お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課、研究事業課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究成果の公開

科研費からの成果展開事例

 科研費により支援する学術研究では、毎年度、数多くの優れた研究成果が生み出されています。文部科学省及び日本学術振興会では、四半期毎に「科研費NEWS」を発行し、「科研費からの成果展開事例」として、科研費による研究成果の一部をご紹介しています。

 このコーナーでは、過去に「科研費NEWS」等で掲載された「科研費からの成果展開事例」を分野毎に紹介しています。


総合・新領域系│人文・社会系│理工系生物系

人文・社会系

No.    機関    
番号
所属・職名・氏名
(科学研究費助成事業データベース
「KAKEN」へのリンク)
タイトル発行年・号  
No.    機関    
番号
所属・職名・氏名
(科学研究費助成事業データベース
「KAKEN」へのリンク)
タイトル発行年・号
17 21201 岩手県立大学 社会福祉学部 教授
小川 晃子
ICTを活用した孤立防止と生活支援型コミュニティづくり 2017.Vol.1
16 32613 工学院大学 情報学部 准教授
市原 恭代
カラーユニバーサルデザインの社会的実践 2016.Vol.3
15 12501 千葉大学 大学院工学研究科 教授
日比野 治雄
デザインを心理学的な視点から考察する方法の実践的応用に関する研究 2016.Vol.1
14 12613 一橋大学 経済研究所 教授
阿部 修人
新商品の効果を考慮した消費者購買指数と単価指数の開発 2015.Vol.3
13 32689 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
河村 茂雄
学級アセスメントツールQ-Uの開発および教育実践モデルの提唱 2015.Vol.1
12 12501 千葉大学・文学部・教授
傳 康晴
会話コーパスのアノテーション手法の開発と対話の認知・伝達モデルの構築 2014.Vol.3
11 11101 弘前大学・人文学部・教授
佐藤 和之
外国人被災者への情報伝達に役立つ「やさしい日本語」の提言と「やさしい日本語」化のための言語資源の開発研究 2014.Vol.1
10 12101 茨城大学・人文学部・教授
青山 和夫
マヤ文明 前1000年頃に公共祭祀建築 グアテマラのセイバル遺跡で供物発掘 2013.Vol.3
9 33918 日本福祉大学・社会福祉学部・教授
近藤 克則
Well-being(幸福・健康)な社会づくりに向けた研究拠点の形成 2013.Vol.1
8 12606 東京芸術大学・教授
宮廻 正明
さわれる文化財-質感を伴った高精度の模写による文化財保存-デジタルとアナログの融合 2012.Vol.4
7 34301 大谷大学文学部・教授
松川 節
「契丹文字」を刻む石碑の発見 2012.Vol.1
6 12606 東京芸術大学・大学院・教授
木島 隆康
アフガニスタン仏教遺跡の壁画修復 2011.Vol.4
5 87108 福岡県立アジア文化交流センター・主任研究員
楠井 隆志
仏像のX線CT調査で金属製『五臓』を発見 2011.Vol.3
4 11301 東北大学・大学院生命科学研究科・教授
田村 宏治
鳥の祖先が恐竜であることの立証 2011.Vol.2
3 22604 首都大学東京・大学院人文科学研究科・教授
萩原 裕子
小学生の英単語処理に関する脳科学基本パターンの解明 2011.Vol.1
2 32641 中央大学・文学部・教授
山口 真美
赤ちゃんの知覚認識機能の解明 2010.Vol.4
1 64401 人間文化研究機構・国立民族学博物館・教授
小長谷 有紀
人文・社会科学の振興に関する研究 2009.Vol.3

※所属・職名は掲載時のものです。

発行年・号ごとの一覧はこちらへ