お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

日本学術振興会からのお知らせ

平成16年度学術創成研究費新規研究課題一覧

 各研究課題について、推薦者名、推薦の観点、推薦理由を公表しています。
 推薦の観点と推薦理由は、推薦者が作成し、平成15年9月に日本学術振興会に提出した 平成16年度科学研究費補助金(学術創成研究費)推薦書に記載されたものです。
 推薦者の所属等につきましては、推薦を依頼した平成15年7月14日現在のものであり、その後の異動により現在の所属先と異なっていることもあります。

研究課題名 研究代表者 推薦者 推薦の観点
推薦理由
弥生農耕の起源と東アジア-炭素年代測定による高精度編年体系の構築- 西本 豊弘(国立歴史民俗博物館・考古研究部・教授) 樺山 紘一(国立西洋美術館・館長) pdf
電子線ビームによるハイパー原子核分光研究の展開 橋本 治(東北大学・大学院理学研究科・教授) 鈴木 厚人(東北大学・大学院理学研究科・教授) pdf
ソフトマター:多自由度・階層系の協同的機能発現の新しい基本原理 田中 肇(東京大学・生産技術研究所・教授) 小貫 明(京都大学・大学院理学研究科・教授) pdf
安全・安心の為のファイバセンサフォトニクス-光ファイバ神経網技術の極限性能追求- 保立 和夫(東京大学・大学院工学系研究科・教授) 大津 元一(東京工業大学・大学院総合理工学研究科・教授) pdf
ナノ構造と活性アニオンを利用した透明酸化物の機能開拓 細野 秀雄(東京工業大学・応用セラミックス研究所・教授) 総合研究連絡会議 pdf
生態系ダイナミズムに着目した物質探索法 上村 大輔(名古屋大学・大学院理学研究科・教授) 野依 良治(名古屋大学・物質科学国際研究センター・センター長) pdf
電子共役系有機構造体の創製と機能開発 檜山 爲次郎(京都大学・大学院工学研究科・教授) 総合研究連絡会議 pdf
惑星探査用次世代超高感度極微量質量分析システムの開発 石原 盛男(大阪大学・大学院理学研究科・助教授) 総合研究連絡会議 pdf
パルス中性子源を活用した量子機能発現機構に関する融合研究 池田 進(高エネルギー加速器研究機構・物質構造科学研究所・教授) 小間 篤(高エネルギー加速器研究機構・物質構造科学研究所・所長) pdf
高高度気球を用いた微小重力実験装置の開発 橋本 樹明(独立行政法人宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究本部宇宙探査工学研究系・助教授) 井上 一(宇宙科学研究所・宇宙圏研究系・教授) pdf
電子機能物質における自己組織化の解明と応用 加藤 礼三(独立行政法人理化学研究所・分子物性化学研究室・主任研究員) 川合 真紀(理化学研究所・中央研究所・主任研究員) pdf
核・オルガネラコンソーシアムによる真核細胞の構築原理の研究 田中 寛(東京大学・分子細胞生物学研究所・助教授) 黒岩 常祥(立教大学・理学部・教授) pdf
生体パターン形成原理の実験的ならびに数理解析的解明 近藤 滋(名古屋大学・大学院理学研究科・教授) 本庶 佑(京都大学・大学院医学研究科・研究科長) pdf
機械受容チャネルを核としたメカノバイオロジーの創成 曽我部 正博(名古屋大学・大学院医学系研究科・教授) 郷 通子(長浜バイオ大学・バイオサイエンス学部・学部長) pdf
糖鎖生物学と神経科学の融合による神経糖鎖生物学領域の創成 岡 昌吾(京都大学・大学院薬学研究科・助教授) 西村 紀(株式会社島津製作所・ライフサイエンス研究所・所長) pdf
脳における運動制御のための情報処理機構の解明 河野 憲二(京都大学・大学院医学研究科・教授) 成宮 周(京都大学・大学院医学研究科・教授) pdf
寿命と発生を制御するシグナル伝達ネットワーク 西田 栄介(京都大学・大学院生命科学研究科・教授) 月田 承一郎(京都大学・大学院医学研究科・教授) pdf
生体内における細胞外マトリックス・リモデリングの役割と制御機構の解明 野田 亮(京都大学・大学院医学研究科・教授) 鍋島 陽一(京都大学・大学院医学研究科・教授) pdf
オートファジー性神経細胞死の分子細胞生物学的研究 内山 安男(大阪大学・大学院医学系研究科・教授) 津本 忠治(大阪大学・大学院医学系研究科・教授) pdf
植物自家不和合性の分子基盤 磯貝 彰(奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科・教授) 横田 明穂(奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科・教授) pdf

 
 PDFはAdobeAcrobatで作成しています。(アドビ社の”Acrobat Reader Ver.4.0”以上を使用して見ることが出来ます。このソフトウェアは、無料で入手することができます。まだインストールされていない方は、下のボタンをクリックして下さい。)
Get Acrobat Reader