大学国際戦略本部強化事業【SIH】  リンク集 サイトマップ English

 事業・組織 大学国際化のためのお役立ち情報 JSPS主催シンポジウム等情報 JSPS調査報告 JSPS海外研究連絡センターより
HOME > JSPS主催シンポジウム等情報 > OECD 科学技術政策委員会(CSTP) 科学技術人材問題等専門家会合(SFRI)「研究者の国際流動性に関するワークショップ」開催報告

OECD 科学技術政策委員会(CSTP) 科学技術人材問題等専門家会合(SFRI)
「研究者の国際流動性に関するワークショップ」開催報告



Photo1  ワークショップの様子

Photo1  ワークショップの様子

平成19(2007)年3月28日、経済協力開発機構(OECD)・文部科学省(MEXT)・日本学術振興会(JSPS)の主催により、「研究者の国際流動性に関するワークショップ(WORK SHOP; The International Mobility of Researchers)」がパリで開催されました。
これは、現在世界各国が直面する科学技術人材問題のうち「研究者の国際流動性」をテーマに、各国間で優秀な研究者が双方向的に流動していくような頭脳循環(Brain Circulation)を起こすための制度・政策の可能性の議論の場として開催されたものです。
ワークショップでは、広島大学高等教育研究開発センター教授でJSPS大学国際化戦略委員会の委員を務める山本眞一氏(日本側チェア)をはじめ、JSPS大学国際化支援本部調査研究アドバイザーの太田浩氏、文部科学省が出席し「研究者の国際流動性」に資する政策の1つとして「大学国際戦略本部強化事業」を紹介するとともに、採択機関である広島大学及び九州大学が、それぞれの機関における取組を発表しました。


機関名

発表タイトル

発表資料

広島大学
(発表者)
山本眞一
広島大学高等教育研究開発センター教授

The scale, direction and drivers of the international mobility of researchers

PPT

九州大学
(発表者)
柳原正治
九州大学理事(国際交流担当)・副学長

Transnational Cooperation in Faculty MobilityKyushu University’s Strategy for Asia PPT

Photo2  ポスターセッションの風景

Photo2  ポスターセッションの風景

また、同ワークショップ内のポスターセッションには大学国際戦略本部強化事業採択機関のうち5機関(長崎大学、慶應義塾大学、東海大学、早稲田大学、自然科学研究機構)が参加して、「研究者の国際流動性」に係る各機関の具体的事例を紹介しました。
参加5機関からは、ポスターセッション参加報告が寄せられていますので、発表時に使用のポスターとあわせてご覧ください。




機関名

発表タイトル

発表資料

参加報告

長崎大学

Center for International Collaborative Research Nagasaki University (CICORN)- to facilitate the mobilization andcoordination of resources to enable the university to play a dynamic role in international development -

ポスター


配付資料

報告書

慶應義塾大学

Progressive approach to promoting international mobility of young Japanese researchers

ポスター


配付資料

報告書

東海大学

International Mobility of Researchers Based on 40-Year Exchange Between Tokai University and King Mongkut’s Institute of Technology Ladkrabang (KMITL), Thailand

ポスター


配付資料

報告書

早稲田大学

Enhancing Researcher Mobility through Strategic international Research Collaboration:Effective Plan & Prompt Action

ポスター


配付資料

報告書

自然科学研究機構

A Mobilization Model of the Formation of a Japan-Europe International Research Base

ポスター


配付資料

報告書

なお、本ワークショップの開催にあたり、JSPSでは各国における政府レベル・機関レベルの取組を調査し、それらの効果について分析を行って、その結果をワークショップにて発表しました。 調査報告書をここに掲載しますので、是非ご覧ください。


●JSPS調査報告書

The International Mobility of Researchers: Policy Support at National and Institutional Levels -- Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) --

調査: JSPS大学国際化支援本部
太田 浩 / 渡邊 あや (ともに JSPS調査研究アドバイザー)
〔協力〕 北川 文美 (国立教育政策研究所高等教育研究部研究員)



(参考)OECD サイト Workshop on the International Mobility of Researchers, 28 March 2007

http://www.oecd.org/document/5/0,2340,en_2649_33703_38004805_1_1_1_1,00.html外部サイト


OECDサイト The Global Competition for Talent: Mobility of the Highly Skilledが出版されました。

http://www.oecd.org/document/21/0,3343,en_2649_33703_41361685_1_1_1_1,00.html#toc外部サイト


Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobe社のサイトからダウンロードできます。