学術システム研究センター

シンポジウム・ワークショップ

国際シンポジウム

"第17回 国際日本学シンポジウム"
 「日本化する法華経」

--- 両日で、述べ110名以上の参加者を得て盛況のうちに終了しました ---

開催日程


 日 時:
7月4日(土)13:00 ~ 16:30
7月5日(日)10:30 ~ 16:30
 場 所:
お茶ノ水女子大学 理学部3号館701号室
 主 催:
お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター
 目 的:
『法華経』がわが国の風土に降り立つには、日本人の言葉に姿を変え、日本の社会の中に根を下ろす必要があった。
このことを、宗教史・古典文学・日本語史・美術史・書道史・芸能史など多様な観点から跡づける。

http://www.cf.ocha.ac.jp/ccjs/

  7月4日(土)

13:00-16:30
研究発表〈パネルA〉日本に融け込む『法華経』
      石井 公成(駒澤大学)
     「『法華経』と芸能の結びつき ―聖徳太子伝・琵琶法師・延年―」
ジャン=ノエル・ロベール(コレージュ・ド・フランス)
     「和漢両語間の媒介者としての法華経和歌」
グエン・ティ・オワイン(ベトナム社会科学院漢喃研究所)
     「日本とベトナムにおける法華経信仰に付いて ―古典から探す」
馬   駿(対外経済貿易大学)
     「『本朝法華験記』の比較文学的研究 ―表現の和化を中心に」
パネルディスカッション

17:00-17:00
交流会


  7月5日(日)

10:30-12:30
講演
      原口志津子(富山県立大学)
     「富山市八尾町本法寺蔵『法華経曼荼羅図』について」

13:00-16:30
研究発表〈パネルB〉日本の典籍としての『法華経』
      浅田  徹(お茶の水女子大学)
     「書写と読誦 ―法華経の文字と声―」
橋本 貴朗(國學院大學)
     「能書が経典を書写するとき」
肥爪 周二(東京大学)
     「日本漢字音史から見た法華経」
柴 佳世乃(千葉大学)
     「法華経と読経道 ―芸道としての法華経読誦」
パネルディスカッション



過去に開催したシンポジウム・ワークショップ

平成27年3月4日(火) 公開シンポジウム「分野横断型農学の新展開に向けて-物理学・数理学の視点とその重要性-」(共催: 日本学術振興会学術システム研究センター(農学専門調査班))

平成26年11月18日(火)~19日(水) 国際シンポジウム「地球の学際科学」(主催:学術システム研究センター数物系科学専門調査班)

平成25年11月17日(火)~18日(水) 国際ワークショップ「物理学、宇宙・地球惑星科学における学際研究フロンティアの動向」(主催:学術システム研究センター数物系科学専門調査班)

平成24年8月25日(木) ワークショップ「芸術表現と学術研究」(主催:学術システム研究センター人文学専門調査班)