2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度

2016/6/17 ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2017の広告協賛・寄附のお願いを掲載しました。

ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2017の広告協賛・寄附のお願いを掲載しました。

2016/6/9 第5回グローバルリサーチカウンシル年次会合(インド・ニューデリー)が開催されました。

 平成28年5月26日から27日の2日間、インド科学技術研究委員会(SERB)と英国研究会議(RCUK)の共催で第5回グローバルリサーチカウンシル(Global Research Council: GRC)年次会合がインド・ニューデリーにおいて開催されました。45カ国・3国際機関から合計51機関の長が参加し、本会からは安西理事長が出席しました。
 GRCは、さらなる国際共同研究への道筋を探ることを目的とした世界各国の学術振興機関の長によるバーチャル・フォーラムであり、平成24年に米国国立科学財団(NSF)の提唱により設立されました。安西理事長は設立当時から理事会メンバーに選出され、2015年5月からは議長としてGRCの運営において主導的役割を果たしています。
 年次会合に向けて毎年特定の議論テーマが設定され、第5回は「学際研究(Interdisciplinarity)」及び「女性研究者の平等と地位(Equality and Status of Women in Research)」でした。このテーマに関して参加者は研究助成機関が取り組むべき課題や今後果たすべき役割について活発な議論を交わし、最終日には「学際研究のための原則に関する宣言(Statement of Principles on Interdisciplinarity)」並びに「女性研究者の平等と地位のための原則及び行動促進に関する宣言(Statement of Principles and Actions Promoting the Equality and Status of Women in Research)」の2つの成果文書が採択されました。GRC参加機関はこれらの宣言文に則り、各々の研究助成政策・制度を充実させていくことを目指していきます。
 次回第6回GRC年次会合は、カナダ自然科学工学研究会議(NSERC)主催、ペルー国立科学技術委員会(CONCYTEC)共催により、平成29年5月下旬にカナダ・オタワにて開催予定です。

全体討議で議長を務める安西理事長

プレスカンファレンス

【参考】
学際研究のための原則に関する宣言(英語)(pdfファイル)
女性研究者の平等と地位のための原則及び行動促進に関する宣言(英語)(pdfファイル)
グローバルリサーチカウンシルホームページ http://www.jsps.go.jp/j-grc/index.html
Global Research Council Website http://www.globalresearchcouncil.org/

2016/6/1 「私と科研費No. 89(平成28年6月)」を掲載しました。

「人々のために」
中田 力
新潟大学脳研究所特任教授・名誉教授、
カリフォルニア大学名誉教授

続きはコチラ

2016/5/2 「私と科研費No. 88(平成28年5月)」を掲載しました。

「大型研究費が変えた私の研究手法」
審良 静男
大阪大学 免疫学フロンティア研究センター・教授

続きはコチラ

2016/4/15 「科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-」(グリーンブック)をもとにしたe-learning 「研究倫理eラーニングコース」を公開しました。


続きはコチラ

2016/4/7 「科研費NEWS2015Vol.4」を掲載しました。

「科研費NEWS2015Vol.4」を掲載しました。

続きはコチラ

2016/4/1 「科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-」をもとにしたe-learningのサービスを提供します。

このたび、予告させていただいたとおり、2015(平成27)年3月に出版した「科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-」(グリーンブック)をもとにしたe-learning「研究倫理eラーニングコース(e-Learning Course on Research Ethics[eL CoRE])」を、2016(平成28)年4月下旬からサービス提供します。

本e-learningは、どなたでも無料で受講できます。個人で受講を申し込めるほか、研究機関等において複数名の受講を一括申込みできます。一括申込みした場合、管理者は受講者の進捗の度合いや修了状況を専用画面でチェックできます。

各大学等における研究倫理教育の実施にあたり、本e-learningが教材として活用されることを期待しています。



2016/4/1 「私と科研費No. 87(平成28年4月)」を掲載しました。

「インフルエンザウイルスの生態学から人獣共通感染症の克服へ」
喜田 宏
北海道大学ユニバーシティプロフェッサー
人獣共通感染症リサーチセンター センター統括

続きはコチラ