平成12年度未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



1.研究機関名 千葉大学
 
2.研究領域 理工
 
3.研究分野 高度プロセス
 
4.研究期間 平成8年度〜平成12年度
 
5.研究プロジェクト番号 96P00304
 
6.研究プロジェクト名 高選択的有機合成プロセス

7.プロジェクト・リーダー
プロジェクト・リーダー名 フリガナ 所属部局名 職名
今本 恒雄 いまもと つねお 理学部 教授

8.コア・メンバー

コア・メンバー名 フリガナ 所属研究機関名・所属部局名 職名
小倉 克之 おぐら かつゆき 千葉大学工学部 教授
山口 健太郎 やまぐち けんたろう 千葉大学分析センター 助教授

9.研究協力者

研究協力者名 フリガナ 所属研究機関名・所属部局名 職名
松川 覚 まつかわ さとる 千葉大学理学部 助手
赤染 元浩 あかぞめ もとひろ 千葉大学工学部 講師
松本 祥治 まつもと しょうじ 千葉大学工学部 助手

10.研究成果の概要

先に我々が開発した新規不斉ホスフィン配位子を用いて、医薬品等の合成中間体になりうる光学活性物質の触媒的不斉合成について検討した。その結果、エナミド、α,β−不飽和ホスホン酸エステルおよびβ−デヒドロアミノ酸のロジウム触媒による不斉水素化で最高99%の不斉選択性で還元物が得られることを見い出した。さらに、この手法を用いてアルツハイマー型痴呆症、糖尿病治療薬、抗菌活性をもつ物質の合成中間体を99%以上の光学純度で得ることができた。
 上記の触媒的不斉反応の機構を多核種核磁気共鳴法によって研究し、主な反応中間体の検出に成功するとともに、不斉選択性の発現を合理的に説明できる機構を提案した。この機構は、極めて高い不斉発現をもたらす酵素反応のそれと共通点をもっており、新たな触媒的不斉合成反応を開発する上での指針になりうるものである。
 有機分子で金色や銅色の金属光沢をもつ結晶に関する研究をさらに進め、光沢色の発現要因は置換基の種類と結晶中における分子の配列様式に起因することを明らかにした。また、硫黄と窒素原子を有する新しい機能材料の開発を押し進めた結果、ピロール環にベンゾチオフェンやナフタレンが結合した化合物が高い輝度の蛍光発光を示すことを見い出した。この物質は、高い電流効率と2000時間以上の耐久性を示すことより、赤色EL素子としての利用が期待される。
 代表的なグリニャール反応剤について、単結晶X線解析と低温エレクトロスプレーイオン化質量分析を行い、構成成分の分子構造を明らかにした。主構成物はアルキルマグネシウムハライドにハロゲン化マグネシウムが塩化物イオンを介して会合したものであり、これらの知見はグリニャール反応剤の反応性の理解する上で重要である。

11.キーワード

(1)不斉合成、(2)光学活性ホスフィン、(3)光学活性アミン
(4)光学活性ホスホン酸、(5)不斉水素化、(6)機能性材料
(7)蛍光発光、(8)EL素子、(9)グリニャール反応剤

12.研究発表(印刷中も含む)

[雑誌論文]
著者名 論文標題
Matsukawa, Satoru; Okano, Naoko; Imamoto, Tsuneo Phosphine Catalyzed Aldol Reaction between Ketene Silyl Acetals and Aldehydes: Nucleophilic O-Si and C-Si Bond Cleavage by Phosphines
雑誌名 発行年 ページ
Tetrahedron Lett. 41 2000 103

著者名 論文標題
Hirakawa, Eiji; Takeda, Nobuhiro; Imamoto, Tsuneo Synthesis and Properties of New Fused Bicyclic Compounds Containing P-B-S Linkages
雑誌名 発行年 ページ
HeteroCycles 52 2000 667

著者名 論文標題
Miura, Tomoya; Yamada, Hironari; Kikuchi, Shin-ichi; Imamoto, Tsuneo Synthesis and Reactions of Optically Active Secondery Dialkylphosphine-Boranes
雑誌名 発行年 ページ
J. Org. Chem. 65 2000 1877

著者名 論文標題
Ohashi, Atsushi; Matsukawa, Satoru; Imamoto, Tsuneo Improved Synthesis of 1-Adamantylphosphine and Its Use in the Synthesis of Cyclicphosphines Containing 1-Adamantyl Group
雑誌名 発行年 ページ
HeteroCycles 52 2000 905

著者名 論文標題
Asakura, Katsuo; Kentaro, Yamaguchi; Imamoto, Tsuneo Electrospray Ionization Mass Spectrometric Observation of the Coordinative Interaction of α, β-Unsaturated Ketones with Cerium(III) Cation
雑誌名 発行年 ページ
Chem. Lett   2000 424

著者名 論文標題
Ohashi, Atsushi; Imamoto, Tsuneo 1-tert-Buty1-2-methylphospholane-Borane and its Coupling Product 2, 2'-Bis(1-tert-Butylphospholane-Borane)
雑誌名 発行年 ページ
Acta Cryst. C 56 2000 723

