平成12年度未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



1.研究機関名 大阪府立大学
 
2.研究領域 理工
 
3.研究分野 次世代人工物質・材料の探査的研究
 
4.研究期間 平成8年度〜平成12年度
 
5.研究プロジェクト番号 96P00102
 
6.研究プロジェクト名 新規な固体電解質材料の創製と応用

7.プロジェクト・リーダー
プロジェクト・リーダー名 フリガナ 所属部局名 職名
辰巳砂 昌弘 タツミサゴ マサヒロ 大学院工学研究科 教授

8.コア・メンバー

コア・メンバー名 フリガナ 所属研究機関名・所属部局名 職名
今中 信人 イマナカ ノブヒト 大阪大学・大学院工学研究科 助教授
河村 純一 カワムラ ジュンイチ 東北大学・科学計測研究所 助教授
佐藤 峰夫 サトウ ミネオ 新潟大学・工学部 教授

9.研究協力者

研究協力者名 フリガナ 所属研究機関名・所属部局名 職名
町田 信也 マチダ ノブヤ 甲南大学・理学部 助教授
忠永 清治 タダナガ キヨハル 大学院工学研究科 助教授
松田 厚範 マツダ アツノリ 大学院工学研究科 講師

10.研究成果の概要

本プロジェクトでは、高い導電率を有し、しかも安定な1価イオンあるいは多価イオンをキャリアとする新規な固体電解質材料を創製し、高エネルギー密度電池をはじめとするイオニクス素子の全固体化を図ることを目的としている。得られた成果の概要を以下に示す。
 1.1価イオンをキャリアとするリチウムイオン伝導体として、硫化物ベースの新規非晶質材料を融液超急冷法およびメカニカルミリング法を用いて合成し、伝導機構の解明を行うとともに、全固体リチウム二次電池の電解質としての評価を行った。その結果、10-3Scm-1以上の高い導電率を持ち、リチウムイオン輸率が1の非晶質固体電解質が得られた。この電解質は10V以上の広い電位窓を有することがわかった。
 2.固体電池用電極材料の探索を行い、非晶質固体電解質材料と組み合わせた全固体リチウム二次電池の作製を試みた。その結果、Li-Si系やLi-Co-Ni-O系など優れた固体電解質用電極材料を発見し、これらを用いた全固体リチウム二次電池が高い充放電容量と優れたサイクル特性を有することを見出した。
 3.多結晶材料についても、高温安定結晶相の常温安定化という観点から、Li-In-P-O系固体電解質材料を開発した。RFスパッタ法により、この系の二次電池用電解質薄膜の作製に成功した。
 4.数多くの新規な2価、3価、および4価イオン伝導性セラミックスを開発し、多価イオンの輸率が1であることを確認した。3価イオン伝導体の単結晶の育成に成功し、イオンの伝導機構を解明した。2価および3価イオンが伝導する多価イオン伝導性ポリマーの合成にも成功した。
 5.多価イオン伝導体の構造と物性の関係を詳細に検討するとともに、これらのガスセンサへの応用を図った。

11.キーワード

(1)固体電解質、(2)イオン伝導、(3)固体電池
(4)ガスセンサ、(5)イオニクス、(6)リチウムイオン
(7)メカニカルミリング、(8)超イオン伝導体、(9)ガラスセラミックス

12.研究発表(印刷中も含む)

[雑誌論文]
著者名 論文標題
M. Tatsumisago Preparation and Characterisation of Superionic Li2S-SiS2-Li4GeO4 Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Phys. Chem. Glasses 38 1997 63-65

著者名 論文標題
S. Lee Fragility and Local Structure of AgI-Ag2O-B2O3 Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Phys. Chem. Glasses 38 1997 144-147

著者名 論文標題
N. Torata Microstructure of α-AgI-frozen Composites in the AgI-Ag2O-B2O3 System after Heat Treatment
雑誌名 発行年 ページ
J. Mater. Sci. Lett. 16 1997 1012-1016

著者名 論文標題
N. Itakura Effect of Heat Treatment on Rapidly Quenched AgI-Based Silver Orthoborate Glasses Containing Large Amounts of AgI
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Ceram. Soc. 80 1997 3209-3212

著者名 論文標題
C. P. Varsamis Coordination States of Molybdenum and the Nature of Copper Ion Sites in the Superionic Glasses xCul・(1-x)Cu2MoO4 (x=0.4, 0.5) Studied by Infrared Reflectance Spectroscopy
雑誌名 発行年 ページ
J. Phys. Chem. B101 1997 3734

著者名 論文標題
Yin Xia 7Li and 6Li Solid State NMR Studies of Structure and Dynamics in LiNbO3-WO3 Solid Solutions
雑誌名 発行年 ページ
J. Phys. Chem. B101 1997 9180

著者名 論文標題
M. Sato Synthesis and Properties of Lithium Ion Conductors Li3-2x(Sc1-xZrx)2(PO4)3
雑誌名 発行年 ページ
J. Alloys Comp. 250 1997 510-514

