お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
国際事業部 研究協力第一課
「先端研究拠点事業」担当
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-2316
FAX03-3234-3700
MAILcore-to-core@jsps.go.jp

先端研究拠点事業

拠点形成型

終了課題一覧

*採用番号に「*」が付してある課題は、国際戦略型に移行した課題です。
*拠点機関名は、各機関のホームページにリンクしています。

平成23年度採用拠点機関一覧

採用番号 研究交流課題名 日本側研究拠点機関名 コーディネーター 交流相手国 相手国側研究拠点機関名 採用期間
23001* サステイナビリティ学国際ネットワークの展開 東京大学
サステイナビリティ学連携研究機構
教授
住 明正
スイス スイス連邦工科大学チューリッヒ校 2011.4.1~2013.3.31
スウェーデン チャルマーズ工科大学
米国 アリゾナ州立大学
イタリア ローマ大学
23002* ソフトマターの非平衡ダイナミクスに関する国際研究ネットワーク 京都大学
大学院理学研究科
教授 
太田 隆夫
ドイツ デュッセルドルフ大学 2011.4.1~2013.3.31
フランス 原子エネルギーコミッション
23003* 医学物理研究教育拠点の形成 大阪大学
大学院医学系研究科
教授 
松浦 成昭
(平成24年度以降)
教授 
手島 昭樹
(平成23年度以前)
米国 インディアナ大学 2011.4.1~2013.3.31
オランダ グロニンゲン大学
23004 ナノカーボンテラヘルツ化学 大阪大学
レーザーエネルギー学研究センター
教授 
斗内 政吉
米国 ライス大学 2011.4.1~2013.3.31
ドイツ ドレスデンーロッセンドルフ研究所
          

平成22年度採用拠点機関一覧

 

採用番号 研究交流課題名 日本側研究拠点機関名 コーディネーター 交流相手国 相手国側研究拠点機関名 採用期間
22001* 実験室と宇宙のプラズマの自己組織化に関する国際連携 東京大学
大学院新領域創成科学研究科
教授 
小野 靖
米国 プリンストン大学 2010.4.1~2012.3.31
イタリア パドバ大学
英国 カラム科学研究所
22002* TGF-βファミリーシグナル国際共同研究拠点 東京大学
大学院医学系研究科
教授 
宮園 浩平
スウェーデン ウプサラ大学 2010.4.1~2012.3.31
オランダ ライデン大学
22003* イオン化誘起分子スイッチング 東京工業大学
資源化学研究所
教授 
藤井 正明
英国 マンチェスター大学 2010.4.1~2012.3.31
ドイツ ベルリン工科大学
22004 ケミカルジェネティクスとプロテオノミクスの国際連携計画 京都大学
大学院医学研究科
教授 
武田 俊一
米国 国立衛生研究所(NIH) 2010.4.1~2012.3.31
スイス チューリッヒ大学
          

平成21年度採用拠点機関一覧

          
採用
番号
研究交流課題名 日本側研究拠点機関名 コーディ
ネーター
交流
相手国
相手国側研究拠点機関名 コーディ
ネーター
採用期間
21001* 超高速光通信に関する拠点形成 東北大学
電気通信研究所
教授 
中沢 正隆
ドイツ ハインリッヒ・ヘルツ研究所 Dr. Colja Schubert 2009.4.1

2011.3.31
英国 サザンプトン大学 Prof. David Richardson
デンマーク デンマーク工科大学 Prof. Palle Jeppesen
21002* 電子・光子ビームによるストレンジネス物理国際連携研究プラットフォームの構築 東北大学
大学院理学研究科

教授
田村 裕和
(平成24年度以降)
教授 
橋本 治
(平成23年度以前)
米国 ジェファーソン国立加速器研究施設 Prof. Liguang Tang 2009.4.1

2011.3.31
イタリア ローマ原子力機関 Prof. Franco Garibaldi
ドイツ マインツ大学 Prof. Josef Pochodzalla
21003* 遺伝子・細胞・組織工学の国際的技術を集結させた心筋組織の構築と心不全治療への応用 大阪大学
大学院医学系研究科
教授 
澤 芳樹
フィンランド ヘルシンキ大学 Prof. Ari Harjula 2009.4.1

2011.3.31
ドイツ ハノーファー医科大学 Prof. Axel Haverich
21004 グリアーニューロン相互作用をターゲットとした難治性疼痛発症機序解明と創薬への展開 九州大学
大学院薬学研究院
教授 
井上 和秀
米国 ハーバード大学 Assoc.Prof. Ru-Rong Ji 2009.4.1

