お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成第二課
成果公開・普及係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-1699,4926,4920
FAX03-3263-1824
MAILhirameki@jsps.go.jp
※各プログラムについてご不明な点は、それぞれの実施機関にお問い合わせください。

ひらめき☆ときめき サイエンス

プログラムの詳細
参加しよう! → プログラムを決める 参加申込書を作成する

プログラムの詳細

名古屋大学

アジアの法と社会について考えよう!

整理番号 HT20077

先生(実施担当)

鮎京 正訓( あいきょう まさのり) 名古屋大学法政国際教育協力研究センター・センター長・教授

コン・テイリ (こん ていり) 名古屋大学法政国際教育協力研究センター・准教授

中村 真咲 (なかむら まさき) 名古屋大学大学院法学研究科・特任講師

砂原 美佳 (すなはら みか) 名古屋大学大学院法学研究科・特任講師

 http://www.law.nagoya-u.ac.jp/teacher/professor/aikyou_masanori.html 
 http://www.law.nagoya-u.ac.jp/teacher/assistant/kuong.html 

開 催 日

平成 20年 8 月 9 日 ( 土 )

開 催 場 所

名古屋大学法政国際教育協力研究センター・CALEフォーラム(2F)
住所:名古屋市千種区不老町(東山キャンパス)

主な募集対象

高校生 40名

内 容

アジアには、内戦から復興したカンボジア、社会主義のまま市場経済化を進めるベトナム、遊牧社会の近代化を模索するモンゴルなど、さまざまな国や地域があります。日本とアジアのつながりは強まる一方ですが、こうしたアジアの法と社会の現状は、日本ではあまり知られていません。名古屋大学法学部・法政国際教育協力研究センターは、アジアの法と社会に関する日本を代表する研究機関であり、法学を通したアジア諸国との交流に積極的に取り組んでいます。その最先端の活動に触れることにより、法学が日本とアジアの交流に果たす役割について、一緒に考えてみませんか?

スケジュール

13:30   受付開始、開場
14:00   挨拶
14:05   オリエンテーション(一日の説明、研究者・院生等の紹介 等)
14:15   研究者による講演「ベトナムの法と社会」(鮎京正訓教授)、質疑応答・休憩を含む
15:00   研究者による講演「モンゴルの法と社会」(中村真咲講師)、質疑応答・休憩を含む
15:45   クッキータイム、フリートーク
16:00   ディスカッション(班ごとに分かれる)
17:15   修了式、「未来博士号」授与式
17:30   解散
ドイモイ政策の進むベトナム  草原の囲い込み競争~土地私有化が始まったモンゴル~

参加費

無料

持ち物

ノート(メモ帳)、筆記用具

申込締切日

平成20年7月25日(金)

   
 参加申込

お問い合わせ先
参加申込先

担当:名古屋大学・大学院法学研究科・研究員・牧野絵美

住所:〒464-8601 名古屋市千種区不老町

TEL :052-789-4263

FAX :052-789-4902

E-mailアドレス : emi.m@nomolog.nagoya-u.ac.jp

備 考

※家族・学校関係者の方も見学申込可能です。なお、応募多数の場合は、会場等の都合により参加いただけないことがありますので、あらかじめご了承ください。

※締切日を過ぎても受け付け可能な場合もあります。ご遠慮なくお問い合わせください。

ホームページ  

 http://cale.law.nagoya-u.ac.jp/ 

KAKENHI(テーマのもととなる科学研究費補助金)

研究者

研究期間

研究種目

課題番号(8ケタ)

研究課題

鮎京 正訓

H13-H17

特定領域

13123201

アジア法整備支援

ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI
独立行政法人日本学術振興会 研究事業部研究助成第一課(研究成果の社会還元・普及事業)