電子申請のご案内

電子申請については
こちらをご覧ください。

「学術の社会的協力・連携の推進」に関する問い合わせ先

独立行政法人日本学術振興会
国際事業部 研究協力第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1

■研究協力第二課
二国間交流第一係
「欧州・大洋州・南北アメリカ諸国との交流」担当
電話 : 03-3263-1763/1932

■研究協力第二課 
二国間交流第二係
「アジア・アフリカ諸国との交流」担当
電話:03-3263-1755/2362

■研究協力第二課 
戦略交流係
「オープンパートナーシップ」担当
電話:03-3263-1694/1839

Email(共通):
Fax(共通):
03-3234-3700

共同研究・セミナー

二国間交流事業 平成18年度採用 共同研究報告書
アフリカ | アジア | 南北アメリカ | オセアニア | ヨーロッパ

>>戻る

●アフリカ
事業名 日本側代表者所属・部局・職 日本側代表者氏名 研究課題名 実施期間 報告書
南アフリカとの共同研究(NRF) 名古屋市立大学・大学院医学研究科・教授 溝上 雅史 アフリカにおける肝炎ウイルスの分子疫学的・分子生物学的検討 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
南アフリカとの共同研究(NRF) 千葉大学・真菌医学研究センター・教授 三上 襄 病原性放線菌Nocardia 及び関連菌の薬剤感受性に関する研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
南アフリカとの共同研究(NRF) 東北大学・大学院生命科学研究科・教授 村本 光二 ヘルシーな天然食資源としてのダチョウ食肉に関する生化学的研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
南アフリカとの共同研究(NRF) (独)情報通信研究機構・知識創成コミュニケーション研究センター・専門研究員 キャンベル ニック 南アフリカのトーン言語における音声合成の共同研究開発 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF

