お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究成果の公開

科研費NEWSレター

 文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会では、大学や研究機関等で行われる学術研究を支援するため、科学研究費補助金を交付しています。
 このニュースレターでは、科研費により支援した研究活動における最近の研究成果について、その一部をご紹介します。
 ニュースレターは年4回、四半期ごとに発行する予定です。

 以下よりダウンロード可能(PDF)となっていますので、ご活用下さい。


(2009 VOL.3)

photo_newsletter
一括ダウンロード
全ページ(14.5MB)
p.1 表紙
p.3 1. 科研費について
2.最近の研究成果トピックス
【人文・社会系】
p.4 モンゴル帝国興亡史に学ぶ地球環境問題(新潟大学教授・白石 典之)
p.5 成熟市民社会日本に相応しい企業・金融・資本市場法制を創造する(早稲田大学法学部長・上村 達男 )
p.6 脳死・臓器移植問題から「人間改造」問題へ(東京大学教授・島薗 進)
エッセイ「私と科研費」
p.7 「日本の学術の未来可能性を切り開くカギ」
人間文化研究機構総合地球環境学研究所所長・立本 成文
【理工系】
p.8 世界一薄いナノ絆創膏(早稲田大学教授・武岡 真司)
p.9 ヒューマノイドロボットの全身ダイナミック接触行動知能の研究(東京大学教授・國吉 康夫)
p.10 原子一個の磁気情報を直接観察する技術の開発(大阪大学特任教授・菅 滋正)
p.11 気体を分離、貯蔵する新しい多孔性物質の開発(京都大学副拠点長・北川 進)
エッセイ「私と科研費」
p.12 「両側から見た科研費-申請と審査-」
物質・材料研究機構理事長 潮田 資勝
【生物系】
p.13 カッコウのヒナを排除する仮親がいた-オーストラリアでの新発見-(立教大学理学部教授・上田 恵介)
p.14 ヒト血液から極めて短期間に高品質抗体を作るシステムを開発(富山大学教授・村口 篤)
p.15 自閉症ヒト型モデルマウスの開発(広島大学教授・内匠 透)
p.16 発熱するザゼンソウ-大量のミトコンドリアを発見-(岩手大学機関研究員・稲葉(伊東)靖子)
p.17 イネの洪水耐性メカニズムを解明する(名古屋大学教授・芦苅基行)
エッセイ「私と科研費」
p.18 「-領域研究に支えられて-」
奈良先端科学技術大学院大学長 磯貝 彰
p.19 「科研費について思うこと」
北海道大学名誉教授 大塚 榮子
p.20-21 3.科研費からの成果展開事例
p.22-23 4.科研費トピックス

バックナンバーはこちら

分野ごとの一覧はこちら