平成12年度未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



1.研究機関名 東京大学
 
2.研究領域 生命科学
 
3.研究分野 生体分子の構造と機能調節
 
4.研究期間 平成8年度〜平成12年度
 
5.研究プロジェクト番号 96L00505
 
6.研究プロジェクト名 情報伝達タンパク質のリガンド依存的高次構造変化−そのシグナル発生過程における意義−

7.プロジェクト・リーダー
プロジェクト・リーダー名 フリガナ 所属部局名 職名
堅田 利明 かただ としあき 大学院薬学系研究科 教授

8.コア・メンバー

コア・メンバー名 フリガナ 所属研究機関名・所属部局名 職名
佐藤 能雅 さとう よしのり 東京大学・大学院薬学系研究科 教授
嶋田 一夫 しまだ いちお 東京大学・大学院薬学系研究科 教授
新井 洋由 あらい ひろゆき 東京大学・大学院薬学系研究科 教授

9.研究協力者

研究協力者名 フリガナ 所属研究機関名・所属部局名 職名
仁科 博史 にしな ひろし 東京大学・大学院薬学系研究科 助教授
ほしの しんいち 星野 真一   東京大学・大学院薬学系研究科 助手
紺谷 圏二 こんたに けんじ 東京大学・大学院薬学系研究科 助手

10.研究成果の概要

本研究では、シグナル伝達経路に介在する諸種の機能蛋白質について、それらの構造と機能の解明を目的とした。特に、シグナル伝達過程における機能領域の構造変化については、X線結晶解析および核磁気共鳴法を用いてその詳細な高次構造の解明した。その主たる研究成果を以下にまとめた。1.真核細胞の翻訳終結因子eRF3として新規G蛋白質GSPTを同定した。eRF3/GSPTは終止コドンを認識するeRF1をリボソームに運搬する役割に加えて、mRNAのポリAを覆うPABPと結合し、mRNAの安定性を制御する機能も有した。イノシトールリン脂質3キナーゼと結合する分子として、低分子量G蛋白質Rab5を同定し、さらにRab5に対する新規結合蛋白質群を単離・同定した。蛋白質群の細胞内動態の解析から、Rab5は細胞周期に依存して核内への物質輸送を制御するという新しい役割を見出した。2.グルタチオンS-トランスフェラーゼと基質類似体との複合体、抗体の抗原結合部位フラグメントのFabとFvとの抗原リガンドとの複合体、ヒト腎臓ジペプチダーゼの薬物との複合体、リソソーム病酵素のヒトα-ガラクトシダーゼの基質類似体との複合体について、それぞれの三次元構造を解析した。また、ヒトのインターロイキン6受容体とβ2アドレナリン受容体の大量調製を可能とする系を確立した。3.NMRを用いてIgGとFcレセプターとの相互作用を解析し、両者の結合モル比は1:1であること、またIgG上におけるFcレセプター結合部位は、ヒンジ領域下流とその空間的近傍であることを示した。糖蛋白質における糖鎖の役割を解明するために、糖鎖の安定同位体標識法を、また蛋白質複合体の相互作用部位をNMRでより厳密に同定する測定法を開発した。4.PAFアセチルヒドロラーゼの構造と機能について解析し、その構成サブユニットαβは3量体G蛋白質と構造上類似すること、またLIS1/βサブユニットが細胞内微小管系を直接制御することを見出した。

11.キーワード

(1)G蛋白質、(2)翻訳終結、(3)mRNA分解
(4)糖蛋白質、(5)抗体、(6)受容体
(7)PAFアセチルヒドロラーゼ、(8)X線結晶構造解析、(9)核磁気共鳴法

12.研究発表(印刷中も含む)

[雑誌論文]
著者名 論文標題
K. Kontani, et al. Tyrosine phosphorylation of the c-cbl proto-oncogene product mediated by cell surface antigen CD38 in HL-60 cells.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 271 1996 1534-1537

著者名 論文標題
T. Matsuo, et al. Activation of phosphatidylinositol 3-kinase by concanavalin A through dual signaling pathways, G protein-coupled and phosphotyrosine-related, and --
雑誌名 発行年 ページ
Biochem. J. 315 1996 505-512