著者名 論文標題
T. Suzuki Stabilization of Superionic Conduction Phase in Li3Sc2(PO4)3
雑誌名 発行年 ページ
Solid State 104 1997 27-33

著者名 論文標題
K. Toda Synthesis and Structure Determination of New Layered Perovskite Compound, KLaTa2O7
雑誌名 発行年 ページ
J. Alloys Comp. 249 1997 256-259

著者名 論文標題
K. Toda Unusual Concentration Quenching of Europium Luminescence in New Layered Perovskite Compound, RbLa1-xEuxTa2O7(0≦x≦1)
雑誌名 発行年 ページ
J. Lumin. 71 1997 71-75

著者名 論文標題
K. Toda Synthesis and High Ionic Conductivity of New Layered Perovskite Compounds, AgLaTa2O7 and AgCa2Ta3O10
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 93 1997 177-181

著者名 論文標題
S. Nakayama CO2 Gas Sensor Using the Potassium Ionic Conductor K2O・Sm2O3・6SiO2
雑誌名 発行年 ページ
J. Ceram. Soc. Jpn. 105 1997 225-257

著者名 論文標題
K. Toda Structure Determination of New Layered Perovskite Compounds, NaLaTa2O7, Synthesized by Ion-Exchange Reaction
雑誌名 発行年 ページ
J. Ceram. Soc. Jpn. 105 1997 482-485

著者名 論文標題
M. Sato Ionic Conductivity of LiLnSiO4(Ln = La, Sm) Thin Films Prepared by Sol-Gel Method
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett. 1997 1997 657-658

著者名 論文標題
Y. Kobayashi Trivalent Al3+ ion conduction in aluminum tungstate solid
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Mater. 9 1997 1649-1654

著者名 論文標題
N. Imanaka Rare Earth Contribution in Solid State Electrolytes, Especially in Chemical Sensor Field
雑誌名 発行年 ページ
J. Alloys and Compounds 250 1997 492-500

著者名 論文標題
M. Morita Electrocatalytic Activity of Cerium (III) Incorporated in a Nafion Film on a Glassy Carbon Support
雑誌名 発行年 ページ
Denki Kagaku 65 1997 490-492

著者名 論文標題
M. Morita Ionic Conductivities of Polymeric Solid Electrolyte Films Containing Rare Earth Ions
雑誌名 発行年 ページ
J. Alloys and Compounds 250 1997 524-527

著者名 論文標題
A. Hayashi X-Ray Photoelectron Spectroscopy of (100-x)(0.6Li2S ・ 0.4SiS2) ・ xLi4Sio4 Oxysulphide Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Phys. Chem. Glasses 39 1998 145-150

著者名 論文標題
A. Hayashi Structural Investigation of 95(0.6Li2S・0.4SiS2)・5Li4SiO4 Oxysulfide Glass by Using X-Ray Photoelectron Spectroscopy
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Ceram. Soc. 81 1998 1305-1309

著者名 論文標題
A. Matsuda Proton Conductive Silica Gels Doped with Several Acids and Their Application to Electric Double-Layer Capacitor
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett. 1998 1998 1189-1190

著者名 論文標題
A. Matsuda Electric Double-Layer Capacitors Using HClO4-Doped Silica Gels as a Solid Electrolyte
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 113-115 1998 91-102

著者名 論文標題
A. Hayashi Thermal and Electrical Properties of Rapidly Quenched Li2S-SiS2-Li2O-P2O5 Oxysulfide Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 113-115 1998 733-738

著者名 論文標題
M. Tatsumisago Microstructure of AgI-Ag2O-B2O3 Fast Ion Conducting Glasses with Large Amounts of AgI
雑誌名 発行年 ページ
J. Non-Cryst. Solids 232-234 1998 267-273

著者名 論文標題
Y. Kowada Electronic States of Ag Ions in AgI-Based Superionic Conducting Glasses
雑誌名 発行年 ページ
J. Non-Cryst. Solids 232-234 1998 497-501

著者名 論文標題
N. Machida FT-IR, FT-Raman, and 95Mo MAS-NMR Studies on the Structure of Ionically Conducting Glasses in the System AgI-Ag2O-MoO3
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 107 1998 255

著者名 論文標題
H. Hayashi Glass formation and ac conductivity in LiNO3-1, 3-diaminopropane
雑誌名 発行年 ページ
J. Non-Cryst. Solids 242 1998 33-39

著者名 論文標題
J. Kawamura Frequency dependent conductivity of organic-inorganic mixed superionic conductor glasses
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 113-115 1998 703-709

著者名 論文標題
P. O. Maurin NMR study of the dynamics and structure of a good glass former LiCl-RH2O
雑誌名 発行年 ページ
Ber. Bunsenges. Phys. Chem. 102 1998 152-155

著者名 論文標題
K. Suzuki Hierarchy of dynamic structure of super-ionic conducting glass CuI-Cu2MoO4
雑誌名 発行年 ページ
J. Non-Cryst. Solids 232-234 1998 278-285

