お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究事業課
成果普及係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-1699
FAX03-3263-1716
MAILhirameki@jsps.go.jp
※各プログラムについてご不明な点は、それぞれの実施機関にお問い合わせください。

ひらめき☆ときめき サイエンス

プログラムの詳細
参加しよう! → プログラムを決める 参加申込書を作成する

プログラムの詳細

東京慈恵会医科大学

動物の発生を観てみよう
ー 遺伝子の働きと動物のからだ作り ー

整理番号 HT227

先生(実施担当)

岡部 正隆(おかべ まさたか) 医学部・講師

 経歴紹介:PDFファイル 

近藤 周(こんどう しゅう) 医学部・助手

木村 巧(きむら たくみ) 医学部・研究技術員

開 催 日

平成 18年 8月 22日(火曜)

開 催 場 所

東京慈恵会医科大学 大学1号館 6階講堂および6階実習室
住所:東京都港区西新橋3-25-8

 http://www.jikei.ac.jp/univ/access.html 

主な募集対象

中学生・高校生 約30名

内 容

 本プログラムでは、生きた動物の胚(胎児)を顕微鏡で観察しながら、動物の卵がどうやってからだをつくっていくのかを観ていきます。

 最近、必要な臓器や細胞をシャーレの中で作り出す「再生医学」の研究が注目されています。様々な薬剤や遺伝子組換えを使って臓器や細胞を作ろうとしているのですが、実際にはまだなかなかうまくいきません。でも動物の卵は、人がなにも手を加えなくても、勝手にすべての臓器や細胞を作り出し、一匹の動物になってしまいます。卵の中にはどんな秘密が隠されているのでしょうか。

 卵から親と同じ形の動物になるまでのことを「発生」といいます。本プログラムでは、「遺伝子」「細胞」「発生」がお互いにどう関連しているのかについて考えてみます。講演では、「遺伝子がどのように動物の発生をコントロールしているの?」「からだの設計図ってなんだろう?」などについてお話します。実験では、ニワトリ、カエル、魚などの生きた胚を顕微鏡で観察します。また、発生の間に働いている遺伝子を色素で染め出してみます。

 医学・生物学に興味を持つ中学生・高校生を30名募集いたします。参加者の皆さんには本プログラムを通じて生命システムのすばらしさを実感してもらいたいと思います。

写真

スケジュール

09 : 00   受付開始、開場
09 : 30   挨拶
09 : 45   オリエンテーション
10 : 00   実験「胚発生の観察」
11 : 00   研究者による講演「動物のかたち作りと遺伝子」(岡部正隆先生)質疑応答含む
12 : 00   昼食(お弁当は支給します。研究者とともに食事)
13 : 00   実験「遺伝子を観てみよう」
14 : 30   研究室見学
15 : 00   クッキータイム、フリートーク
16 : 00   修了式、「未来博士号」授与式
17 : 00     解散
           

参加費

無料

持ち物

ノート(メモ帳)、筆記用具

申込締切日

平成18年8月8日(火曜)

   
 参加申込用紙へ

お問い合わせ先
参加申込先

担当:ひらめき☆ときめきサイエンス担当 岡部 正隆

住所:〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8
東京慈恵会医科大学

TEL : 03-3433-1111 内線2368

FAX : 03-3432-1331

E-mailアドレス : hiramekeokabe@jikei.ac.jp

備 考

※家族・学校関係者の方も参加申込可能です。なお、応募多数の場合は、会場等の都合により参加いただけないことがありますので、あらかじめご了承ください。

※締切日を過ぎても受け付け可能な場合もあります。ご遠慮なくお問い合わせください。

大学のホームページ  

 http://www.jikei.ac.jp 

KAKENHI(テーマのもととなる科学研究費補助金)

研究者

研究期間

研究種目

研究課題

岡部 正隆

H17-H19

若手研究(A)

脊椎動物の頸部咽頭部構造の進化発生学的研究

岡部 正隆

H17

特定領域研究

脊椎動物の肺の獲得プロセスに関する進化発生学的研究

岡部 正隆

H13

特定領域研究

感覚器特異化に関わる体節内位置情報の遺伝解析

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI
独立行政法人日本学術振興会 研究事業部研究事業課(研究成果の社会還元・普及事業)