著者名 論文標題
T. Sasaki, et al. Focal adhesion kinase(p125FAK)and paxillin are substrates for sphingomyelinase-induced tyrosine phosphorylation in Swiss 3T3 fibroblasts.
雑誌名 発行年 ページ
Biochem. J. 315 1996 1035-1040

著者名 論文標題
T. Okada, et al. Synergistic activation of PtdIns 3-kinase by tyrosine-phosphoorylated peptide and βγ-subunits of GTP-binding proteins.
雑誌名 発行年 ページ
Biochem. J. 317 1996 475-480

著者名 論文標題
T. Suzuki, et al. Involvement of the βγ subunits of inhibitory GTP-binding protein in chemoattractant receptor-mediated potentiation of cyclic AMP formation in guinea pig neutrophils.
雑誌名 発行年 ページ
Biochim. Biophys. Acta 1313 1996 72-78

著者名 論文標題
I. Kukimoto, et al. Stimulation of ADP-ribosyl cyclase activity of the cell surface antigen CD38 by zinc ions resulting from inhibition of its NAD+ glycohydrolase activity.
雑誌名 発行年 ページ
Eur. J. Biochem. 239 1996 177-182

著者名 論文標題
S. Hoshino, et al. Mapping of the catalytic and epitopic sites of human CD38/NADase to a functional domain in the carboxy terminus.
雑誌名 発行年 ページ
J. Immunol. 158 1997 741-747

著者名 論文標題
N. Tsujimoto, et al. Potentiation of chemotactic peptide-induced superoxide generation by CD38 ligation in human myeloid cell lines.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biochem. 121 1997 949-956

著者名 論文標題
H. Kurosu, et al. Heterodimeric phosphoinositide 3-kinase consisting of p85 and p110β is synergisti-cally activated by the βγ subunits of G proteins and phosphotyrosyl peptide.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 272 1997 24252-24256

著者名 論文標題
S. Inoue, et al. Protein-tyrosine phosphorylation by IgGl-subclass CD38 monoclonal antibodies is mediated through stimulation of the FcγII receptors in human myeloid cell lines.
雑誌名 発行年 ページ
J. Immunol. 159 1997 5226-5232

著者名 論文標題
H. Kishimoto, et al. Molecular mechanism of human CD38 gene expression by retinoic acid: Identification of retinoic acid response element in the first intron.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 273 1998 15429-15434

著者名 論文標題
S. Hoshino, et al. Molecular cloning of a novel member of the eukaryotic polypeptide-chain releasing factors(eRF): Its identification as eRF3 interacting with eRF1.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 273 1998 22254-22259

著者名 論文標題
T. Sasaki, et al. Activation of c-Jun N-terminal kinase(JNK)by lysophosphatidic acid in Swiss 3T3 fibroblasts.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biochem. 124 1998 934-939

著者名 論文標題
O. Hazeki, et al. Activation of PI 3-kinase by G protein βγ subunits
雑誌名 発行年 ページ
Life Sci. 62 1998 1555-1559

著者名 論文標題
H. Nishina, et al. Defective liver formation and liver cell apoptosis in mice lacking the stress signaling kinase SEK1/MKK4.
雑誌名 発行年 ページ
Development 126 1999 505-516

著者名 論文標題
S. Hoshino, et al. The eukaryotic polypeptide chain releasing factor(eRF3/GSPT)carrying the translation termination signal to the 3'-Poly(A) tail of mRNA: Direct association of eRF3/GSPT--
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 274 1999 16677-16680

著者名 論文標題
S. Takasuga, et al. Enhancement by adenosine of insulin-induced activation of phosphoinositide 3-kinase and protein kinase B in rat adipocytes.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 274 1999 19545-19550

著者名 論文標題
N. Hosoda, et al. Inhibition of phosphodiesterase/pyrophosphatase activity of PC-1 by its association with glycosaminoglycans.
雑誌名 発行年 ページ
Eur. J. Biochem. 265 1999 763-770

著者名 論文標題
S. Hoshino, et al. Novel function of the Eukaryotic Polypeptide-chain Releasing Factor 3 (eRF3/GSPT)in the Mechanism of mRNA Degradation.
雑誌名 発行年 ページ
Biochemistry(Moscow) 64 1999 1367-1372

