命を有する知的システムのための動作機構の要素技術の開発に成功した。
 さらに,情報の認識と表現の研究に関しては,ソフトコンピューティング手法を用いた新しい情報の認識手法や情報表現に関する要素技術を開発し,その有効性を示した。
 そして,マクロとミクロの観点から流れと生体組織及び細胞との相互作用とそのシステム生命的側面について調べ,近隣の細胞の影響を受けながら小集団として細胞が機能することを明らかにした。また,増殖や分化に富んだ特殊な小型肝細胞から毛細胆管を形成することに成功し,人工肝臓の可能性を示した。
 個々のテーマについては目標がほぼ達成されたが,それらの融合に関しては十分な成果が得られなかった。これは本プロジェクトが広範な研究分野を包含しすぎたためであるが,新しい技術融合の可能性を与えることができ,全く新しい工学概念と技術の方向性を示すことができたと考えている。

4−2 研究計画、目的外の成果
 知的ロボットの実証の場である,毎年開催されているサッカーロボットの大会,ロボカップ大会に出場し,シミュレーションリーグにおいては1999年日本大会優勝,1999年世界大会4位,2000年日本大会準優勝,2001年日本大会4位の成績を収めた。また,中型機リーグでは2001年日本大会準優勝,2001年世界大会3位の成績を収めた。このような実績を通して,広く人工知能などの分野の発展にも貢献した。また,宙返りするスキーロボットのに関しては,ジャパンタイムズに取り上げられたため,サイエンスおよびスキー関連の英国,米国などの外国マスコミなどで取り上げられ,スポーツの世界へのロボットの応用の可能性を与えた。

4−3 研究成果の展望
 1997年7月に開催された日本機械学会の100周年記念事業の「システム生命」に関する国際会議の成果に基づいて,本プロジェクトは新しいシステム生命の概念をより一層発展させ,具体的なシステム生命を有する知的システムの構築によって新しい工学概念を明確化するとともに,全く新しい受容機構,動作機構,情報処理機構,表現機構などのシステム生命技術の要素技術を与えた。また,自然システムの生命現象についても解明を行い,自然システムと共有する原理に立つ人工システムの設計原理としてのシステム生命技術の基盤を強化した。これらの成果を要約すると,本プロジェクトは,新しい知的システム構築の方法を確立し,国際的に学術的な貢献を果たしたものと考えている。
 本プロジェクトで作られる知的システムは21世紀の新しい人工システムの設計の在り方を提示した。人工知能,ロボット工学や先端的な知的システムの分野に大きな影響を与えるものと考えている。すなわち,本プロジェクトは,想定していない状況にも対応できる耐故障性を有する独創的な知的制御の方法を与え,今後学術分野に大きな影響を与えると考えている。3次元空間情報リアルタイム認識システムの研究は,生命システムの情報処理方式を応用した新しい音響定位の方法であり,音響という時間情報から3次元空間情報をリアルタイムで構成する新しい,独創的な方法である。また物体の表面を動かして境界層を制御する方法,いわゆるスマートスキンによる境界層の制御方法は本プロジェクト研究で初めて提案された画期的な方法であり,スマートマテリアル,スマートストラクチャーの分野の発展に大きく貢献した。さらに,スキル・知識抽出ネットワークに関する研究や情報の表現技術の研究は,明示的に表現可能で,しかも階層的な知識処理が可能な方法であり,世界的にも非常に少ない方法で独創的である。最後に,細胞レベルでの流れや高分子物質の移動に関する知見は,現在細胞のバイオメカニクスの領域において世界的に関心が高まっているテーマであり,物理的な刺激を受ける細胞の挙動の解明だけでなく,人工肝臓の開発の可能性を示したことは大変意義深いと考えている。

