お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成第二課
成果公開・普及係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-1699,4926,4920
FAX03-3263-1824
MAILhirameki@jsps.go.jp
※各プログラムについてご不明な点は、それぞれの実施機関にお問い合わせください。

ひらめき☆ときめき サイエンス

プログラムの詳細
参加しよう! → プログラムを決める 参加申込書を作成する

プログラムの詳細

岡山大学

酸化鉄のふしぎ・・・
電波吸収、じしゃく、ベンガラ

整理番号 HT20129

先生(実施担当)

高田 潤(たかだ じゅん) 大学院自然科学研究科・教授

藤井 達生(ふじい たつお) 大学院自然科学研究科・准教授

林 秀考(はやし ひでたか) 大学院自然科学研究科・准教授

中西 真(なかにし まこと) 大学院自然科学研究科・助教

 http://achem.okayama-u.ac.jp/iml/member/jtakada.html 

開 催 日

平成 20年 8月 8日(金)

開 催 場 所

岡山大学工学部 1号館 A218号室
住所:岡山県岡山市津島中3-1-1

 http://achem.okayama-u.ac.jp/access.html 

主な募集対象

中学生・高校生 30名

内 容

私たちの身の回りには、様々な酸化鉄が使われています。例えば、磁石(じしゃく)、コピー機のトナー、ビデオテープ、磁器の赤色絵の具。これは、酸化鉄にいろいろな種類と性質があるからです。最近は、電波を吸収する酸化鉄も注目されています。
 当研究科では、このような酸化鉄について先端的な研究を活発に進めています。本プログラムでは、次の内容を実施します。(1)酸化鉄の種類と働きを、豊富な例やスライドを使って、わかりやすく講義し、その面白さやふしぎさを紹介します。中でも、大変便利に使われている電波が、場合によっては電子機器を誤動作させる障害電波となることがありますが、これを解決するための電波を吸収する酸化鉄についても解説します。(2)実際に、いくつかの有用な酸化鉄を作製し、その性質の測定や微細組織の観察の実験を行います。(3)また、将来の酸化鉄についての最先端の研究も紹介するとともに、高度な合成・解析機器の見学を予定しています。(4)さらに、大学院生や若手の研究者と直接交流して、実験や研究の楽しさを話し合います。

スケジュール

9:30   受付開始、開場
10:00   挨拶、オリエンテーション
10:10   オリエンテーション (スケジュールの説明、研究者・大学院生の紹介)
10:30   研究者による講演 「酸化鉄の種類と性質、その利用」(高田潤、藤井達生 他)(質疑応答、休憩を含む)
12:00   昼食
13:00   講演と実験 「障害電波を吸収する酸化鉄」 (林秀考、中西真 他)(質疑応答、休憩を含む)
14:30   高度合成・解析機器の見学、ディスカッション、ディベート等を体験
15:15   クッキータイム、フリートーク
16:00   修了式、「未来博士号」授与式
16:10   解散
写真 写真

参加費

無料

持ち物

ノート(メモ帳)、筆記用具

申込締切日

平成20年7月31日(木)

   
 参加申込

お問い合わせ先
参加申込先

担当:岡山大学大学院自然科学研究科・助教 中西真

住所:〒700-8530 岡山県岡山市津島中3-1-1

TEL : 086-251-8106

FAX :086-251-8087

E-mailアドレス : mnaka@cc.okayama-u.ac.jp

備 考

※家族・学校関係者の方も見学申込可能です。なお、応募多数の場合は、会場等の都合により参加いただけないことがありますので、あらかじめご了承ください。

※締切日を過ぎても受け付け可能な場合もあります。ご遠慮なくお問い合わせください。

ホームページ  

 http://www.okayama-u.ac.jp/ 

KAKENHI(テーマのもととなる科学研究費補助金)

研究者

研究期間

研究種目

課題番号(8ケタ)

研究課題

高田潤

H17-H18

基盤B

17360326

状態図的研究に基づく六方晶フェライト系GHz帯対応高周波デバイス材料の創製

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI
独立行政法人日本学術振興会 研究事業部研究助成第一課(研究成果の社会還元・普及事業)