お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究事業課
成果普及係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-1699
FAX03-3263-1716
MAILhirameki@jsps.go.jp
※各プログラムについてご不明な点は、それぞれの実施機関にお問い合わせください。

ひらめき☆ときめき サイエンス

プログラムの事例紹介

平成26年度

プログラムの事例紹介
HT26018東北大学 jpg
HT26018
『内臓に針を刺して高血圧を治す!腹部最小臓器・副腎へのアプローチとラジオ波治療』
高瀬 圭(東北大学・病院・准教授)


シミュレーターを用いて、カテーテル治療やCT画像診断などの体験をし、患者さんに優しい治療法について学びました。

jpgjpg
HT26019
『ことば・心・コミュニケーション』
邑本 俊亮(東北大学・災害科学国際研究所・教授)


コミュニケーションは「言葉」だけでなく、相手をよく知り、認めることの大切さをレクリエーション・講義を通して学びました。
HT26019東北大学

HT26031宮城教育大学 jpg
HT26031
『生物の多様性を考える -土壌微生物・植物・昆虫間の相互作用-』
安田 弘法(山形大学・理事)


土の中にいる微生物や昆虫の観察、植物の分析などを通して、生物の多様性について学びました。

jpgjpg
HT26037
『保健室の先生(養護教諭)になっちゃおう』
今野 洋子(北翔大学・人間福祉学部・教授)


血圧・脈拍数の測定などの養護教諭体験をし、健康相談活動の大切さや役割を学びました。
HT26037北翔大学

HT26059東京大学 jpg
HT26059
『アインシュタインの奏でる宇宙からのメロディー』
川村 静児(東京大学・宇宙線研究所・教授)


重力波検出器の小型モデルを自分で組み立て実験をし、宇宙の不思議を解明する方法を学びました。

jpgjpg
HT26063
『ものづくり革命!バイオテンプレート技術 ~あなたのひらめき 形にしよう!~』
彌田 智一(東京工業大学・フロンティア研究機構・教授)


金属マイクロコイルや簡単な電磁波検出器を作製し、ものづくりとその理論の関係について学びました。
HT26063東京工業大学

HT26064お茶の水女子大学 jpgjpg
HT26064
『放射線が通った!見えた、分かった放射能!』
古田 悦子(お茶の水女子大学・大学院人間文化創成科学研究科・講師)


塩や鉱石、風船といった身近なものを使った実験を通して、放射線や放射能について学びました。

jpgjpg
HT26066
『本を残す 本を伝える~書籍の保存と修復~』
山﨑 耕一(一橋大学・社会科学古典資料センター・特任教授)


西洋社会科学文献の奥深さを知り、本のページ修理や簡易製本、保存箱の作成を行い、書物の修復、保存の大切さを学びました。
HT26066一橋大学

HT26086上智大学 jpg
HT26086
『ルービックキューブと数学』
中筋 麻貴(上智大学・理工学部情報理工学科・准教授)


ルービックキューブの手順や配置を数学的に記述し、その動きを解析することで「群論」について学び、数学の楽しさに触れました。

jpg
HT26088
『食べても大丈夫?~食品の安全を最先端分析で確かめよう~』
小椋 康光(昭和薬科大学・薬学部・教授)


食品に含まれる微量成分の用量と健康の関係について学び、最先端の分析機器を使って食品中の微量なミネラル量を測定しました。
HT26088昭和薬科大学

HT26096東京理科大学 jpg
HT26096
『サボニウス型風車風力発電機の作製~自然エネルギーの活用~』
川村 康文(東京理科大学・理学部第一部 物理学科・教授)


風車風力発電機を作製し動かしてみることで、自然エネルギーを電気エネルギーに変換し活用できることを体験しました。

jpgjpg
HT26117
『ビデオ映像を使ってケガに繋がる動きを観察してみよう!』
笹木 正悟(東京有明医療大学・保健医療学部・講師)


自分の動きを分析しケガの原因となるクセを発見し、テーピングの巻き方や試合時にとるべき食事について学びました。
HT26117東京有明医療大学

HT26144静岡大学 jpgjpg
HT26144
『コケの中の小さな熊 ~地上最強生物クマムシの秘密を探る~』
宮澤 俊義(静岡大学・技術部・技術専門員)


コケの中にいるクマムシを採集して顕微鏡で動く姿を観察し、放射線照射を行いクマムシの耐性について学びました。

jpg
HT26150
『3Dプリンターを使って臓器モデルを作ろう!-医用画像処理を体験する』
森 健策(名古屋大学・情報連携統括本部・教授)


医療現場でも使われている臓器モデルを3Dプリンターを使って作成し、医用画像処理技術にある科学のしくみについて学びました。
HT26150名古屋大学

HT26174愛知医療学院短期大学 jpgjpg
HT26174
『補助犬と共にリハビリお助け隊~障害適応の作業療法プログラム研究~』
原 和子(愛知医療学院短期大学・リハビリテーション学科・教授)