著者名 論文標題
M. Takahashi Single Crystal Growth and Structure Determination of a New Oxyapatite, NaLa9(GeO4)8O2
雑誌名 発行年 ページ
J. Solid State Chem. 139 1998 304-309

著者名 論文標題
T. Honma Concentration Quenching of the Eu3+-Activated Luminescence in Some Layered Perovskites with Two-Dimensional Arrangement
雑誌名 発行年 ページ
J. Phys. Chem. Solids 59 1998 1187-1193

著者名 論文標題
Z. -G. Ye Synthesis, Structure and Properties of the Magnetic Relaxor Ferroelectric Pb(Fe2/3W1/3)O3 [PFW]
雑誌名 発行年 ページ
J. Korean Phys. Soc. 32 1998 S1028

著者名 論文標題
K. Toda Chemical and Electrochemical Intercalation of Lithium into the Tantalates with the Layered Perovskite Structure
雑誌名 発行年 ページ
Denki Kagaku 66 1998 1241-1247

著者名 論文標題
M. Sato Lithium Intercalation and Cathode Performance of Li2CrTi(PO4)3
雑誌名 発行年 ページ
Denki Kagaku 66 1998 1236-1240

著者名 論文標題
K. Yoshida Cathode Characteristics of Lithium Transition Metal Phosphate Synthesized by Ion-Exchange Reaction
雑誌名 発行年 ページ
Key Engineering Materials 157-158 1998 289-296

著者名 論文標題
T. Suzuki Structure Refinement of Lithium Ion Conductors Li3Sc2(PO4)3 and Li3-2x(Sc1-xMx)2(PO4)3(M=Ti, Zr) with x=0.10 by Neutron Diffraction
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 113-115 1998 89-96

著者名 論文標題
K. Toda Structural Chemistry of New Ion-Exchangeable Tantalates with Layered Perovskite Structure
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 113-115 1998 501-508

著者名 論文標題
S. Tamura Trivalent Aluminum Ionic Conduction in the Aluminum Tungstate-Scandium Tungstate-Lutetium Tungstate Solid Solution System
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Mater. 10 1998 1958

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Rare Earth Ion Conduction in the Rare Earth Tungstates with the Sc2(WO4)3-Type Structure
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Mater. 10 1998 2006

著者名 論文標題
G. Adachi The Binary Rare Earth Oxides
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Rev. 98 1998 1479-1514

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Aluminum Ion Conducting Characteristics in Al2(WO4)3 Single Crystals
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Mater. 10 1998 2542-2545

著者名 論文標題
Y. Kobayashi Trivalent Ion Conduction of the Sc2(WO4)3-Gd2(WO4)3 System
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 111 1998 59-65

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Ion Conducting Solid Electrolytes with the Sc2(WO4)3-type Structure
雑誌名 発行年 ページ
Molten Salts 41 1998 177-190

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Al3+ Ion Conduction in Al2(WO4)3 Solids
雑誌名 発行年 ページ
Electrochem. and Solid-State Letters 1 1998 271-272

著者名 論文標題
Y. Kobayashi Quantitative Demonstration of Al^3+ Ion Conduction in Al2(WO4)3 Solids
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 113-115 1998 545-552

著者名 論文標題
J. Koehler Electrical Conductivity in Al2(WO4)3-Al2O3 Composites
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 113-115 1998 553-558

著者名 論文標題
J. Koehler Multivalent Cationic Conduction in Solids
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Mat. 10 1998 3790-3812

著者名 論文標題
M. Morita A Raman Spectroscopic Study of Organic Electrolyte Solutions Based on Binary Solvent Systems of Ethylene Carbonate with Low Viscosity Solvents Dissolving Different Lithium Salts
雑誌名 発行年 ページ
J. Chem. Soc., Faraday Trans. 94 1998 3451-3456

著者名 論文標題
M. Morita New Polymeric Gel Electrolytes Consisting of Oligo(ethylene oxide)-grafted Poly-methacrylate Matrices for Rechargeable Lithium Batteries
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 113-115 1998 117-122

著者名 論文標題
A. Matsuda Electric Double-Layer Capacitor Using Composites Composed of Phosphoric Acid-Doped Silica Gel and Styrene-Ethylene-Butylene-Styrene Elastomer as a Solid Electrolyte
雑誌名 発行年 ページ
J. Power Sources 77 1999 12-16

著者名 論文標題
M. Tatsumisago Crystallization of α-AgI from AgI-Ag2O-MxOy (MxOy=B2O3, GeO2, WO3) Melts and Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 121 1999 193-200

著者名 論文標題
A. Hayashi High-Resolution Solid-State NMR Studies of Ionically Conductive Li2S-SiS2-Li2O-P2O5 Oxysulfide Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Phys. Chem. Glasses 40 1999 140-145