著者名 論文標題
T. Katada, et al. Synergistic activation of a family of phosphoinositide 3-kinase via G-protein coupled and tyrosine kinase-related receptors.
雑誌名 発行年 ページ
Chemistry and Physics of Lipids 98 1999 79-86

著者名 論文標題
M. Nishida, et al. Gαi and Gαo are target proteins of reactive oxygen species.
雑誌名 発行年 ページ
Nature 408 2000 492-495

著者名 論文標題
T. Katada, et al. Enzymic and signal transduction properties of CD38/NADase and PC-1/phos-phodiesterase.
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Immunol. 75 2000 60-78

著者名 論文標題
M. Hara-Yokoyama, et al. Complex Gangliosides as Cell Surface Inhibitors for the Ecto-NAD+ Glycohydrolase of CD38.
雑誌名 発行年 ページ
Biochemistry 40 2001 888-895

著者名 論文標題
T. Wada, et al. Impaired synergistic activation of stress-activated protein kinase SAPK/JNK in ES cells lacking SEK1/MKK4.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 276 2001 in press

著者名 論文標題
H. Yokoyama, R. Mizutani, Y. Satow, Y. Komatsu, E. Ohtsuka, and O. Nikaido Crystal structure of the 64M-2 antibody Fab fragment complexed with a DNA dT(6-4)T photoproduct formed by ultraviolet radiation
雑誌名 発行年 ページ
J. Mol. Biol. 299 2000 711-723

著者名 論文標題
T. Shiba, S. Harada, H. Sugawara, H. Naitow, Y. Kai, and Y. Satow Crystallization and Preliminary X-ray Analysis of a Bacterial Lysozyme Produced by Streptomyces globiporus
雑誌名 発行年 ページ
Acta Cryst. D56 2000 1462-1463

著者名 論文標題
H. Yokoyama, R. Mizutani, and Y. Satow Complex Formation of Double-Stranded DNA(6-4) Photoproducts and Anti-(6-4) Photoproduct Antibody Fab
雑誌名 発行年 ページ
Nucleic Acids Symposium Series 44 2000 151-152

著者名 論文標題
T. Meguro, T. Kashiwagi, and Y. Satow Crystal Structure of the Low-Humidity Form of Aspartame Sweether
雑誌名 発行年 ページ
J. Peptide Research 56 2000 97-104

著者名 論文標題
M. Nishida, S. Harada, S. Noguchi, Y, Satow, H. Inoue, and K. Takahashi Three-Dimensional Structure of Glutathione S-Transferase from Escherichia coli
雑誌名 発行年 ページ
Clinical Chemistry and Enzymology Communications 8 1999 271-276

著者名 論文標題
H. Yokoyama, R. Mizutani, Y. Satoww, Y. Komatsu, E. Ohtsuka, and O. Nikaido Crystal Structure of the 64M-2 and 64M-3 Antibody Fabs Complexed with DNA(6-4) Photoproducts
雑誌名 発行年 ページ
Nucleic Acids Symposium Series 42 1999 267-268

著者名 論文標題
R. Mizutani, Y. Satow, Y. Ohya, M. Kawasaki, and Y. Anraku Crystal Structure of the VMA1-Derived Endonuclease Bearing an N-Terminal Propeptide
雑誌名 発行年 ページ
Acta Cryst. A55 1999 280

著者名 論文標題
S. Miyamoto, R. Mizutani, Y. Satow, M. Kawasaki, Y. Ohya, and Y. Anraku Recognition and Cleavage of Double-Stranded DNA by Yeast VMA1-Derived Endonuclease
雑誌名 発行年 ページ
Nucleic Acids Symposium Series 42 1999 197-198

著者名 論文標題
H. Yokoyama, R.Mizutani, Y. Satow, Y. Komatsu, E. Ohtsuka, and O. Nikaido Crystal Structures of the 64M-2 Antibody Fab Fargment and Its Complex with DNA(6-4) Photoproducts
雑誌名 発行年 ページ
Acta Cryst. A55 1999 307

著者名 論文標題
M. Nishida, S. Harada, S. noguchi, Y. Satow, H. Inoue, and K. Takahashi Three-Dimensional Structure of Escherichia coli Glutathione S-Transferase Complexed with Glutathione Sulfonate:Catalytic Roles of Cys 10 and His 106
雑誌名 発行年 ページ
J. Mol. Biol. 281 1999 135-147