4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
 21世紀の人工システムは自然システムと共生できるものでなければならない。そのような人工システムを設計するためには,人工システムは全体のバランスをとる何らかの支配原理,情報が必要である。本プロジェクトは,そのような全く新しいシステムのシンセシスの方法を与え,新しい分野を創造し,開拓した。システム生命を有する知的システムの構築は,高度な人工システムを作る広範な分野において大きな設計指針を与えたと考えられる。特に,様々なロボットを実際に製作することによって具体的に新しい概念からできた知的システムを提示することによってこのような概念の必要性や意義をしめすことができた。また個別の成果としては,たとえば細胞レベルのバイオメカニクスの現象を明らかにすることによって,これまでの生物科学では研究されていなかった相互作用の影響を明確にすることができ,これまであまり研究されていなかった物理的な刺激を受けた細胞群の振る舞いを明らかにし,新しい分野を開拓した。さらに,人工肝臓の可能性を与えたことは大変意義深く,今後の研究の発展が期待される。一方,特に従来の人工知能の分野で大きな問題であった知識獲得および知識処理に,画期的な手法としてインパクトを与えることができた。さらに,人工知能研究について社会的な関心を呼んでおり,世界各国の研究機関が競争するRoboCupにおいて優秀な成績を残せ,知的ロボットの発展に大きく貢献した。さらに,本プロジェクトで開発された超音波を用いて3次元空間や物体をリアルタイムで認識する技術は広く産業,医療,安全警備などで不可欠となる。また,スマートスキンによる境界層の遷移制御技術は船,飛行機,自動車などの輸送機関の抵抗低減のアクチュエータとして利用できるため,将来的には省エネルギーに役に立つことが期待できる。
 以上要するに,本プロジェクトにおいて未来開拓につながる成果が得られたと考える。

5.キーワード

(1)システム生命、(2)知的制御、(3)知的ロボット
(4)スマートマテリアル、(5)スマートスキン、(6)超音波センシング
(7)情報処理、(8)情報表現、(9)バイオメカ二クス

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
吉田和夫, 野村壮太郎, 松井純, 土手斉 コンピュータゲームを自律学習するロボットの開発
学術雑誌名 ページ 発行年
日本ロボット学会誌 ??? ??? ??? 2002 (To be published)

全著者名 論文名
Kazuo Yoshida, Sotaro Nomura, Jun Matsui, Hitoshi Dote Development of autonomous learning robot for computer game playing
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Robotics Soc. Jpn. ??? ??? ??? 2002 (To be published)

全著者名 論文名
津崎亮一, 吉田和夫 全方位視覚を用いた自律移動ロボットのファジィ制御
学術雑誌名 ページ 発行年
日本ロボット学会誌 ??? ??? ??? 2002 (To be published)

全著者名 論文名
Ryoichi Tsuzaki, and Kazuo Yoshida Fuzzy control of autonomous mobile robot with omnidirectional vision
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Robotics Soc. Jpn. ??? ??? ??? 2002 (To be published)

全著者名 論文名
城倉信也, 福島理絵, 吉田和夫 ひねり宙返りを行うエアリアルスキーロボットの開発
学術雑誌名 ページ 発行年
日本ロボット学会誌 ??? ??? ??? 2002 (To be published)

全著者名 論文名
Shinya Shirokura, Rie Fukushima, and Kazuo Yoshida Development of an aerial ski robot performing a somersault coupled with twist motion
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Robotics Soc. Jpn. ??? ??? ??? 2002 (To be published)

全著者名 論文名
Jinhao Qiu, Junji Tani, Toshiyuki Hayase and Morio Suzuki Suppression of T-S Wave Using Wall Motion Actuator
学術雑誌名 ページ 発行年
JSME International Journal, Ser B Vol.45 No1 29-34 2002

全著者名 論文名
Masafumi Yano, Ikuo Matsuo, Junji Tani Echolocation of multiple targets in 3-D space from a single emission
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Biol. Physics 28 ??? 1-17 2002

全著者名 論文名
Hitoshi Iyatomi, Masafumi Hagiwara Scenery Image Recognition and Interpretation Using Fuzzy InferenceNeural Networks
学術雑誌名 ページ 発行年
Pattern recognition ??? ??? ??? ??? (to be published)

全著者名 論文名
Koji Nakamaru, Yoshio Ohno Enhanced Breadth-First Ray Tracing
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Graphic Tools ??? ??? ??? ??? (accepted for publication)

全著者名 論文名
Tadahiro Fujimoto, Yoshio Ohno, Kazunobu Muraoka, Norishige Chiba Wrinkly Surface Generated on Irregular Mesh by Using IST Generalizedon Code Space and Multi-Dimensional Space : Unification ofInterpolation Surface and Fractal
学術雑誌名 ページ 発行年
Proc. IEICE ??? ??? ??? ???$???

