平成27年度「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」

平成27年度「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」が実施されています。

  「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」は、科学研究費助成事業(KAKENHI)から生まれた研究成果を我が国の将来を担う小中高校生に広く伝えることで、人文学・社会科学から自然科学にわたるさまざまな分野の科学の楽しさを身近に感じてもらうために平成17年度から実施している事業で、今年で11年目を迎えました。
  小中高校生の皆さんに、最先端の研究を行っている大学等へ実際に来ていただき、大学等の研究室でしか体験できない最先端の実験や調査をするとともに、第一線で活躍する研究者から直接話を聞くことができる点にポイントがあります。
  今年度のプログラムは、全国の153機関で平成28年1月まで随時実施されています。皆さんのご参加をお待ちしています。

ひらめきときめきサイエンス
■実施プログラム例の紹介

7月25日(土)宮城教育大学「動物から学ぶ日本の食と環境」

8月3日(月) 信州大学「音を見る?光を聴く?光で伝える? 可視光通信を体験しよう」

8月21日(金)阪南大学「松村先生の“会社のしくみとルールを学ぶ”講座 -経営者のお仕事をプチ体験してみよう-」


実施プログラム例の紹介




  平成27年7月25日に宮城教育大学で「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」によるプログラム「動物から学ぶ日本の食と環境」が開催されました。このプログラムは小学校5・6年生を対象に、動物から得られる恩恵や、動物の幸福に配慮した飼育の方法、環境に配慮した食生活のあり方について、ヤギ、ウコッケイなどとの飼育動物とのふれあい、観察を通して勉強し、そのおもしろさと自然の奥深さの一端を垣間見ることを目的としています。