●アジア
事業名 日本側代表者所属・部局・職 日本側代表者氏名 研究課題名 実施期間
報告書
中国との共同研究(CASS) 明治学院大学・社会学部・教授 浅川 達人 北京の社会地図-東京とシカゴの社会・空間構造との比較 2006年6月1日~2008年3月31日
中国との共同研究(MOE) 金沢大学・文学部・教授 大瀧 幸子 第二言語習得理論の視点にたった中日・日中辞典比較研究 2006年6月1日~2009年2月27日
中国との共同研究(NSFC) 北海道大学・工学研究科・教授 山下 幹雄 高出力モノサイクル域光パルス技術の研究 2006年4月1日~2008年12月31日
PDF
中国との共同研究(NSFC) 東京大学・大学院情報理工学系研究科・教授 広瀬 啓吉 表現力の豊かな多言語音声合成 2006年4月1日~2008年12月31日
PDF
中国との共同研究(NSFC) 早稲田大学・理工学術院・教授 鳥居 祥二 高エネルギー電子、ガンマ線の衛星観測 2006年4月1日~2008年12月31日
PDF
中国との共同研究(NSFC) 日本大学・生物資源科学部・教授 中西 照幸 サイトカイン遺伝子発現プロファイルを用いた魚類ウイルス病の診断及び予防法の開発 2006年4月1日~2008年12月31日
PDF
中国との共同研究(NSFC) 慶應義塾大学・医学部・教授 塩見 春彦 脆弱 X 症候群の遺伝学的・生化学的機能解析 2006年4月1日~2008年12月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 独立行政法人産業技術総合研究所・ナノテクノロジー研究部門・研究グループ長 玉置 信之 ブタジエン骨格を有する光/熱応答蛍光性分子組織体の研究 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 東京大学・物性研究所・准教授 小森 文夫 自己組織化メソ構造の新奇な界面物性 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 東京大学・大学院工学系研究科・准教授 割澤 伸一 バイオMEMSデバイスを対象とする微細表面品質制御先進マイクロ加工技術の開発 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 京都大学・生命科学研究科・教授 竹安 邦夫 クロマチンリモデリング機構の構造生物学的研究 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 東京大学・大学院理学系研究科・教授 宮下 精二 完全にフラストレートした磁性体における量子磁気混合 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 千葉大学・工学研究科・助教 矢貝 史樹 水素結合によるπ共役分子の自己集合 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 静岡大学・工学研究科・准教授 早川 邦夫 極細線のマイクロ塑性加工技術の開発:実験的および解析的研究 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 山口大学・医学系研究科・准教授 川俣 純 電気伝導性および非線形光学特性を有する超分子集合体に関する研究 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 兵庫県立大学・大学院物質理学研究科・教授 木村 啓作 超格子の電子励起状態 2006年6月1日~2008年2月28日
PDF
インドとの共同研究(DST) 名古屋大学・大学院理学研究科・教授 國枝 秀世 高度な観測技術によるX線天体観測の総合的研究 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 国学院大学・文学研究科・教授 小倉 勝男 HII領域および若い散開星団の光学観測 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 独立行政法人宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究本部・教授 中川 貴雄 気球搭載望遠鏡を用いた遠赤外[CII]線分光観測による星形成領域の研究 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 兵庫県立大学・工学研究科・准教授 武尾 正弘 ニトロ芳香族系殺虫剤・除草剤に汚染された環境のバイオレメディエーションの促進研究 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) (独)国立病院機構東京医療センター・臨床研究センター分子細胞生物学研究部 部長 岩田 岳 加齢黄斑変性の血漿プロテオーム解析 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 名古屋工業大学・大学院工学研究科・教授 野上 正行 ゾルゲル法による遷移金属ドープナノ構造薄膜の作製と磁気ー光特性 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 法政大学・工学研究科・教授 本田 文江 インフルエンザウイルス増殖に影響する宿主細胞因子の発現と機能解明 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 名古屋大学・大学院工学研究科・准教授 秋本 晃一 イオンビームによるシリコン表面界面におけるナノ構造の形成と制御 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(DST) 大阪市立大学・大学院工学研究科・教授 横川 善之 生体組織形成模倣プロセスによる複合材料開発に関する研究 2006年6月1日~2008年3月31日
PDF
インドとの共同研究(INSA) 独立行政法人産業技術総合研究所・地質情報研究部門・主任研究員 佐藤 隆司 応力の擾乱が岩石の脆性破壊に及ぼす影響に関する実験的研究-ダム誘発地震への応用- 2006年6月1日~2008年5月31日
PDF
インドとの共同研究(INSA) 東京大学・大学院理学系研究科・教授 野本 憲一 重力崩壊型超新星の研究 2006年6月1日~2008年5月31日
PDF
インドネシアとの共同研究(DGHE) 新潟大学・医歯学系(大学院医歯学総合研究科)・教授 星野 悦郎 口腔保健プログラムの新しい展開:LSTR療法を用いた病巣組織を修復する療法 2006年4月1日~2009年3月31日
PDF
インドネシアとの共同研究(DGHE) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構・果樹研究所・上席研究員 岩波 徹 カンキツグリーニング病の防除に向けた病原体の分子遺伝学的性状と発病機構の解明 2006年4月1日~2009年3月31日
PDF
インドネシアとの共同研究(DGHE) 佐賀大学・農学部・教授 野瀬 昭博 南スマトラにおけるマングローブ資源再生利用のためのマングローブの生態生理学的研究 2006年6月1日~2009年3月31日
PDF
インドネシアとの共同研究(LIPI) 国立感染症研究所・ウイルス第2部・第2室室長 清水 博之 インドネシアにおけるポリオ再流行のウイルス学的基盤とその制御に関する研究 2006年6月1日~2009年5月31日
インドネシアとの共同研究(LIPI) 大阪市立大学・大学院理学研究科・教授 飯尾 英夫 9員環ジラクトンUK-3Aをリード化合物とする抗ガン剤の創製 2006年6月1日~2009年5月31日
