お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課、研究事業課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

日本学術振興会からのお知らせ
BACK 科学研究費助成事業に係る研究活動の不正行為について

科学研究費助成事業に係る研究活動の不正行為について

   本会は、「研究活動の不正行為及び研究資金の不正使用等への対応に関する規程」(平成18年12月6日規程第19号。以下「規程」という。)に基づき検討を行った結果、科学研究費助成事業に係る研究活動の不正行為を行った以下の研究者に対し、措置を講ずることとしました。

Ⅰ.江本 正志(元群馬大学教授)
Ⅱ.三浦 典正(元鳥取大学准教授)
Ⅲ.山﨑 雅英(元金沢大学講師)
Ⅳ.山水 康平(京都大学特定拠点助教)


  • 措置の対象者
    江本 正志 元教授(群馬大学大学院保健学研究科)


  • 措置の内容
       平成30年度から平成32年度の3年間、本会の所管する全ての競争的資金等への応募・申請を制限する。


  • 不正行為が行われた競争的資金及び交付額

    研究種目:基盤研究(C)
    研究課題名:各種病原微生物感染症におけるVα14^+NKT細胞の役割解明と医療への応用
    交付額:平成17年度~平成18年度 3,700千円


  • 不正行為の内容
       調査機関による調査の結果、江本正志元教授が責任著者を務めた4編の論文(うち科学研究費助成事業に関連するものは1編の論文)で改ざんが行われたと認定された。また、江本正志元教授は、当該不正行為に関与したとまでは認定されなかったものの、不正行為があったと認定された研究に係る論文の責任者としての注意義務を怠ったこと等により、当該論文の内容について一定の責任を負う著者として認定された。


  • 研究機関が行った調査結果
    別添 研究機関が行った調査結果(概要)[PDF]のとおり