ホーム >> 事業案内 >> アジア科学技術コミュニティ形成戦略 >> 活動報告 >> 機動的国際交流:イネの品種改良育種におけるイオンビーム照射協力に関するワークショップを開催しました。
アジア科学技術コミュニティ形成戦略
 

活動報告

 

平成21(2009)年1月18日(日)〜1月22日(木)

機動的国際交流:イネの品種改良育種におけるイオンビーム照射協力に関するワークショップを開催しました。

(独)日本学術振興会は、(独)日本原子力研究開発機構及び(財)原子力安全研究協会との共催により1月18日からの5日間、「イネの品種改良育種におけるイオンビーム照射協力に関するワークショップ」を開催しました。

本会議では、アジア原子力協力フォーラム(FNCA)に参加するアジア諸国(バングラデシュ、中国、インドネシア、韓国、マレーシア、タイ、ベトナム)から専門家を招聘し、日本の関係研究機関の協力の下、イオンビーム照射を利用したイネの品質改良育種に関するワークショップを開催し、専門家会合・技術交流を行うとともにイオンビームによる照射協力を行いました。

<概要>

期間: 2009年1月18日〜1月22日
会場: (独)国際農林水産業研究センター、(独)日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所等
参加予定国: バングラデシュ、中国、インドネシア、韓国、マレーシア、タイ、ベトナム、日本