韓国との共同研究(KOSEF) 東京工業大学・大学院理工学研究科・教授 平尾 明 三次元高世代多分岐ブロック共重合体の精密合成と自己組織化によるナノ機能物質の創製 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 琉球大学・熱帯生物圏研究センター・准教授 竹村 明洋 キュウセン属魚類の産卵周期の違いから明らかにする生物時計の役割 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 岐阜大学・応用生物科学部・准教授 高島 康弘 ヒトおよび鳥インフルエンザウイルスの遺伝子再集合を迅速に検出する抗体作成 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 京都産業大学・工学部・教授 坪井 泰住 希土類フッ化物結晶の製作と光学特性: 高性能光工学素子のための基礎的研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 独立行政法人産業技術総合研究所・環境化学技術研究部門・研究員 山本 拓司 水中汚染物質分離用メソ孔性炭素吸着材の開発とオンライン水晶振動子微小天秤への応用 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 名古屋大学・大学院経済学研究科・教授 荒山 裕行 東アジアにおける経済連携の推進と日韓の役割 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 金沢大学・医学系研究科・教授 中西 義信 血清成分による自然免疫応答の制御 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 神戸大学・大学院海事科学研究科・教授 井上 欣三 海運先進国における海技者育成教育と科学技術教育の戦略的融合の設計研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 琉球大学・大学院保健学研究科・教授 外間 登美子 公衆衛生学の遠隔教育におけるPBL/CBE(問題/能力基盤型学習)法の取り組み 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 筑波大学・大学院数理物質科学研究科・教授 舛本 泰章 半導体ナノ構造の光誘起強磁性と光によるコヒーレント操作 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 独立行政法人産業技術総合研究所・糖鎖医工学研究センター・上席研究員 地神 芳文 糖鎖改変のための新規糖鎖関連酵素のクローニング 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 九州大学・大学院工学研究院・教授 堀田 善治 ECAP加工による均一超微細組織の形成 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 京都大学・低温物質科学研究センター・准教授 松原 明 量子コンピュータへの応用に関するPドープSi半導体のNMRの研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 大阪大学・大学院工学研究科・教授 宇山 浩 人工ポリペプチドを基盤とする新規バイオマテリアルの開発 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 長崎大学・水産学部・教授 鈴木 利一 韓国および日本沿岸域における繊毛虫プランクトン動物相の比較 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 東京大学・大学院理学系研究科・准教授 岩森 光 西南日本-韓半島の中生代-新生代花崗岩類の成因 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 東京大学・大学院新領域創成科学研究科・准教授 佐久間 哲哉 先進的空間音響設計のための壁面拡散係数の同定および応用 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 東京大学・物性研究所・准教授 長田 俊人 低次元有機伝導体における磁場中量子伝導現象 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 会津大学・コンピュータ理工学部・上級准教授 愼 重弼 多国語オンライン署名検定に関する研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 広島大学・大学院国際協力研究科・教授 藤原 章正 アジアハイウェイ・日韓ルートにおける道路標示の国際標準化及び交通安全に関する研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 佐賀大学・理工学部・教授 小林 孝行 ナビエストークス方程式と関連する話題に関する数学解析 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 独立行政法人森林総合研究所・東北支部森林資源管理研究グループ・グループ長 八巻 一成 絶滅危惧種の保全における主体間ネットワークの構築に関する共同研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 同志社大学・理工学部・教授 千田 衞 大規模渦流れによる熱伝達促進に関する研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構・農村工学研究所・主任研究員 黒田 清一郎 電磁波フルウェーブ解析による地盤環境の高分解能原位置可視化技術の開発 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 信州大学・理学部・教授 竹下 徹 超細分化されたシンチレーターを用いた電磁カロリーメータの研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 東海大学・情報理工学部・准教授 尾関 智子 学習機械の幾何学的特異構造とダイナミクスに関する研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科・准教授 森尾 友宏 DNA損傷シグナルに対する生体反応及び損傷修復機構の解析 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 京都府立医科大学・大学院医学研究科・教授 矢部 千尋 遺伝子組換え動物を用いたアルドース還元酵素の細胞保護メカニズムの解析 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 愛知大学・経済学部・教授 大澤 正治 東アジアにおける電力連携及び電力ビジネスの可能性研究 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 滋賀医科大学・医学部・教授 上島 弘嗣 日韓40歳代男性における動脈硬化進展度と血中多価不飽和脂肪酸レベルとの関連 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
韓国との共同研究(KOSEF) 中部大学・工学部・教授 難波 義治 軟X線顕微鏡用反射鏡の製作と特性評価 2006年7月1日~2008年6月30日
PDF
シンガポールとの共同研究(NUS) 京都大学・地球環境学堂・教授 藤井 滋穂 シンガポールにおけるPFOS・PFOAの分布現況の評価と対策シナリオの検討 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
シンガポールとの共同研究(NUS) 名古屋大学・工学研究科・准教授 柚原 淳司 金属酸化物ナノメッシュ上のナノドットの形成と分子デバイスへの応用 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
シンガポールとの共同研究(NUS) 一橋大学・大学院社会学研究科・教授 伊藤 るり 高齢社会のジェンダー配置と移住ケア労働者――日本とシンガポールの比較研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
タイとの共同研究(NRCT) 金沢大学・大学院自然科学研究科・教授 古内  正美 天然ゴムスモークシート製造に伴う環境汚染の現状評価と対策 2006年6月1日~2009年5月31日
タイとの共同研究(NRCT) 東京工芸大学・工学部 ナノ化学科・教授 澤田 豊 有機ELディスプレイを中心としたフレキシブル電子デバイスの構築 2006年6月1日~2009年3月31日
PDF
タイとの共同研究(NRCT) (独)農業・食品産業技術総合研究機構・食品総合研究所・ユニット長 河野 澄夫 マンゴ果実のミバエ卵・幼虫の近赤外分光法による非破壊検出 2006年6月1日~2009年3月31日
PDF
ベトナムとの共同研究(VAST) ベトナムとの共同研究(VAST) 冨田 健次 越日・日越電子辞典の編纂とその公開のための共同研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF

