お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

特別推進研究

平成28年度特別推進研究 研究進捗評価

   研究進捗評価は、対象となる研究課題の進捗状況を把握し、当該研究のその後の発展に資することを目的に、研究期間の最終年度前年度に実施するものです。本年度は、対象となる13件の研究課題についてヒアリングを行い、その結果に基づいた審議の上、各評価結果を決定しました。
   なお、研究進捗評価の一環として、研究の立ち上げ時期(研究期間の2年目又は3年目)に研究代表者の研究室等に出向き、研究の進展状況や購入された設備等の活用状況等を確認し、成果を上げるために十分な研究環境を整え、順調に研究が進んでいるか等について把握するため、対象となる13件の研究課題について、現地調査を行い、その結果に基づいた審議の上、各評価コメントを決定しました。
   また、研究進捗評価の一環として、研究終了翌年度に研究期間全体を通して当初の目的が達成されたか等、研究成果・研究業績等について検証を行います。

平成28年度 特別推進研究 研究進捗評価結果

   各研究課題について、審査・評価第一部会において決定された評価結果と研究代表者が作成した研究概要をPDF形式で公表しています。なお、研究概要は原則として研究代表者が作成したものをそのまま掲載しています。
   また、研究進捗評価の一環として、研究終了翌年度に研究成果・研究業績等について検証を行います。

評価結果 A+:当初目標を超える研究の進展があり、期待以上の成果が見込まれる
  A: 当初目標に向けて順調に研究が進展しており、期待どおりの成果が見込まれる
  A-: 当初目標に向けて概ね順調に研究が進展しており、一定の成果が見込まれるが、一部に遅れ等が認められるため、今後努力が必要である
  B: 当初目標に対して研究が遅れており、今後一層の努力が必要である
  C: 当初目標より研究が遅れ、研究成果が見込まれないため、研究経費の減額又は研究の中止が適当である
小委員会名課題番号研究代表者所属機関・部局・職研究課題名評価
結果
研究
概要
人文社会系 25000001 白波瀬 佐和子
(しらはせ
  さわこ)
東京大学・大学院人文社会系研究科・教授 少子高齢化からみる階層構造の変容と格差生成メカニズムに関する総合的研究 PDF PDF
理工系 25000002 田中  肇
(たなか
  はじめ)
東京大学・生産技術研究所・教授 時空階層性の物理学:単純液体からソフトマターまで PDF PDF
25000003 岩佐  義宏
(いわさ
  よしひろ)
東京大学・大学院工学系研究科・教授 イオントロニクス学理の構築 PDF PDF
25000004 久野  良孝
(くの
  よしたか)
大阪大学・大学院理学研究科・教授 最高強度ミューオンビームによるミューオン・レプトンフレーバー非保存探索の新展開 PDF PDF
25000005 相田  卓三
(あいだ
  たくぞう)
東京大学・大学院工学系研究科・教授 物理的摂動を用いる巨視スケールにおよぶ構造異方性の制御と特異物性発現 PDF PDF
25000006 片岡  一則
(かたおか
  かずのり)
公益財団法人川崎市産業振興財団・ナノ医療イノベーションセンター・センター長 脳内に核酸医薬を送達する高分子ミセルの創製と脳神経系難病の標的治療への展開 PDF PDF
25000007 北川  進
(きたがわ
  すすむ)
京都大学・物質-細胞統合システム拠点・教授 階層的配位空間の化学 PDF PDF
25000008 山口  隆美
(やまぐち
  たかみ)
東北大学・大学院医工学研究科・特任教授 統合ナノバイオメカニクスの創成 PDF PDF
25000009 土屋  範芳
(つちや
  のりよし)
東北大学・大学院環境科学研究科・教授 地殻エネルギー・フロンティアの科学と技術 PDF PDF
25000012 北村  隆行
(きたむら
  たかゆき)
京都大学・大学院工学研究科・教授 single digit ナノスケール場の破壊力学 PDF PDF
生物系 25000013 難波  啓一
(なんば
  けいいち)
大阪大学・大学院生命機能研究科・教授 クライオ電子顕微鏡による生体分子モーターの立体構造と機能の解明 PDF PDF
25000014 渡邊  嘉典
(わたなべ
  よしのり)
東京大学・分子細胞生物学研究所・教授 保存された染色体分配の制御機構 PDF PDF
25000015 狩野  方伸
(かのう
  まさのぶ)
東京大学・大学院医学系研究科・教授 シナプスにおける逆行性シグナルが生後発達期の機能的神経回路形成に果たす役割の解明 PDF PDF

←戻る