著者名 論文標題
A. Matsuda Application of Composites Composed of Phosphoric Acid-Doped Silica Gel and Styrene-Ethylene-Buthylene-Styrene Elastomer to Electric Double-Layer Capacitors
雑誌名 発行年 ページ
Korean J. Ceramics 5 1999 353-356

著者名 論文標題
H. Morimoto Mechanochemical Synthesis of New Amorphous Materials of 60Li2S ・ 40SiS2 with High Lithium Ion Conductivity
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Ceram. Soc. 82 1999 1352-1354

著者名 論文標題
A. Hayashi Crystallization of Li2S-SiS2 Based Lithium Ion Conducting Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Phys. Chem. Glasses 40 1999 333-338

著者名 論文標題
A. Hayashi Structural Change Accompanying Crystallization in the Lithium Ion Conductive Li2S-SiS2-Li3PO4 Oxysulfide Glasses
雑誌名 発行年 ページ
J. Ceram. Soc. Jpn. 107 1999 510-516

著者名 論文標題
A. Hayashi Electrochemical Properties for the Lithium Ion Conductive (100-x)(0.6Li2S. 0.4SiS2) ・ xL4iSiO4 Oxysulfide Glasses
雑誌名 発行年 ページ
J. Electrochem. Soc. 146 1999 3472-3475

著者名 論文標題
K. Hasegawa Preparation of Novel Lithium Ion Conductors Composed of LiSCN-AlCl3 and Silica Perticles
雑誌名 発行年 ページ
J. Electrochem. Soc. 146 1999 3539-3542

著者名 論文標題
R. Sakamoto Preparation of Fast Lithium Ion Conducting Glasses in the System Li2S-SiS2-Li3N
雑誌名 発行年 ページ
J. Phys. Chem. B103 1999 4029-4031

著者名 論文標題
T. Kubo Isothermal Tetragonal to Monoclinic Phase Transition around Room Temperature in 2.0mol% Yittria-doped Zirconia Ceramics
雑誌名 発行年 ページ
J. Jpn. Soc. Powder and Powder Metallurgy 46 1999 496

著者名 論文標題
T. Kubo Phase Separation of ZnFe2O4-Fe3O4 Solid Solution During Low Temperature Oxidation in Air
雑誌名 発行年 ページ
J. Jpn. Soc. Powder and Powder Metallurgy 46 1999 787

著者名 論文標題
H. Maekawa High temperature 1H NMR study of proton conducting oxide SrCe0.95Y0.05/SUB>H0.004O3-d
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 122 1999 231-236

著者名 論文標題
J. Kawamura Ag K-edge EXAFS of AgI-alkylammonium iodide glasses
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 121 1999 37-41

著者名 論文標題
M. Hosono Structure and ionic conductivity of rapidly quenched AgI- Ag2WO4 superionic conductor glasses
雑誌名 発行年 ページ
J. Non-Cryst. Solids 244 1999 81-88

著者名 論文標題
T. Kamiyama Dynamic properties of concentrated LiNO3-glycerolsolutions
雑誌名 発行年 ページ
J. Phys. Chem. Solids 60 1999 1549-1552

著者名 論文標題
T. Muraki Ionic conductivity and Tl-205 NMR in the molten LiI-TlI system
雑誌名 発行年 ページ
High Temp. Mater. Processes 18 1999 49-54

著者名 論文標題
M. Kawasaki Ionic conductivity of Agx(GeSe3)1-x(0<=x<=0.571)glasses
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 123 1999 259-269

著者名 論文標題
J. Kawamura AC Conductivity and NMR Relaxation in Supercooled Liquid and Glassy State of LiNO3-Diamminopropane
雑誌名 発行年 ページ
Slow Dynamics in Complex Systems: Eighth Tohwa University International Symposium 469 1999 541-542

著者名 論文標題
K. Toda Possibility of Superconductivity in New Reduced Tantalate and Titanatewith the Layered Perovskite Structure
雑誌名 発行年 ページ
J. European Ceram. Soc. 19 1999 1525-1529

著者名 論文標題
S. Tobitsuka Single Crystal Growth and Domain Structure of CsLaTa2O7
雑誌名 発行年 ページ
J. European Ceram. Soc. 19 1999 1559-1562

著者名 論文標題
K. Yoshikawa Synthesis and Lithium Ionic Conductivity of Li3-2x(In1-xZrx)2(PO4)3(0≦X≦0.20)
雑誌名 発行年 ページ
J. European Ceram. Soc. 19 1999 879-882

著者名 論文標題
K. Toda Synthesis and Structure Determination of Reduced Tantalates, Li2LaTa2O7, Li2Ca2Ta3O10 and Na2Ca2Ta3O10, with a Layered Perovskite Structure
雑誌名 発行年 ページ
J. Mater. Chem. 9 1999 799-803

著者名 論文標題
S. Nakayama Oxide Inoic Conductivity of Apatite Type Nd9.33(SiO4)6O2 Single Crystal
雑誌名 発行年 ページ
J. European Ceram. Soc. 19 1999 507-510