●南北アメリカ
事業名 日本側代表者所属・部局・職 日本側代表者氏名 研究課題名 実施期間
報告書
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 名古屋大学・大学院理学研究科・教授 松本 邦弘 慢性的炎症とがん化に関わるシグナル伝達経路の解明 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 広島大学・大学院理学研究科・教授 嶋本 利彦 堆積岩の超深度環境下における水理学的性質の研究とその地球環境問題への応用 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 京都大学・農学研究科・教授 米森 敬三 果実のタンニン生成制御遺伝子の探索とその育種学的利用 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 首都大学東京・都市教養学部・教授 杉浦 健一 オリゴアセチレンの単分子電気伝導測定 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 北海道大学・北方生物圏フィールド科学センター・助手 村上 正志 海由来の補助資源が島の陸上食物網に与えるインパクト 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 東京大学・物性研究所・准教授 中辻 知 磁気フラストレーションによる磁場中の新しい量子伝導現象 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 東京大学・農学生命科学研究科・教授 佐々木 伸雄 ワクチン・生理活性物質生産新機能植物の開発に関する国際共同研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 東京大学・大学院理学系研究科・教授 野本 憲一 高赤方偏移の超新星を用いたダークエネルギーと宇宙の化学進化の研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 九州工業大学・大学院情報工学研究科・教授 温 暁青 自己検査・自己診断によるLSI高信頼化方式に関する研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 宇都宮大学・農学部・教授 村井 保 ダイズアブラムシの生活環の地理的変異と土着天敵相の解明 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 早稲田大学・理工学術院・教授 西出 宏之 新しい分子構造による機能性高分子材料の創製 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 国立感染症研究所・エイズ研究センター・センター長 山本 直樹 多型エイズウイルス標的ワクチンの共同開発 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 岡山大学・大学院自然科学研究科・准教授 浦川 啓 高温高圧X線トモグラフィーによる鉄合金メルトの表面エネルギー測定 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 東京大学・先端科学技術研究センター・教授 中野 義昭 高光非線型半導体量子井戸材料の開発とその全光信号処理デバイスへの応用 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 産業医科大学・医学部・教授 上田 陽一 睡眠・覚醒サイクルと生体リズムを制御する神経性・液性調節機構の解明 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 浜松医科大学・医学部・教授 森 則夫 覚醒剤の神経精神毒性に関するPET研究:脳内活性型ミクログリアの検討 2006年10月1日~2007年9月30日
PDF
アメリカ合衆国との共同研究(NSF) 福井県立大学・生物資源学部・助教授 日ビ 隆雄 グルタチオン合成系を標的とする連鎖球菌感染症の化学療法剤の開発 2006年4月1日~2007年3月31日
PDF
日本-カナダ保健・医学研究協力事業(CIHR) 独立行政法人産業技術総合研究所・人間福祉医工学研究部門・研究員 永井 聖剛 自閉症スペクトラムの顔知覚:処理方略の理解と訓練法開発 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
日本-カナダ保健・医学研究協力事業(CIHR) 独立行政法人理化学研究所・細胞機能探索技術開発チーム・チームリーダー 宮脇 敦史 シナプスの機能と可塑性におけるシグナル伝達の時空間的制御 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
日本-カナダ保健・医学研究協力事業(CIHR) 名城大学・薬学部・教授 鍋島 俊隆 薬物依存の動物モデルの確立および治療薬の開発 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
日本-カナダ保健・医学研究協力事業(CIHR) 福島県立医科大学・医学部・教授 小林 和人 ドーパミン神経の生理機能におけるRho GTPase シグナル伝達系の役割 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF

