平成12年度未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



1.研究機関名 東京工業大学
 
2.委員会名 創造機能化学第116委員会
 
3.研究期間 平成8年度〜平成12年度
 
4.研究プロジェクト番号 96R11601
 
5.研究プロジェクト名 ヘテロ原子の特性を活用する有機高機能物質の創造と合成法の開拓

6.プロジェクト・リーダー
プロジェクト・リーダー名 フリガナ 所属部局名 職名
中井 武 ナカイ タケシ 大学院理工学研究科 教授

7.コア・メンバー

コア・メンバー名 フリガナ 所属研究機関名・所属部局名 職名
柘植 新 ツゲ シン 名古屋大学・大学院工学研究科 教授

8.研究協力者

研究協力者名 フリガナ 所属研究機関名・所属部局名 職名
檜山 爲次郎 ヒヤマ タメジロウ 京都大学・大学院工学研究科 教授
ヒダイ マサノブ 干鯛 眞信   東京理科大学・基礎工学部 教授
二木 鋭雄 ニキ エツオ 宇都宮大学・工学部 教授

9.研究成果の概要

本プロジェクトの目的(内容)は、含ヘテロ原子有機機能物質の「創製と機能評価」と「合成法の開拓」に大別される。以下それぞれについて研究成果を述べる。
「創製と機能評価」を主たるテーマとする研究では、いくつかの新しい含ヘテロ機能物質を創製するとともに、新しい機能評価法をも開発した。いくつかを列挙すると、(a)ヒブリド型サイクリン系の創製とそのペリレン系機能物質への高選択的変換(吉田)、(b)ケイ素−ケイ素架橋を3つ有するカゴ状化合物の創製とその物性評価(檜山)、(c)含フッ素フェニルピリミジン系高機能液晶材料の創製とその機能評価(銅金)、(d)アスパラギン酸系環境適応型高分子材料の創製と機能評価(山口)、(e)新しい蛍光プローブをもちいる細胞の酸化過程追跡法の開発と応用(二木)、(f)反応熱分解ガスクロマトグラフィを用いるポリカーボネートの架橋構造、異常構造の解析法の開発(柘植)、(g)電気化学的手法による集積化マルチ電極DNAセンサの開発(高木)、(h)キャピラリー電気クロマトグラフィのためのポリマーマイクロチップの開発(保母)。
「合成法の開拓」を主たるテーマとする研究では、いくつかの含ヘテロ有機機能化合物の新しい効率的、高選択的合成プロセスや合成試薬を開発した。いくつかを列挙すると、(i)光学活性シラノール類の簡便不斉合成法の開発と安定な面不斉をもつ中員環ヘテロ環化合物の発見(中井)、(j)硫黄架橋2核ルテニウム触媒を用いる高位置選択的求核置換反応によるプロパルギル誘導体の効率的合成法の開発(干鯛)、(k)新規イソニトリル挿入反応による(ポリル)(シリル)イミノメタン類の効率的合成法の開発と不斉触媒的ケトン還元法の開拓(伊藤)、(l)ルテニウムカルボニル触媒を用いる効率的な触媒的ヘテロ還合成法の開発(村井)、(m)スピロ型ホスホランの擬似回転異性体の反応性と5配位炭素化合物の創製(秋葉)。

10.キーワード

(1)ヘテロ原子、(2)機能有機材料、(3)有機ケイ素化合物
(4)液晶、(5)DNAセンサ、(6)触媒反応
(7)不斉合成、(8)クロマトグラフィ、(9)環境適応材料

11.研究発表(印刷中も含む)

[雑誌論文]
著者名 論文標題
干鯛 眞信 Novel Propargylic Substitution Reactions Catalyzed by Thiolate-Bridged Diruthenium Complexes via Allenylidene Intermediates
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Chem. Soc. 122 2000 11019-11020

著者名 論文標題
干鯛 眞信 Protonation of Coordinated N2 on Tungsten with H2 Mediated by Sulfido-bridged Dinuclear Molybdenum Complexes
雑誌名 発行年 ページ
Inorg. Chem. 40 2001 578-580

著者名 論文標題
吉田 善一 Electrochemical Transformation of 4-Cyanocinnolines into 4(1H)-Cinnolones.
雑誌名 発行年 ページ
Tetrahedron Lett. 41 2000 7901-7904

著者名 論文標題
吉田 善一 A Simple Hybrid Cyclyne Consisting of 1, 3-Diethynylbenzene and Ether Unites: Synthesis and Novel Ag+-Incluced Cyclization Leading to the Perylene Skeleton Formation.
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Chem, Soc. 112 2000 7404-7405

著者名 論文標題
村井 真二 Carbonylative [5 + 1]Cycloaddition of Cyclopropyl Imines Catalyzed by Ruthenium Carbonyl Complex
雑誌名 発行年 ページ
J. Org. Chem. 65 2000 9230-9233