著者名 論文標題
T. Suzuki The Ionic Conductivity of New Ionic Conductor Li3(In1-xScx)2(PO4)3
雑誌名 発行年 ページ
Key Engineering Materials 169-170 1999 205-208

著者名 論文標題
K. Toda New Layered Perovskite Compound Synthesized by the Soft Chemistry: KCa2Ta3O10
雑誌名 発行年 ページ
Key Engineering Materials 169-170 1999 231-234

著者名 論文標題
H. Ohkawa Improvement of Discharge Capacity of beta-Fe3(SO4)3-Type Li3V2(PO4)3 by Stabilizing High Temperature Orthorhombic Phase at Room Temperature
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett. 1999 1999 1017-1018

著者名 論文標題
Y. Kobayashi Trivalent Ion Conduction of the Sc2(WO4)3-Lu2(WO4)3 System
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 118 1999 325-330

著者名 論文標題
A. Dabkowski Crystal Growth of Aluminum Tungstate
雑誌名 発行年 ページ
J. Cryst. Growth 197 1999 879-882

著者名 論文標題
S. Tamura Ceramics Sinterability Enhancement at an Ambient Pressure by the Boron Oxide Addition
雑誌名 発行年 ページ
Adv. Mater. 11 1999 64-66

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Ion Conduction in the Sc2(WO4)3 Type Structure
雑誌名 発行年 ページ
Materials Science Forum (Trans Tech Publications Ltd) 315-317 1999 331-338

著者名 論文標題
J. Koehler Trivalent Cationic Conduction Properties in M2(WO4)3-Al2O3(M=Al, Sc, Lu) Composites
雑誌名 発行年 ページ
Materials Science Forum (Trans Tech Publications Ltd) 315-317 1999 537-544

著者名 論文標題
N. Imanaka Single Crystal Growth of Aluminum Tungstate-Scandium Tungstate Solid Solution by Czochralski method
雑誌名 発行年 ページ
J. Cryst. Growth 200 1999 169-171

著者名 論文標題
J. Koehler New cation conducting solid electrolytes with the Sc2(WO4)3 type structure
雑誌名 発行年 ページ
J. Mater. Chem. 9 1999 1357-1362

著者名 論文標題
J. Koehler Rare Earth Conduction in M2(WO4)3-Al2O3 (M=Sc, Lu) Composites
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 122 1999 173-182

著者名 論文標題
N. Imanaka The Enhancement of Trivalent Scandium Ion Conduction by Forming Scandium Tungstate-Scandium Tantalate Composites
雑誌名 発行年 ページ
Electrochem. and Solid-State Letters 2 1999 330-332

著者名 論文標題
G. Adachi Trivalent Cation Conduction in the Sc2(WO4)3-Type Structure
雑誌名 発行年 ページ
Electrochemistry 67 1999 744-751

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Scandium Ion Conduction in the Scandium Tungstate Alumina Composites
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 126 1999 41-46

著者名 論文標題
N. Imanaka Divalent Magnesium Ionic Conduction in the Magnesium Phosphate Based Composites
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett.   1999 939-940

著者名 論文標題
N. Imanaka Electrochemical In2O3 Crystal Growth with the Aid of In3+ Conducting Solid Electrolyte
雑誌名 発行年 ページ
Electrochem. and Solid-State Letters 2 1999 556-558

著者名 論文標題
J. Koehler Indiumwolframat, In2(WO4)3-Ein In3+ leitender Festkoerperelektrolyt (Indium tungstate, In2(WO4)3-an In3+ conducting solid electrolyte)
雑誌名 発行年 ページ
Z. Anorg. Allgem. Chem. 625 1999 1890-1896

著者名 論文標題
N. Imanaka A New Realization Route of Al2(WO4)3-Ln2(WO4)3(Ln=Lu, Eu) Solid Solution Single Crystals by Electrochemical Ion Doping
雑誌名 発行年 ページ
Electrochem. and Solid-State Letters 2 1999 570-571

著者名 論文標題
N. Imanaka Carbon Dioxide Gas Sensor Based on Trivalent Sc3+ Ion Conducting Sc2(WO4)3 Solid Electrolyte
雑誌名 発行年 ページ
Electrochem. and Solid-State Letters 2 1999 602-604

著者名 論文標題
S. Tamura Trivalent Sc3+ Ion Conduction in Sc1/3Zr2(PO4)3 Solids with the NASICON Type Structure
雑誌名 発行年 ページ
Adv. Mater 11 1999 1521-1523

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Ion Conduction in the Scandium Tungstate Type Structure
雑誌名 発行年 ページ
Materials Research Society(MRS) Proceedings   1999 647-652

著者名 論文標題
N. Imanaka Carbon Dioxide Gas Sensor with Trivalent Sc3+ Ion Conducting Sc2(WO4)3 Solid Electrolyte
雑誌名 発行年 ページ
Proceedings of the 1999 Joint International Meeting, Symposium-Chemical Sensors IV   1999 255-261

