お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究事業課
「最先端・次世代研究開発支援プログラム」事務局
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
麹町ビジネスセンター7階
TEL03-3263-4645
FAX03-3263-1716
MAILjisedai-jsps@jsps.go.jp

内閣府
最先端研究開発支援プログラム担当室
〒102-8970
東京都千代田区霞が関3-1-1
(合同庁舎4号館8階)
TEL03-5253-2111(代表)

最先端・次世代研究開発支援プログラム

プログラム概要

1.目的

本プログラムは、将来、世界をリードすることが期待される潜在的可能性を持った研究者に対する研究支援制度であり、「新成長戦略(基本方針)」(2009年12月30日閣議決定)において掲げられた政策的・社会的意義が特に高い先端的研究開発を支援することにより、中長期的な我が国の科学・技術の発展を図るとともに、我が国の持続的な成長と政策的・社会的課題の解決に貢献することを目的とします。

2.特徴

(1)目的達成のためには、将来の活躍が期待される若手研究者、女性研究者又は地域の研究機関等で活動する研究者の潜在的な人材力の発揮が不可欠であることから、
①自己の責任において主体的に研究を進めることが可能な若手研究者又は女性研究者を対象
②支援の対象となる研究者・研究課題の決定にあたっては、研究者の性別並びに研究者及び研究内容の地域性を考慮
(2)我が国の持つ強みを生かした持続的な成長を図るため、
①グリーン・イノベーション又はライフ・イノベーションを推進
②新たな科学・技術を創造する基礎研究から出口を見据えた研究開発まで、人文・社会科学的側面からの取組を含め、挑戦的な研究課題を幅広く対象

(3)助成金は、研究期間中、翌年度への繰越ができるなど、多年度にわたり柔軟に使用することが可能

3.応募要件

(1)研究者

①所属研究機関
1)応募時に、我が国の研究機関に所属する研究者
もしくは
2)海外在住の研究者で、助成金の交付申請時までに我が国の研究機関に所属する予定の者
②年齢・性別
1)平成22年4月1日時点で、満45歳以下の者(ただし、医学系の博士課程修了者、臨床研修終了者又は育児休暇取得者については、年齢制限を緩和)
もしくは
2)女性研究者(年齢は問わない)
③その他
助成金の交付申請時までに、所属機関において、自己の責任で主体的に研究を進める立場にあること
(2)研究課題
①グリーン・イノベーション又はライフ・イノベーションの推進に幅広く寄与する課題
②新たな科学・技術を創造する基礎研究から出口を見据えた研究開発までを対象
③人文・社会科学的側面からの取組を含め、世界的・国民的な課題の解決に貢献する挑戦的な取組

4.研究期間

4年以内(平成22年度から平成25年度の間)

5.助成金額

研究期間に応じ、年度数×5千万円、総額2億円を上限
(間接経費(直接経費の30%)を含む。)

6.採択件数

329件