著者名 論文標題
S. Noguchi, K. Miyawaki, and Y. Satow Succinimide and Isoaspartate Residues in the Crystal Structures of Hen Egg-White Lysozyme Complexed with Tri-N-Acetylchitotriose
雑誌名 発行年 ページ
J. Mol.Biol. 278 1998 231-238

著者名 論文標題
N. Noda, S. Noguchi, and Y. Satow Crystal Structures of Nucleic Acid Complexes of Ribonuclease U2
雑誌名 発行年 ページ
Nucleic Acids Symposium Series 37 1997 285-286

著者名 論文標題
Chiaki Nishimura Folding topologies of Human Interleukin-6 and its Mutants as Studied by NMR Spectroscopy
雑誌名 発行年 ページ
Biochemistry 35 1996 273-281

著者名 論文標題
Satoko Akashi Characterization of Mouse Switch Variant Antibodies by Matrix-Assisted LaserDesorption Ionization Mass Spectroscopy and Electrospray Ionization Ma
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Soc. Mass. Spectrom. 7 1996 707-721

著者名 論文標題
Jae Yoon Leem Purification of Caracterization of N-b-anayl-5-S-gltathionyl-3, 4dihydroxy phenyllanlanine, a Novel Antibacterial Substance of Sarcophaga peregrin(fresh
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 271 1996 13573-13577

著者名 論文標題
Hiroyuki Ohsuga The Carbohydrate Moiety of the Bermuda Grass Antigen BG60
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 271 1996 26653-26658

著者名 論文標題
Ryuta Mizutani Crystallization and crystallographic studies on Fab fragments of anti-nitrophenol antibodies from primary and secondary immune responses
雑誌名 発行年 ページ
J. Crystal Growth 168 1996 253-259

著者名 論文標題
Junichi Enokizone NMR analysis of the interaction between protein L and Ig light chains
雑誌名 発行年 ページ
J. Mol. Biol. 270 1997 8-13

著者名 論文標題
Tsu-An Hsu Differential N-Glycan Patterns of Secreted and Intercellular IgG Produced in Trchoplusia ni Cells
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 272 1997 9062-9070

著者名 論文標題
Daisaku Sato Stereoselective Reactions. 26. Solution Structures of a Chiral Bidentate Lithium Amide in Relation to the Solvent-dependent Enantioselectivites in D
雑誌名 発行年 ページ
Tetrahedron 53 1997 7191-7200

著者名 論文標題
Satoko Akashi Structural Characterization of Mouse Monoclonal Antibody 13-1 against a Porphyrin derivative: Identification od a Disulfide Bond in CDR-H3 of Mab 13-
雑誌名 発行年 ページ
Biochem. Biophys. Res. Commun. 240 1997 566-572

著者名 論文標題
Hiroaki Gouda NMR Study on the Interaction between the B Domain of Staphylococcal Protein A and the Fc Portion of Immunoglobulin G
雑誌名 発行年 ページ
Biochemistry 37 1998 129-136

著者名 論文標題
Hiroyuki Kobayashi Specificities and Rate of Binding of Anti-(6-4) Photoproduct Antibody Fragment to Synthetic Thymine Photoproducts.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biochem(Tokyo) 123 1998 182-188

著者名 論文標題
Kazuo Hirayama Complete and Rapid peptide-and glyco-mapping of Mouse Monoclonal Antbody By LC/MS/MS Using Ion Trap Mass Spectroscopy
雑誌名 発行年 ページ
Analytical Chemistry 70 1998 2718-2725

著者名 論文標題
Yoshiki Yamaguchi Development of a Systematic Method for13 C Labeling of LgG Carbohydrate Chains for NMR Study
雑誌名 発行年 ページ
Journal of Biomolecular NMR 12 1998 385-394

著者名 論文標題
Takuya Torizawa 31P NMR Study of the Interactions between Oligodeoxynucleotides Containing (6-4) Photoproduct and Fab Fragments of Monoclonal Antibodies Specific for
雑誌名 発行年 ページ
FEBS Lett. 429 1998 157-161

著者名 論文標題
Noriko Takahashi N-glycan structure of a recombinant mouse soluble Fc receptor II
雑誌名 発行年 ページ
Glycocojugate Journal 15 1998 905-914