全著者名 論文名
Kazuhiro Kuroda and Masafumi Hagiwara An image retrieval system by impression words and specific objectnames --- IRIS ---
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurocomputing Vol.43 ??? 259-276 2002

全著者名 論文名
山路 憲,萩原将文 顔画像を用いた人物カラーイラスト作成システム
学術雑誌名 ページ 発行年
電気学会論文誌C Vol.122-C No.5 ??? 2002(掲載予定)

全著者名 論文名
Ken Yamaji and Masafumi Hagiwara Color-illustration generation system from facial image
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. on IEE of Japan part-C Vol.122-C No.5 ??? 2002(to be published)

全著者名 論文名
佐藤紀章,萩原将文 視覚システムに基づく動物体認識ニューラルネットワーク
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌(D-II) J85-D-II 4 622-629 2002

全著者名 論文名
Noriaki Sato and Masafumi Hagiwara A visual nervous network for moving object recognition
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. on IEICE(D-II) J85-D-II 4 622-629 2002

全著者名 論文名
浅野利郎,萩原将文 感情を反映できる仮想空間作成システム
学術雑誌名 ページ 発行年
電気学会論文誌C 122-C 2 217-223 2002

全著者名 論文名
Toshio Asano and Masafumi Hagiwara Virtual space creation system reflecting user's emotion
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. on IEE of Japan part-C 122-C 2 217-223 2002

全著者名 論文名
S. Fukushima, T., Deguchi, M. Kaibara, K. Oka, K. Tanishita Microscopic velocimetry with scale-up model for a flow field over cultured endothelial cells$Trans
学術雑誌名 ページ 発行年
ASME, J. Biomech. Eng. 124 ??? 176-179 2002

全著者名 論文名
志村明彦,吉田和夫 結合の忘却によるニューラルネットワークDYC制御器からの制御則の抽出
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集C編 67 661 2837-2842 2001

全著者名 論文名
Akihiko Shimura, and Kazuo Yoshida Rule extraction with connection forgetting from neural network DYC controller
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng Ser. C 67 661 2837-2842 2001

全著者名 論文名
志村明彦,吉田和夫 路面の特性変化に対応可能なアクティブステアリングのための非線形ニューロ制御
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集C編 67 654 407-413 2001

全著者名 論文名
Akihiko Shimura, and Kazuo Yoshida Non-linear neuro control for active steering for various road condition
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng Ser. C 67 654 407-413 2001

全著者名 論文名
Seiichi Sudo, Koji Tsuyuki, Yoshiyasu Ito and Junji Tani The Wing Apparatus and Flapping Behavior of Hymenoptera
学術雑誌名 ページ 発行年
JSME International Journal, Ser.C .44 .4 1103-1110 2001

全著者名 論文名
Ikuo Matsuo, Junji Tani and Masafumi Yano A model of echolocation of multiple targets in 3D space from a single emission
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Acoust. Soc. Am. 110 1 607-624 2001

全著者名 論文名
Takafumi Noguchi, Yoshio Ohno A Deformation Algorithm of Railway Maps
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Geometry and Graphics 5 1 61--69 2001

全著者名 論文名
Naotaka Tanaka, Yoshikazu Yamamoto Team 11monkeys2 Description
学術雑誌名 ページ 発行年
RoboCup 2000 LNCS 2019 ??? ??? 2001

全著者名 論文名
S. Fukushima, A. Nagatsu, M. Kaibara, K. Oka and K. Tanishita Measurement of surface topography of endothelial cell and wall shear stress distribution on the cell
学術雑誌名 ページ 発行年
JSME Int. J. 44 44 972-981 2001

全著者名 論文名
S. Tateshima, Y. Murayama, J.B. Villablanca, T. Morino, I. Takahashi, T. Yamauchi, K. Tanishita, F. Vinuela, Intra-aneurysmal flow dynamics study using an acrylic anerysm model manufactured from CT angiogram
学術雑誌名 ページ 発行年
Neurosurgery 95 ??? 1020-1027 2001

全著者名 論文名
H. Fujioka, K. Oka and K. Tanishita Oscillatory flow and gas transport through a symmetrical bifurcation
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. ASME, J. of Biomechanical Eng. 123 ??? 145-153 2001

全著者名 論文名
吉田和夫, 大場貴広 耐故障性を有する構造物の知的振動制御システム
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集C編 66 651 3632-3639 2000

全著者名 論文名
Kazuo Yoshida, and Takahiro Oba Intelligent failure-proof control system for structural vibration
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng Ser. C 66 651 3632-3639 2000

全著者名 論文名
Kazuo Yoshida, and Keiyo Hatano Intelligent control using cubic neural network for swinging up and stabilizing pendulum
学術雑誌名 ページ 発行年
JSME Int. J. 43 3 612-617 2000

