お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課、研究事業課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

日本学術振興会からのお知らせ
BACK 科学研究費助成事業に係る研究活動の不正行為について

科学研究費助成事業に係る研究活動の不正行為について

   本会は、「研究活動の不正行為及び研究資金の不正使用等への対応に関する規程」(平成18年12月6日規程第19号。以下「規程」という。)に基づき検討を行った結果、科学研究費助成事業に係る研究活動の不正行為を行った以下の研究者に対し、措置を講ずることとしました。

Ⅰ.江本 正志(元群馬大学教授)
Ⅱ.三浦 典正(元鳥取大学准教授)
Ⅲ.山﨑 雅英(元金沢大学講師)
Ⅳ.山水 康平(京都大学特定拠点助教)


  • 措置の対象者
    山﨑 雅英 元講師(金沢大学医薬保健研究域)


  • 措置の内容
       平成30年度から平成33年度の4年間、本会の所管する全ての競争的資金等への応募・申請を制限する。


  • 不正行為が行われた競争的資金及び交付額

    研究種目:奨励研究(A)
    研究課題名:抗リン脂質抗体症候群における抗プロトロンビン抗体の多様性の病的意義の解明
    交付額:平成12年度~平成13年度 2,300千円


    研究種目:基盤研究(C)
    研究課題名:ループスアンチコアグラント対応抗原の多様性と接着分子を介する血栓形成機序の解明
    交付額:平成14年度~平成15年度 3,600千円


    研究種目:基盤研究(C)
    研究課題名:抗リン脂質抗体の誘導・発症に及ぼす接着分子の関与:接着分子KOマウスを用いた検討
    交付額:平成17年度~平成18年度 3,500千円


    研究種目:基盤研究(C)
    研究課題名:抗リン脂質抗体症候群におけるB細胞をターゲットとした新規治療法の開発
    交付額:平成19年度~平成20年度 4,550千円


    研究種目:基盤研究(C)
    研究課題名:杭リン脂質杭体症候群関連妊娠初期習慣性流産の責任抗体の同定と新規治療法の開発
    交付額:平成21年度~平成22年度 2,990千円


  • 不正行為の内容
       調査機関による調査の結果、山﨑雅英元講師は、筆頭演者を務めた学会発表抄録27報において、捏造、改ざんを行ったと認定された。


  • 研究機関が行った調査結果
    別添 研究機関が行った調査結果(概要)[PDF]のとおり