お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

特別推進研究

平成25年度特別推進研究 研究進捗評価

   研究進捗評価は、対象となる研究課題の進捗状況を把握し、当該研究のその後の発展に資することを目的に、研究期間の最終年度前年度(研究期間3年の研究課題はその最終年度)に実施するものです。本年度は、対象となる14件の研究課題についてヒアリングを行い、その結果に基づいた審議の上、各評価結果を決定しました。
   なお、研究進捗評価の一環として、研究の立ち上げ時期(研究期間の2年目又は3年目)に研究代表者の研究室等に出向き、研究の進展状況や購入された設備等の活用状況等を確認し、成果を上げるために十分な研究環境を整え、順調に研究が進んでいるか等について把握するため、対象となる19件の研究課題について、現地調査を行い、その結果に基づいた審議の上、各評価コメントを決定しました。
   また、研究進捗評価の一環として、研究終了翌年度に研究期間全体を通して当初の目的が達成されたか等、研究成果・研究業績等について検証を行いました。

平成25年度 特別推進研究 研究進捗評価結果及び検証結果

   各研究課題について、審査・評価第一部会において決定された評価結果と研究代表者が作成した研究概要をPDF形式で公表しています。なお、研究概要は原則として研究代表者が作成したものをそのまま掲載しています。
   また、研究進捗評価の一環として、研究終了翌年度に研究成果・研究業績等について検証を行います。平成27年度は対象となる研究課題9件について、平成28年度は研究課題5件について書面により検証を行いました。

評価結果 A+:当初目標を超える研究の進展があり、期待以上の成果が見込まれる
  A: 当初目標に向けて順調に研究が進展しており、期待どおりの成果が見込まれる
  A-: 当初目標に向けて概ね順調に研究が進展しており、一定の成果が見込まれるが、一部に遅れ等が認められるため、今後努力が必要である
  B: 当初目標に対して研究が遅れており、今後一層の努力が必要である
  C: 当初目標より研究が遅れ、研究成果が見込まれないため、研究経費の減額又は研究の中止が適当である
小委員会名課題番号研究代表者所属機関・部局・職研究課題名評価結果
及び
検証結果
研究
概要
検証
年度
人文社会系 22000001 高山 憲之
(たかやま
のりゆき)
年金シニアプラン総合研究機構・研究部・研究主幹 世代間問題の経済分析:さらなる深化と飛躍 PDF PDF 27
年度
理工系 22000002 大谷 栄治
(おおたに
えいじ)
東北大学・大学院理学研究科・教授 地球惑星中心領域の超高圧物質科学 PDF PDF 27
年度
22000003 歌田 久司
(うただ
ひさし)
東京大学・地震研究所・教授 海半球計画の新展開:最先端の海底観測による海洋マントルの描像 PDF PDF 27
年度
22000004 森 俊則
(もり
としのり)
東京大学・素粒子物理国際研究センター・教授 MEG実験―レプトンフレーバーの破れから大統一理論へ PDF PDF 27
年度
22000005 田村 元秀
(たむら
もとひで)
東京大学・大学院理学系研究科・教授 赤外線新技術による太陽系外惑星研究の展開 PDF PDF 27
年度
22000006 長野 哲雄
(ながの
てつお)
東京大学・創薬オープンイノベーションセンター・特任教授 光機能性分子の開発と医療への応用 PDF PDF 27
年度
22000007 小宮山 眞
(こみやま
まこと)
筑波大学・生命領域学際研究センター・教授 スーパー制限酵素を用いたゲノム・マニュピュレーション工学の創成 PDF PDF 28
年度
22000008 中村 栄一
(なかむら
えいいち)
東京大学・大学院理学系研究科・教授 有機半導体分子の合成とナノ組織化による高効率光電変換 PDF PDF 28
年度
22000009 榊 茂好
(さかき
しげよし)
京都大学・福井謙一記念研究センター・研究員 d-電子複合系の理論化学:新しい高精度大規模計算法による微視的理解と予測 PDF PDF 27
年度
22000010 大見 忠弘
(おおみ
ただひろ)
東北大学・未来科学技術共同研究センター・名誉教授 原子オーダ平坦な界面を有する3次元立体構造トランジスタの製造プロセスに関する研究 PDF PDF 27
年度
23000005 永井 泰樹
(ながい
やすき)
日本原子力研究開発機構・原子力エネルギー基盤連携センター・客員研究員 加速器中性子利用99Mo等医学用RI生成開発研究 PDF PDF 27
年度
生物系 22000013 長田 重一
(ながた
しげかず)
大阪大学・免疫学フロンティア研究センター・寄付研究部門教授 マクロファージによる死細胞貪食・分解の分子機構 PDF PDF 28
年度
22000014 西村 いくこ
(にしむら
いくこ)
京都大学・大学院理学研究科・教授 植物の生存戦略としての細胞内膜系の分化機構の解明 PDF PDF 28
年度
22000015 本庶 佑
(ほんじよ
たすく)
京都大学・大学院医学研究科・客員教授 AIDによるtopoisomeraseを介したゲノム不安定性誘導のメカニズム PDF PDF 28
年度

注:検証年度が「28年度」の課題は、繰越を行ったため28年度に検証を行いました。

各課題の研究成果報告書については、「KAKEN:科学研究費助成事業データベース」(https://kaken.nii.ac.jp/)を参照してください。

←戻る