著者名 論文標題
N.Yoshimoto 有機溶媒電解液中でのマグネシウムの電気化学的挙動
雑誌名 発行年 ページ
Hyomen Gijitsu 50 1999 839-840

著者名 論文標題
K. Hirata Preparation and Characterization of Highly Proton-Conductive Composites Composed of SiO2-P2O5 Gel and Styrene-Ethylene-Buthylene-Styrene Elastomer
雑誌名 発行年 ページ
J. Sol-Gel Sci. Tech. 17 2000 61-69

著者名 論文標題
A. Matsuda Proton-Conductive Composites Composed of Phosphoric Acid-Doped Silica Gel and Organic Polymers with Sulfo Groups
雑誌名 発行年 ページ
J. Ceram. Soc. Jpn. 108 2000 45-50

著者名 論文標題
H. Morimoto Mechanochemical Synthesis of the High Lithium Ion Conductive Amorphous Materials in the Systems Li2S-SiS2 and Li2S-SiS2-Li4SiO4
雑誌名 発行年 ページ
J. Ceram. Soc. Jpn. 108 2000 128-131

著者名 論文標題
K. Hirata Preparation and Characterization of Highly Proton-Conductive Composites Composed of Phosphoric Acid-Doped Silica Gel and Styren-Ethylene-Butylene-Styrene Elastomer
雑誌名 発行年 ページ
J. Sol-Gel Sci. Tech. 17 2000 61-69

著者名 論文標題
M. Tatsumisago Preparation and Structure of Amorphous Solid Electrolytes Based on Lithium Sulfide
雑誌名 発行年 ページ
J. Non-Cryst. Solids 274 2000 30-38

著者名 論文標題
A. Hayashi Crystallization Process of Lithium Oxysulfide Glasses
雑誌名 発行年 ページ
J. Non-Cryst. Solids 276 2000 27-34

著者名 論文標題
T. Minami Superionic Borate Glasses: Microstructure and Fragility of AgI-Ag2O-B2O3 Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Phys. Chem. Glasses 41 2000 236-241

著者名 論文標題
A. Hayashi Development of Lithium Ion Conducting Oxysulfide Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Proc. 7th Asian Conf. on Solid State Ionics   2000 177-186

著者名 論文標題
T. Kanzaki Preparation of Proton Conductive Phosphosilicate Gels Derived from 2-(Diethoxyphosphoryl)ethyltriethoxysilane
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett. 11 2000 1314-1315

著者名 論文標題
H. Yamashita Formation Process of 60Li2S ・ 40SiS2 Amorphous Materials with High Lithium Ion Conductivity Prepared by Mechanical Milling
雑誌名 発行年 ページ
J. Ceram. Soc. Jpn. 108 2000 973-978

著者名 論文標題
K. Tadanaga Preparation of AgI-Al2O3 Composites with High Ionic Conductivity Using Al2O3 Aerogel and Xerogel
雑誌名 発行年 ページ
J. Electrochem. Soc. 147 2000 4061-4064

著者名 論文標題
N. Machida Mechano Chemical Synthesis of a Silver Ion Conductor in the System AgI-Ag3PO4
雑誌名 発行年 ページ
Solid Satate Ionics 136-137 2000 381-386

著者名 論文標題
Y. Kowada Variation of Electronic State of AgI-Based Superionic Conductors with Movement of Ag Ions
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136-137 2000 393-397

著者名 論文標題
M. Tatsumisago Preparation of Amorphous Solid Electrolytes in the System Li2S-SiS2-Li4SiO4 by Mechanical Milling
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136-137 2000 483-488

著者名 論文標題
T. Minami Preparation and Characterization of Lithium Ion-Conducting Oxysulfide Glasses
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136-137 2000 1015-1023

著者名 論文標題
N. Kuwata Ag-109 NMR Study of AgI-Based Glasses Containing Frozen -AgI Nanocrystals
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136-137 2000 1061-1066

著者名 論文標題
S. Nishiwaki Preparation and Proton Conductivity of Surfactant-Templated Mesoporous Silica Gels Impregnated with Protonic Acids
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Ceram. Soc. 83 2000 3004-3008

著者名 論文標題
A. Matsuda Application of Protonic Acid-Doped Silica Gels to Electric Double-Layer Capacitors
雑誌名 発行年 ページ
J. Sol-Gel Sci. Tech. 19 2000 581-584

著者名 論文標題
N. Sakai Synthesis and Characterization of Ionic Conductors; Li12/7+x(Li4/7Ti24/7-xMx)O8 (M=Al, Cr and Fe) &Li12/7+2x(Li4/7Ti24/7-2xMg2x)O8 with Tunnel Structure
雑誌名 発行年 ページ
Key Engineering Materials 181-182 2000 167-171

著者名 論文標題
T. Suzuki Single Crystal Growth of Lithium Ion Conductive Phosphates
雑誌名 発行年 ページ
Key Engineering Materials 181-182 2000 183-187

