大学国際戦略本部強化事業【SIH】  リンク集 サイトマップ English

 事業・組織 大学国際化のためのお役立ち情報 JSPS主催シンポジウム等情報 JSPS調査報告 JSPS海外研究連絡センターより
HOME > JSPS調査報告 > 海外の情報 > JSPS平成17年度海外調査

JSPS平成17年度海外調査


調査報告概要PDF123KB
調査報告本文PDF216KB


独立行政法人日本学術振興会(JSPS)では、平成18年2月12日から19日の間、非英語圏での大学の国際化の取組を調査するため、以下のフランス及びオランダの政府機関や大学等の訪問調査を行いました。


【訪問先】(訪問順)
フランス
フランス外務省、フランス高等教育研究省、パリ第1大学、エコールセントラルパリ、OECD-IMHE、パリ第4大学
オランダ
Nuffic(Netherlands organization for international cooperation in higher education)、アムステルダム大学、ライデン大学

国際シンポジウム「大学ランキングの挑戦−大学の世界ランキングは可能か?」
平成18年2月16日 オランダ・ライデン大学主催PDF271KB


報告 国立教育政策研究所高等教育研究部  北川 文美


海外調査の一環として、平成18年2月16日開催ライデン大学主催国際シンポジウム「大学ランキングの挑戦−大学の世界ランキングは可能か?」に参加しました。


このシンポジウムは、英国のTimes Higher Education Supplement(THES)、中国の上海交通大学の上海ランキング(ARWU)とともに、欧州でのランキング方法論の動向を紹介したものです。


JSPS調査チームとは別に終日参加されていた 国立教育政策研究所高等教育研究部  北川 文美 氏にこのシンポジウムでの論点及び近年の大学ランキングへの関心の高まりの背景等についてご寄稿をいただきましたのでここに掲載します。


なお、シンポジウム当日の模様や各スピーカーの発表資料に関しては、ライデン大学ホームページ “University Ranking Symposium”をご覧ください。


Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobe社のサイトからダウンロードできます。