●オセアニア
事業名 日本側代表者所属・部局・職 日本側代表者氏名 研究課題名 実施期間
報告書
オーストラリアとの共同研究(ARC) 東京大学・海洋研究所・准教授 兵藤 晋 ユニークな生態や系統にある動物の環境適応:体液調節系の進化の研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
オーストラリアとの共同研究(ARC) 東京医科歯科大学・難治疾患研究所・教授 石野 史敏 レトロトランスポゾン由来の遺伝子群による哺乳類ゲノム機能の進化 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
オーストラリアとの共同研究(ARC) 宮崎大学・工学部・教授 馬場 由成 マリンバイオマスを活用した貴金属のゼロエミッション分離回収システムの構築 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
オーストラリアとの共同研究(ARC) 独立行政法人国立環境研究所・環境リスクセンター・主席研究員 堀口 敏宏 水圏生態系の化学物質汚染による個体群レベルの生物影響評価 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
オーストラリアとの共同研究(ARC) 埼玉医科大学・ゲノム医学研究センター・教授 岡崎 康司 オーストラリア肥満マウスを用いたPPARアゴニスト活性を持つ新規化合物の効果 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF

●ヨーロッパ
事業名 日本側代表者所属・部局・職 日本側代表者氏名
研究課題名 実施期間
報告書
ベルギーとの共同研究(FNRS) 新潟大学・総合情報処理センター・准教授 青山 茂義 精密少数多体計算によるテンソル相関の分析 2006年9月1日~2008年8月31日
PDF
ベルギーとの共同研究(FWO) 京都大学・工学研究科・教授 木村 健二 マイクロ電子デバイス開発のための先進的ナノスケール物質分析法に関する研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ベルギーとの共同研究(FWO) 日本大学・生物資源科学部農芸化学科・准教授 関 泰一郎 新奇線溶調節因子TAFIに関する研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フィンランドとの共同研究(AF) 東京大学・宇宙線研究所・教授 川崎 雅裕 素粒子的宇宙論の研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フィンランドとの共同研究(AF) 大阪大学・医学系研究科・教授 宮坂 昌之 粘膜組織への白血球動員制御による免疫寛容の誘導と維持 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 東京工業大学・原子炉工学研究所・助教 松浦 治明 溶融フッ化物中のオキシフッ化物生成機構の解明 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 京都大学・基礎物理学研究所・教授 佐々木 節 高次元時空における重力 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 名古屋大学・多元数理科学研究所・教授 松本 耕二 多重ゼータ関数の研究とその応用 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 広島大学大学院・理学研究科・教授 江幡 孝之 生体関連分子の光化学初期過程ダイナミックス研究の新展開 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 東京工業大学・大学院理工学研究科・教授 平尾 明 精密に設計した水溶性ブロック様共重合体を用いた機能性ナノ形態物質 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 京都大学・低温物質科学研究センター・准教授 松原 明 超低温-超感度計測器を用いたダークマター検出器の開発 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所・研究機関講師 藤本 順平 LHC実験における高精度QCD計算 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 岡山大学・大学院自然科学研究科・教授 尾坂 明義 セラミックス微粒子の格子チューニングと病因物質の選択的吸着 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 同志社大学・工学部・教授 加納 航治 鉄および銅タンパク質の酸素活性化と関連するヒドロペルオキソ/オキソ中間体の研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(CNRS) 東北大学・多元物質科学研究所・教授 京谷 隆 ナノ構造が制御されたカーボン材料へのタンパク質の吸着 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(INSERM) 大学共同利用機関法人自然科学研究機構・生理学研究所 分子生理研究系 分子神経生理研究部門・ 池中 一裕 随鞘再生過程における細胞誘走、突起伸展制御因子の役割 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(INSERM) 岡山大学・大学院医歯薬学総合研究科・教授 竹居 孝二 細胞膜ダイナミクスにおける小胞輸送 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
