お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究事業課
成果普及係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-1699
FAX03-3263-1716
MAILhirameki@jsps.go.jp
※各プログラムについてご不明な点は、それぞれの実施機関にお問い合わせください。

ひらめき☆ときめき サイエンス

プログラムの事例紹介

平成24年度

プログラムの事例紹介

HT24015
『音声会話も手話もできない人と話をするにはどうしたらいいでしょうか?』
水谷 好成(宮城教育大学・教育学部・教授)


代替音声の発生機能(VOCA)を持った補助装置を制作し、新しいコミュニケーションの可能性を探りました!


HT24017
『われら地球人:太陽系ツアー2012』
高田 淑子(宮城教育大学・教育学部・教授)


小型天体望遠鏡を制作し、天体望遠鏡の仕組みと使い方を学びました!


HT24055
『サバにマグロを産ませる ~魚の代理親(だいりおや)技術~』
竹内 裕(東京海洋大学・先端科学技術研究センター・准教授)


定置網で獲れた魚を解剖して体の構造を調べたり、写真や動画を見てサバにマグロを産ませる研究について学びました!


HT24065
『さわって楽しむミクロの世界!』
桂 誠一郎(慶應義塾大学・理工学部・准教授)


リニアモータを制作したり、最先端の実験システムに直接触れてミクロの世界を体験しました!


HT24076
『バイオテクノロジーの最前線-PCRによる遺伝子診断と蛍光タンパク質の働きを知る-』
田村 浩二(東京理科大学・基礎工学部・教授)


イネの遺伝子診断や、オワンクラゲの蛍光タンパク質を導入した緑色に光る大腸菌の観察をしました!


HT24087
『里山の生態系の成り立ち-明治大学黒川農場-』
倉本 宣(明治大学・農学部・教授)


フィールドワークによって、動物や植物を観察し、里山の生態系を調査しました!


HT24101
『見えない粒子線を霧箱で見る ~宇宙と物質のなりたちをさぐる科学実験~』
中村 光廣(名古屋大学・素粒子宇宙起源研究機構・准教授)


霧箱を制作し、自然界を飛び回っている宇宙線や放射線の観察をしました!


HT24111
『からだを透かして見てみよう-透明人間できるかな?-』
八田 稔久(金沢医科大学・医学部・教授)


メダカの透明標本づくりを行い、化学的な処理によって体を丸ごと透明化できる技術を体験しました!


HT24121
『脳や体を動かす電気信号でロボットアームを動かしてみよう!』
小泉 周(生理学研究所・細胞器官研究系・准教授)


実験を通じて体のさまざまな筋肉から生体電気信号が生まれていることや、その生体電気信号でロボットアームを動かす体験をしました!


HT24125
『タンパク質科学を楽しもう!~タンパク質酵素のはたらきを眼で見て考え議論する~』
倉光 成紀(大阪大学・大学院理学研究科・教授)


実験を通じてタンパク質を学び、その結果について白熱した質疑応答バトルを繰り広げました!


HT24131
『精進料理の世界に活きている食の精神を学び、感じ、体験し、食べるプロになろう』
大谷 貴美子(京都府立大学・大学院生命環境科学研究科・教授)


調理実習を通じて精進料理を知り、その心を学びました!


HT24204
『土器を調べて2000年前の「個人」に迫る!―考古学+歴史学+心理学+サイエンス―』
中園 聡(鹿児島国際大学・国際文化学部・教授)


メ実際に土器に触れて観察や実験をし、その分析結果について検討しました!