著者名 論文標題
村井 真二 Ru3(CO)12-Catalyzed Intermolecular Cyclocoupling of Ketones, Alkenes or Alkynes, and Carbon Monoxide. [2+2+1]Cycloaddition Strategy for the Synthesis of Functionalized γ-Butyrolactones
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Chem. Soc. 112 2000 12663-12674

著者名 論文標題
村井 真二 The Ru3(CO)12-Catalyzed Intermolecular [2+2+1] Cyclocoupling of Imines, Alkenes or Alkynes, and Carbon Monoxide: A New Synthesis of Functionalized γ-Lactames
雑誌名 発行年 ページ
Synthesis   2000 925-928

著者名 論文標題
檜山 爲二郎 Palladium-iminophosphine-catalyzed Alkynylstannylation of Alkynes
雑誌名 発行年 ページ
Organometallics 19 2000 5671-5678

著者名 論文標題
檜山 爲二郎 Synthesis and Structures of Polysilacage Compounds Containing a Silicon-silicon Inter-element Linkage
雑誌名 発行年 ページ
J. Organomet. Chem 611 2000 12-19

著者名 論文標題
中井 武 A Novel Aryl Migration from Silicon to Carbon: An Efficient Approach to Asymmetric Synthesis of α-Aryl β-Hydroxy Cyclic Amines and Silanols
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Chem. Soc 112 2000 408-409

著者名 論文標題
二木 鋭雄 Stability and Reactivity of Aryloxyl Radicals Derived from a Novel Antioxidant BO-653 and Related Compounds. Effects of Substituent and Side Chain in Solution and Membranes.
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Chem. Soc. 112 2000 5438-5442

著者名 論文標題
山口 彰宏 Preparation and Application of Poly (amino acid) Derivatives
雑誌名 発行年 ページ
The 3rd International Forum on Chemistry of Functional Organic Chemicals (IFOC-3)   2000 53

著者名 論文標題
山口 彰宏 含ヘテロ原子環境適応材料の開発
雑誌名 発行年 ページ
日本學術振興会第116委員会業績報告   2000 33-36

著者名 論文標題
銅金 巌 ヘテロ原子を有する高機能液晶材料の開発
雑誌名 発行年 ページ
日本學術振興会第116委員会業績報告   2000 29-32

著者名 論文標題
伊藤 嘉彦 Structral Modification of Living Polymers: Synthesis of Helical Block Copolymers from a Single Monomer via Palladium-Mediated Aromatizing Polymerization of 1, 2-Diisocyanobenzenes.
雑誌名 発行年 ページ
Macromolecules 33 2000 4034-4038

著者名 論文標題
高木 誠 Electrochemical Detection of Base Pair Mutation
雑誌名 発行年 ページ
Chemistry Letters 10 2000 1038-1039

著者名 論文標題
高木 誠 DNA Sensing on a DNA Probe-Modified Electrode Using Ferrocenylnaphthalene Diimide as the Electrochemically Active Ligand
雑誌名 発行年 ページ
Analytical Chemistry 72 2000 1334-1341

著者名 論文標題
秋葉 欣哉 Synthesis of a Versatile Tridentate Anthracene Ligand and Application for the Synthesis of Hypervalent Pentacoordinate Boron Compound (10-B-5).
雑誌名 発行年 ページ
Angew. Chem. Int. Ed. 38 2000 4055-4058

著者名 論文標題
秋葉 欣哉 Synthesis and X-ray Crystal Structures of Hypervalent Arsenic Compounds Bearing Arsenic-Iron Bonds.
雑誌名 発行年 ページ
Heteroatom Chem. 11 2000 42-47

著者名 論文標題
拓植 新 Discriminative Analysis of Eucalyptus Camadulensis Grown from Various Origins Based on Lignin
雑誌名 発行年 ページ
J.Anal.Appl.Pyrolysis 57 2001 145-152

著者名 論文標題
拓植 新 Structural Characterization of Polyoxymethylenes by Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization-
雑誌名 発行年 ページ
Rapid Commun.Mass Spectrom 15 2001 82-88

著者名 論文標題
保母 敏行 Fabrication of polyester microchannels and their application to capillary electrophoresis
雑誌名 発行年 ページ
J.Chromatogr.A 907 2001 279-289

著者名 論文標題
保母 敏行 Photo-responsive Retention Behavior of Azobenzene-modefied Cyclodextrin Stationary Phase in Micro-HPLC
雑誌名 発行年 ページ
Anal.Sci 17 2001 119-124

[図書]
著者名 出版者
檜山 爲二郎 Springer
書名 発行年 総ページ数
Organofluorine Compounds: Chemistry and Applications 2000 272

著者名 出版者
二木 鋭雄 Plenum Pub., New york
書名 発行年 総ページ数
Asvances in DNA Damage and repair 2000 451

著者名 出版者
中井 武 Kodansha
書名 発行年 総ページ数
Precision Polymers and Nano-organized Systems 2000 347

著者名 出版者
中井 武 Wiley-VCH
書名 発行年 総ページ数
Catalytic Asymmetric Synthesis 2000 620


戻る