全著者名 論文名
Kazuo Yoshida, and Takayuki Usuda Intelligent control for vibration reduction and falling-forward prevention of folklift
学術雑誌名 ページ 発行年
JSME Int. J. 43 3 664-670 2000

全著者名 論文名
志村明彦, 吉田和夫 ニューラルネットワークと遺伝的アルゴリズムによる自動車のコーナリング操作の獲得
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集C編 66 642 586-591 2000

全著者名 論文名
Akihiko Shimura, and Kazuo Yoshida Acquisiton of car cornering operation by means of neural networks and genetic algorithms
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng Ser. C 66 642 586-591 2000

全著者名 論文名
裘進浩,韓載興,谷順二,小濱泰昭,進藤禎浩 磁性流体と弾性膜を用いた層流制御用アクチュエータの開発
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集(C編) 66 641 149-154 2000

全著者名 論文名
Jinhao Qiu, Jae-Hung Han, Junji Tani, Yasuaki Kohama and Yoshihiro Shindo Development of Electromagnetic Actuator with Magnetic Fluid and Elastic Membrane for Laminar Flow Control
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. the Japan Society of Mechanical Engineers, Ser. C 66 641 149-154 2000

全著者名 論文名
下澤楯夫 神経系は熱雑音をも利用する
学術雑誌名 ページ 発行年
生物物理 ??? 229 156-161 2000

全著者名 論文名
Tateo Shimozawa Neurons Have Tamed the Thermal Noise for Signal Detection Biophysics
学術雑誌名 ページ 発行年
? 229 156-161   2000

全著者名 論文名
Yoshinari Makino, Masanori Akiyama and Masafumi Yano Emergent Mechanism in Multiple Pattern Generation of the Lobster Pyloric Network
学術雑誌名 ページ 発行年
Biol.Cybern. 82 6 443-454 2000

全著者名 論文名
栢沼正司,萩原将文 部分特徴を有する3次元モデルを用いた実画像からの物体の検出と位置・姿勢推定
学術雑誌名 ページ 発行年
電気学会論文誌C 120-C 11 1680-1686 2000

全著者名 論文名
Masashi Kayanuma and Masafumi Hagiwara A new method to detect object and estimate the position and theorientation from an image using a 3-D model having feature points
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. on IEE of Japan part-C 120-C 11 1680-1686 2000

全著者名 論文名
是永基樹,萩原将文 対話型進化計算法によるインテリアレイアウト支援システム
学術雑誌名 ページ 発行年
情報処理学会論文誌 41 11 3152-3160 2000

全著者名 論文名
Motoki Korenaga and Masafumi Hagiwara An interior layout support system with interactive evolutionary computation
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of Information Processing Society of Japan 41 11 3152-3160 2000

全著者名 論文名
藤本忠博,大野義夫 Wrinkly曲面の形式化と重畳化
学術雑誌名 ページ 発行年
情報処理学会論文誌 41 9 2518--2535 2000

全著者名 論文名
Tadahiro Fujimoto, Yoshio Ohno Formalization and Superposed Construction of Wrinkly Surface
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Inform. Processing Soc. of Japan 41 9 2518--2535 2000

全著者名 論文名
尾畑貴信,萩原将文 感性を反映できるカラーポスター作成支援システム
学術雑誌名 ページ 発行年
情報処理学会論文誌 41 3 701-710 2000

全著者名 論文名
Takanobu Obata and Masafumi Hagiwara A color poster creating support system to reflect Kansei
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of Information Processing Society of Japan 41 3 701-710 2000

全著者名 論文名
三村 淳,萩原将文 表情から得られる理解度の推定システム
学術雑誌名 ページ 発行年
電気学会論文誌C 120-C 2 273-278 2000

全著者名 論文名
Atsushi Mimura and Masafumi Hagiwara Understanding presumption system from facial images
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. on IEE of Japan part-C 120-C 2 273-278 2000

全著者名 論文名
Shuhei Kinoshita, Yoshikazu Yamamoto Team 11monkeys Description
学術雑誌名 ページ 発行年
RoboCup-99: Robot Soccer World Cup III LNCS ??? ??? 1856--1857 2000

全著者名 論文名
Kudo, S., Morigaki, R., Saito, J., Ikeda, M., Oka, K., and Tanishita,K. Shear stress effect on mitochondrial potential and albumin uptake in cultured endothelial cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochemical and Biophysical Research Communications 270 ??? 616-621 2000

