大学国際戦略本部強化事業【SIH】  リンク集 サイトマップ English

 事業・組織 大学国際化のためのお役立ち情報 JSPS主催シンポジウム等情報 JSPS調査報告 JSPS海外研究連絡センターより
HOME > JSPS海外研究連絡センターより > 英国2008年度概算要求及び2008-2010年度複数年度予算について

英国2008年度概算要求及び2008-2010年度複数年度予算について


 2007年10月9日に、英国政府は2008年度の概算要求(2007 Pre-Budget Report)及び2008〜2010年度の複数年度予算(Comprehensive Spending Review)を記した「Meeting the aspirations of the British people」を発表した。
 高等教育及び科学技術・学術を所掌する技術革新・大学・技能省(Department for Innovation、 Universities and Skills: DIUS)については以下のとおり。

  基 準 追 加 額
2007年度 2008年度 2009年度 2010年度
省庁別歳出限度額 17,986 747 1,706 2,792
  予定額 計  画  額
2007年度 2008年度 2009年度 2010年度
英国科学関係予算 5,397 5,608 5,903 6,287
 うち、DIUSの科学関係予算 3,383 3,525 3,746 3,971
DIUSの大学における研究及び技術移転関係予算
1,655 1,710 1,775 1,926
科学関係予算のGDP比率(%) 0.38 0.38 0.38 0.39
  • DIUSに対しては、187億ポンド(2008年度)、197億ポンド(2009年度)、208億ポンド(2010年度の予算を措置(年平均2.2%の予算増)。
    これにより、以下の2点を確実なものとする。
    1. 10年間のフレームワークに対応するため、当該複数年度予算期間内、科学関係の公的機関に対する全投資額を年平均2.5%増加させる
      54億ポンド(2007年度)→ 63億ポンド(2010年度)
    2. 当該複数予算期間内、高等教育及び技能関係予算を最大2%まで増加させる
      142億ポンド(2007年度) → 164億ポンド(2010年度)
  • 予算効率化改革(Value for Money Reforms)により2010年度までに15億43百万ポンドを捻出。
    これには、
    1. 10Research Councilsにおける予算効率化プログラム(Value for Money Programme)を引き続き実施し、RC機関のコスト削減、共同出資の増加、研究プログラムの再優先順位付けにより、2010年度までに年間2億4300万ポンドを捻出する
    2. 経費使途が限定された技術プログラムの範囲内でイノベーション投資の再優先順位付けを行い、2010年度までに900万ポンドを捻出する
    3. 高等教育への参加機会の増加・拡充を図るため、高等教育機関への投資の再優先順位付けを行い、2010年度までに年間1億ポンドを捻出する

    ことが含まれている。
  • 医学研究会議(Medical Research Council: MRC)に対し、2010年度までに6億8200万ポンドを措置し、Cooksey Reviewが提言するトランスレーショナルリサーチ及び臨床試験の実施を支援する。
  • チャレンジングな学際研究を幅広く支援するResearch Councilsの活動を確かなものとする。
  • 産学のつながりを強くし研究成果を市場につなげるため、高等教育イノベーション予算を2010年度までに年間1億5000万ポンドを措置するなど、知識移転(Knowledge Transfer)プログラムへの予算を大幅に増加させる。
  • 当該複数年度予算期間内、技術戦略会議(Technology Strategy Board)によるビジネス・イノベーションのための公的投資を10億ポンド以上とする。これには、Research Councilによる最低1億2千万ポンドの共同投資、地域開発局による1億8千万ポンドの共同投資を含む。
  • 本年10月に公表されたSainsbury Reviewは、英国内における科学とイノベーションのシステムをさらに改善するための方策を提言しており、この提言の実施は、当該複数年度予算期間内においてDIUSの優先的に取り組むべき課題となるものである。
  • 成人の技能と研修を増やすため、2010年度までに年間53億ポンドを措置する。
  • 高等教育への参加機会を増加させるとともに、学生1人当たりの投資レベルを維持し、かつより多くの学生を支援するため、高等教育への追加予算を10億ポンド以上とする。


(JSPSロンドン研究連絡センター発行Newsletter No.15(平成20年1月発行)掲載)