ホーム >> 事業案内 >> アジア科学技術コミュニティ形成戦略 >> 事業概要
アジア科学技術コミュニティ形成戦略
 

事業概要

 

 本事業は、日本とアジア各国との科学技術におけるパートナーシップを強化し、アジアにおける科学技術コミュニティを構築することを目的として、以下のような多層的な取り組みを行います。

 本事業は、日本学術振興会が平成18年度文部科学省科学技術振興調整費「アジア科学技術協力の戦略的推進(1)機動的国際交流」の委託を受けて実施する事業です。

 

 

アジア学術振興機関長会議詳細

 

 アジア各国の主要ファンディング機関の長が一堂に会し、相互のネットワークの強化を図るとともに、アジアの共通課題に対処するための科学技術における協力の可能性について意見交換を行います。
 第1回の開催はこちらをご覧下さい。

 

 

HOPEミーティング詳細

 

 アジア太平洋地域の科学技術の将来を担う研究者の育成と相互のネットワークを築くために、同地域の博士課程学生や若手研究者と、ノーベル賞級の研究者との交流を図るための会議を開催します。
 第1回の開催についてはこちらをご覧下さい。

 

 

機動的国際交流詳細

 

 日本とアジアの国々とのパートナーシップを強化し、アジア地域の共通課題や政策ニーズの高い課題を解決するための科学技術コミュニティを形成することを目的として、大学や研究機関、学会等との共催により、国際交流事業(国際会議やシンポジウム、ワークショップなどの開催や、研究者の派遣・受け入れなど)の実施を機動的に実施します。

 

 

アジア留日経験研究者データベース(JARC-Net)詳細

 

 日本への留学・滞在研究の経験を持つアジアの研究者やアジアとの研究協力に関心を持つ日本人研究者等の情報を集めたデータベースです。登録していただいた方はどなたでも利用可能です。

 

図 1 アジア科学技術コミュニティ形成戦略における多層的支援

● アジアにおける科学技術の水準の向上

● 日本とアジアとの科学技術における強固なネットワークの構築

図 1 アジア科学技術コミュニティ形成戦略における多層的支援

 

実施体制

 

運営委員会

アジア諸国との国際協力や科学技術研究について高い学識や経験を有する有識者を委員とした運営委員会を設置し、本事業における戦略や方針を策定します。

コーディネーター会議

常に変化し続ける国際情勢を受けた政策ニーズやアジア諸国の実情を踏まえた具体的方針を策定するために、政策実務者やアジア諸国の実情に詳しい実務レベルの専門家を委員としたコーディネーター会議を設置し、情報の把握や意見交換を行っています。

外部との連携

日本学術振興会の海外研究連絡センター(バンコク北京)を通じた情報の収集だけでなく、<国際開発協力サポートセンター>や海外との交流事業を行っている外部機関や、大学、研究所等の交流実施主体とも連携し、情報の収集と課題の把握を行います。

 

図 2 アジア科学技術コミュニティ形成戦略の実施体制

図 2 アジア科学技術コミュニティ形成戦略の実施体制