お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究概要・成果

科研費NEWS

文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会では、大学や研究機関等で行われる学術研究を支援するため、科研費を交付しています。
このニュースレターでは、科研費により支援した研究活動における最近の研究成果について、その一部をご紹介します。
ニュースレターは、2007年(平成19年)から年4回、四半期ごとに発行しています。

以下よりダウンロード可能(PDF)となっていますので、ご活用下さい。


2015 VOL.4

photo_newsletter
一括ダウンロード
全ページ(3.12MB)
p.1 表 紙
p.3 1.科研費について
  2.最近の研究成果トピックス
【人文・社会系】
p.4 「プラトンの正義論をめぐる欧文総合研究」
慶應義塾大学 文学部 教授 納富 信留
p.5 「グローバル化時代の国家・社会・法の関係を探る」
東京大学 社会科学研究所 准教授 藤谷 武史
p.6 「〈多元的生成モデル〉にもとづく教育社会づくりへの臨床的研究」
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授 菊地 栄治
【理工系】
p.7 「動く曲面や曲線の数学解析」
東京大学 大学院数理科学研究科 教授 儀我 美一
p.8 「超原子から超原子分子へ」
東京大学 大学院理学系研究科 教授 佃 達哉
p.9 「人工光合成による太陽光エネルギーの物質変換」
首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 人工光合成研究センター センター長 特任教授 井上 晴夫
p.10 「光ファイバ中のブリルアン散乱を用いた分布型センシング」
東京工業大学 精密工学研究所 助教 水野 洋輔
p.11 「福島原発事故により放出された放射性核種の環境動態に関する学際的研究」
筑波大学 アイソトープ環境動態研究センター 教授 恩田 裕一
【生物系】
p.12 「ゲノム安定性の構造生物学の新視点」
熊本大学 大学院生命科学研究部 教授 山縣 ゆり子
p.13 「植物ウイルスの病徴誘導におけるRNAサイレンシングの関わり」
北海道大学 大学院農学研究院 助教 志村 華子
p.14 「小型霊長類コモンマーモセットの前臨床モデルの開発」
公益財団法人実験動物中央研究所 マーモセット研究部 部長 佐々木 えりか
p.15 「急性期脳梗塞に対する新規治療標的分子としてのプログラニュリンの有効性」
新潟大学 脳研究所 神経内科 准教授 下畑 享良
p.16 「がんサバイバーシップを先導する看護実践開発研究」
慶應義塾大学 看護医療学部 学部長/教授 小松 浩子
3.科研費からの成果展開事例
p.17 「製鉄副産物である高炉スラグを用いた高耐久性コンクリート部材の開発」
岡山大学 大学院環境生命科学研究科 教授 綾野 克紀
p.17 「カニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」の製造と実用化を見据えた機能の探索」
鳥取大学 大学院工学研究科 准教授 伊福 伸介
4.科研費から生まれたもの
p.18~22 「わが国の光ファイバ通信研究(後編)」
東京工業大学栄誉教授(元学長)、高知工科大学(元学長)と国立情報学研究所(元所長)の各名誉教授 末松 安晴
p.23 5.科研費トピックス

■バックナンバーはこちら

■分野ごとの一覧はこちら
最近の研究成果
科研費からの成果展開事例