ホーム >> 事業案内 >> アジア科学技術コミュニティ形成戦略 >> 第2回アジア学術振興機関長会議
アジア科学技術コミュニティ形成戦略
 

第2回アジア学術振興機関長会議(ASIAHORCs 2008)

 

終了しました。

 

第2回ASIAHORCsテーマ

 アジアの科学技術振興に関する将来像の共有と、参加国間でのネットワークを継続・強化するための支援枠組みの構築

 

日時・場所

2008年11月26日(水)〜29日(土)  
ホテル グランパシフィック LE DAIBA

 

参加者

 

国名 機関名 参加者・役職
中国 中国国家自然科学基金委員会(NSFC) Prof. Wenqing Shen
Vice President
インド 科学技術庁(DST) Dr. T. P. Singh Vice President of Indian National Science Academy (INSA)
(Dr. T. Ramasami DST長官の代理)
インドネシア インドネシア科学院(LIPI) Prof. Dr. Lukman Hakim
Vice Chairman
日本 日本学術振興会(JSPS) Prof. Motoyuki Ono
President
韓国 韓国科学財団(KOSEF) Mr. Hyung-Chul Moon
Acting Chairman
マレーシア マレーシア国立大学長会議(VCC) Prof. Dato' Dr. Mohd. Jamil Maah
Dean, Faculty of Science, University of Malaya
フィリピン 科学技術庁(DOST) Eng. Ma. Lourdes P. Orijola
Assistant Secretary
シンガポール 科学技術研究庁(A*STAR) Dr. Raj Thampuran
Director, Planning and International Relations
タイ* タイ学術研究会議(NRCT) Prof. Dr. Ahnond Bunyaratvej
Secretary-General
ベトナム** ベトナム科学技術アカデミー(VAST) Prof. Dr. Chau Van Minh
President

*タイは国内の政情不安による空港封鎖のため急遽欠席となりました。
**ベトナムは本国の用務のため急遽欠席となりました。

 

これらの機関のほかに、以下の機関の代表者がオブザーバーとして参加しました。***
・研究科学技術省(Ministry of Research, Science and Technology: MoRST)(ニュージーランド)
*** National Science and Technology Development Agency (NSTDA)が参加予定でしたが、国内の政情不安による空港封鎖のため急遽欠席となりました。

 

プログラム及び報告書

プログラムはこちら(PDF:104KB)をご覧ください

報告書及び当日の様子はこちら(PDF:468KB)をご覧ください

 

お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
国際事業部 地域交流課 戦略交流係
「アジア学術振興機関長会議」担当
〒102-8471 東京都千代田区一番町6番地
TEL: 03-3263-2414, FAX: 03-3234-3700
MAIL: asiahorcs@jsps.go.jp