2011.3.31
カナダ トロント大学 Prof. Mike Salter

平成20年度採用拠点機関一覧

採用
番号
研究交流課題名 日本側研究拠点機関名 コーディ
ネーター
交流
相手国
相手国側研究拠点機関名 コーディ
ネーター
採用期間
20001 血流・血管・材料における界面流動ダイナミクスの先進医工国際研究コンソーシアム形成 東北大学
流体科学研究所
准教授
太田 信
スイス ジュネーブ大学 Prof. Daniel Ruefenacht 2008.4.1

2010.3.31
フランス 国立中央理工科学校リヨン校 Prof. Philippe Kapsa
オーストラリア シドニー大学 Prof. Masud Behnia
米国 シラキュース大学 Prof. Hiroshi Higuchi
20002* 最先端マイクロ・ナノ化学国際研究拠点形成 東京大学
大学院工学系研究科
教授
北森 武彦
スウェーデン ウプサラ大学 Prof. Ulf Landegren 2008.4.1

2010.3.31
オーストラリア 南オーストラリア大学 Prof, John Ralston
20003* シリコンフォトニクスによる電子・光融合に関する研究 東京大学
大学院工学系研究科
教授
和田 一実
米国 マサチューセッツ工科大学 Prof. Lionel Kimering 2008.4.1

2010.3.31
ベルギー Ghent大学 Prof. Y. Baets
20004* 生物多様性を維持促進する生物間相互作用ネットワーク-ゲノムから生態系まで- 京都大学
生態学研究センター
教授
高林 純示
ドイツ マックスプランク化学生態学研究所 Prof. Wilhelm Boland 2008.4.1

2010.3.31
カナダ 西オンタリオ大学 Prof. Jeremy McNeil
オランダ アムステルダム大学 Prof. Maurice Sabelis
米国 ミネソタ大学ドルース校 Prof. Timothy Craig
 
 

平成19年度採用拠点機関一覧

採用
番号
研究交流課題名 日本側研究拠点機関名 コーディ
ネーター
交流
相手国
相手国側研究拠点機関名 コーディネーター 採用期間
19001* 暗黒エネルギー研究国際ネットワーク 東京大学
理学系研究科
教授
須藤 靖
英国 エジンバラ大学 Prof. John. Peacock 2007.4.1

2009.3.31
米国 カリフォルニア工科大学 Prof. Richard. Ellis
19002 有機エレクトロニクス関連薄膜・界面の電子構造と電子過程 名古屋大学
理学研究科
准教授
大内  幸雄
米国 プリンストン大学 Prof. Antoine. Kahn 2007.4.1

2009.3.31
ドイツ ビュルツブルグ大学 Prof, Friendrich. Reinert
スウェーデン リンシェーピン大学 Prof. William. Salaneck
19003* 高いエネルギー密度状態の科学 大阪大学
工学系研究科
教授
兒玉 了祐
英国 ラザフォードアップルトン研究所 Prof. Peter. Norreys 2007.4.1

2009.3.31
フランス エコール・ポリテクニーク Dr. Michel. Koenig
米国 カリフォルニア大学バークレー校 Prof. Jonathan. Wurtele
19004* 生体レドックスの磁気共鳴分子イメージング拠点形成 九州大学
薬学研究院
教授
内海 英雄
米国 オハイオ州立大学 Dr. Periannan. Kuppusamy 2007.4.1

2009.3.31
英国 アバディーン大学 Prof. David. Lurie
 

平成18年度採用拠点機関一覧

採用
番号
研究交流課題名 日本側研究拠点機関名 コーディ
ネーター
交流
相手国
相手国側研究拠点機関名 コーディネーター 採用期間
18001 知識メディア技術を用いた学術情報の知識の高度な連携・活用・流通に関する拠点形成 北海道大学
情報科学研究科
教授
田中 譲
フランス パリ南大学 Prof. Spyratos Nicolas 2006.4.1

2008.3.31
ドイツ ライプチヒ応用科学大学 Dr. Jantke Klaus-Peter
EU 欧州情報処理数学研究コンソーシアム Dr. Le Dantec Bruno
カナダ カルガリ大学 Prof. Waters Nigel
18002* エキゾチック・フェムトシステム研究国際ネットワーク 東京大学
大学院理学系研究科
教授
大塚 孝治
米国 オークリッジ国立研究所 Dr. Nazarewicz Witold 2006.4.1 

2008.3.31
ドイツ 重イオン科学研究所 Dr. Langanke Karlheinz
フランス 国立重イオン大型加速器研究所 Dr. Gales Sydney
フィンランド ユバスキラ大学 Prof. Julin Rauno
イタリア パドヴァ大学 Prof. Signorini Cosimo
18003 多重機能分子性物質の開拓と分子素子への発展
東京工業大学
理工学研究科
教授
榎 敏明
フランス レンヌ第一大学 Dr. Ouahab Lahcene 2006.4.1