著者名 論文標題
Kuniko Akama Transition Protein I from Boar Spermatid Nuclei Having DNA-melting Activity Is A Dimeric Protein
雑誌名 発行年 ページ
Biochem. Mol. Biol. Int. 44 1998 315-323

著者名 論文標題
Nobuhisa Shimada Determination of Protonation, Deprotonation Forms and Tautomeric States of Histidine Residues in Large Proteins by Using Nitrogen-Carbon J Couplings
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Chem. Soc. 120 1998 10988-10989

著者名 論文標題
Kazuo Hirayama Convenient Peptide Mapping of Immunoglobulin G2b and Differentiation between Leucine and Isoleucine Residues by Mass Spectrometory Using 2H-
雑誌名 発行年 ページ
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn. 46 1998 83-89

著者名 論文標題
Hiroyuki Kobayashi Probing the Interaction between a High-Affinity Single-Chain Fv and a Pyrimidine(6-4) Pyrimidone Photodimer by Site-Directed Mutagenesis
雑誌名 発行年 ページ
Biochemistry 38 1999 532-539

著者名 論文標題
Takuya Torizawa Conformational Multiplicity of the Antibody Combining Site of a Monoclonal Antibody Specific for a (6-4) Photoproduct
雑誌名 発行年 ページ
J. Mol. Biol. 290 1999 731-740

著者名 論文標題
Shunro Kawaminami A Multinuclear NMR Study of the Active Site of an Endoglucanase from a Strain of Bacillus: Use of Trp Residues as Structural Probes
雑誌名 発行年 ページ
J. Mol. Chem. 274 1999 19823-19828

著者名 論文標題
Masayoshi Nakasako The pH-dependent structural variation of complementarily-determining region H3 and the association mode of variable domains in Fv fragment
雑誌名 発行年 ページ
J. Mol. Biol 291 1999 117-134

著者名 論文標題
Yoshiki Yamaguchi Development of a Systematic Method for13 C Labeling of IgG Carbohydrate Chains for NMR Study
雑誌名 発行年 ページ
Glycocojugate J. 16 1999 8

著者名 論文標題
Noriko Takahashi N-glycan structure of a recombinant mouse soluble Fc receptor II
雑誌名 発行年 ページ
Glycocojugate J. 16 1999 114

著者名 論文標題
Katsuyoshi Masuda Post-translational modifications of immunogolobulin G: A mouse IgG variant That lacks the entire CH1 domain
雑誌名 発行年 ページ
Molecular Immunology 36 1999 993-1003

著者名 論文標題
Hideo Takahashi Solution Structure of Hanatoxin 1, Gating Modifier of Drk1 Potassium Channel
雑誌名 発行年 ページ
Peptide Science   1999 83-86

著者名 論文標題
Koh Takeuchi Three-dimensional Solution Structure of Calcium Channel Activator:: Imperatoxin A Determined by NMR Spectroscopy
雑誌名 発行年 ページ
Peptide Science   1999 83-86

著者名 論文標題
Sato K Chemical synthesis and properties of (6-4) photoproduct and its analogs
雑誌名 発行年 ページ
Nucleic Acids Symposium Series. 42 1999 37-38

著者名 論文標題
Hideo Takahashi A Novel NMR Method for the Determination of the Interface of Large Protein-protein Complexes
雑誌名 発行年 ページ
Nature Struct. Biol 7 2000 220-223

著者名 論文標題
Koichi Kato Structural Basis of the Interaction between IgG and Fc Receptors
雑誌名 発行年 ページ
J. Mol. Biol. 295 2000 213-224

著者名 論文標題
Kazuyasu Shindo Backbone 1H, 13C, and15N resonance assignments of the anti-dansyl antibody Fv fragment
雑誌名 発行年 ページ
J. Biomol. NMR 17 2000 357-358

著者名 論文標題
Ichio Shimada NMR Analysis of Interactions Between Bio-Macromolecules
雑誌名 発行年 ページ
Real-Time Analysis of Biomolecular Interactions(K. Nagata and H. Handa, ed. )   2000 223-231

著者名 論文標題
Katsuyoshi Masuda Pairing of oligosaccharides in the Fc region of immunoglobulin G
雑誌名 発行年 ページ
FEBS Lett. 473 2000 349-357

