学術システム研究センター

シンポジウム・ワークショップ

ワークショップ 「芸術表現と学術研究 」


--- 当日は、50名以上の参加者を得て盛況のうちに終了しました ---

開催概要

日 時:

8月25日(木)13:00~17:00

場 所:

神田學士會舘320号室

主 催:

日本学術振興会学術システム研究センター人文学専門調査班

目 的:

科学研究費補助金の分野「人文学」分科「芸術学」の拡充(1細目から3細目へ)案の公表にともなって必要な関係コミュニティの注意を喚起し、あわせてセンターにおける今後の検討、業務に役立てるために、主として大学等における制作、実演などの芸術表現分野の研究状況に関する動向調査の一環としてワークショップを実施し、関係者と認識を共有することを目指す。

プログラム

13:00-13:20

科学研究費補助金の考え方と仕組み
・岸本 美緒(日本学術振興会学術システム研究センター主任研究員)

13:20-14:00

学術研究としての芸術表現について考え方
・北郷 悟(東京藝術大学教授)
・中村 美亜(東京藝術大学助教)
・安藤 邦廣(筑波大学教授)

14:00-14:40

大学における芸術表現研究の現状
・藤幡 正樹(東京藝術大学教授)
・鈴木 雅和(筑波大学教授)
・神野 真吾(千葉大学准教授)

14:40-15:00

休憩

15:00-15:40

科学研究費補助金申請・採択の諸事例
・田中 佐代子(筑波大学准教授)
・加藤 一郎(国立音楽大学准教授)
・豊福 誠(東京藝術大学教授)
・田島 直樹(筑波大学准教授)

15:40-16:20

科学研究費補助金審査における「芸術表現」課題
・島田 文雄(東京藝術大学教授)
・高須賀 昌志(埼玉大学准教授)

16:20-16:50

全体討議

17:00

終了