お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究概要・成果

科研費NEWSレター

 文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会では、大学や研究機関等で行われる学術研究を支援するため、科研費を交付しています。
 このニュースレターでは、科研費により支援した研究活動における最近の研究成果について、その一部をご紹介します。
 ニュースレターは、2007年(平成19年)から年4回、四半期ごとに発行しています。

 以下よりダウンロード可能(PDF)となっていますので、ご活用下さい。


(2012 VOL.2)

photo_newsletter
一括ダウンロード
全ページ(6.09MB)
p.1 表紙
p.3 1、科研費について
2、最近の研究成果トピックス
【人文・社会系】
p.4 「ヒト特有の心の発達を支える学びのスタイル」
京都大学・教育学研究科・准教授・明和 政子
p.5 「『ヴァーチャル方言』からみえてくる『方言』の価値と位置付け」
日本大学・文理学部国文学科・教授・田中 ゆかり
p.6 「隣の芝効果と『恋人候補』数」
慶應義塾大学・商学部・教授・三橋 平
エッセイ「私と科研費」
p.7 「音声研究へと導いてくれた科研費」
早稲田大学・学事顧問
放送大学学園・理事長・白井 克彦
【理工系】
p.8 「量子流体力学と量子乱流」
大阪市立大学・大学院理学研究科・教授・坪田 誠
p.9 「微小磁石(スピン)の運ぶ情報とエレクトロニクスをつなぐ磁気モノポール」
首都大学東京・大学院理工学研究科・准教授・多々良 源
p.10 「リチウムイオン電池に新材料:配位高分子への期待」
筑波大学・数理物質系・教授・守友 浩
p.11 「分子シャペロン機能を有するナノゲルキャリアの設計と医療応用」
京都大学・大学院工学研究科・教授・秋吉 一成
p.12 「下水処理過程で生成する温室効果ガスの対策」
茨城大学・工学部・准教授・藤田 昌史
エッセイ「私と科研費」
p.13 「個人研究とグループ研究」
筑波大学・生命環境系・教授 
元日本学術振興会・学術システム研究センター・総合・複合新領域主任研究員・渡邉 信
【生物系】
p.14 「個々の細胞の形の左右の歪みが合さって臓器の形を左右非対称に変える」
大阪大学・大学院理学研究科・教授・松野 健治
p.15 「植物の背丈をコントロールするスイッチを発見」
奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科・助教・打田 直行
p.16 「昆虫で初めて幼若ホルモンを持たない変異体を同定」
独立行政法人農業生物資源研究所・主任研究員・大門 高明
p.17 「紫外線高感受性症候群の原因遺伝子の同定とRNAポリメラーゼ修飾機構の解析」
長崎大学・がん・ゲノム不安定性研究拠点(NRGIC)
長崎大学・大学院医歯薬学総合研究科・附属原爆後障害医療研究施設・分子医学研究分野・准教授・荻 朋男
p.18 「ES細胞を用いたパーキンソン病治療のための開発研究」
京都大学・iPS細胞研究所・教授・高橋 淳
エッセイ「私と科研費」
p.19 「中近東世界に於ける考古学的発掘調査」
(財)中近東文化センター附属アナトリア考古学研究所・所長・大村 幸弘
3、科研費から生まれたもの
p.20-24 「環境研究の発展と環境学分野の創成(前編)」
東京大学・生産技術研究所・名誉教授、放送大学・客員教授、東京工業大学・監事、中央環境審議会・会長・鈴木 基之
横浜国立大学・大学院環境情報研究院・教授
(独)日本学術振興会・学術システム研究センター・総合・複合新領域専門調査班・主任研究員・藤江 幸一
p.25 4、科研費からの成果展開事例
p.26-27 5、科研費トピックス

■バックナンバーはこちら

■分野ごとの一覧はこちら
最近の研究成果
科研費からの成果展開事例