お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究成果の公開

科研費NEWSレター

 文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会では、大学や研究機関等で行われる学術研究を支援するため、科学研究費補助金を交付しています。
 このニュースレターでは、科研費により支援した研究活動における最近の研究成果について、その一部をご紹介します。
 ニュースレターは年4回、四半期ごとに発行する予定です。

 以下よりダウンロード可能(PDF)となっていますので、ご活用下さい。


(2009 VOL.4)

photo_newsletter
一括ダウンロード
全ページ(18.4MB)
p.1 表紙
p.3 1. 科研費について
2.最近の研究成果トピックス
【人文・社会系】
p.4 キャラクターと言葉をつなぐ「役割語」の研究(大阪大学教授・金水 敏)
p.5 現代中国の階層変動を追いかけて(東京大学教授・園田 茂人)
p.6 大澤本源氏物語に関する研究(財団法人逸翁美術館理事・伊井 春樹)
エッセイ「私と科研費」
p.7 「顧みれば27年間、科研費常習犯」
高エネルギー加速器研究機構機構長・鈴木 厚人
【理工系】
p.8 太陽系外の惑星とその誕生現場を直接に観測する(自然科学研究機構国立天文台准教授・田村 元秀)
p.9 宇宙の不協和音(東京大学教授・横山 順一)
p.10 X線ナノビームの形成と高分解能X線顕微鏡の開発(大阪大学教授・山内 和人)
p.11 バイオ不斉還元法による光学活性アルコールの効率的生産(富山県立大学教授・伊藤 伸哉)
p.12 ガラス系個体電解質を用いた全個体リチウム電池を開発(大阪府立大学教授・辰巳砂 昌弘)
エッセイ「私と科研費」
p.13 「科研費のもう一つの役割-研究成果の社会還元-」
筑波大学名誉教授・白川 英樹
【生物系】
p.14 青色の花の発色の仕組み(名古屋大学准教授・吉田 久美)
p.15 網膜で明暗の識別を司る視覚情報伝達イオンチャンネルを発見(財団法人大阪バイオサイエンス研究所研究部長・古川 貴久)
p.16 栄養の取りすぎは肝臓機能を破綻させ生活習慣病を引き起こす(金沢大学教授・金子 周一)
p.17 ヒト人工染色体技術によるデュサンヌ型筋ジストロフィー遺伝子治療に向けて(鳥取大学教授・押村 光雄)
p.18-19 3.科研費からの成果展開事例
エッセイ「私と科研費」
p.20 「独創研究を育てる研究費として」
東北大学名誉教授・増本 健
p.21-23 4.研究費トピックス

バックナンバーはこちら

分野ごとの一覧はこちら