肢体不自由や視覚、聴覚の障害体験を通して、補助犬の役割の大切さを実感し、福祉機器や義肢装具の開発について学びました。

jpg
HT26195
『食品衛生から学ぶお弁当づくり』
米浪 直子(京都女子大学・家政学部・准教授)


食中毒を防ぐ手の洗い方や調理器具の扱い方、調理方法などについて科学的に学び、学んだことに基づいて弁当作りをしました。
HT26195京都女子大学

HT26224鳥取大学 jpgjpg
HT26224
『地域の自然から学ぶ放射線の不思議-三朝温泉の温泉水から放射線!-』
中村 麻利子(鳥取大学・技術部・技術専門員)


三朝温泉や梨の品種改良を例にして、身の回りにも放射線が存在し、自分たちの生活に関わっていることを学びました。

jpg
HT26257
『10,000,000京個の原子集団を調べ操る~びっくり身近な物質科学の世界~』
小山 佳一(鹿児島大学・大学院理工学研究科・教授)


3つのテーマに分かれて物理の実験を行い、グループ発表を通じて物理科学について理解を深めました。
HT26257鹿児島大学

HT26259鹿児島大学 jpg
HT26259
『目の不思議を体験しよう~あなたが見ているものは本当に正しいものですか?~』
松元 明子(鹿児島大学・大学院理工学研究科技術部・技術職員)


人の目の残像効果を利用して文字や絵を表示するバーサライターを作成し、普段は気づかない目の不思議とその仕組みを学び体験しました。

jpg
HT26264
『心臓病研究の最前線:自分の心臓を見てみよう!』
青木 浩樹(久留米大学・循環器病研究所・教授)


実際の医療現場で使われている装置を用いて、目に見えないものを超音波で見つけたり、自分の心臓の動きを観察したりしました。
HT26264久留米大学

その他のプログラム

機関名 整理番号 分野 プログラム名(詳細ページ) 実施代表者 所属・職名
北海道大学 HT26002 医歯薬学
生物
がん細胞の動きを止めろ! ~がん細胞のタンパク質を光らせよう~ 芳賀 永 大学院先端生命科学研究院・教授
宮城教育大学 HT26024 人文 これで英語が好きになる! ~「聞きたい」「話したい」活動体験をしよう~ 板垣 信哉 小学校英語教育研究センター・教授
山形大学 HT26030 化学

未来の光、有機ELをつくる -有機エレクトロニクスを体感する-

城戸 淳二 大学院理工学研究科・教授
東京大学 HT26058 物理 地下で宇宙のささやきを聞く 中畑 雅行 宇宙線研究所・教授
東京藝術大学 HT26061 人文 三味線は「わざ」のかたまりだ!さぐろう伝統楽器の世界 植村 幸生 音楽学部・教授
日本大学 HT26101 物理
工学
最先端ナノテクノロジー物理探検隊 -波の世界に潜入- 中川 活二 理工学部・教授
明治大学 HT26107 工学 救命具を作って見ようー日本伝統文芸の折紙の基礎から産業応用までー 萩原 一郎 研究・知財戦略機構・特任教授
関東学院大学 HT26115 生活
医歯薬学
病気別の食事を考えた自分カルテ作り―人形のおなかを見てさわってきいてみよう― 永田 真弓 看護学部・教授
国立天文台 HT26121 物理
自然
美ら星研究体験隊:「新しい星を発見しよう」 廣田 朋也 水沢VLBI観測所・助教
富山大学 HT26125 医歯薬学 和漢薬ってこんなに身近にあったんだ!~杉谷の里山で和漢薬体験~ 伏見 裕利 和漢医薬学総合研究所・特命准教授
名古屋大学 HT26146 歴史 石器を使って縄文クッキーを作ろう 新美 倫子 博物館・准教授
京都大学 HT26182 医歯薬学
生物
遺伝カウンセラーと一緒に学ぶ「学校ではきっと教えてくれないヒトの遺伝」白熱教室 和田 敬仁 大学院医学研究科・准教授
京都教育大学 HT26183 化学 実験・観察をとおして考える力を身につけよう-マイクロスケール実験の体験- 芝原 寛泰 教育学部・教授
大阪市立大学 HT26189 自然
生物
森の植物園で森を知ろう! 植松 千代美 大学院理学研究科・講師
姫路獨協大学 HT26218 生物
医歯薬学
がんとは何か? がんの正体を探しにいこう! 柴田 克志 薬学部・教授
徳島文理大学 HT26241 医歯薬学 薬を飲んだ時と注射をした時の体の中を流れる血液中の薬の動きの違いを捉えてみよう! 加藤 善久 香川薬学部・教授