寄付金事業

学術関係国際会議開催募金事務の受託

 我が国で開催される国際会議で一定の基準を満たす場合、振興会が主催者に代わり、①「指定寄附金による募金」又は②「特定公益増進法人としての募金」の事務を行うことにより、寄附者が税制上の優遇措置を受けられるように協力しています。 なお、優遇措置を受けるためには寄附者自身が確定申告を行う必要があります。詳細については、お近くの税務署や税理士にお問い合わせください。

寄附金の種類

① 指定寄附金による募金

国際会議の主催者が法人格を有しない場合、本会が募金団体となって財務省から指定寄附金の指定を受けるものです。

<受託基準>

(1) 文部科学省の後援、又は日本学術会議との共同開催となっていること。
(2) 法人格のない団体(任意の学会あるいは組織委員会)が主催するものであること。
(3) 我が国で開催することが、我が国及び世界の学術の進歩向上に著しく貢献するとともに、学術の国際交流に寄与するものと認められること。
(4) 我が国で開催することについて、国際学術団体又は国際学会において決議されるなど強い要請があること。
(5) 国際学術団体又は国際学会の定款等において継続的に開催されるものであることが明らかにされているものであること。
(6) 国際会議の規模が次の基準をすべて満たしていること。
ア 参加者数  外国人参加者200人以上、国内参加者200人以上
イ 参加国数   20カ国以上
ウ 寄附見込み先  50社以上
エ 募金目標額  3,000万円以上
(7) 総経費の相当部分(少なくとも寄附金募集額以上)を参加者から徴収する参加費で充当すること。
(8) 国際会議の運営(経理事務等)を適切に行う体制が整っていること。

② 特定公益増進法人としての募金

国際会議の主催団体が法人格を有しない場合や、法人であっても「特定公益増進法人」の認定を受けていない場合に、本会が募金団体になることで、寄附者が税制上の優遇措置を受けられるようにするものです。

<受託基準>

(1) 我が国で開催される学術に関する国際会議で、我が国及び世界の学術の進展並びに学術の国際交流の促進に著しく貢献すると認められるものであること。
(2) 主催者が次のいずれかに該当するものであること。
ア 法人格を有しない任意の学術に関する団体
イ 学術関係者で組織される組織委員会
ウ 特定非営利活動法人(認定特定非営利活動法人又は仮認定特定非営利活動法人を除く)、一般社団法人及び一般財団法人の学術に関係する団体
(3) 国際会議の規模が次の条件をすべて満たすものであること。
ア 参加者数   200人以上(うち、外国人参加者が概ね50人以上)
イ 参加国数  10カ国以上
ウ 募金目標額  1,000万円以上で、かつ、募金目標額の達成が確実に見込まれること。
エ 上記ア~ウの規模に準ずるものであって、日本学術振興会が適当と認めるもの。
(4) 国際会議の運営(経理事務等)を適切に行う体制が整っていること。

募金事務の依頼方法

募金事務の委託を検討されている方は、ホームページから様式をダウンロードして申請書類を作成し、日本学術振興会経理課経理係(keiri★jsps.go.jp ※送信時に★を@に置き換えてください)までメールで提出してください。提出された書類をもとに本会で審議し、受託の可否を決定します。  
募金の受付可能期間は、会議開催の2年前(指定寄附金の場合は1年前)から会議終了日までの任意の期間です。申請書類は希望する募金受付開始日の2ヶ月程度前を目安に、余裕をもって提出してください。

事務手続きの流れ

国際会議の募金事務委託を希望する会議主催団体の方は、所定の申請書類を本会にお送りください。この申請書類は、募金活動のために使用する募金趣意書の原稿になるものです。
会議を受託することが決定したら、主催団体へ通知するとともに、本会で寄附金用の銀行口座を作成します。また、募金趣意書と寄附申込書を印刷して、主催団体へ発送します。
主催団体から、企業・団体等に寄附の呼びかけを行ってください。
会議の趣旨に賛同した寄附者から、本会の寄附金用口座に寄附金が入金されます。
寄附金の入金を確認したら、本会は寄附者へ寄附金の領収書を送付します。この領収書は寄附者が確定申告を行う際の証拠書類となります。
集まった寄附金は主催団体に送金します。送金は会議終了後に一括して行いますが、特に必要のある場合は開催前に送金することも可能です。
会議終了後2年以内に、主催団体で会議の報告書を作成していただきます。また、会議運営にかかる経理処理について公認会計士の監査を受け、監査証明書を本会に提出してください。
⑦の報告書を印刷し、寄附者に発送してください。

申請書類ダウンロード

様式1 依頼書 Wordファイル
様式2 組織委員会規則 Wordファイル
様式3 募金委員会運営規則 Wordファイル
様式4-1 募金趣意書 Wordファイル
様式4-2 趣意書所要経費概算 Excelファイル
様式5 所要経費概算明細書 Excelファイル
様式6 募金従事者 Excelファイル
様式7 募金見込先一覧 Excelファイル
様式8    資金の使途及び源泉の内容 Excelファイル

送付先 keiri★jsps.go.jp (送信時に★を@に置き換えてください)

FAQ よくある質問と回答

どのような分野の会議でも募金事務を申し込めますか。
主催団体の性格と会議の規模が受託の基準を満たしていれば、会議の分野にかかわらず申し込めます。本会ではこれまでに人文・社会科学、自然科学の様々な分野の会議を受託しています。

(参考)近年の国際会議受託実績

開催期間 会議名 開催地
H29.8.18-20 第73回国際財政学会年次大会 東京大学、国際ファッションセンター
(東京都文京区、渋谷区)
H28.10.24-28 第40回国際外科学会世界総会 国立京都国際会館
(京都府京都市)
H28.10.23-26 2016年国際ゴム技術会議 北九州国際会議場/西日本総合展示場
(福岡県北九州市)
H25.7.20-24 国際火山学地球内部化学協会2013年学術総会 かごしま県民交流センター他
(鹿児島県鹿児島市)
H25.6.3-7 国際コモンズ学会第14回北富士大会 ふじさんホール他
(山梨県富士吉田市)
募金事務が受託されれば、寄附の依頼や会議開催にかかる経理もすべて振興会に代行してもらえるのですか。
本会で代行する事務手続きは、募金趣意書等の印刷、寄附金の受付、寄附者への領収書発行です。寄附の依頼や会議開催にかかる経理については、主催団体で行ってください。
委託手数料は必要ですか。
手数料は徴収しませんが、募金趣意書や領収書の印刷、発送にかかる経費を寄附金から負担していただきます。
寄附金の入金状況を教えてほしい。
募金受付期間中は月に一度、前月に入金された寄附金の金額と寄附者のお名前をお知らせします。