フランスとの共同研究(INRA) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所・食品分析研究領域・GMO検知解析ユニット長 橘田 和美 遺伝子組換え農産物の網羅的分析法の開発 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) 首都大学東京・大学院理工学研究科・准教授 ケトフ セルゲイ 非反可換超対称場の理論 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) 群馬大学・医学系研究科・准教授 福田 正人 近赤外線スペクトロスコピィによる精神疾患診断システムの確立についての共同研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) 京都大学・農学研究科・助手 那須田 周平 オオムギの機能的動原体配列の単離 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) 東京工業大学・理工学研究科・教授 柴田 利明 HERMESによる新実験手法を用いた陽子と中性子のスピン構造の解明 2006年4月1日~2007年12月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) 独立行政法人産業技術総合研究所・光技術研究部門・研究員 渡邉 歴 レーザーパルスによる生細胞内ナノサージェリー 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) 大阪大学・工学研究科・教授 森田  清三 プローブ顕微鏡を用いた分子ナノ構造の整形 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) 大学共同利用機関法人自然科学研究機構・核融合科学研究所・教授 竹入 康彦 長寿命RF負イオン源の開発とイオン源プラズマの分光的測定手法の確立 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) (財)岩手生物工学研究センター・主席研究員 寺内 良平 SuperSAGE-RNAi法を利用した高効率遺伝子機能解析 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) 学習院大学・理学部化学科・教授 中村 浩之 中性子捕捉がん治療のためのホウ素デリバリーシステムの開発 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ドイツとの共同研究(DFG) 東北大学・大学院工学研究科・教授 橋田 俊之 ボーリングコアを用いたISRMせん断型破壊靭性試験法に関する国際共同研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ハンガリーとの共同研究(HAS) 京都大学・工学研究科・教授 河合 潤 分子軌道計算にもとづく分光学を応用した環境計測 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ハンガリーとの共同研究(HAS) 東洋大学・工学部・教授 吉田 善一 イオン源プラズマを用いた金属内包フラーレンの多量合成と高効率抽出 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ハンガリーとの共同研究(HAS) 名古屋大学・理学研究科・准教授 大西 利和 可視光・赤外線・ミリ波サブミリ波観測をもとにした星間物質・星形成の包括的研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ポーランドとの共同研究(PAN) 独立行政法人国立環境研究所・環境研究基盤技術ラボラトリー 環境生物資源研究室・室長 桑名 貴 希少野生鳥類保全のための新技術開発 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 北海道大学・大学院工学研究科・准教授 早坂 洋史 炭素循環に及ぼす大規模森林火災の影響に関する研究 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 独立行政法人海洋研究開発機構・地球環境観測研究センター・サブリーダー 原田 尚美 北太平洋縁辺海とバイカル湖が記録する急激な古環境変動と海陸リンケージに関する研究 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 東京工業大学・大学院理工学研究科・准教授 山田 功 多次元信号の符号化と超解像復元に関する研究 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 北海道大学・大学院理学研究院・教授 熊谷 健一 強相関電子系金属酸化物における相転移と量子臨界現象の研究 2006年5月1日~2008年4月30日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 北海道大学・大学院理学研究院・准教授 谷岡 勇市郎 千島・カムチャッカ沈み込み帯北千島領域での巨大地震・巨大津波の時空間分布 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 独立行政法人産業技術総合研究所・先進製造プロセス研究部門・研究員 原田 祥久 次世代エネルギー機器への適用を目指した超高温環境共晶材料の開発 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 京都大学・霊長類研究所・教授 高井 正成 ユーラシア大陸北部における霊長類の進化に関する古生物学的研究 2006年5月1日~2008年4月30日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 金沢大学・自然科学研究科・教授 早川 和一 東アジアにおける多環芳香族炭化水素類の大気・海洋汚染 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 京都大学・理学研究科・教授 齋藤 軍治 特異な伝導・磁気・光学特性を持つイオン性フラーレン化合物 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 京都大学・数理解析研究所・教授 齋藤 恭司 複素代数多様体の解析と幾何 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 東京農業大学・地域環境科学部・教授 中村 