本ホームページに関するお問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
人材育成事業部 研究者養成課
「日本学術振興会 育志賞」担当
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL: 03(3263)0912
FAX: 03(3222)1986
E-mail: ikushi-prize@jsps.go.jp


日本学術振興会 育志賞


育志賞研究発表会




  平成25年度は9月5日(木)に、名古屋大学野依記念物質科学研究館において開催しました。
  第1~3回受賞者のうち、31名が参加し、研究活動状況についての口頭発表とポスター発表が行われ、受賞者や学術システム 研究センター所長・専門研究員、一般参加者などとの活発な意見交換の場となりました。
  参加した受賞者からは、「いろいろな分野の話を聴いて刺激を 受けた」「同世代の若手研究者同士で交流でき、研究を進める上で大きな励みになった」といった感想が寄せられました。


 

 

研究発表会の概要

プログラム

    13:00~13:30 受付
    13:30~13:35 説明
    13:35~13:40 理事長挨拶
    13:40~14:40 口頭発表
    14:40~14:50 休憩
    14:50~15:50 ポスター発表第1組 
    15:50~16:50 ポスター発表第2組 
   

  理事長挨拶
  研究発表
  ポスター発表
   

口頭発表(13:40~14:40)
  場所:野依記念講演室
  発表:第2回受賞者 1人5分(入替含む)

 

時間

氏名

領域

テーマ

13:40~13:45

伊藤 英人

理工系

含硫黄カーボンナノリングの合成と光物性

13:45~13:50

山崎 大

理工系

世界の大陸河川における大規模洪水の物理モデル化

13:50~13:55

山本 浩二

理工系

効率的な分子変換反応の開発:錯体化学からのアプローチ

13:55~14:00

吉田 悠一

理工系

Fast Exact Shortest-Path Distance Queries on Large Networks by Pruned Landmark Labeling

14:00~14:05

阪本 浩章

人社系

長期的環境問題の経済分析

14:05~14:10

林 英一

人社系

残留日本兵の虚像と実像

14:10~14:15

八並 廉

人社系

国際私法における信託の性質決定

14:15~14:20

石井 健一

生物系

ミクロからマクロな免疫学へ―カイコの自然免疫とミツバチ・アリの社会性免疫―

14:20~14:25

小山 昌子

生物系

CRM1による核外輸送機構の構造基盤

14:25~14:30

西江 麻美

生物系

新規ペプチドデザインを目指した、ランチビオティック生合成・作用機構の解明

14:30~14:35

長谷川 優子

生物系

ノンコーディングRNAが関与するエピジェネティックな遺伝子発現制御機構の解析

14:35~14:40

髙原 充佳

生物系

生活習慣病発症・進展予防のためのリスク評価手法の確立


 

ポスター発表
第1組(14:50~15:50)
  場所:ケミストリーラウンジ
  発表者のレジュメはこちら

 

氏名

受賞回

領域

テーマ

伊藤 英人

第2回

理工系

含硫黄カーボンナノリングの合成と光物性

吉田 悠一

第2回

理工系

Fast Exact Shortest-Path Distance Queries on Large Networks by Pruned Landmark Labeling

佐々田 槙子

第1回

理工系

ミクロとマクロの世界をつなぐ確率解析―流体力学極限―

高山 あかり

第3回

理工系

超高分解能スピン分解光電子分光による2次元ラシュバ電子系の研究

阪本 浩章

第2回

人社系

長期的環境問題の経済分析

市川 彰

第1回

人社系

文化財保護と活用に係る青年海外協力隊事業の成果と課題

吉江 路子

第1回

人社系

他者の感情的反応が行為知覚に与える影響

長谷川 優子

第2回

生物系

ノンコーディングRNAが関与するエピジェネティックな遺伝子発現制御機構の解析

髙原 充佳

第2回

生物系

生活習慣病発症・進展予防のためのリスク評価手法の確立

中井 亮佑

第1回

生物系

サイズ辺境に生息する極小微生物を追う

佐藤 由也

第3回

生物系

古い進化的起源を有する細菌の酸素耐性機構

加藤 英明

第3回

生物系

Strucutural and computational analyses of channelrhodopsin, a light-gated cation channel


 

第2組(15:50~16:50) 
場所: ケミストリーラウンジ  

 

氏名

受賞回

領域

テーマ

山崎 大

第2回

理工系

世界の大陸河川における大規模洪水の物理モデル化

山本 浩二

第2回

理工系

効率的な分子変換反応の開発:錯体化学からのアプローチ

坂崎 貴俊

第3回

理工系

国際宇宙ステーションからの観測によって明らかになった成層圏オゾンの日変動

林 英一

第2回

人社系

残留日本兵の虚像と実像

八並 廉

第2回

人社系

国際私法における信託の性質決定

西本 希呼

第1回

人社系

言語と数―ポリネシア諸語を事例に

石井 健一

第2回

生物系

ミクロからマクロな免疫学へ―カイコの自然免疫とミツバチ・アリの社会性免疫―

西江 麻美

第2回

生物系

新規ペプチドデザインを目指した、ランチビオティック生合成・作用機構の解明

小山 昌子

第2回

生物系

CRM1による核外輸送機構の構造基盤

遠山 周吾

第3回

生物系

代謝の特性を利用したヒトES/iPS由来心筋細胞における純化精製法の確立

片山 耕大

第3回

生物系

霊長類色覚視物質の赤外分光研究

 

※平成24年度育志賞研究発表会についてはこちら