お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課、研究事業課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究成果の公開

科研費からの成果展開事例

 科研費により支援する学術研究では、毎年度、数多くの優れた研究成果が生み出されています。文部科学省及び日本学術振興会では、四半期毎に「科研費NEWS」を発行し、「科研費からの成果展開事例」として、科研費による研究成果の一部をご紹介しています。

 このコーナーでは、過去に「科研費NEWS」等で掲載された「科研費からの成果展開事例」を分野毎に紹介しています。


総合・新領域系人文・社会系理工系│生物系│

生物系

No.    機関    
番号
所属・職名・氏名
(科学研究費助成事業データベース
「KAKEN」へのリンク)
タイトル発行年・号
No.    機関    
番号
所属・職名・氏名
(科学研究費助成事業データベース
「KAKEN」へのリンク)
タイトル発行年・号
46 14401 大阪大学 大学院医学系研究科 教授
澤 芳樹
重症心不全に対する心筋再生医療製品「ハートシート」の開発 2017.Vol.2
45 92504/12501 株式会社アミンファーマ研究所 代表取締役社長/千葉大学 名誉教授
五十嵐 一衛
バイオマーカーを使った脳梗塞リスク評価の事業化 2016.Vol.4
44 14401 大阪大学 蛋白質研究所 寄附研究部門教授 
関口 清俊
幹細胞培養用基材の開発 2016.Vol.3
43 10101 北海道大学 大学院医学研究科 教授
白𡈽 博樹
腫瘍をピンポイントで狙い撃ちできる、小型陽子線治療装置の開発 2016.Vol.2
42 15101 鳥取大学 大学院工学研究科 准教授
伊福 伸介
カニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」の製造と実用化を見据えた機能の探索 2015.Vol.4
41 15301 岡山大学病院 集中治療部 准教授
武田 吉正
心停止中から脳を保護する咽頭冷却装置の開発 2015.Vol.3
40 34315 立命館大学 生命科学部 教授
久保 幹
最適な土壌環境を作り出す土壌肥沃度診断法SOFIXの開発と実践 2015.Vol.2
39 15501 山口大学・時間学研究所・教授
明石 真
社会的時差ぼけ診断及び時間医療の実現に向けた体内時計測定法 2014.Vol.4
38 12601 東京大学・大学院農学生命科学研究科・准教授
勝間 進
バキュロウイルスは宿主から獲得した遺伝子を使って宿主の行動を制御する 2014.Vol.2
37 32702 神奈川大学・理学部・教授
上村 大輔
抗腫瘍物質ハリコンドリンBの単離・構造決定に基づく乳がん治療薬エリブリンの創出 2014.Vol.1
36 13801 静岡大学・創造科学技術大学院・教授
鈴木 款
サンゴの白化現象の機構解明と栄養塩循環の再評価 2013.Vol.4
35 82617 国立科学博物館・標本資料センター・コレクションディレクター
窪寺 恒己
ダイオウイカ等の中深層性大型頭足類とマッコウクジラの共進化的行動生態の解明 2013.Vol.2
34 23803 静岡県立大学・短期大学部・准教授
木林 美由紀
液体蒟蒻を応用した咀嚼意識向上を目指した豆乳・おからドーナツの開発 2013.Vol.1
33 14401 大阪大学・医学研究科・教授
杉山 治夫
WT1mRNA定量臨床検査法の確立とWT1がんワクチンの開発 2012.Vol.4
32 14301 京都大学・薬学研究科・教授
金子 周司
ライフサイエンス情報の検索と理解を助ける電子辞書の開発 2012.Vol.3
31 16101 徳島大学・ヘルスバイオサイエンス研究部・教授
松本 俊夫
宇宙で長期滞在による骨密度低下の抑制方法発見 2012.Vol.2
30 63904 基礎生物学研究所・神経生理学研究室・准教授
渡辺 英治
メダカのミジンコ補食行動の仕組みを解明 2012.Vol.1
29 17102 九州大学・大学院農学研院・教授
吉国 通庸