全著者名 論文名
T. Kitamura, T. Uzawa, K. Oka, Y. Komai, H. Ogawa, N. Takizawa, H. Kobayashi and K. Tanishita Microcoaxial electrode for in vivo nitric oxide measurement
学術雑誌名 ページ 発行年
Analytical Chemistry 72 13 2957-2962 2000

全著者名 論文名
原寛徳, 中澤和夫 人間の発話を模倣した合成音声の最適化
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集C編 65 632 1571-1577 1999

全著者名 論文名
Hironori Hara, and Kazuo Nakazawa Addition of prosodic information to synthesized speech imitated human text-independent
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng Ser. C 65 632 1571-1577 1999

全著者名 論文名
Jae-Hung Han, Junji Tani, Jinhao Qiu, Yasuaki Kohama and Yoshihiro Shindo Development of Electromagnetic Actuator with Magnetic Fluid and Elastic Membrane for Laminar Flow Control
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of Intelligent Material Systems and Structures 10 2 149-154 1999

全著者名 論文名
下澤楯夫 熱雑音を手なずけた昆虫の機械感覚器
学術雑誌名 ページ 発行年
日本神経回路学会誌 6 3 155-166 1999

全著者名 論文名
Tateo Shimozawa Mechanoreceptors Employ the Thermal Noise for Signal Detection
学術雑誌名 ページ 発行年
The Brain and Neural Networks 6 3 155-166 1999

全著者名 論文名
田伏未来,萩原将文 ファジィ推論ニューラルネットワークを用いたテトリスのスキル獲得のための自動学習
学術雑誌名 ページ 発行年
日本ファジィ学会誌 11 6 1089-1097 1999

全著者名 論文名
Mirai Tabuse and Masafumi Hagiwara Automatic learning for acquisition of tetris's skills using fuzzyinference neural networks
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Systems 11 6 1089-1097 1999

全著者名 論文名
藤本忠博,大野義夫 条件付き不規則メッシュ上でのwrinkly曲面の形成
学術雑誌名 ページ 発行年
情報処理学会論文誌 40 10 3672--3684 1999

全著者名 論文名
Tadahiro Fujimot, Yoshio Ohno Generating Wrnkly Surfaces on Constrained Irregular Mesh
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Inform. Processing Soc. of Japan 40 10 3672--3684 1999

全著者名 論文名
彌冨 仁,萩原将文 ファジィ推論ニューラルネットワークを用いた風景画像からの知識抽出と認識
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌(D-II) J82-D-II 4 326-334 1999

全著者名 論文名
Hitoshi Iyatomi and Masafumi Hagiwara Knowledge extraction from scenery images and the recognition using fuzzyinference neural networks
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. on IEICE(D-II) J82-D-II 4 326-334 1999

全著者名 論文名
N. Aizawa, N. Shimamoto, M. Ujihira and K. Tanishita Using the effective thermal conductivity to evaluate the freezing process in Medaka embryos suspension
学術雑誌名 ページ 発行年
JSME Int. J., Series C, 42 3 768-776 1999

全著者名 論文名
G. Tanaka, T. Ogata, K. Oka and K. Tanishita, Spatial and temporal variation of secondary flow during oscillatory flow in model human central airway
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. ASME, J. of Biomechanical Eng. 121 ??? 565-573 1999

全著者名 論文名
T. Konno, Y. Satoh, K. Tanishita Model experiment on physiologically intermittent flow in an aortic arch
学術雑誌名 ページ 発行年
JSME Int. J., Series C, 42 3 648-655 1999

全著者名 論文名
S. Kudou, S. Ikezawa, S. Matsumura, M. Ikeda, K. Oka, K. Tanishita Relationship between energy-dependent macromolecule uptakeand transport granules in the endothelial cells affected by wall shear stress,
学術雑誌名 ページ 発行年
JSME Int. J., Series C, 42 3 706-714 1999

全著者名 論文名
K. Tanishita, K. Nagayama, M. Fujii, S. Kudou Empirical study on grouping behavior of individual endothelial cells under shear stress,
学術雑誌名 ページ 発行年
JSME Int. J., Series C 42 3 715-720 1999

全著者名 論文名
辻岡一明,吉田和夫,長松昭男,伊藤博幸 ニューラルネットワークを用いた人間・機械系の知的制御(産業車両の安全性と快適性)
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集C編 64 621 1707-1714 1998

