JSPS 日本学術振興会
事後評価結果一覧

医学系数学、物理、地球科学機械、土木、建築、その他工学社会科学学際・複合・新領域

【分野名:社会科学】
拠点
番号
拠点のプログラム名称 機関名 中核となる
専攻等名
リーダー名
事後評価
結果報告
I01 新世代知的財産法政策学の国際拠点形成 北海道大学 法学研究科法律実務専攻 田村 善之
I02−03 東北大学
I02 社会階層と不平等研究教育拠点の形成 東北大学 文学研究科人間科学専攻 佐藤 嘉倫
I03 男女共同参画社会の法と政策
−ジェンダー法・政策研究センター−
東北大学 法学研究科総合法制専攻 辻村 みよ子
I04−I07 東京大学
I04 国家と市場の相互関係におけるソフトロー
−ビジネスローの戦略的研究教育拠点形成−
東京大学 法学政治学研究科 中山 信弘
I05 先進国における《政策システム》の創出:
比較政策システム・シナジー・コアの構築
東京大学 法学政治学研究科 高橋 進
I06 市場経済と非市場機構との連関研究拠点 東京大学 経済学研究科経済理論専攻 吉川 洋
I07 ものづくり経営研究センター 東京大学 経済学研究科経営専攻 藤本 隆宏
I08−I10 一橋大学
I08 知識・企業・イノベーションのダイナミクス 一橋大学 商学研究科経営・マーケティング専攻 伊丹 敬之
I09 現代経済システムの規範的評価と社会的選択 一橋大学 経済学研究科応用経済専攻 鈴村 興太郎
I10 社会科学の統計分析拠点構築 一橋大学 経済研究所 斎藤 修
I11 アジアの開発経験と他地域への適用可能性 政策研究大学院大学 政策研究科政策専攻 大野 健一
I12−I13 京都大学
I12 21世紀型法秩序形成プログラム 京都大学 法学研究科法政理論専攻 大石 眞
I13 先端経済分析のインターフェイス拠点の形成
(理論・応用・政策の創生と融合)
京都大学 経済研究所 西村 和雄
I14 アンケート調査と実験による行動マクロ動学  大阪大学 経済学研究科経済学専攻 筒井 義郎
I15−I17 神戸大学
I15 「市場化社会の法動態学」研究教育拠点
−規範生成・規整・紛争管理の多元性をめぐる理論構築と臨床応用−
神戸大学 法学研究科理論法学専攻 樫村 志郎
I16 新しい日本型経済パラダイムの研究教育拠点
−グローバル化と人口減少下の持続可能経済−
神戸大学 経済学研究科総合経済政策専攻 三谷 直紀
I17 先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点 神戸大学 経営学研究科現代経営学専攻 加護野 忠男
I19−I21 慶應義塾大学
I19 市場の質に関する理論形成とパネル実証分析
−構造的経済政策の構築にむけて−
慶應義塾大学 経済学研究科経済学専攻 吉野 直行
I20 多文化多世代交差世界の政治社会秩序形成
−多文化世界における市民意識の動態−
慶應義塾大学 法学研究科政治学専攻 小林 良彰
I21 日本・アジアにおける総合政策学先導拠点
−ヒューマンセキュリティの基盤的研究を通して−
慶應義塾大学 政策・メディア研究科政策・メディア専攻 國領 二郎
I22−I23 早稲田大学
I22 開かれた政治経済制度の構築
−早稲田大学国際政治経済研究センター構想−
早稲田大学 経済学研究科応用経済学専攻 藪下 史郎
I23 企業社会の変容と法システムの創造
−企業・金融資本市場法制の再構築とアジアの挑戦−
早稲田大学 法学研究科民事法学専攻 上村 達男
I24 福祉社会開発の政策科学形成へのアジア拠点 日本福祉大学 社会福祉学研究科社会福祉学専攻 二木 立
I25 技術・企業・国際競争力の総合研究 同志社大学 総合政策科学研究科総合政策科学専攻 中田 喜文
I26 「人類の幸福に資する社会調査」の研究
−文化的多様性を尊重する社会の構築−
関西学院大学 社会学研究科社会学専攻 坂 健次
  ※事業結果報告書については、様式1(大学の将来構想等の計画・実績)、様式2及び様式3(各拠点教育活動の計画・実績)の構成となっていますが、複数拠点が採択されている大学については、様式1は共通のものであることから、それぞれの大学で一括として別掲しております。
 
   
 
(PDFファイルはアドビ社の”Acrobat Reader Ver.4.0以上”を使用して見ることが出来ます。このソフトウェアは、無料で入手することができます。まだインストールされていない方は、下のボタンをクリックして下さい。)
AdobeReaderアイコン
   
21世紀COEプログラム