マナマコの生殖行動を誘発する神経ホルモンの同定と応用 2012.Vol.1
28 22701 横浜市立大学・大学院医学研究科・准教授
小川 毅彦
生体外で完全な精子作成に成功 2011.Vol.4
27 14101 三重大学・生物資源学研究科・准教授
田丸  浩
金魚を使った新たな抗体生産技術 2011.Vol.3
26 11301 東北大学・農学研究科・教授
鈴木  徹
ヒラメやカレイの目の偏りが生じるメカニズムを解明 2011.Vol.3
25 15401 広島大学・大学院医歯薬学総合研究科・教授
越智 光夫
磁気標識した幹細胞と外磁場装置を用いた骨・軟骨再生 2011.Vol.2
24 14401 大阪大学・大学院生命機能研究科・教授
八木 健
小鳥のように鳴くマウス、言語の解明に一役 2011.Vol.1
23 63905 自然科学研究機構・生理学研究所・准教授
山中 章弘
脳の覚醒状態を維持する仕組みの解明 2011.Vol.1
22 14301 京都大学・教授
山中 伸弥
人工多能性幹細胞(iPS細胞)の樹立 パンフレット2011
21 32653 東京女子医科大学・教授
岡野 光夫
角膜の培養・移植を革新的に容易にする技術の開発 パンフレット2011
20 10101 北海道大学・教授
喜田 宏
インフルエンザ制圧のための基礎的研究 パンフレット2011
19 12602 東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科・准教授
関矢 一郎
膝の軟骨、自身の細胞で再生 2010.Vol.4
18 34419 近畿大学・生物理工学部・教授
本津 茂樹
「歯のばんそうこう」極薄シートの開発 2010.Vol.3
17 32686 立教大学・大学院理学研究科・特任教授
黒岩 常祥
ミトコンドリアと葉緑体の増殖・遺伝に関する研究 2010.Vol.3
16 14401 大阪大学大学院医学系研究科教授
不二門 尚
網膜電気刺激による人工視覚システムの開発 2010.Vol.2
15 12601 東京大学・大学院医学系研究科・教授
永井 良三
心疾患・代謝疾患に関する研究 2010.Vol.1
14 12608 東京工業大学・大学院生命理工学研究科
赤池 敏宏
再生医療・組織工学をめざす細胞マトリクス材料の設計・開発 2010.Vol.1
13 14603 奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科
島本 功
植物自然免疫反応に関する研究 2010.Vol.1
12 14401 大阪大学・産業科学研究所・寄附研究部門・教授
谷口 直之
糖鎖機能に関する研究 2009.Vol.4
11 14301 京都大学・大学院農学研究科・教授
河田 照雄
脂質代謝と肥満の分子メカニズムに関する研究 2009.Vol.4
10 10101 北海道大学病院長・教授
浅香 正博
ピロリ菌の研究 2009.Vol.3
9 23303 石川県立大学・生物資源工学研究所・教授
西澤 直子
植物の養分吸収と循環系に関する研究 2009.Vol.2
8 14301 京都大学大学院理学研究科教授
森 和俊
小胞体の機能と制御に関する研究 2009.Vol.2
7 12601 東京大学・海洋研究所・教授
塚本 勝巳
ウナギの生態解明等の研究 2009.Vol.1
6 82609 (財)東京都臨床医学総合研究所
田中 啓二
蛋白質の構造・機能に関する研究 2008.Vol.4
5 11301 東北大学・大学院医学研究科・教授
大隅 典子
脳細胞の発生メカニズムに関する研究 2008.Vol.2
4 12601 東京大学・医科学研究所・教授
清野 宏
粘膜免疫システムに関する研究 2008.Vol.2
3 12601 東京大学・大学院医学系研究科・教授
門脇 孝
メタボリックシンドロームの発症機構に関する研究 2008.Vol.1
2 10101 北海道大学・大学院医学研究科・教授
大野 重昭
難治性眼疾患に関する研究 2007.Vol.4
1 14401 大阪大学・微生物病研究所・教授
審良 靜男
自然免疫に関する制御機構の解明 2007.Vol.3

※所属・職名は掲載時のものです。

発行年・号ごとの一覧はこちらへ