全著者名 論文名
Kazuaki Tsujioka, Kazuo Yoshida, Akio Nagamatsu, Hiroyuki Ito Intelligent control using neural network for man-machine system (Safety and comfortableness of industrial vehicle)
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Jpn. Soc. Mech. Eng Ser. C 64 621 1707-1714 1998

全著者名 論文名
下澤楯夫,熊谷恒子 昆虫気流感覚毛の機械設計の解析
学術雑誌名 ページ 発行年
日本音響学会誌 54 3 245-253 1998

全著者名 論文名
Tateo Shimozawa, Tsuneko Kumagai An Experimental Analysis of Mechanical Design of the Insect Wind Receptor Hair
学術雑誌名 ページ 発行年
Acoustical Science and Technology 54 3 245-253 1998

全著者名 論文名
T. Kumagai T. Shimozawa and Y. Baba Mobilities of the Cercal Wind-Receptor Hairs of the Cricket, Cryllus Bimaculatus
学術雑誌名 ページ 発行年
J Computational Physiology 183 ??? 7-11 1998

全著者名 論文名
T. Kumagai T. Shimozawa and Y. Baba Structural Scaling and Functional Design of the Cercal Wind-Receptor Hairs of Cricket
学術雑誌名 ページ 発行年
J Computational Physiology 183 ??? 171-186 1998

全著者名 論文名
藤本忠博,大野義夫 Wrinkly曲面: 手続き的補間によるパラメトリック曲面の形成
学術雑誌名 ページ 発行年
情報処理学会論文誌 39 7 2168--2179 July 1998

全著者名 論文名
Tadahiro Fujimoto, Yoshio Ohno Wrinkly Surfaces: Generating Parametric Surfaces by ProceduralInterpolation
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Inform. Processing Soc. of Japan 39 7 2168--2179 July 1998

全著者名 論文名
工藤奨、池澤憲治、松村伸治、池田満里子、岡浩太郎、谷下一夫、 培養内皮細胞の高分子取り込みに及ぼす壁せん断応力の影響、
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集、 B64 618 367-374 1998

全著者名 論文名
Susumu Kudou, Kenji Ikezawa, Shinji Matsumura, Mariko Ikeda, Kotaro Oka, Kazuo Tanishita Effect of wall shear stress on macromolecule uptake into cultured endothelial cells,
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. JSME 64B 618 367-374 1998

全著者名 論文名
工藤奨、池澤憲治、松村伸治、池田満里子、岡浩太郎、谷下一夫、 培養内皮細胞の壁せん断応力による高分子物質取り込み変化と細胞内顆粒との関係、
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文 64B 623 2123-2131 1998

全著者名 論文名
Susumu Kudou, Kenji Ikezawa, Shinji Matsumura, Mariko Ikeda, Kotaro Oka, Kazuo Tanishita Relationship between energy-dependent macromolecule uptake and transport granules in the endothelial cells affected by wall shear stress
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. JSME 64B 623 2123-2131 1998

全著者名 論文名
Tanaka, G., Ueda, Y. and Tanishita, K., Augmentation of axial dispersion by intermittent oscillatory flow,
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. ASME, J. of Biomechanical Eng. 120 ??? 405-415 1998

全著者名 論文名
島本敦介、氏平政伸、鈴木雅之、岡浩太郎、谷下一夫、 凍結保存状態の評価を目的とした凍結赤血球懸濁液における有効熱物性値の測定、
学術雑誌名 ページ 発行年
日本機械学会論文集 64B 625 3068-3076 1998

全著者名 論文名
Nobusuke Shimamoto, Masanobu Ujihira, Masayuki Suzuki, Kotaro Oka, Kazuo Tanishita Measurement of effective thermophysical properties for cryopreserved state evaluation in frozen red blood cell suspension
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans.JSME 64B 625 3068-3076 1998

全著者名 論文名
Koji Nakamaru, Yoshio Ohno Breadth-First Ray Tracing Utilizing Uniform Spatial Subdivision
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. on Visualization and Computer Graphics 3 4 316--328 1997

全著者名 論文名
Yutaka Komai and Kazuo Tanishita Fully developed intermittent flow in a curved tube,
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Fluid Mech. 347 ??? 263-287 1997