著者名 論文標題
Matsukawa, Satoru; Imamoto, Tsuneo, Diphosphine Oxide-Brφnsted Acid Complexes as Novel Hydrogen-Bonded Self-Assembled Molecules
雑誌名 発行年 ページ
J. Am. Chem. Soc. 122 2000 12659

著者名 論文標題
Imamoto, Tsuneo; Kikuchi, Shin-ichi; Miura, Tomoya; Wada, Yoshiyuki Stereospecific Reduction of Phosphine Oxides to Phosphines by the Use of a Methylation Reagent and Lithium Aluminum Hydride
雑誌名 発行年 ページ
Org. Lett. 3 2001 87

著者名 論文標題
Gridnev, Ilya, D.; Yamanoi, Yoshinori; Higashi, Natsuka; Tsuruta, Hideyuki; Yasutake, Masaya; Imamoto, Tsuneo Asymmetric Hydrogenation Catalyzed by (S, S)-R-BisP*-Rh and (R, R)-R-MiniPHOS Complexes: Scope, Limitation, and Mechanism
雑誌名 発行年 ページ
Advanced Synthesis & Catalysis 343 2001 118

著者名 論文標題
Imamoto, Tsuneo New P-Chirogenic Diphosphines and Their Use in Catalytic Asymmetric Reactions
雑誌名 発行年 ページ
Pure Appl. Chem.     in press

著者名 論文標題
Gridnev, Ilya, D.; Imamoto, Tsuneo Reaction of a Rh-MiniPHOS Complex with Dihydrogen: NMR and Computational Study
雑誌名 発行年 ページ
Organometallics 20 2001 545

著者名 論文標題
Asakura, Katsuo; Imamoto, Tsuneo Isolation and Structural Characterization of New Samarium(III) Bromide-HMPA Complexes
雑誌名 発行年 ページ
Bull. Chem. Soc. Jpn.     in press

著者名 論文標題
Hiroyuki Matsui A Chiral Tweezers-Type Dicarboxylic Acid: Studies on Its Complexation with Amines Utilizing CD Spectrum
雑誌名 発行年 ページ
Bull. Chem. Soc. Jpn. 73(4) 2000 991-997

著者名 論文標題
Ryoji Takahashi Preparation of Microporous Silica Gel by Sol-Gel Process in the Presence of Ethylene Glycol Oligomers
雑誌名 発行年 ページ
Bull. Chem. Soc. Jpn. 73(3) 2000 765-774

著者名 論文標題
Motohiro Akazome Synthesis, Solid-State Structures, and Aggregation Motifs of Phosphines and Phosphine Oxides Bearing One 2-Pyridone Ring,
雑誌名 発行年 ページ
J. Org. Chem. 65(21) 2000 6917-6921

著者名 論文標題
Satoshi Sato Viriations in structure and acidity of silica-alumina during steaming process,
雑誌名 発行年 ページ
Phys. Chem. Chem. Phys. 3 2001 885-890

著者名 論文標題
小倉 克久 有機化合物で錬金術!?−金属色光沢をもつ結晶の発見
雑誌名 発行年 ページ
化学 55(5) 2000 40-43

著者名 論文標題
小倉 克久 金属光沢有機結晶の創製
雑誌名 発行年 ページ
化学と工業 53(5) 2000 598-601

著者名 論文標題
Shoji Matsumoto New Construction of p-Tolylsulfonyl-Substituted Naphthalenes by Thermal and Photochemical Cyclization of 1-Aryl-4-(methylthio)-2-(p-tolylsulfonyl)-1, 3-butadienes
雑誌名 発行年 ページ
Heteroatom Chemistry   2001 in press

著者名 論文標題
Mineko Takeda A New Method for Synthesizing a Pyrrole Ring and Its Application to the Development of New π-systems
雑誌名 発行年 ページ
Heterocycles 55(2) 2001 231-235

著者名 論文標題
Katsuyuki Ogura A novel method for the construction of a benzene ring: a facile ring-closing reaction of (1E, 3E, 5E)-1-chloro-3-(p-tolylsulfonyl)-1, 3, 5-alkatrienes
雑誌名 発行年 ページ
Tetrahedron Letters   2001 in press

著者名 論文標題
Motohiro Akazome Inclusion of Poly(ethylene glycol)s by Crystalline (R)-1-naphthyl)glycyl-(R)-phenylglycine
雑誌名 発行年 ページ
Supramolecular Chemistry   2001 in press

著者名 論文標題
Ryoji Takahashi High-Surface-Area Silica with Controlled Pore Size Prepared from Nanocomposite of Silica and Citric Acid
雑誌名 発行年 ページ
J. Phys. Chem. B 104(51) 2000 12184-12191

著者名 論文標題
Satoshi Sato High-Surface-Area SiO2-ZrO2 Prepared by Depositing Silica on Zirconia n Aqueous Ammonia Solution
雑誌名 発行年 ページ
Journal of Catalysis 196 2000 190-194


戻る