幸人 地球的規模の気候変動に伴う東北アジアにおける植生と環境要因の相互関係 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 東京大学・大学院理学系研究科・教授 佐藤 勝彦 重力崩壊型超新星爆発およびコンパクトオブジェクトからのジェット生成 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 大阪大学・レーザーエネルギー学研究センター・准教授 村上 匡且 慣性核融合における衝撃点火のエネルギー輸送とエネルギー結合効率に関する研究 2006年5月1日~2008年4月30日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 東北大学・多元物質科学研究所・教授 山内 清語 最新の電子スピン共鳴法による種々のスピン状態を持つ電子移動反応中間体の研究 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 東京大学・大学院理学系研究科・教授 大越 慎一 非線形磁気光学効果を発生する新規ナノ構造オプトエレクトロニクス材料の開発 2006年5月1日~2008年4月30日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 独立行政法人理化学研究所・フロンティア研究システム 単量子操作研究グループ・グループディレクター 外村 彰 高温超伝導体に於けるTHz放射の生起伝播:THz放出、フィルター及び探知の装置 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 北海道大学・大学院工学研究科・特任教授 赤川 敏 堆積性作用による多孔質中のガスハイドレート平衡条件の研究 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 筑波大学・システム情報工学・准教授 羽田野 祐子 放射性トレーサーによる地表汚染の拡大速度に関する研究 2006年5月1日~2008年4月30日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 室蘭工業大学・工学部・教授 平井 伸治 金属を添加した希土類硫化物の合成とその多結晶および単結晶体の熱電特性評価 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
ロシアとの共同研究(RFBR) 福井大学・遠赤外領域開発研究センター・特任教授 出原 敏孝 高出力テラヘルツジャイロデバイスの開発と高出力遠赤外技術への応用 2006年5月1日~2008年3月31日
PDF
スロバキアとの共同研究(SAS) 独立行政法人産業技術総合研究所・先進製造プロセス研究部門・グループ長 平尾 喜代司 シリコン基三元系窒化物のプロセッシングと焼結助剤及び蛍光体としての特性 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
スペインとの共同研究(CSIC) 奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科・教授 島本 功 開花シグナルの植物内の移動に関する分子生物学的解析 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
スペインとの共同研究(CSIC) 奈良女子大学・理学部・教授 比連崎 悟 カイラル対称性に基づいたハドロン動力学と、原子核中におけるハドロン 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
スペインとの共同研究(CSIC) 東北大学・大学院工学研究科・教授 山口 正洋 磁気ナノワイヤ・マイクロワイヤの超高周波特性 2006年6月1日~2008年5月31日
PDF
英国との共同研究(RS) 金沢大学・自然科学研究科・教授 米田 幸雄 グルタメイトレセプターの細胞内移行に関する研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
英国との共同研究(RS) 北海道大学・大学院工学研究科・准教授 渡部 靖憲 越波ジェットのインパクト・ハザード 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
英国との共同研究(RS) 東京大学・海洋研究所・教授 竹井 祥郎 魚類と海産哺乳類における循環調節と体液調節 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
英国との共同研究(RS) 大阪大学・医学系研究科・助手 平田 雅之 脳磁図の統計学的解析法の開発と検証 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
英国との共同研究(RS) 福岡歯科大学・基礎医師学部門・教授 松家 茂樹 生体活性ガラスの構造およびその結晶化過程 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
英国との共同研究(RS) 名古屋大学・工学研究科・教授 金田 行雄 超大規模直接数値計算と大規模実験による乱流の普遍性の解明 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
英国との共同研究(RS) 東北大学・大学院薬学研究科・准教授 倉田 祥一朗 自然免疫を制御するr-GC/cGMPシグナル経路 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
英国との共同研究(RS) 千葉大学・工学部・准教授 尾松 孝茂 高出力超短パルスホログラフィックレーザーの研究 2006年4月1日~2008年3月31日
PDF
英国との共同研究(RS) 大阪大学・情報科学研究科・准教授 大山 陽介 パンルヴェ方程式とモノドロミ問題 2006年6月1日~2007年10月30日
PDF
英国との共同研究(RS) 大阪大学・工学(系)・教授 兒玉 了祐 高出力レーザーとプラズマデバイスによる高エネルギー密度物理に関する研究 2006年4月1日~2007年3月31日
PDF

>>戻る