大学国際戦略本部強化事業【SIH】  リンク集 サイトマップ English

 事業・組織 大学国際化のためのお役立ち情報 JSPS主催シンポジウム等情報 JSPS調査報告 JSPS海外研究連絡センターより
HOME > JSPS主催シンポジウム等情報 > 日本学術振興会-米国国立科学財団 共催シンポジウム「大学の国際化に向けた戦略的主導」

日本学術振興会-米国国立科学財団 共催シンポジウム
「大学の国際化に向けた戦略的主導
(Strategic Initiatives for University Internationalization)」



平成20年5月22日(木)、23日(金)の両日、(独)日本学術振興会(JSPS)及び米国国立科学財団(NSF)の主催により、「大学の国際化に向けた戦略的主導(Strategic Initiatives for University Internationalization)」がワシントンDCで開催されました。 これは大学の国際化に関わる日米の大学関係者が、教育・研究環境の国際化にまつわる好事例を互いに共有するための場として開催されたものです。


本シンポジウムには、日米から86名が参加しました。JSPS大学国際戦略化委員会委員長を務める木村孟氏(大学評価・学位授与機構長)、同委員である森純一氏(京都大学国際センター長・教授)をはじめ、JSPS大学国際化支援本部調査研究アドバイザーである太田浩氏(一橋大学国際戦略本部准教授)が出席しました。分科会発表では、本事業採択機関が、それぞれの機関における取り組みを発表し、活発な議論が繰り広げられました。


発表者の略歴、当日発表資料、参加者アンケートは以下を御覧下さい(英語のみ)。



シンポジウム報告書
【参考】公式ウェブサイト
【参考】JSPSクオータリー記事

 


Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobe社のサイトからダウンロードできます。