大学国際戦略本部強化事業【SIH】  リンク集 サイトマップ English

 事業・組織 大学国際化のためのお役立ち情報 JSPS主催シンポジウム等情報 JSPS調査報告 JSPS海外研究連絡センターより
HOME > JSPS海外研究連絡センターより > スウェーデン高等教育庁が2006年5月22日に発表したレポートについて

スウェーデン高等教育庁が2006年5月22日に発表したレポートについて

1.博士課程に在籍する若手研究者について

標記レポートによると、2003年にスウェーデンの大学の博士課程に在籍した4000人の若手研究者のうち、2年後の2005年には、4分の1にあたる1000人が大学から離れていた。


この傾向は、すべての研究分野で男女問わず表れており、Sigbrit Franke 高等教育庁長官は、博士号取得者が減少すれば、博士号を取得した教授等(注)も減り、同国の大学の研究教育水準に対して悪循環を与えることを懸念している。


実際、2005年における博士号を取得した教員の割合は、3%増にとどまっている。


加えて、2005年の研究費総額については、10年ぶりに減少した。外部資金は研究資金の54%を占めているものの、若手研究者の養成ではなく研究プロジェクトの推進を目的に拠出されており、高等教育庁長官及び同レポートの担当者は、国がより多くの予算を博士課程に割り当てる以外に解決法はない旨主張している。


(注)ストックホルム教育研究所においては教授等のうち26%しか博士号を取得していないのに対して、ストックホルム商科大学においては79%の教授等が博士号を取得しているが、同長官は79%という数字にも満足してない。

(Dagens Nyheter, 2006-05-22 参照)

2.スウェーデンの大学への入学志願者における外国人学生の割合について

今年のスウェーデンの大学への入学志願者における外国人学生の割合は5分の1に達し、顕著な伸びを示している。増加の理由としては、授業料がまだ無料であること、多くのコースで、英語とスウェーデン語(注)で授業が行われていることが考えられる。ドイツの学生が最も多く、その他の多くの学生もEU諸国、ノルウェー、アイスランド出身者であるが、同レポートの担当者によると、中国、インド出身の学生も顕著な伸びを示している。


博士課程においても、外国人学生の割合は増えている。スウェーデンは、OECD諸国の中でも、研究に係る学位をもっている人の割合が最も高い国の1つで、2.8%の人が博士の称号をもっている。


(注)フィンランド語及びスウェーデン語を公用語としているフィンランドにおいては、スウェーデン語が上手でない学生は増えているものの、スウェーデンに留学してスウェーデン語をさらに学んで、就職先を増やそうと考えている学生が多く、伝統的に、スウェーデンの大学への留学は人気がある。


(Svenska Dagbladet 2006-05-23 8面参照)

3.その他(スウェーデンの大学への入学志願者について)

この10年間、入学者に占める男性の割合は、ほとんどすべての分野で低下し、42%から37%に低下した。男性が多数を占める工学などテクロノジーに係る課程でも、80%から70%に低下している。


しかしながら、本年度は、女性にはhealthcareなど伝統的に女性が多数を占める課程が人気を集める一方、男性にはengineeringなど伝統的に男性が多数を占める課程が人気を集めており、ジェンダーギャップが縮まらす、同レポートの担当者は好ましくないと評価している。


(Svenska Dagbladet 2006-05-23 8面参照)


なお、本レポートの概略については、下記Web Site(スウェーデン語)でみることができる。
http://web2.hsv.se/publikationer/pressmeddelanden/2006/060522.shtml


(平成18年5月24日 JSPSストックホルム研究連絡センター)