著者名 論文標題
K. Toda Crystal Structure of Fe16N2
雑誌名 発行年 ページ
Key Engineering Materials 181-182 2000 213-217

著者名 論文標題
K. Toda Physical Properties of Non-Stoichiometric Rare Earth Orthoniobates
雑誌名 発行年 ページ
Key Engineering Materials 181-182 2000 217-221

著者名 論文標題
N. Sakai Trivalent Ionic Conductivity of Perovskite-Type Yx(Ta3xW1-3x)O3
雑誌名 発行年 ページ
Electrochemistry 68 2000 504-506

著者名 論文標題
K. Toda Oxygen defect in non-stichiometric europium orthoniobate, EuxNbO4-1.5(1-x)
雑誌名 発行年 ページ
Solid State ionics 136-137 2000 25-30

著者名 論文標題
M. Sato Enhancement of Discharge Capacity of Li3V2(PO4)3 by Stabilizing Orthorhombic Phase at Room Temperature
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionic 135 2000 137-142

著者名 論文標題
N. Imanaka Single Crystal Growth of Aluminum Tungstate-Lutetium Tungstate Solid Solution by Modified CZ Method
雑誌名 発行年 ページ
J. Cryst. Growth 209 2000 217-219

著者名 論文標題
N. Imanaka Solid Solution Single Crystal Growth of Aluminum Tungstate-Scandium Tungstate System by Modified CZ Method
雑誌名 発行年 ページ
J. Cryst. Growth 208 2000 466-470

著者名 論文標題
N. Imanaka Inclusions of Nanometer sized Al2O3 Particles in a Crystalline (Sc, Lu)2(WO4)3 Matrix
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Ceram. Soc. 83 2000 427-429

著者名 論文標題
N. Imanaka CO2 Gas Sensing with the Combination of Trivalent Al3+ Ion Conducting Al2(WO4)3 Single Crystal Solid and Oxide Ion Conducting Stabilized Zirconia
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett.   2000 68-69

著者名 論文標題
J. Koehler Direkter Nachweis Dreiwertiger Kationenleitung in Nd3+-beta"-Al2O3(Direct evidence for trivalent cationic conduction in Nd3+-beta"-Al2O3)
雑誌名 発行年 ページ
Angew. Chem. Inter. Edition 39 2000 904-907

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Ion Conducting Solid Electrolytes
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136-137 2000 319-324

著者名 論文標題
S. Tamura A New Trivalent Cationic Conducting Solid Electrolyte with NASICON type Structure
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136-137 2000 423-426

著者名 論文標題
M. Hiraiwa Single Crystal Growth of Trivalent Ion Cconducting Aluminum Tungstate-Scandium Tungstate Solid Solution
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136-137 2000 427-430

著者名 論文標題
N. Imanaka Tetravalent Ion(Zr4+) Conduction in Solids
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett.   2000 452-453

著者名 論文標題
N. Imanaka Electronic state of the trivalent ionic conductors with Sc2(WO4)3 type structure
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 130 2000 179-182

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Rare Earth Ion Conduction in the Scandium Tungstate Type Structure
雑誌名 発行年 ページ
J. Alloys and Comp. 303-304 2000 303-306

著者名 論文標題
N. Imanaka Divalent Magnesium Ion Conducting Characteristics in Phosphate Based Solid Electrolyte Composites
雑誌名 発行年 ページ
J. Mater. Chem. 10 2000 1431-1435

著者名 論文標題
Y. Okazaki Trivalent Sc^3+ Ion Conduction in the Sc2(WO4)3-Sc2(MoO4)3 Solid Solution
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136-137 2000 437-440

著者名 論文標題
J. Koehler Enhanced Al3+ conduction in Al2(WO4)3-Sc2(MoO4)3 solid solutions
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136-137 2000 431-436

著者名 論文標題
S. Tamura A CO2 sensor based on a trivalent ion conducting Sc1/3Zr2(PO4)3 solid electrolyte
雑誌名 発行年 ページ
Adv. Mater. 12 2000 898-901

著者名 論文標題
N. Imanaka Divalent Magnesium Ionic Conduction in Mg1-2x(Zr1-xNbx)4P6O24(x=0-0.4) Solid Solutions
雑誌名 発行年 ページ
Electrochem. and Solid-State Letters 3 2000 327-329

著者名 論文標題
N. Imanaka Trivalent Ion Conduction in the Molybdates with the Sc2(WO4)3-Type Structure
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Mater. 12 2000 1910-1913

著者名 論文標題
N. Imanaka Carbon Dioxide Sensing with the combination of Divalent Magnesium Ion and Oxide Ion Conducting Solid Electrolytes
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett.   2000 834-835

著者名 論文標題
N. Imanaka Carbon Dioxide Gas Sensing with the Combination of Trivalent Sc3+ Ion Conducting Sc2(WO4)3 and O2- Ion Conducting Stabilized Zirconia Solid Electrolytes
雑誌名 発行年 ページ
Solid Sate Ionics 133 2000 279-285