全著者名 論文名
M. Nishida, Y. Inaba and K. Tanishita Gas dispersion in a model pulmonary bifurcation during oscillatory flow,
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. ASME, J. of Biomechanical Eng. 119 ??? 309-316 1997

B.国際会議発表論文(International Conferences)
全著者名 論文名
Guo Ming Yang, Takeshi Endo, Yoshio Ohno Label Placement Algorithm for Railway Maps
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
10th International Conf. on Geometry and Graphics Kiev, Ukraine ??? ??? 2002(発表予定)

全著者名 論文名
Yohei Shirahama, Yoshio Ohno Animation Character Morphing Based on Majority Voting
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
10th International Conf. on Geometry and Graphics Kiev, Ukraine ??? ??? 2002(発表予定)

全著者名 論文名
Masanori Nakayama, Yoshio Ohno Simulation of Light Scattering based on Particle Shapes
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
NICOGRAPH International Tokyo ??? ??? 2002(発表予定)

全著者名 論文名
Koji Nakamaru, Yoshio Ohno Ray Tracing for Curves Primitive
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proc. WSCG (10th International Conf. Central Europe on ComputerGraphics, Visualization and Computer Vision Czech ??? ??? 2002

全著者名 論文名
Kazuo Tanishita Feature of arterial blood flow associate with the biological functions (key note lecture, invited)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
World Congress of Biomechanics Calgary ??? ??? 2002

全著者名 論文名
Masafumi Yano, Ikuo Matsuo and Junji Tani Echolocation of multiple targets in 3-D space from a single emission
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
4th International conference on Biological Physics Kyoto, Japan Proc. 8 2001

全著者名 論文名
Ken Yamaji and Masafumi Hagiwara Color-illustration generation system from facial image
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
2001 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics ??? ??? 1199-1204 2001

全著者名 論文名
Naotaka Tanaka, Yoshikazu Yamamoto Team 11monkeys3 Description
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
RoboCup-2001: The Fifth RoboCup Competitions and Conferences Seattle ??? ??? 2001

全著者名 論文名
Nozomu Matsui, Yoshikazu Yamamoto A New Input Method of Computers with One CCD Camera: Virtual Keyboard
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
INTERACT '01 Tokyo ??? 678-679 2001

全著者名 論文名
G. Tanaka, K. Oka, K. Tanishita Spatial and temporal variation of secondary flow during Intermittent oscillatory flow In model human central airway
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
BED Bioeng. Conf.,ASME 50 ??? 399-400 2001

全著者名 論文名
T. Sera, Y. Hasegawa, R.C. Schroter, K. Tanishita, Three-demensional analysis of small airway with x-ray micro-CT,
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
BED- Bioeng. Conf.,ASME 50 ??? 461-462 2001

全著者名 論文名
H. Fujioka, K. Tanishita, Numerical analysis of blood flow In the non-planar aortic arch model,
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
BED- Bioeng. Conf.,ASME 50 ??? 503-504 2001

全著者名 論文名
M. Kawarabayashi, M. Ikeda, K. Tanishita, Effect of pulsatile flow on the albumin permeability across the endothelial cell layer (organized session, invited),
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
BED- Bioeng. Conf.,ASME 50 673-674   2001

全著者名 論文名
T. Shimozawa, Jun murakami and Tsuneko Kumagai Mechanoreceptors Employ the Thermal Noise for Signal Detection
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of Sensors and Sensing in the Natural and Fabricated Words, Sencond International Symposium on the Mechanics of Plants, Animals and Their Environments, June ??? ??? 11-16 2000.

全著者名 論文名
Seiichi Sudo, Koji Tsuyuki, Toshiaki Ikohagi, Fukuo Ohta and Junji Tani A Comparison between Diptera Wings and Flight Feathers
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the ISABMEC 2000 ??? ??? 245-250 2000

全著者名 論文名
Ikuo MATSUO, Masafumi YANO, and Junji TANI A computational model of Echolocation of multiple targets in a 3-D space from single emission
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 7th Western Pacific Regional Acoustics Conference Kumamoto, Japan Proc. 275-278 2000

全著者名 論文名
Noriaki Sato and Masafumi Hagiwara A visual nervous network for moving object recognition
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
2000 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics ??? ??? 2557-2561 2000

全著者名 論文名
Takafumi Noguchi, Yoshio Ohno A Deformation Algorithm of Railway Maps
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proc. 9th International Conf. on Geometry and Graphics Johannesburg, South ??? 100-104 2000