2008.3.31
18004* 先進微粒子ハンドリング科学 京都大学
工学研究科
教授
東谷 公
米国 フロリダ大学 Prof. Moudgil Brij 2006.4.1

2008.3.31
英国 リーズ大学 Prof. Biggs Simon
オーストラリア メルボルン大学 Prof. Stevens Geoff
18005* 数論幾何・モチーフ理論・ガロア理論の新展開と、その社会的実用 広島大学
大学院理学研究科
教授
松本 眞
米国 デューク大学 Prof. Hain Richard 2006.4.1

2008.3.31
イタリア パドヴァ大学 Prof. Chiarellotto Bruno
フランス パリ11大学Orsay Prof. Jean-Marc Fontaine
18006* 幹細胞生物学・再生医学の拠点連携 慶應義塾大学
医学部
教授
須田 年生
スウェーデン ルンド大学 Prof. Jacobsen Sten 2006.4.1

2008.3.31
 
 

平成17年度採用拠点機関一覧

採用
番号
研究交流課題名 日本側研究拠点機関名 コーディ
ネーター
交流
相手国
相手国側研究拠点機関名 コーディネーター 採用期間
17001 シベリアタイガ永久凍土地帯における環境変動の兆候の広域評価 北海道大学
北方生物圏フィールド科学センター
教授
笹 賀一郎
ドイツ マーティンルター大学ハレ・ヴィッテンベルグ Dr. Guggenberger 2005.4.1

2007.3.31
17002 環境調和型アクティブメタルプロセスの開発 東京大学
生産技術研究所
助教授
岡部 徹
米国 マサチューセッツ工科大学 Prof. Donald Sadoway 2005.4.1

2007.3.31
英国 ケンブリッジ大学 Prof. D. J. Fray
17003 最強度DCミュー粒子ビームを用いたレプトンフレーバー物理研究の国際的推進 東京大学
素粒子物理国際研究センター
教授
森 俊則
イタリア ピサ大学 Prof. Carlo Bemporad 2005.4.1

2007.3.31
スイス ポールシェラー研究所 Prof. Ralph Eichler
17004* サブミリ波とガンマ線による星間物質の先端的研究拠点の構築 名古屋大学
理学研究科
教授
福井 康雄
米国 スタンフォード大学 Prof. Tsuneyoshi Kamae 2005.4.1

2007.3.31
ドイツ ケルン大学 Prof. Juergen Stutzki
17005* ヒト疾患関連機能グライコミクスイニシアティブ 大阪大学 教授
谷口 直之
米国 スクリップス研究所 Prof. James Paulson 2005.4.1

2007.3.31
ドイツ ドイツ癌研究センター Prof. Wilhelm von der Lieth
17006 計算機ナノマテリアルデザイン 大阪大学 教授
吉田 博
フランス 国立中央科学研究所 Prof. Frederic Petroff 2005.4.1

2007.3.31
ドイツ ユーリッヒ研究所 Prof. Peter Dederichs
英国 ダレスバリー研究所 Prof. Walter Temmerman
17007 新規典型元素化合物の創製とその応用 広島大学
理学研究科
教授
山本 陽介
米国 アラバマ大学 Prof. Anthony Arduengo, I I I 2005.4.1

2007.3.31
ドイツ ベルリン自由大学 Proof. Konrad Seppelt
17008 再生医療本格化のための最先端組織工学・再生医学研究拠点形成を実現する国際交流
東京女子医科大学
医科学研究所
教授
岡野 光夫
米国 ハーバード大学医学部ブリガム病院 Prof. Charles Vacanti 2005.4.1

2007.3.31
17009 圧力を用いる蛋白質構造とダイナミックスへの新しいアプローチ 近畿大学
生物理工学部
教授
赤坂 一之
米国 ロスアラモス国立研究所 Dr. Hans Frauenfelder 2005.4.1

2007.3.31
フランス 国立生理学医学研究所 Dr. Catherine Royer
ドイツ レーゲンスブルグ大学 Prof. Hans-Robert Kalbitzer
 

平成16年度採用拠点機関一覧

採用
番号
研究交流課題 日本側研究拠点機関名 コーディ
ネーター
交流
相手国
相手国側研究拠点機関名 コーディネーター 採用期間
16001 計算素粒子物理学の国際研究ネットワークの形成 筑波大学
計算科学研究センター
教授
宇川  彰
米国 フェルミ国立加速器研究所 Dr. Paul Mackenzie 2004.4.1

2006.3.31
英国 エディンバラ大学 Prof. Richard Kenway
ドイツ ドイツ電子シンクロトン Dr. Karl Jansen
16002* 超高速強光子場科学 東京大学
理学系研究科
教授
山内 薫
カナダ ラバル大学 Prof. See Leang Chin 2004.4.1