著者名 論文標題
N. Imanaka Thermal Contraction Behavior in Al2(WO4)3 Single Crystal
雑誌名 発行年 ページ
J. Cryst. Growth 220 2000 176-179

著者名 論文標題
N. Imanaka A Carbon Dioxide Gas Sensing for a Global Monitoring
雑誌名 発行年 ページ
Gratama Workshop 2000 Conference Report   2000 90-91

著者名 論文標題
M. Morita Ionic Structure and Conductance Behavior of Plasticized Polymeric Compounds Containing Multi-Valent Cations
雑誌名 発行年 ページ
Electrochim. Acta 45 2000 1335-1340

著者名 論文標題
M. Ishikawa Performance of Electric Double Layer Capacitors with Polymer Gel Electrolytes
雑誌名 発行年 ページ
Mat. Res. Symp. Proc. 575 2000 423-428

著者名 論文標題
M. Morita Ionic Conductance of Polymeric Electrolytes Containing Lithium Salts Mixed with Rare Earth Salts
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics 136/137 2000 1167-1173

著者名 論文標題
A. Hayashi Preparation of Li2S-P2S5 Amorphous solid Electrolytes by Mechanical Milling
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Ceam. Soc. 84 2001 477-479

著者名 論文標題
N. Imanaka A chlorine gas sensor based on the combination of Mg2+ cation conducting and O2- anion conducting solid electrolytes with lanthanum oxychloride as an auxiliary electrode
雑誌名 発行年 ページ
Electrochem. Commun. 3 2001 49-51

著者名 論文標題
N. Imanaka Chloride Ion Conducting Characteristics in Rare Earth Oxychlorides
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett.   2001 130-131

著者名 論文標題
H. Morimoto Anode Properties of Amorphous 50SiO. 50SnO Powders Synthesized by Mechanical Milling
雑誌名 発行年 ページ
Electrochem. Letters (in press) 4 2001  

著者名 論文標題
T. Kanzaki Preparation of Proton Conductive Phosphosilicate Gels Derived from 2-(Diethylphosphatoethyl)triethoxysilane
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett. (in press)   2001  

著者名 論文標題
J. Kawamura Decoupoing of Lithium ionic conductivity in organic-inorganic complexed glasses
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics (in press)   2001  

著者名 論文標題
R. Komiya Solid State Lithium Secondary Bateries Using an Amorphous Solid Electrolyte in the System (100-x)(0.6Li2S・SiO2)・xLi4SiO4 Obtained by Mechanochemical Synthesis
雑誌名 発行年 ページ
Solid. State. Ionics (in press)   2001  

著者名 論文標題
M. Tatsumisago Formation Process of α-AgI stabilized composites from AgI-Ag2O-B2O3 Melts and Glasses
雑誌名 発行年 ページ
J. Non-Cryst. Solids (in press)   2001  

著者名 論文標題
A. Matsuda Comparison of structure and Proton Conductivity of Phosphosilicate Gels derived from Several Kinds of Phosphorus-containing compounds
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics (in press)   2001  

著者名 論文標題
A. Matsuda Proton conductivity of Acid-Impregnated Mesoporous silica Gels Prepared Using Surfactants as a Template
雑誌名 発行年 ページ
Solid State Ionics (in press)   2001  

著者名 論文標題
Y. Aoyama Synthesis and characterization of perovskite-type ionic conductor:Li3yLa1-3y(Nb1-xWx)3O9
雑誌名 発行年 ページ
Key Engineering Materials (in press)   2001  

著者名 論文標題
K. Toda New Synthetic Route of Perovskite Material in the Test Tube
雑誌名 発行年 ページ
Key Engineering Materials (in press)   2001  

著者名 論文標題
M. Morita Influence of the Electrolyte Composition on the Charge and Discharge Characteristics of LiCr0.1Mn1.9O4 Positive Electrode
雑誌名 発行年 ページ
J. Power Sources (in press)   2001  

著者名 論文標題
M. Morita Ionic Conductance Behavior of Polymeric Composite Solid Electrolytes Containing Lithium Aluminate
雑誌名 発行年 ページ
Electrochim. Acta (in press)   2001  

著者名 論文標題
N. Yoshimoto Ionic Conductance of Polymeric Electrolytes Consisting of Magnesium Salts Dissolved in Cross-linked Polymer Matrix with Linear Polyether
雑誌名 発行年 ページ
Electrochim. Acta (in press)   2001  

著者名 論文標題
M. Ishikawa Performance of Electric Double Layer Capacitors with Gel Electrolytes Containing an Asymmetric Ammonium Salt
雑誌名 発行年 ページ
Electrochemistry (in press)   2001  

著者名 論文標題
M. Morita Utilization of Active carbon Fiber with Mesopore Structure for Electric Double Layer Capacitors
雑誌名 発行年 ページ
Electrochemistry (in press)   2001  


戻る