著者名 論文標題
Yoshiki Yamaguchi 1Hand 13C NMR assignments for the glycans in glycoproteins by using H C-labeled glucose as a metabolic precursor
雑誌名 発行年 ページ
J. Biomol. NMR 18 2000 357-360

著者名 論文標題
Noriko Takahashi N-Glycan structure of murine hippocampus serine protease, neuropsin, produced in Trichoplusia ni cells
雑誌名 発行年 ページ
Glycoconjygate J 16 2000 405-414

著者名 論文標題
Takuya Torizawa DNA-binding mode of the Fab fragment of a monoclonal antibody specific for cyclobutane thymine dimer
雑誌名 発行年 ページ
Nucleic Acid Res. 28 2000 944-951

著者名 論文標題
Kousuke Sato Efficient chemical synthesis of a pyrimidine(6-4) pyrimidone photoproduct analog and its properties
雑誌名 発行年 ページ
Tetrahedron Lett. 41 2000 2175-2179

著者名 論文標題
Hideo Takahashi Solution structure of hanatoxinl, a gating modifier of voltage-dependent K+channels:common surface features of gating modifier toxins
雑誌名 発行年 ページ
J. Mol. Biol. 297 2000 771-780

著者名 論文標題
Nothwang, H. G. et al. Functional hemizygosity of PAFAH1B3 due to a PAFAH1B3-CLK2 fusion gene in a female with mental retardation, ataxia and atrophy of the brain
雑誌名 発行年 ページ
Hum. Mol. Gene. In press    

著者名 論文標題
Jung-Hyun Min et al. Platelet-Activating Factor Acetylhydrolases: Broad Substrate Specificity and Lipoprotein Binding Does Not Modulate the Catalytic Properties of the Plasma Enzyme
雑誌名 発行年 ページ
Biochemistry In press    

著者名 論文標題
Yasuda, K. et al. Platelet-Activating Factor Acetylhydrolase Isoforms I and II in Human Uterus. Comparisons with Pregnant Uterus and Myoma
雑誌名 発行年 ページ
Biol. Reprod. 64 2001 339-344

著者名 論文標題
Bae, K. A. et al Platelet-activating Factor(PAF)-Dependent Transacetylase and Its Relationship with PAF Accetylhydrolases.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 275 2000 26704-26709

著者名 論文標題
Kitagawa, M.. et al Direct association of LIS1, the lissencephaly gene product, with a mammalian homologue of a fungal nuclear distribution protein, rNUDE.
雑誌名 発行年 ページ
FEBS Letter 479 2000 57-62

著者名 論文標題
Manya, H. et al Biochemical characterization of various catalytic complexes of the brain platelet-activating factor acetylhydrolase.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 274 1999 31827-31832

著者名 論文標題
Manya, H. et al Biochemical characterization of various catalytic complexes of the brain platelet-activating factor acetylhydrolase.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 273 1998 18567-18572

著者名 論文標題
Wei, Y. et al Structure of a microbial homologue of mammalian platelet-activating factor acetylhydrolases: streptomyces exfoliatus lipase at 1.9A resolution.
雑誌名 発行年 ページ
Structure 6 1998 511-519

著者名 論文標題
Matsuzawa, A. et al Protection against oxidative stress-induced cell death by intracellular platelet-activating factor-acetylhydrolase II.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 272 1997 32315-32320

著者名 論文標題
Ho, Y. S. et al Brain acetylhydrolase that inactivates platelet-activating factor is a G-protein-like trimer.
雑誌名 発行年 ページ
Nature 385 1997 89-93

著者名 論文標題
Hattori, K. et al cDNA cloning and expression of intracellular platelet-activating factor(PAF) acetylhydrolase II.
雑誌名 発行年 ページ
J. Biol. Chem. 271 1996 33032-33038

著者名 論文標題
U. Albrecht. et al Platelet-activating factor acetylhydrolase expression and activity suggest a link between neuroral migration and platelet-activating factor.
雑誌名 発行年 ページ
Dev. Biol. 180 1996 579-593

[図書]
著者名 出版者
佐藤 能雅 共立出版
書名 発行年 総ページ数
構造生物学とその解析法 1997 192(総頁数)


戻る