大学国際戦略本部強化事業【SIH】  リンク集 サイトマップ English

 事業・組織 大学国際化のためのお役立ち情報 JSPS主催シンポジウム等情報 JSPS調査報告 JSPS海外研究連絡センターより
HOME > JSPS海外研究連絡センターより > EPSRCの各国との研究協力への助成額(世界分布)

EPSRCの各国との研究協力への助成額(世界分布)


 EPSRCが各国との研究協力へ助成している額の分布について、EPSRCの資料に基づく情報以下のとおり。

○EU加盟国が総額の約48%、米国が約25%で、これだけで全体のおよそ3分の2を占める。
○この2者に次いで、日本。その後、非EU欧州、オーストラリア、カナダが続く。
○中国とインドはまだ大きくないが、RCUKの海外事務所が新設されるなど今後増加が予想される。


地域 金額 (百万ポンド) 全体に占める割合

EU

201.1

48.4%

米国

112.3

27.0%

日本

24.9

6.0%

非EU欧州

16.8

4.0%

オーストラリア

15.1

3.6%

カナダ

14.4

3.5%

中国

8.8

2.1%

インド

6.7

1.6%

南米

3.3

0.8%

その他

11.1

2.7%

海外派遣事業

0.7

0.1%

(出 典) EPSRCのプレゼン資料

※本資料は、細かい金額の精度にこだわるのではなく、その時点でのスナップショットとして、世界全体のポートフォリオを俯瞰的に捉えることを目的としている。

※2008年3月1日時点で国際研究協力を行っているEPSRCのプロジェクト(Standard Responsive Mode)を拾い上げたもの。



(JSPSロンドン研究連絡センター発行Newsletter No.18(平成20年10月発行)掲載)