JSPS 日本学術振興会

事後評価の概要(平成14年度、平成15年度、平成16年度採択拠点)


  • 目的
    1. 設定された目的に沿って拠点形成計画が効果的に達成されたか、また、中間評価結果による留意事項への対応が適切に行われたかについて評価する。
    2. 事後評価結果を各拠点に示すことにより、補助事業終了後の研究教育活動の持続的展開及びその水準の向上とさらなる発展に資するため、適切な助言を行う。
    3. 各拠点の活動の成果等を明らかにし、社会に公表することにより、各拠点での研究教育活動が広く国民の理解と支援が得られるよう促進する。
  • 実施時期
    各研究教育拠点の補助事業について、期間終了後に実施
  • 評価委員
    各拠点の選定に係る審査状況、審査経過等を熟知している専門家や有識者、または、各拠点の選定に携わっていない者で、専門的観点から高い知見を有する専門家や有識者で構成
  • 評価項目
    補助事業の進捗状況や達成度等の評価を行うにあたり、当該評価の公正さ、信頼性を確保し、実効性のある評価を実施するために、評価項目を設定(「21世紀COEプログラム評価要項」(以下、「評価要項」)4−(1)参照)
  • 評価方法
    分野別評価部会(各年度の評価対象部会は「評価要項」6参照)において、書面・合議評価により実施(「評価要項」4−(2)参照)
  • 評価結果の活用
    1. 21世紀COEプログラム委員会は、了承した各拠点の事後評価結果を文部科学省に報告するとともに、補助事業終了後の研究教育活動の持続的展開に資するため、各拠点に対し開示
    2. 評価終了後、各拠点の活動の成果等と事後評価結果を報告書として取りまとめ、広く社会に公開
21世紀COEプログラム