お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成第二課
成果公開・普及係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-1699,4926,4920
FAX03-3263-1824
MAILhirameki@jsps.go.jp
※各プログラムについてご不明な点は、それぞれの実施機関にお問い合わせください。

ひらめき☆ときめき サイエンス

プログラムの詳細
参加しよう! → プログラムを決める 参加申込書を作成する

プログラムの詳細

神奈川大学

「ケースで学ぶドメスティックバイオレンス・デイトDV-法の役割」

整理番号 HT20064

先生(実施担当)

井上 匡子(いのうえ まさこ)法学部・教授

 http://kenkyu.kanagawa-u.ac.jp/kgdb/KgApp?kyoinId=ymkmyoydggg 
 http://professor.kanagawa-u.ac.jp/bunkei/05/prof01.html 
 http://inokenblog.cocolog-nifty.com/inokenblog/ 

隠岐 美智子(おき みちこ)特定非営利活動法人フェミニストサポートセンター・東海・理事長

開 催 日

平成 20年 10月 19日(日)

開 催 場 所

神奈川大学横浜キャンパス
住所:神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1

 http://www.kanagawa-u.ac.jp/ 

主な募集対象

高校生 30名

内 容

「ドメスティックバイオレンス」という言葉を聞いたことがありますか?本来ならばお互い思いやりをもって関係である夫婦や恋人などの間での暴力です。特にその中でも、皆さん高校生が対象となる「デイトDV」を重点的に取り上げます。
講演の他、具体的なケースをグループで検討、その結果を発表します。問題を自分のものとして考え、自分に何ができるのか(今はできないのか)、そして将来法学を学ぶことにより何ができるようになるのかを、具体的に学びます。

スケジュール

12:30   受付開始、開場
13:00   挨拶
13:10   オリエンテーション(プログラム全体の紹介、講師・ファシリテイターの紹介)
13:30   研究者による講演「ドメスティックバイオレンスとデイトDV-法の役割・市民の役割」(井上匡子)
14:10   対談 「DV当事者の現実と私たちにできること」(井上匡子・隠岐美智子)、質疑応答・休憩を含む
15:00   クッキータイム、フリートーク
15:30   ケースを用いたグループワーク(ファシリテイターの元、5人程度のグルーブでケース検討)
16:30   グループワークの成果報告と合評
17:30   解散

写真

参加費

無料

持ち物

ノート(メモ帳)、筆記用具

申込締切日

平成20年10月5日(日)

   
 参加申込

お問い合わせ先
参加申込先

担当:神奈川大学・法学部・井上匡子

住所:〒 221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1

TEL : 045-481-5661

FAX : 045-481-2815

E-mailアドレス : GCG03002@nifty.com

備 考

※家族・学校関係者の方も見学申込可能です。なお、応募多数の場合は、会場等の都合により参加いただけないことがありますので、あらかじめご了承ください。

※締切日を過ぎても受け付け可能な場合もあります。ご遠慮なくお問い合わせください。

明治大学のホームページ  

 http://www.kanagawa-u.ac.jp/ 

KAKENHI(テーマのもととなる科学研究費補助金)

研究者

研究期間

研究種目

課題番号(8ケタ)

研究課題

井上匡子

H19-H21

基盤研究(C)

19530012

裁判外紛争解決制度(ADR)の法理論的検討
-東アジアの比較研究

井上匡子

H15-H17

基盤研究(C)

15530014

現代市民社会論における親密圏の現代的意義と規範構造からの分析-DV
を素材として

         

ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI
独立行政法人日本学術振興会 研究事業部研究助成第一課(研究成果の社会還元・普及事業)