お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究成果の公開

科研費NEWSレター

 文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会では、大学や研究機関等で行われる学術研究を支援するため、科研費を交付しています。
 このニュースレターでは、科研費により支援した研究活動における最近の研究成果について、その一部をご紹介します。
 ニュースレターは、2007年(平成19年)から年4回、四半期ごとに発行しています。

 以下よりダウンロード可能(PDF)となっていますので、ご活用下さい。


(2011 VOL.3)

photo_newsletter
一括ダウンロード
全ページ(5.44MB)
p.1 表紙
p.3 1. 科研費について
2.最近の研究成果トピックス
【人文・社会系】
p.4 「巨大洪水や巨大津波の痕跡を検出する研究,そして災害履歴地図へ」
東北学院大学・教養学部・教授・松本 秀明
p.5 「グローバル化と国内政治の関係についての世論調査と政策アクター分析を用いた総合的実証研究」
早稲田大学・政治経済学術院・教授・久米 郁男
p.6 「過去に学び未来を切り拓く災害復興とは」
明治大学・政治経済学研究科・特任教授・中林 一樹
エッセイ「私と科研費」
p.7 「科研費に育てられた情報学の研究」
九州大学・総長・有川 節夫
【理工系】
p.8 「重力マイクロレンズ現象の観測による浮遊惑星の発見」
大阪大学・理学研究科・准教授・住 貴宏
p.9 「放射線で青く光るプラスチックの開発とその応用」
京都大学・原子炉実験所・助教・中村 秀仁
p.10 「熱ルミネッセンスの発見と革新的「有機ラジカルEL」の開発」
大阪府立大学・大学院工学研究科・教授・池田 浩
p.11 「陽極酸化による高規則性ナノポーラスアルミナの創製と機能デバイスへの応用」
首都大学東京・都市環境科学研究科・教授・益田 秀樹
p.12 「半導体における強磁性の研究」
東北大学・電気通信研究所・教授・大野 英男
【生物系】
p.13 「性フェロモン受容体遺伝子がオス蛾の性フェロモン選好性を決める」
東京大学・先端科学技術研究センター・生命知能システム分野・神崎・高橋研究室・
特任助教・櫻井 健志
p.14 「沿岸海域におけるエイ類増加の要因を探る」
長崎大学・大学院水産・環境科学総合研究科・教授・山口 敦子
p.15 「米生産調整の経済分析」
岐阜大学・応用生物科学部・教授・荒幡 克己
p.16 「ラットモデルを用いた筋萎縮性側索硬化症に対する再生医療の開発」
東北大学・大学院医学系研究科・教授・青木 正志
p.17 「アルツハイマー病の新たな病因」
独立行政法人理化学研究所・脳科学総合研究センター・神経蛋白制御研究チーム・
副チームリーダー・斉藤 貴志
3.科研費から生まれたもの
p.18-19 成人T細胞白血病とHTLV発見物語(前編)
(独)日本学術振興会・学術システム研究センター・副所長・黒木 登志夫
p.20-21 4.科研費からの成果展開事例
p.22-23 5.科研費トピックス

■バックナンバーはこちら

■分野ごとの一覧はこちら
最近の研究成果
科研費からの成果展開事例