ホーム >> 事業案内 >> アジア科学技術コミュニティ形成戦略 >> 第1回アジア学術振興機関長会議共同シンポジウム
アジア科学技術コミュニティ形成戦略
 

第1回アジア学術振興機関長会議共同シンポジウム

 

終了しました

 

ASIAHORCsシンポジウムについて

 第2回アジア学術振興機関長会議(ASIAHORCs2008)およびワーキンググループ会合の結果を受けて、参加機関が協力しつつ、アジア地域の若手研究者の育成と科学技術の水準の向上を図るために、各国が共有する課題・テーマについて若手研究者の参加に重点を置き、相互のネットワークを深める共同シンポジウムを開催します。

 

会議名称

First ASIAHORCs Joint Symposium
"Asian Biodiversity: Characteristics, Conservation and Sustainable Use(仮)"

 

日時・場所

2009年7月18日(土)〜20日(月)(受付:17日(金))
名古屋大学 野依記念学術交流館(愛知県名古屋市)

 

実施主体

主催:独立行政法人 日本学術振興会
共催:国立大学法人 名古屋大学
協力機関:アジア学術振興機関長会議参加8機関

 

国名 機関名
中国 中国国家自然科学基金委員会(NSFC)
インド 科学技術庁(DST)
インドネシア インドネシア科学院(LIPI)
韓国 韓国研究財団(NRF)
マレーシア マレーシア国立大学長会議(VCC)
フィリピン 科学技術庁(DOST)
タイ タイ学術研究会議(NRCT)

 

組織委員会

 

委員長 矢原 徹一 九州大学大学院理学研究院生物科学部門教授
委員 白山 義久 京都大学フィールド科学教育研究センター教授
中静 透 東北大学大学院生命科学研究科生態システム生命科学専攻教授
山本 進一 名古屋大学総長顧問・教授

 

参加者

アジア地域の生物多様性分野の著名研究者及び若手研究者約150〜200名が参加予定。

 

プログラム及び発表資料

 

日付 午前 午後
7月17日(金) 参加者受付 参加者受付
18日(土) 開会式、基調講演 分科会ポスターセッション
19日(日) 基調講演 フィールドトリップ
分科会
20日(月) セミナー パネルディスカッション、閉会式

報告書はこちらをご覧ください。

※パネルディスカッションのサマリーはこちら(英語日本語)をご覧下さい。

 

お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
国際事業部 地域交流課 戦略交流係
「アジア学術振興機関長会議」担当
〒102-8471 東京都千代田区一番町6番地
TEL: 03-3263-1836, FAX: 03-3263-3700
MAIL: asiahorcs@jsps.go.jp