大学国際戦略本部強化事業【SIH】  リンク集 サイトマップ English

 事業・組織 大学国際化のためのお役立ち情報 JSPS主催シンポジウム等情報 JSPS調査報告 JSPS海外研究連絡センターより
HOME > JSPS海外研究連絡センターより > FP7(第7次フレームワーク・プログラム)への参加

FP7(第7次フレームワーク・プログラム)への参加


 2009年3月13日に、古川センター長と小野アドバイザーは、サウサンプトン大学を訪問し、電子・計算機科学部(School of Electronics and Computer Science)の水田教授と、EUのFP7(第7次フレームワーク・プログラム)について意見交換を行った。水田教授は日立ケンブリッジ研究所時代のFP4参加にはじまり、現在はFP7のプロジェクトに参加している。意見交換の概要は以下のとおりである。


  • 現在参加しているFP7のプロジェクトは、コンソーシアム型で規模が大きいため、プロジェクトのマネージメントを、コンサルタント企業に外注している。これは珍しいことではない。


  • コンサルタント企業は、欧州委員会(EC)の出身者などが、在任中の経験を活かして起業しているケースもある。


  • プロジェクトのメンバーとして、実際に研究活動を行う者(大学及び研究開発企業等)だけでなく、マネージメントを担当するコンサルタント会社も含めて登録する。


  • コーディネーターになると多大な労力を費やすことになるが、プロジェクト管理能力という観点から、大きな実績となり今後の研究活動(研究資金の獲得等)のプラスになる。


  • (現在参加しているFP7のプロジェクトは)6か月に1回の頻度で、コンソーシアム参加機関が一同に会する会議(Consortium meeting)が開催される。また、研究総局に対して、毎年報告書を提出する必要がある。


  • FP7のプロジェクトへの企業の参加としては、英国EPSRCと同様に、サポート・レターの提供などで協力してもらっている。


  • FP7へ参加することで、コンソーシアムを通じて、最先端の研究者等(Big Players)と知り合うことができる。


  • プロジェクト概要 (水田教授が参加しているFP7のプロジェクト)


  • プロジェクト名:
  • (略称) NEMSIC (Nano–electro–mechanical–system–integrated–circuits)
    (正式名) Hybrid Nano–Electro–Mechanical/Integrated Circuit System for Sensing and Power Management Applications


  • 実施期間:  2008年6月〜2011年6月(3年間)


  • 予算規模:  約375千ユーロ(約5億円)


  • 参加機関:
    No参加機関所在国
    1Ecole Polytechnique Federale de Lausanne (EPFL)
    【コーディネーター】
    スイス
    2Delft University of Technology (TUD)オランダ
    3IMEC- Nederlandオランダ
    4University of Southampton
    (水田教授が同学の研究代表者)
    英国
    5Commissariat a l’Energie Atomique – Laboratoire d’Electronique de la Technologie de l’Information (CEA-Léti)フランス
    6SCIPROM
    (プロジェクトをマネージメントするコンサルタント会社)
    (スイス)
    7Interuniversity Micro–Electronics Centre (IMEC)ベルギー
    8Honeywell Romania SRL – Sensors Laboratory Bucharest
    (民間企業)
    ルーマニア
    9Universite de Geneveスイス


(参考)NEMSICプロジェクト
 http://www.nemsic.org/index.php外部リンク
 European Commission: CORDIS: FP7
 http://cordis.europa.eu/fp7/外部リンク


(JSPSロンドン研究連絡センター発行『JSPS London Newsletter No.20(April 2009)』より)