2006.3.31
フランス 原子エネルギー研究機構 Dr. Didier Normand
ドイツ イエナ・フリードリッヒ=シラー大学 Dr. Roland Sauerbrey
イタリア パレルモ大学 Prof. Gaetano Ferrante
英国 ストラスクライデ大学 Prof. Kenneth Ledingham
米国 ミシガン大学 Prof. Gerard Mourou
16003* 骨・軟骨疾患の先端的分子病態生理学研究の国際的拠点形成
東京医科歯科大学
難治疾患研究所
教授
野田 政樹
米国 ハーバード大学 Prof. Henry Morris Kronenberg 2004.4.1

2006.3.31
カナダ トロント大学 Prof. Jane E. Aubin
オーストリア 分子病理学研究所 Prof. Erwin Wagner
16004 21世紀の「開発支援と法」研究 名古屋大学
法政国際教育協力研究センター
教授
鮎京 正訓
米国 ウイスコンシン州立大学 Prof. Charles R. Irish 2004.4.1

2006.3.31
コーネル大学 Dr. Thomas R. Bruce
スウェーデン ルンド大学 Prof. Christian Hathen
16005 胸腺器官発生の分子機構 徳島大学
ゲノム機能研究センター
教授
高浜 洋介
スイス バーゼル大学 Prof. Georg Andreas Hollander 2004.4.1

2006.3.31
オランダ ライデン大学 Prof. Willem van Ewijk
オーストラリア モナシュ大学 Assoc. Prof. Richard L. Boyd
米国 マイアミ大学 Prof. Howard T. Petrie
英国 バーミンガム大学 Reader Graham Anderson
16006* 最新情報技術を活用した国際ヴァーチャル天文台の我が国における拠点形成 自然科学研究機構
国立天文台
助教授
大石 雅寿
ドイツ ヨーロッパ南天天文台 Dr. Peter Joseph Quinn 2004.4.1

2006.3.31
英国 ケンブリッジ大学 Dr. Nicholas Andrew Walton
米国 宇宙望遠鏡科学研究所 Dr. Robert James Hanisch
16007 コンビナトリアル手法による新材料開発とその情報化'に関する国際協力体制の構築 独立行政法人
物質・材料研究機構
ディレクター
知京 豊裕
米国 ワシントン大学 Prof. Fumio Ohuchi 2004.4.1

2006.3.31
ドイツ マックスプランク金属研究所 Dr. Thomas Wagner
 

平成15年度採用拠点機関一覧

採用
番号
研究交流課題名 日本側研究拠点機関名 コーディ
ネーター
交流
相手国
相手国側研究拠点機関名 コーディネーター 採用期間
15001* 人間の進化の霊長類的起源 京都大学
霊長類研究所
教授
松沢 哲郎
ドイツ マックスプランク進化人類学研究所 Dr. Michael Tomasello 2004.2.1

2006.1.31
米国 ハーバード大学 Prof. Richard Wrangham
15002* 超伝導ナノサイエンスと応用 筑波大学
数理物質科学研究科
教授
門脇 和男
EU ルーベン カソリック大学 Prof. Victor V. Moshchalkov 2004.2.1

2006.1.31
米国 アルゴンヌ国立研究所 Dr. Wai Kwang Kwok
15003 次世代がん治療を目指した放射線の生命現象の分子レベルでの解析 京都大学
放射線生物研究センター
教授
小松 賢志
米国 ローレンス・リバモア国立研究所 Dr. Larry H. Thompson 2004.2.1

2006.1.31
英国 ケンブリッジ大学 Prof. Ashok R. Venkitaraman
ドイツ ドイツ放射線生物学研究所 Dr. Jean-Marie Buerstedde
オランダ エラスムス大学 Dr. Dik van Gent
イタリア イタリア国立腫瘍学研究所 Prof. Domenico Delia
オーストラリア クイーンズ州医学研究所 Prof. Martin Lavin
15004 アフリカツメガエル/西洋ツメガエルを用いた機能ゲノム学の推進 自然科学研究機構
基礎生物学研究所
教授
上野 直人
米国 カリフォルニア大学アーバイン校 Prof. Ken W.-Y. Cho 2004.2.1

2006.1.31
カナダ カルガリー大学 Assoc. Prof. Peter D. Vize
英国 ウェルカム財団/癌研究所 Dr. Enrique Amaya
15005 最先端ミュオン・ポジトロンビームの開発 高エネルギー加速器研究機構
物質構造科学研究所
教授
永嶺 謙忠
米国 カリフォルニア大学リバーサイド校 Prof. Allen Paine Mills 2004.2.1

2005.3.31