お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

日本学術振興会からのお知らせ
【特別推進研究・基盤研究・挑戦的萌芽研究・若手研究・研究活動スタート支援】
BACK 平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(特別推進研究、基盤研究、挑戦的萌芽研究、若手研究、研究活動スタート支援))の交付決定について

平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(特別推進研究、基盤研究、挑戦的萌芽研究、若手研究、研究活動スタート支援))の交付決定について

 このたび、平成23年6月30日付けで基盤研究(A・B)、若手研究(A)の新規・継続課題及び特別推進研究、基盤研究(S・C)、挑戦的萌芽研究、若手研究(S・B)、研究活動スタート支援の継続課題について交付の決定を行い、平成23年7月1日付けで所属する研究機関代表者経由で各研究代表者に対して通知しました。
 研究代表者及び研究分担者におかれては、交付決定通知書の補助条件を確認のうえ、適切に補助事業を遂行してください。 (※補助条件は別送となります。)
 なお、平成23年3月11日に発生した東日本大震災により甚大な被害が生じたことから緊急に財源確保が求められる可能性があり、今後の状況によっては交付額の減額変更を行う可能性があります。この場合、各研究課題の本年度交付する補助金の額は、今回の交付決定額にかかわらず減額されることとなりますので、当面、各研究者には、補助金の慎重な執行に留意していただくことが求められます。
 また、国の財政事情に鑑み、本年度は、全ての研究課題について分割払いを行うこととなります。まずは、各研究課題の交付決定額の一部(交付決定額の7割に相当する額)を支出する予定ですので、各研究機関におかれては、「平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)の受領金額の送金請求について」を作成の上、提出願います。本様式の提出期限や各研究機関における今回受領予定額及び各研究課題の支払予定額については、別途連絡します。

交付決定後の様式(様式B・C)(平成23年度)

学振研究者使用ルール(補助条件)(平成23年度)

補助事業遂行にあたっての留意点

交付決定後の各種手続きにおける留意点

請求書様式

(記入例)請求書様式