お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究事業課
成果普及係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-1699
FAX03-3263-1716
MAILhirameki@jsps.go.jp
※各プログラムについてご不明な点は、それぞれの実施機関にお問い合わせください。

ひらめき☆ときめき サイエンス

プログラムの詳細
参加しよう! → プログラムを決める 参加申込書を作成する

プログラムの詳細

日本大学

近未来の安全な自動車と安心な社会交通

整理番号 HT232

先生(実施担当)

青木 義男(あおき よしお) 理工学部・教授

 http://www.eme.cst.nihon-u.ac.jp/~yaoki/ 

福田 敦(ふくだ あつし) 理工学部・教授

 http://www.trpt.cst.nihon-u.ac.jp/TRSYSTEM/ 

関根 太郎(せきね たろう) 理工学部・講師

 http://www.mech.cst.nihon-u.ac.jp/studies/sekine/ 

泉 隆(いずみ たかし) 理工学部・教授

 http://cosmos.cs.cst.nihon-u.ac.jp/%7Eizumilab/ 

開 催 日

平成 18年 11月 3日(金曜)(祝日)

開 催 場 所

日本大学理工学部船橋校舎
住所:千葉県船橋市習志野台7-24-1

 http://www.cst.nihon-u.ac.jp/c_guide/funa.html 

主な募集対象

高校生 約40名

内 容

 現代は人類が創りだした様々な道具や機械によって便利で豊かな社会になってきています。しかし、私たちが創りだした機械によって人々の命が奪われるという皮肉な問題にも直面しています。

 その典型的な例が自動車であり、最近の自動車メーカーは「環境」、「安全・安心」、「使いやすさ」をメインテーマに開発が行われていますが、その背景にある「利用者の安全を考えたものづくり(工学倫理)」については、高校までの授業ではあまり勉強しないことだと思います。

 このプログラムでは、多くの人々に使われる道具や機械をデザイン・設計する際に、とても大事な必要条件である「安全・安心を確保できる工夫」の重要性を皆さんに伝えるために、実際の自動車を使った衝突試験、すれ違い走行体験や、使いやすさと安全を重視した電動コミュニテービークルの試乗(ドライバー同乗)などを通じて、人や環境にやさしい近未来の自動車や社会交通について考え、討論したいと思います。

 文系・理系を問わず、ものづくりに興味がある方、将来、理学・工学やデザインの分野(建設・機械・電気電子・工業デザイン)を志している方々に対し、積極的な参加を期待します。

スケジュール

09 : 30   受付開始、開場
10 : 00   挨拶(簡単な大学の説明や本プログラムの目的について)
10 : 15   オリエンテーション(1日の説明)
10 : 30   講演「安全と安心のための近未来コミュニティービークル」(青木義男)質疑応答、休息を含む
12 : 00   昼食(学食にて教員および若手研究者、大学院生と共に食事)
13 : 20   施設見学、電動コミュニティービークルの試乗、すれ違い走行体験、自動車ドア衝撃試験、ディスカッション
15 : 00   学内のインターネットカフェにてクッキータイムとフリーディスカッション
15 : 45   修了式、「未来博士号」授与式
16 : 00     解散
           
写真

参加費

無料

持ち物

ノート(メモ帳)、筆記用具

申込締切日

平成18年10月25日(水曜)

   
 参加申込用紙へ

お問い合わせ先
参加申込先

担当:教授 青木 義男

住所:〒274-8501 千葉県船橋市習志野台7-24-1
日本大学理工学部船橋校舎

TEL : 047-469-5244

FAX : 047-467-9504

E-mailアドレス : yaoki@eme.cst.nihon-u.ac.jp

備 考

※家族・学校関係者の方も参加申込可能です。なお、応募多数の場合は、会場等の都合により参加いただけないことがありますので、あらかじめご了承ください。

※締切日を過ぎても受け付け可能な場合もあります。ご遠慮なくお問い合わせください。

大学のホームページ  

 http://www.cst.nihon-u.ac.jp 

KAKENHI(テーマのもととなる科学研究費補助金)

研究者

研究期間

研究種目

研究課題

青木義男

H17-H18

基盤研究(C)(2)

機能性素材センサを実装した構造異常検知車体の開発と車体健全性評価

青木義男

H15-H16

基盤研究(C)(2)

電動車椅子による事故削減のための遠隔型ヘルスケア・ナビシステムの開発

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI
独立行政法人日本学術振興会 研究事業部研究事業課(研究成果の社会還元・普及事業)