全著者名 論文名
Katsura Wakaizumi, Yoshio Ohno A Deformation Algorithm of Road Maps
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proc. 9th International Conf. on Geometry and Graphics Johannesburg, South ??? 143-147 2000

全著者名 論文名
Kazuo Yoshida Intelligent control using cubic neural network and its applications (Invited)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
4th Int. Conf. on Motion and Vibration Cont. Zurich 1 17-24 1999

全著者名 論文名
Kazuo Yoshida, and Keiyo Hatano Intelligent control using cubic neural network for swinging up and stabilizing pendulum
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
1st Pioneering Int. Symp. on Motion and Vibration Cont. in Mechatronics Tokyo ??? 139-143 1999

全著者名 論文名
Kazuo Yoshida, and Takayuki Usuda Intelligent control of vibration reduction and falling-down prevention for forklift
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
1st Pioneering Int. Symp. on Motion and Vibration Cont. in Mechatronics Tokyo ??? 284-289 1999

全著者名 論文名
Akihiko Shimura, and Kazuo Yoshida Intelligent car steering control taking account of nonlinear dynamics
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
2nd Japan-Korea Symp. of Frontiers in Vibration Science and Tech. Tokyo ??? 54-55 1999

全著者名 論文名
Jae-Hung Han, Junji Tani, Jinhao Qiu, Yasuaki Kohama and Yoshihiro Shindo A New Wall Motion Actuator Using Magnetic Fluid and Elastic Membrane for the Laminar Flow Control
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of 10th International Conference on Adaptive Structures and Technologies ??? ??? 153-162 1999

全著者名 論文名
Shimozawa T., Murakami J. and Kumagai T Cell-intrinsic noise of thermal origin helps signal detection in an insect mechanoreceptor
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Abstract of the 3rd International Workshop on Neuronal Coding 9 ??? ??? 113-116 1999

全著者名 論文名
Masasi Kayanuma and Masafumi Hagiwara A new system to detect object and estimate the position andorientation from an image using a 3-D model having feature points
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
1999 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics ??? ??? IV-931-936 1999

全著者名 論文名
Atsushi Mimura and Masafumi Hagiwara Understanding presumption system from facial images
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
1999 IEEE International joint Conference on Neural Networks ??? Session 9.6A ??? 1999

全著者名 論文名
M. Ujihira, D. Takahashi, N. Shimamoto, K. Oka and K. Tanishita Using the effective thermal diffusivity to assess the cryopreserved state of frozen cell suspensions
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proc. 5th ASME/JSME Joint Thermal Eng. Conf., ??? ??? ??? 1999

全著者名 論文名
M. Tsuzaka, M. Takenouchi, M. Ikeda, K. Oka and K. Tanishita Albumin transport across the endothelial cells under the shear stress applied,
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
BED- Bioengineering Conf., ASME 42 ??? 293-294 1999

全著者名 論文名
H. Fujioka, Y. Shuto, K. Oka and K. Tanishita Variation of wall shear stress direction in aortic arch model,
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
BED- Bioengineering Conf., ASME 42 ??? 591-592 1999

全著者名 論文名
Kazuo Tanishita Special lecture, Arterial blood flow and transport phenomena near the endothelial cells,(special lecture, invited)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 4th Asia-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering, Seoul, Korea ??? 22-25 1999

全著者名 論文名
Akihiko Shimura, and Kazuo Yoshida Steering control for car cornering by means of learning using neural network and genetic algorithm
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
4th Int. Symp. on Advanced Vehicle Cont. Nagoya ??? 81-85 1998

全著者名 論文名
Hitoshi Iyatomi and Masafumi Hagiwara Knowledge extraction from scenery images and the recognition usingfuzzy inference neural networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
1998 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics ??? ??? 4486-4491 1998

全著者名 論文名
T. Shimozawa, J. Murakami and T. Kumagai Cricket Wind Receptor is Sensitive to Mechanical Energy on the Order of kT and Utilizes the Thermal Noise For Enhancement of Weak Signal Detection
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of International Symposium on Recent Developments in Auditory Mechanics ??? ??? 520-526 ???

C.著書(Books)
全著者名 書名
Hideki Fujioka, Kazuo Tanishita Computational fluid mechanics of the blood flow in an aortic vessel with realistic geometry (T. Yamaguchi ed.)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Clinical application of computational mechanics to the caridiovascular systems Springer-Verlag, Tok ISBN4431702881 99-117 2000


戻る